松戸・流山・柏インフィニティ テコンドー ブログ

日々の練習風景を更新中!
限りない可能性の扉をひらけ! 見学無料体験お気軽に♪

根幹。

2007年10月10日 | 所感
「トゥル(型)は、テコンドーの根幹を成す」 とか、

「トゥルは、テコンドーの技術水準の証明」 といわれます。



確かにそうですね。

私の場合、マッソギ(組手)なら攻撃をもらわない様ディフェンスに意識を集中すれば、
不調でもある程度ごまかしがききますが、トゥルはそうはいきません。

全てが表に出てしまう。 練習してないのバレバレ。 ごまかしがききません。

またトゥルの上手い選手がマッソギで優勝するのも、良い例です。
そのトゥルの土台、基本となるのがご存知、白帯課題のサージュチルギなんです。

全国の師範達が集った合同稽古でさえ、やはりサージュチルギを練習しています。
という訳で次回の練習は、サージュチルギを徹底追求2時間。(なんて^^)





写真は、師範達によるトゥルの披露。 空中でバランスをとるのは相当難しい・・。 圧巻!



コメント