頭の中が散らかっています

昔むかしワーホリでトロントに滞在、帰国。アイスクリーム・映画・歌舞伎・アニメが好き。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気まぐれ

2013-07-28 02:18:32 | 雑記
ずっと君を放っていて悪かったね。

てな具合に、久々にこのブログに戻ってきてみた。
単なる気まぐれ。

「小説家になりたい」と思っていた、と過去の話にする気はないんだけれど、何も書いていない期間が長くなればなるほど、もう物語を紡ぎたいと思っていた頃は昔としか言いようがなくなる。

まあ、そんな感じで、今やってる翻訳の勉強も「あの頃は」と語る過去になって行くのかもしれんな。

野原で寝転んでるだけの人生なんていやだ。
山登りしたい(何かを目指していたい)。

そう思ってたけど、別に野原で寝転んでるだけの人生だって悪くはないんじゃないかと思うし、そもそも安全に寝転んでいられる野原があるなら幸せじゃないか。

歳をとれば悩まなくなるかもと思っていた若い自分に言ってやりたい。
歳をとっても悩みは尽きないよ。
コメント

気がつけば

2011-05-29 22:19:28 | 雑記
気がつけば、今年も半分ですか~。
こわ。


今日、TOEICを受けました。
試験前のみんなが緊張しているであろう時間に、震度2くらいの地震がありました。

わたしが小学生くらいの頃から、近いうちに関東に大地震が来るという噂はずっとあって、でもまだ来ていない。
次は東海が危ないらしいという話になってきて、かなりになる。
そんな中、おそらく一般の多くの人はノーマークだったんじゃないかという東北での大地震。

人によるかもしれんけど、次はどこで起きてもおかしくないという危機意識がみんなに生まれたはず。


今日の震度2、教室の誰もがハッとした顔をした。



東日本大震災の前、震度2くらいの揺れだったら、どんな風に思ってたんだっけ。
それがもう思い出せない。



コメント

2011-03-22 00:13:30 | 雑記
今月半ばから来月半ばまで翻訳の学校が一休みなので、じゃんじゃん友達と遊んだり、ばりばり映画を観たり、わんさか小説を書いたり、欲張りにまるまる楽しんでやるぞ~、と思っていました。


12日が一休み前の最後の授業日で、11日の朝、私は宿題を持参で出勤しました。
昼休みは、宿題のチェックをしていました。


そして地震。


11日は、都内で多くの人が帰れなかったように、私も帰宅できませんでした。地震の規模や被害情報を知らなかった自分は、これじゃあ翻訳学校は欠席だなあ、などと思っていたくらいでした。そんな心配が呑気なものであったと知ったのは、テレビで津波の映像をみたときでした。
相次ぐ緊急警報や、余震。




大地震から、10日。


じゃんじゃん遊んだり、ばりばり映画を観たり、わんさか小説を書く予定だった期間だったけれど、そんな気になるはずもなく。



被災地の友人にエールを送ったり、節電に協力したり、小さなことしかできないけれど、それでも何もしないよりは……と思う。
コメント

早帰りしちゃう人

2011-01-27 18:23:07 | 雑記
お疲れ様~。

課題終わらなくて、超寝不足っすよ。しかし、仕事が忙しい日で良かった〓これがヒマな日だったら、確実に爆睡してたヨ☆


会社のオンラインタイムカード、昼休憩終わったときに「退社」を押してしまった〓悲しいかな、古き時代の印字式と同じで修正がききません。押したが最後。

ワシの本日の退社時間、12時58分。

くそ早いぜ!
コメント

映画館離れ

2011-01-09 02:51:20 | 雑記
「映画は映画館に見に行かない。二時間しっかり拘束されるのがイヤ」
昨年末に親友に言われた言葉。


別に人それぞれだからねえ~ケンカ売ってきたとかじゃないんだけどねえ……映画好き、それも映画館に見に行くのが好きな私にとっては、ちょっと胸にグサっとくる言葉だったわけよ。
そうか、あの時間を拘束と捕らえる人もいるんだな、と。




「映画館には行きません。二時間ずっと座らされるのが嫌いなんです」
今日、翻訳学校の元クラスメイトが言った言葉。


うお。デジャヴ!!




