静かな場所

音楽を聴きつつ自分のため家族のために「今、できることをする」日々を重ねていきたいと願っています。

カムカムエヴリバディ

2022年05月13日 18時40分24秒 | 映画、ドラマ
「カムカムエヴリバディ」の総集編を(録画で)やっと観ました。 やっぱ、良かった。いいドラマだったと、しみじみ実感。 一見、荒唐無稽、または「ありえへん」的なストーリーやエピソードであっても、そこに醸し出されるリアリティーや詩情に全く違和感なく浸れる、そんなドラマでした。 総集編は、本編を観てなかった人には分かりにくかったかも知れませんが、全編ちゃんと観た私には、それはもう、感動を新たにさせてくれる . . . 本文を読む
コメント

「バーンスタインのマーラー/交響曲全集(1回目)のまとめ」

2022年03月01日 17時00分03秒 | バーンスタイン(マーラー)
ミーハー親父のおバカ投稿です。バーンスタインのマーラー/交響曲全集購入のまとめ(?)。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ブルックナーの9番、ちょっと聴き比べ

2022年02月25日 16時50分13秒 | ブルックナー
昼下がり、ブルックナーの9番、聴き比べ。 というより盤コンディションのチェックかな? . . . 本文を読む
コメント

退院しました

2022年02月21日 17時19分12秒 | Dialy
退院しました。下界は寒いですなぁ . . . 本文を読む
コメント

宮川大助・花子著「あわてず、あせらず、あきらめず」

2022年02月16日 20時47分14秒 | 
ネットで注文して自宅に届いたのをカミさんに持ってきてもらいました。 一気に読んでしまいました。 . . . 本文を読む
コメント

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と9人の指揮者によるベートーヴェン/交響曲全集

2022年02月14日 19時16分18秒 | ベートーヴェン
今回聴いたのは、ひとつのオーケストラ(ロイヤル・コンセルトヘボウ)を9人の指揮者が1曲ずつ振ったセットです。 . . . 本文を読む
コメント

至高の十大指揮者(病室読書)

2022年02月09日 15時57分33秒 | 
トスカニーニ/ワルター/フルトヴェングラー/ムラヴィンスキー/カラヤン/バーンスタイン/アバド/小澤/ラトル 10人の指揮者の「年表以上評伝未満」。 . . . 本文を読む
コメント

フルトヴェングラー、1937年の第9

2022年02月03日 15時55分08秒 | ベートーヴェン
久しぶりのWF記事。 . . . 本文を読む
コメント

ところで、きょう指揮したのは?

2022年02月02日 15時40分57秒 | 
訂正・・・文中、秋山氏の実演を聴いた回数を「3回」と書いていますが、4回の間違いでした。大阪フィルとの「惑星」他を聴いたのを忘れておりました。 https://blog.goo.ne.jp/lbrito/e/d57685387a34ed54d21cdead3f9f5c5e <ところで、きょう指揮したのは? ー 秋山和慶回想録 ー 指揮者の振り様って、オーケストラ奏者にとっては、それ . . . 本文を読む
コメント

ブルックナーの交響曲第7番をシューリヒトの指揮で聴く

2022年02月01日 12時51分05秒 | ブルックナー
今日から2月。 立春ですね。 外気はまだまだ寒いようですが、窓を通しての陽射しは確かに輝きを増しているように感じます。 ブルックナー/交響曲第7番(改訂版) カール・シューリヒト指揮 ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団 録音:1964年9月 グランドスラム盤(GS-2233) この演奏(録音)、楽器の聴こえ方 が変わっていて、けっこうアンバランスですね。でも、聴いていて煩わしさや違和感は . . . 本文を読む
コメント

アルジャーノンに花束を

2022年01月30日 15時22分27秒 | 
知的障害(IQ68)を持つ主人公が手術(研究、実験?)によって天才となり、権威ある学者たちを片っ端からコケにしてしまうが、その得た知能はやがて急速に失われていく、その過程で主人公は、やがて訪れる自分の行く末を見つめ受け入れる努力をする・・・というお話。 「SF小説」の枠組みの中で、その心理描写は極めて綿密で具体的である。 文字や言葉での自己表現が「健常者」に比べて(表面上)少ない彼らの . . . 本文を読む
コメント

入院中の音楽

2022年01月29日 13時07分21秒 | 音楽
今、昨年8月以来の入院中ですが、例によっていろいろ持ち込んでいます。 CDは箱もの5つ、バラで10数枚。家族が着替え等を持ってきてくれる時に適宜入れ換えることにしています。 家の机上に、持ってきて欲しい順にCDを並べて置いてあります。かさばるので、いろんな箱ものから数枚ずつ抜いて並べてきました。 にしても、今回持ってきたバラCD、クレンペラーとフルトヴェングラーの、ほとんどベートーヴェン . . . 本文を読む
コメント

ベーム指揮ウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲全集より第1番、第8番

2022年01月10日 20時54分36秒 | ベートーヴェン
 ベームのベートーヴェンは、クラシックを聴き始めた1970年の終わり頃から、特にFM放送でのライヴ音源でおなじみでした。私が憶えている限り、第2番から第7番までがいくつかのオーケストラと複数回あり、第9番はウィーン交響楽団とのライヴがありました。 来日公演でも2番~7番を振っていますが・・・・・ . . . 本文を読む
コメント

ノルドグレン/左手のピアノと室内管弦楽のための協奏曲

2022年01月07日 21時53分55秒 | その他(現代音楽)
【ノルドグレン/左手のためのピアノと室内オーケストラのための協奏曲】 何も知らずに聴いてたら「えらい不気味で執拗な繰り返しが印象的な、救いのない曲」などと思うかも知れないでしょうが、解説を読むといろいろと書いてあって、読んでしまっては、もう、そうとしか思えない曲・・・です。 小泉八雲の「死骸にまたがった男」から強くインスパイアされた楽曲です。ーーー強烈な恋愛感情は肉体の死によっても滅ぶことはな . . . 本文を読む
コメント

謹賀新年 今年もシューマン「春」でスタート

2022年01月01日 22時20分24秒 | Dialy
みなさま 新年、明けましておめでとうございます。 今年もブログ「静かな場所」を宜しくお願いいたします(まだ、やっております)。 . . . 本文を読む
コメント (2)