静かな場所

音楽を聴きつつ自分のため家族のために「今、できることをする」日々を重ねていきたいと願っています。

秋山&大フィル

2007年03月30日 22時01分10秒 | コンサート
大フィル定期を聴きました。 今から最終電車で帰路につきます。 エルガーのチェロ協奏曲。 その冒頭は涙腺直撃。 「惑星」は生で聴くのは初めてでした。 すごい曲でした、やっぱり。 また後で感想アップします。 (帰りの近鉄特急車内より) . . . 本文を読む
コメント

クラ蔵

2007年03月29日 20時22分46秒 | 音楽
プチ春休みです。 そこで、ちょっとホームページごっこなんぞ始めてみました。 別館の方は、ちょっとしたHPみたいなことができるフリーページってのがあるんです。 そこに親父りゅうのクラ蔵なるページを開設しました。 ぼちぼちと増殖させていく予定。 しかし・・・・楽天さん、思ったよりフォトの容量が少ないみたいでガッカリ・・・。 . . . 本文を読む
コメント

音楽家の肖像

2007年03月29日 00時09分05秒 | 音楽
T新聞の夕刊で今週から始まった連載「音楽家の肖像」。 木之下晃氏の文と写真により、国内音楽家が一人ずつ紹介されている。 今日までに斎藤秀雄、朝比奈隆、渡辺暁雄と続いた。 頑固で信念を貫いたために新響(N響の前身)のメンバー内の反対派から連判状を突きつけられた斎藤秀雄氏。 (その弟子の小澤氏もまたN響からボイコットされたんだったな・・・) その斎藤秀雄の指揮法が支配した日本の音楽界でアマチュア . . . 本文を読む
コメント

セル=ドレスデンのベートーヴェン「運命」

2007年03月28日 07時09分31秒 | ベートーヴェン
ベートーヴェン:交響曲第5番 c-moll op.67 指揮:ジョージ・セル ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 1961年8月6日、ザルツブルグ、ライヴ いやはや、日ごろから応援している指揮者さんも何人かいるわけですが、こういのを聴かされると、「まだまだ、格が違うなぁ・・・」って思ってしまいます。 この圧倒的な演奏の前では、申し訳ないけど、ぶっ飛んでしまう。 彼の「第5」は、ディスクではクリー . . . 本文を読む
コメント

サン=サーンスの「ローマ」交響曲、そして地震

2007年03月25日 23時46分10秒 | フランス音楽(ベルギー、スイス等含む)
yurikamomeさんちに書き込んでから、「仕事が一息ついたら、最初に聴くのはこれ」と決めていた曲を早朝に聴きました。 サン=サーンスの交響曲「ローマ」。 マルティノン指揮です。 この終わり方は、なるほど残○感ですね。 「えっ、そうなの?30分以上お付き合いして、それはないでしょ」 って感じでした。 まあ、聴く前にトイレ行っておいたのでそれほどでもなかったのですが・・・??? 近頃、マイ . . . 本文を読む
コメント

「けん」17歳

2007年03月24日 09時56分08秒 | 家族(こども・しょうがい・学校・介護他)
今日、二男「けん」の誕生日。 17歳になった。 この子も「あちらの世界」に行きかけて戻ってきたことが何度かあったっけ。 酸素テントの中で、フラフラの首で何時間も寝ていたこともあったなぁ・・・。 あのとき、私は驚くほど「楽観視」していた。 あとで思い起こすとゾッとする。 保育園や小学校に入ったばかりの時は、なかなか馴染めずにオシッコをずっとがまんしてたり、赤ちゃん返りを繰り返したり・・・。 い . . . 本文を読む
コメント (2)

自宅仕事、フーガの技法

2007年03月18日 21時12分46秒 | Dialy
丸っと一日、子どもの相手と持ち帰り仕事で過ぎて行く。 「奥」から「けん」を締め出して仕事、仕事・・・。 時には音楽を流しながら・・・。 流してたのは、たとえばバッハの「音楽の捧げもの」と「フーガの技法」。 フーガの技法・・・初めて聴いたのは高校入学が決まった春休みだから、ずいぶん前。 リステンパルトの2枚組レコードだった。 あんとき「難しい曲やなぁ~」って思いながらも、何故か何度も聴いていた . . . 本文を読む
コメント

休日仕事

2007年03月17日 22時40分36秒 | Dialy
最近、ちょっと忙しくなってきて、何日か「まともに」音楽を聴いていない。 通勤退勤の自動車内と布団に入って寝入るまでの僅かの時間だけがその時間。 しばらくこういう状態が続きそう。 「けん」の下痢は一日でおさまったが、翌日に一回嘔吐し、その後はやや元気が無い状態。 昼寝もしたりしている。 今日は休日出勤(と言っても、ほとんどボランティア的活動)で、ふだんはやらないような仕事をさせていただいた。 や . . . 本文を読む
コメント

