頭の中が散らかっています

昔むかしワーホリでトロントに滞在、帰国。アイスクリーム・映画・歌舞伎・アニメが好き。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィギュアスケートの新星アイドル加熱報道に思う

2010-12-15 00:53:09 | フィギュアスケート
正直、「あ~あ」というため息だけです。

村上選手はGPファイナルで表彰台に乗ったことにより、一躍アイドルとして祭り上げられてしまいました。
ヤフー記事の見出しとか、「世界選手権に出る!」とか書いてあったからね。ビックリしたよ。まるで村上選手がそう言ったみたいな見出し。

村上選手が世界選手権に出場するかどうかは全日本後までわかりません。安藤選手、鈴木選手、浅田選手とともに3枚の切符をかけて闘ったあとです。


この加熱報道ぶりは、かつてのミキティ報道やミラクル・マオ報道を思い出させます。今回も、持ち上げたものは、いずれ落とさずにはいられないんでしょうね。




日本は男女ともに最大の3枠を持っています。
みんな世界選手権に行けたらいいのに、なんて生ぬるいことを思ってしまったりしますが、一方で、どうせメダル仕分けされていて一国一選手しか上位に入れないように仕組まれてるなら、一国一代表制にすればいいんでないの?なんて冷めた気持ちになることもあります。
採点競技って難しいね。
陸上みたいに、速い人が勝ち、高く飛べた人が勝ち、と誰の目にも明らかな勝敗だったらなあ。
コメント

龍が如く4 プレイ日記

2010-12-12 21:49:35 | 龍が如く
まだまだ秋山さん。

やっぱ、どうせだからキャバ嬢一人くらい攻略してみてもいいんじゃあ、と思って水谷望愛とアフターに行ってみました。
ダーツやってみた。
このミニゲームはかろうじて出来るぞ!


本編は4章冒頭です。
もう全然進まないよー。
花ちゃんとカラオケのデュエットに行ったり、余計な道草ばっかくってますゼ。
このカラオケ、アホすぎる2人のポージングに、そして男前な秋山さんに見とれ、合いの手がないがしろになりました。はっはー。


そういやあ、ポッポの店員が戦闘を助けてくれましたが、すっげー下品じゃないっすか。
秋山さん、丸めた雑誌をおケツにぶちこむとは、なんてヒドイ。
コメント

20世紀最強の暴君とうたわれた男 ピーター・アーツ

2010-12-12 21:33:07 | 格闘技
K-1 ワールドGP決勝戦。

ピーター・アーツの勇姿には涙が出そうになった。
四十歳。
かつてリングで拳をかわした選手たちは、次々に引退し、現役で闘い続けているのは彼だけ。まさしく「生きる伝説」、「Kの歴史」な選手だ。

準決勝でみせたシュルトとの熱戦。
谷川さんがしきりに「気持ちだけですから」と言っていたが、本当にそうだったろう。体力的には「20世紀最強の暴君」と呼ばれて敵なしであった頃が一番だったはずなのだから。

そして決勝。
相手はオーフレイム。
準決勝までにダメージの蓄積していたアーツは、それでもリング上に姿を見せてくれた。結果は試合開始直後にスタンディングダウンをとられ、そのままファイティングポーズをとることなく終了。


ああ……。


そうなるであろうことは予想できた。
それでも、アーツ入場の三宅アナの実況のように、アーツに力を、と思った。引退前に優勝をプレゼントしたい、と思った。


結果は準優勝。
素晴らしい成績だ。
誰もが優勝を目指しているのだから、アーツにとっては悔しいのだろうけれど、40歳で準優勝を成し遂げたことは、みんなに感動を与えてくれた。

来年はもうGPには参戦しないかもしれない。
赤チェックのベストと帽子は見られないかもしれない。
そう思うと、今年の彼の勇姿を見ておいて良かったと、やっぱり涙が出そうになる。