自宅で大画面で映画を楽しめるようになった今、わざわざ他人と同じ空間で決められた時間に映画を鑑賞する必要も面倒もないのだろうね。






地元の映画館が14日で閉館します。
寂しい限り。




と、思ったら、都内のミニシアターも相次いで閉館しているようです。
映画館離れの象徴ですね。
コメント

めっさ寒いぜ

2011-01-06 00:48:34 | 雑記
今日は仕事のお休みをもらっていたので、予定通り翻訳学校のPC室でお勉強。
しかし、PC室には私を含め、たったの三人!

いやいや、平日の日中だからね。
当然だよね。

して、廊下に出てみると。



めっさ寒いぜ!!



年明け早々で、ほとんど生徒のいない(たぶん授業もなかったのでしょう)学校は寒かった~。
リアルに体感温度がね、冷え冷えしてたっすよ。



勉強は、どうなのコレみたいな感じで。
もう、そこはいつも通りザマス。
コメント

明けましておめでとうございます

2011-01-03 02:03:04 | 雑記
ああ、いかん。
しっかり寝正月になってしまってます。


本年の決意だ~。


欲張りに生きる。そして、今年一年くらいは「わたしなんて」って言わずに挑戦する!!



翻訳の勉強をへこたれずに頑張る。

んで、しばらくストップしてた小説執筆もやる。

ぼーっとする時間を減らす。

ムダに動画を眺めてる時間も減らす。

でもPerfumeの動画だけは眺めたい。


そんなところだあああ!!!



コメント

世間に振り返られる前に2010年を振り返ろう的な~その2~

2010-12-10 00:06:41 | 雑記
第二回目は今年惚れた登場人物たち(アニメ・ゲーム編)
世間が振り返る前に、とかは全く関係ない自己満足思い出語りコーナーです。


■浅井長政(戦国BASARA / CV:辻谷耕史さん)
正義マン。
アニメ一期で長篠で背後から銃撃され(おいおい、ですが)ながら、死の間際にまで妻を思いやる男!悪と無駄口、削除する!!
BASARAで誰が一番かって言われたら、やっぱ長政さまです。もう今後ゲームやアニメに出ないとしても。黒髪ロン毛最高です。

……でも、筆頭も幸村も毛利さんも半兵衛も、みんなスキなんだけどね!優柔不断~。



■秋山(龍が如く4 / CV:山寺宏一さん)
今年滑りこみハマリ。たぶん年内は秋山編で終わってしまうので、ほか3キャラと比較はできないけど、素敵なオジサマ。
戦闘に入る前のどアップ顔だけでウットリ。病です。
声が入ってないセリフも脳内変換でプレイ。



□マリア(荒川UB / CV:沢城みゆきさん)
女王様っぷりが暴走しててイイわ~。シスターとのかけあいも好きです。
第一期のOPでマリアが歌った回なんてドキドキしちゃったもんね。
コメント

世間に振り返られる前に2010年を振り返ろう的な~その1~

2010-12-02 23:45:06 | 雑記
今年もはや12月。
もう少ししたら、年末の特番やらなにやらで今年を振り返ることであろう。しかし、そんなんを見て一年を思い出すようでは、自力で思い出したことにはならん!!