「りゅう」7歳

2007年03月15日 23時53分27秒 | 家族(こども・しょうがい・学校・介護他)
「けん」の下痢、今日は止まったみたいで一安心。学校休ませて一日、家でゆっくりと過ごさせた。食欲は今一歩とのことである。 さて、今日は三男「りゅう」の7歳の誕生日であった。 2000年の今日生まれたのだった。 その後、ちょっと波乱の数ヶ月を経てきて、今、こうやって元気で我が家にいる、そのことだけでうれしくありがたいと、あらためて思う。 あのとき小6だった長男も大学1年で、奇しくも今日帰郷している。 . . . 本文を読む
コメント (2)

「けん」がまた・・・・しかも・・・・

2007年03月14日 20時29分36秒 | 家族(こども・しょうがい・学校・介護他)
以下、例によって排泄等の描写や「ぼやき」が登場する「独り言」です。 嫌悪感を覚える方はスルーしてください・・・ 今日、「けん」が学校でまた発作を起こした それに先立つ10時30分頃、お腹を押さえて何かを訴えていたらしく先生方がトイレに連れて行ってくださったのだが、一足遅くお漏らししてしまった。「緩い便だった」とのことで、どうも下痢らしかった。 その後、給食を三分の二 . . . 本文を読む
コメント (2)

サン=サーンス/ピアノ協奏曲第2番

2007年03月11日 17時18分20秒 | フランス音楽(ベルギー、スイス等含む)
 サン=サーンス/ピアノ協奏曲第2番 ピアノ:フィリップ・アントルモン 指揮:ミッシェル・プラッソン トゥールーズ・キャピタル管弦楽団 (たぶん)1970年代後半の録音  昨日に続いて、サン=サーンスのピアノ協奏曲を・・・。 久しぶりに聴きましたが2番は旧知の曲です。 「ドン・ジョヴァンニ」風の悲劇的なトゥッティに挟まれた第1楽章は、ほとんどピアノによるモノローグです。 舞台は暗雲たちこめ荒涼 . . . 本文を読む
コメント (4)

サン=サーンス/ピアノ協奏曲第1番

2007年03月10日 23時49分47秒 | フランス音楽(ベルギー、スイス等含む)
 サン=サーンス/ピアノ協奏曲第1番 ピアノ:フィリップ・アントルモン 指揮:ミッシェル・プラッソン トゥールーズ・キャピタル管弦楽団 (たぶん)1970年代後半の録音  おそらく今日はじめて聴いた曲。 2番、4番は馴染みですが、他は記憶にありません。 冒頭のホルントロンボーンから人懐っこくちょっと甘いサン=サーンス・メロディが・・・。 やっぱり、サン・サーンスはいいですなぁ、って思いながら聴 . . . 本文を読む
コメント (4)

四日間の奇蹟

2007年03月10日 11時29分08秒 | 映画、ドラマ
レンタルショップで借りてた四日間の奇蹟を観ました。 前に本で読んでました。 原作を読んだときは敬輔のイメージ、映画の吉岡秀隆さんとはちょっと違ってました。 もっとクールで、手塚治虫のブラックジャックみたいな感じでイメージしてたので、「コトー」がピアノ弾いてるのは、最初、少しだけ戸惑いました。 でも、映画が進むに連れて慣れましたね。 映画のトーンと吉岡さんの雰囲気が調和してるためでしょうか? 感想 . . . 本文を読む
コメント (2)

やっと週末だ~!

2007年03月10日 00時54分58秒 | Dialy
いろいろと慌しく過ぎていった一週間でした。 カミさんもぼちぼち家事に復帰しつつあります。 私たちが体力、気力ともに消耗してしまう原因の一つに「りゅう」の行動の変化があります。 ひところよりも「多動」になっていて、頻繁に何かを訴えてきます。 テレビのチャンネル、音楽の選曲など・・・・。 自分で操作することが難しいものですから、機械ものは手当たり次第にバンバン叩いたり押したり撫でたり・・・。 それ . . . 本文を読む
コメント

プチ主夫 2

2007年03月08日 23時09分23秒 | Dialy
今日から「りゅう」も学校へ。 2人をスクールバスに乗っけて、またまた遅れ出勤でした。まあ、実働にはたいして影響ない程度の遅刻なので・・・と自分で納得させておこう。 カミさんは・・・ボチボチと快方に向かっているようですが、まだまだです。 昨日は療育センターでキーボード弾く予定だったのをキャンセルして寝てました。 で、帰宅後は今日もプチ主夫。 夕食後は切れかかっていた灯油を買いに走ったりいろいろで . . . 本文を読む
コメント