アーツと同時代を闘っていた選手のホーストは、リングサイドにいましたね。
教え子タイロンはオーフレイムに敗北しましたが、善戦していたと思います。これからに期待。
グーカン・サキは頑張った。ウチの母が応援してましたが、オーフレイムに敗北。トーナメントで勝つことの難しさですね。いかにダメージを残さずに勝利するか。組み合わせの運がなあ。
コメント

フィギュアスケートGPファイナル2010

2010-12-12 21:04:10 | フィギュアスケート
GPファイナルが終了いたしましたね。


SP、フリー終わって、総合順位
男子
1 P.チャン
2 織田
3 小塚
4 高橋
5 ベルネル
6 アモディオ
女子
1 シズニー
2 コストナー
3 村上佳奈子
4 鈴木明子
5 安藤美姫
6 フラット
(敬称略)



まず、男子の話。

今年GP始まってから、転んでも勝利の称号を得たパトリック・チャンがどうなるのかと思っていたら、今回は誰が見ても文句なしの優勝でした。でも点数はビックリ高得点だけどね。もういいや、とあきらめようと思いながらも、そう思えないわ……。

織田君は二回転倒が痛かったですね。冒頭は4回転だから、そういうときもあるさ、という感じですが、後半のは……どうしたんだー殿!!SPが決まってただけに、このまま優勝いけるかな、行ってくれないかな、と期待してただけに残念。

小塚君は、もっと演技点出してあげてよ……って思う。この点差が勝てない点差になってしまうと、やっぱり面白くないスポーツになってしまう。シニアに参戦したばかりの頃と比べて、ずいぶん風格が出てきたなあと微笑ましく見てますが、それだけに勝たせてあげたい!!

高橋君はアクシデントの影響か、本来の滑りではありませんでした。そんな中、じゃあ4Fを飛んでしまおうという男意気。怪我の具合が気になりますが、全日本には出るのかな……出ちゃう気がします。心配。



さて、女子ですが。
村上選手の台乗りは素直におめでとうと思います。
3T-3Tの安定性は素晴らしいですね。「自信があるので」と言えちゃう笑顔もかわいい。
しかし、松岡さんの「ずっとその笑顔で」というコメントはなんだかねー。数々の選手から笑顔を奪っているマスコミが調子のいいときに吐く薄ら寒いコメントに聞こえてしまう。ああ、私の心は腐ってるわ。歪んだ見方しかできないなんて。

鈴木選手。前々から言ってるけど、鈴木選手のいるリンクには光が満ちていると思う。ウットリしているうちに終わったプログラムでした。今年は昨年よりも点数(評価)がついてきているので、全日本以降も楽しみですね。
フリーの白い衣装がステキ。

5位の安藤選手。安藤選手を応援していた自分にとっては、あのフリー改心の笑顔からメダルへつながれば良かったのになあ、と思わずにはいられないです。過去にもメダルにふさわしい演技をしながら点数が低く抑えられてメダルに届かずってことが多かったですし。もうジャッジに奪われたとファンが嘆いている3Lz-3Loに果敢に挑む姿に心打たれますよ。





今日のエキシビ放送。
一番は鈴木選手のベリーダンスかな!めっちゃ綺麗でした。


コメント

世間に振り返られる前に2010年を振り返ろう的な~その2~

2010-12-10 00:06:41 | 雑記
第二回目は今年惚れた登場人物たち(アニメ・ゲーム編)
世間が振り返る前に、とかは全く関係ない自己満足思い出語りコーナーです。


■浅井長政(戦国BASARA / CV:辻谷耕史さん)
正義マン。
アニメ一期で長篠で背後から銃撃され(おいおい、ですが)ながら、死の間際にまで妻を思いやる男!悪と無駄口、削除する!!
BASARAで誰が一番かって言われたら、やっぱ長政さまです。もう今後ゲームやアニメに出ないとしても。黒髪ロン毛最高です。