……なんて、ホントはどうでもいいんだが。
とりあえず、今年の思い出を書いてみようってゆー自己満足。


本日は第一弾として、今年のハマリ物なんぞを。



□■Perfume(音楽)■□
昨年から継続中。2009年の初夏あたりにワンルーム・ディスコのPVをみたのがきっかけだったから、もう1年半くらいか。
そもそも、たいして音楽に興味がなかった自分が、これだけ何回も同じ曲を聴いてるってのが不思議だ。
今年はシングルが3枚出して、ドーム公演もして、大活躍。
ライブに行ったことはないけど、だんだん行ってみたいなあ、という気持ちが出てきたり。でも、周りにPerfume好きがいないからなー。映画や芝居は一人で行けるけど、ライブは一人はさみしくないですか?
今年の曲ではFAKE ITが一番好き。
衣装は「ねぇ」の通常版が一番ですが、MステのシティやVOICE2回目も好き。



□■戦国BASARA(アニメ・ゲーム)■□
昨年はまだBASARAを知らなかったなんて……!!
春にアニメ一期を一気に見て、大ハマリ。正直なところ、一話の冒頭で筆頭が「Are you ready guys?」と叫んだ瞬間、このアニメみなくていいかなーと思ったくらい面くらったのですが、気がついたら抜け出せなくなっていたのです。恐ろしいわ。
アニメ一期~ゲーム2~ゲーム2外伝~アニメ二期と、BASARAづくし。
来年は映画も公開なので、継続すると思われるわあ。
プレステ3も買ってしまったので、時間に余裕ができたらゲーム3もやりたいな。

長政様にお熱で小谷城跡も行ったしね。
キューピーも戦国武将をそろえ始めたしね。
近頃、台本集が欲しいと思うよ。



□■アメリカンアイドル(TV番組)■□
1月にCSで放送されていたのを偶然見てしまったのを機に、以後、決勝戦まで見てしまいましたわ。シーズン9。
父はケイシー、母はリーを応援してました。
この番組を通して、アダム・ランバート、クリス・アレン、ドートリーに出会えたのも素晴らしいこと。特にドートリーはビバ坊主頭な私の心を奪っていきましたby銭形警部。


□■Abracadabra(曲名)■□
K-POPのセクシーお姉さん4人組、BEGの曲。
これも、PVみて直後にハマってた。だってPVのガインがセクシーすぎるよ!
見るたびに見た目が違うナルシャ、パワフルな歌声のジェア、ラップをクールに決めるミリョ。
KARAや少女時代と比べると、日本での知名度は低いのかな?


□■百田尚樹さん(作家)■□
百田さんはとっくに有名だったのだけれど、私は今年「永遠の零」に出会うまで存じ上げませんでした。なんてもったいないことをしていたのだろうと思います。
短編「輝く夜」も良かったし。次は「ボックス」を読んでみようと思います。




そんなところかな~。
コメント

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

2010-11-20 21:38:30 | 雑記
あえての雑記カテゴリなのは、全部読んでないから。

作者さんゴメン、出版社さんゴメン、書店さんゴメン!!
立ち読みで一章だけ読みました。


それでおもしろそうだと思ったら、レジに持っていく予定だったんだが……。



この本のくくりは、小説(フィクション)ではなく、実用書ということなのかな?だから、こんなにも接続詞が頻出しているのかな……?いや待てよ、それじゃあ実用書をバカにしてるみたいじゃな~い!世の中の実用書がどれだけ理知的で明確な文体で書かれてると思ってるのよ。


というわけで、やたら出てくる「そして」「おかげで」「だから」の連続に辟易したであります。
主人公みなみちゃんの親友で入院中の女の子が、野球部入部のきっかけを話してワッと泣き出す場面なんかも共感できんかったなあ。「ばかだなあ、そんなことで傷つくわけないのに」というみなみちゃんに賛成だ。


でもまあ、この本がスマッシュヒットしてくれたおかげで(おかげで!)、ドラッカーさんという人の存在を知ることが出来ましたし、一章を読んだおかげで(おかげで!!)マネジメントなるもは何ぞやと興味が少しだけわきました。


う~ん。
文章がもう少し上手だったらなあ。


えらそうに人のこと言えないけどさあ、読者としての見方としては、どうしてもそう思ってしまうのです。




本を日頃読まない人には気にならないでしょうから、読みやすくていいのでは~?山田悠介さんの小説みたいにね~。
コメント