……でも、筆頭も幸村も毛利さんも半兵衛も、みんなスキなんだけどね!優柔不断~。



■秋山(龍が如く4 / CV:山寺宏一さん)
今年滑りこみハマリ。たぶん年内は秋山編で終わってしまうので、ほか3キャラと比較はできないけど、素敵なオジサマ。
戦闘に入る前のどアップ顔だけでウットリ。病です。
声が入ってないセリフも脳内変換でプレイ。



□マリア(荒川UB / CV:沢城みゆきさん)
女王様っぷりが暴走しててイイわ~。シスターとのかけあいも好きです。
第一期のOPでマリアが歌った回なんてドキドキしちゃったもんね。
コメント

龍が如く4 プレイ日記

2010-12-07 00:47:57 | 龍が如く
金曜にPS3開封してからプレイ時間どのくらいなのかなあ。
連日2~4時間プレイだから、もう10時間超えてるかも……まだ秋山さんなんスけど!!

第三章のサブストーリーと顔なじみ拡大を中心にやっております。
塩原うぜえ~しかし、こいつのおかげで秋山さんのナイスな一面が見られるから赦す!


このゲームはミニゲームが満載で、むしろそっちがメインなんじゃないかという勢いですが、これだけあるとコンプリートするの大変ですな。わたしは軟弱プレイヤーなのでハナからコンプは無理だろうと思っていますが、それでも白熱しちゃうものがありますよ。早押しクイズとかシューティングゲームとか。
あちこちにある飲食店もそそられる~アイスとか!アイス食べてる秋山さんの背中とか☆
ラーメン屋もいいよね。ラーメンすすってる秋山さんの背中とか……ああ、病いだわ。


秋山さんのセリフは語尾がカワイイのよね。
「でしょ」「だね」口調だから。




人を殴ったり踏みつけたりすることに心が咎めるので、こいつら全員がゾンビなら何も思わないのに……と思っていたら、次回作は神室町がゾンビタウンと化すゲームなのですね。ウケた。
今作で登場の4人がメイン続投なのね。
しかし、バイオ4で挫折した人間にちゃんと遊べるゲームなのかしら。
バイオ4は大好きなレオン・S・ケネディが主人公だったにもかかわらず放り投げたもんなあ。ライフルの照準が合わせられなかった(死)そして車に轢かれた。
ビビリすぎて一向に進められないわ、弾丸を撃ちすぎるわ、でね。2を表・裏やりこんだ魂はどこへ行ったのであらうか。


そういや、秋山でキャバクラ紹介所の中をうろついてたら、店内でイチャモンつけられて戦闘になったのにはビビった。店内もありなんすねえ。楽しい~。
コメント

龍が如く4 プレイ日記

2010-12-05 16:47:20 | 龍が如く
ずっと欲しいと思っていたPS3。
でもそれは、FF13や戦国BASARA3のためだったんだけど。

PS初ゲームはヤクザゲームになっちゃいました。

某スーパーさんのキャンペーンでPS3本体・龍が如く4・BD映画1本(イングロリアス・バスターズか、パブリックエネミーズか、恋するベーカリー)をセット販売してたもんで。
なお、BDはイングロリアスを選択。こっちもグロい。



さてさて、プレイ初めて数時間ですが。
アクション苦手な私はもちろんEASYを選択です!
第一章秋山編をチンタラやってます。


てか、秋山かっけー!!
渋い色男だぜ。山寺宏一さんのお声がまたステキ。


戦闘は、EASYなのでだいぶ楽です。たぶん、秋山が使いやすいのもあるんだろうね。
年齢制限あるだけあって、踏みつけたり、そこら辺のものを武器に殴れたり、相当ひどい。倫理的に問題がありまくる……とか思ったけど、ファイナルファイトとかも角材で人をなぐってたよね。リアルになったぶん、アイタタと思うんだわね。

しかし、プレイヤーの自分が女なもんで、キャバ嬢とかに全然ときめけないやー。
うっわー、「チキンバスケット頼んでイイ?」じゃないわよー、とか思いながら、「うん、いいよ☆」と秋山さん。まあ、そのくらいならいいんだが、会話の選択肢とかがね……私、センスなさすぎて駄目なのしか選べない。女心わからないよ(え!)
温泉に行っても、卓球の対戦相手のコがセクシーショットしてくれても、ハアさよですか、って感じ。むしろ、秋山の入浴シーンが良かった(笑)



このゲームだけじゃないけど、ハードが進化して3Dが当たり前になって(ここでの3Dは飛び出せ、じゃなくて立体という意味ね)、町中をフカン画面ではなく歩くものが主流となると、方向音痴にはキツイわ~。地図みながら歩いてるもん。
あっれー、七福通りどっちだけ、みたいな。
方向音痴なおしたい!ゲームでもリアルでも……(泣)


ミニゲームも運動音痴で下手くそすぎるため、うちの秋山は「あれ?」とかため息とかばっかです。ごめんよー。





コメント

世間に振り返られる前に2010年を振り返ろう的な~その1~

2010-12-02 23:45:06 | 雑記
今年もはや12月。
もう少ししたら、年末の特番やらなにやらで今年を振り返ることであろう。しかし、そんなんを見て一年を思い出すようでは、自力で思い出したことにはならん!!

……なんて、ホントはどうでもいいんだが。
とりあえず、今年の思い出を書いてみようってゆー自己満足。


本日は第一弾として、今年のハマリ物なんぞを。



□■Perfume(音楽)■□
昨年から継続中。2009年の初夏あたりにワンルーム・ディスコのPVをみたのがきっかけだったから、もう1年半くらいか。
そもそも、たいして音楽に興味がなかった自分が、これだけ何回も同じ曲を聴いてるってのが不思議だ。
今年はシングルが3枚出して、ドーム公演もして、大活躍。
ライブに行ったことはないけど、だんだん行ってみたいなあ、という気持ちが出てきたり。でも、周りにPerfume好きがいないからなー。映画や芝居は一人で行けるけど、ライブは一人はさみしくないですか?
今年の曲ではFAKE ITが一番好き。
衣装は「ねぇ」の通常版が一番ですが、MステのシティやVOICE2回目も好き。



□■戦国BASARA(アニメ・ゲーム)■□
昨年はまだBASARAを知らなかったなんて……!!
春にアニメ一期を一気に見て、大ハマリ。正直なところ、一話の冒頭で筆頭が「Are you ready guys?」と叫んだ瞬間、このアニメみなくていいかなーと思ったくらい面くらったのですが、気がついたら抜け出せなくなっていたのです。恐ろしいわ。
アニメ一期~ゲーム2~ゲーム2外伝~アニメ二期と、BASARAづくし。
来年は映画も公開なので、継続すると思われるわあ。
プレステ3も買ってしまったので、時間に余裕ができたらゲーム3もやりたいな。

長政様にお熱で小谷城跡も行ったしね。
キューピーも戦国武将をそろえ始めたしね。
近頃、台本集が欲しいと思うよ。



□■アメリカンアイドル(TV番組)■□
1月にCSで放送されていたのを偶然見てしまったのを機に、以後、決勝戦まで見てしまいましたわ。シーズン9。
父はケイシー、母はリーを応援してました。
この番組を通して、アダム・ランバート、クリス・アレン、ドートリーに出会えたのも素晴らしいこと。特にドートリーはビバ坊主頭な私の心を奪っていきましたby銭形警部。


□■Abracadabra(曲名)■□
K-POPのセクシーお姉さん4人組、BEGの曲。
これも、PVみて直後にハマってた。だってPVのガインがセクシーすぎるよ!
見るたびに見た目が違うナルシャ、パワフルな歌声のジェア、ラップをクールに決めるミリョ。
KARAや少女時代と比べると、日本での知名度は低いのかな?


□■百田尚樹さん(作家)■□
百田さんはとっくに有名だったのだけれど、私は今年「永遠の零」に出会うまで存じ上げませんでした。なんてもったいないことをしていたのだろうと思います。
短編「輝く夜」も良かったし。次は「ボックス」を読んでみようと思います。




そんなところかな~。
コメント