静かな場所

音楽を聴きつつ自分のため家族のために「今、できることをする」日々を重ねていきたいと願っています。

視覚が先か聴覚が先か(ルッソ:ストリート・ミュージック)

2007年06月28日 21時57分57秒 | 南北アメリカ大陸、その周辺の音楽
ウィリアム・ルッソ/ストリート・ミュージック サンフランシスコ交響楽団 指揮:小澤征爾 録音:1976年5月 BGMならぬBGVというものがあるのは知っているけども、あんまり観たことはない。 そう言えば、深夜のローカル民放で川の流れや山肌を流れる霧の映像を延々と流しているのを見たことがあるが、あれもBGVの一種かな? さて、昨日と今日の仕事帰り、自家用車内で聴いたこの曲が何とも . . . 本文を読む
コメント (4)

届いた!(チェリ、トリノbox)

2007年06月27日 00時02分27秒 | その他(指揮者)
とりあえず、モーツァルト39番、ケルビーニ、そして「幻想」の4、5楽章を視聴。 かつてFMで大野洋さんが言ってた言葉・・・「腰から下が見事に動かないんです」を思い出させる指揮ぶり。 モーツァルト、ケルビーニは、いたって端正でキビキビとした演奏。 テンポも普通。 ケルビーニでのラストの追い込みは、いかにも彼好みと言う感じ。 ちょい聴きしようと「幻想」にチェンジしたのだが、これが凄演! 4楽章から . . . 本文を読む
コメント

居住地校交流学習

2007年06月26日 20時30分59秒 | カミさん投稿(自身や子どものこと、その他)
今日は「りゅう」は居住地校交流学習ということで、地元の小学校へ行ってきました。 授業は2限目。 体育館にて音楽の授業♪ なかなか楽しい授業でした。 担任の先生(男性)が弾かれた曲は、「歌えバンバン」「さんぽ」「きらきら星」「勇気100%」などで、それぞれの曲で身体を動かしたり表現遊びを入れたり、ほかにも音楽的要素を取り入れながら子供たちの気持ちを高めていく楽しい授業でした♪ 「りゅう」は、昨年度 . . . 本文を読む
コメント (2)

映画

2007年06月24日 12時31分49秒 | 映画、ドラマ
子ども達を寝かしつけてから「奥の院」に行っても、ほどなくしてこっちも睡魔に襲われるってことが多くなってきた。 歳だなぁ。 で、近頃は映画を観ることが増えている。 昨日は2本観た。 「男と女」は、ずっと前、ベータ・ビデオの時代に民放の深夜ノーカット放送で観て以来。あれは吹き替えだった。 久しぶりに観たのだが、シンプルな映像と言葉少ない作りが落ち着いてていい。 アヌーク・エーメは「モンバルナスの灯」 . . . 本文を読む
コメント

一週間

2007年06月22日 20時20分32秒 | Dialy
長い一週間が終わった。 先週は土日がほぼ「休日勤務」だったし、水曜日にはちょっとした仕事の山みたいなものがあったりして慌しく過ぎていった。 現場実習の「けん」も、ちょうどその日の晩に高熱を出した。 いつもの「疲れ熱」で、翌木曜日の朝にはケロリ。 その日一日欠席して、今日は平常通り「出勤」した。 来週は最後の一週間である。 このまま乗り切ってほしいな。 私の方は「山」に絡んでいろいろとバタハダし . . . 本文を読む
コメント (2)

「けん」現場実習2週目へ

2007年06月18日 00時17分01秒 | 家族(こども・しょうがい・学校・介護他)
今日は午後から休日出勤だった。 昨夜、早々に寝てしまい、今朝は5時前から仕事をしていたから、今日は一日の長いこと! しかし、家での仕事ってのは能率悪いなぁ。 二男「けん」の現場実習は2週目に入る。 先週は学年担任の先生が毎日詰めていてくれたが、明日からは週に2度ほど「巡回」に来てくれるだけだという。 今のところは、作業所のリズムが彼に合っているみたいで、行くのを楽しみにしているようである。 . . . 本文を読む
コメント (2)

今ごろ聴いたよ!(ジョン・ウィリアムズ吹奏楽ベスト!)

2007年06月17日 10時48分24秒 | 南北アメリカ大陸、その周辺の音楽
ジョン・ウィリアムズ吹奏楽ベスト! 指揮:金 聖響 シエナ・ウインド・オーケストラ 一発目のSUMMON THE HEROESで、もうやられてしまいました。 気のせいか、前作「リード!リード!リード!」よりも一皮むけたような音の録り方。 リズムは研ぎたての刃物のすっごい切れ味の如く(意味不明?)で、圧倒しまくられました。 ソロは巧いし、短前打音、長前打音の微妙なリズムも決まりに決まって快 . . . 本文を読む
コメント

エイジ!無理すんな!

2007年06月15日 21時01分21秒 | その他(指揮者)
昨日、梅雨入りした当地だが、今日は晴天。 さわやかな風が吹いたり蒸し暑くなったりと変な気候だった。 昼食前のひととき、仕事場の窓からの朝熊山のクッキリとした姿に見入る。 1ヶ月前とは緑の濃さがずいぶん違う。 それにしても、今日は鮮やかにはっきりと見えたなぁ。 ということは、あの頂上からも、今日は下界がクッキリと見渡せているのだろう。 ああ、その場所に行ってみたいなぁ・・・なんて、暫し考えていた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

入梅

2007年06月14日 21時54分47秒 | Dialy
梅雨入り。 絵に描いたような梅雨空だった。 職場の建物内もムゥッとした湿気でエアコンも入る。 文字通り「うっとおしい」天気であったが、帰路に寄ったヤ○ダ電器の来店ポイントで300ポイント当てた。 ささやかな幸運だった。 今日の通勤退勤時の音楽は、タワーが出した朝比奈さんのショスタコ5&マーラー「一千人」。 「けん」の現場実習も明日で5日目となる。 今のところ、特に嫌がることもなく楽しく行っ . . . 本文を読む
コメント (2)

添寝のしんしんと・・・

2007年06月11日 21時51分58秒 | Dialy
仕事の関係で「添い寝」についてちょっと調べていたのだが、日本をはじめとするアジアの一部の国と欧米では、その捉え方に大きな違いがあることにあらためて気づく。 大雑把に、かなり乱暴にまとめて言うと、日本では「添い寝」が当たり前、欧米では「別室」が当たり前、という図式になるのだが、近頃では国内では「溺愛型」から非行に走った少年の62パーセントが就学時まで続く「添い寝」経験者であったという報告があったりと . . . 本文を読む
コメント (2)

2007年06月10日 00時49分53秒 | Dialy
昨日、今日(9日)と、けっこう荒れ模様の天気。 特に、どういうわけか、運転中にすごい雷に見舞われた。 いやいや、昨夜は帰宅後も近辺に何発か落ちた。 すごい地響きがした。 今日(9日)は所用で四日市まで出掛けたが、雷はそっちまで着いてきた(?)みたいで、行く手前方に見事な稲妻を見せてくれた。 道中、聞いたのは、父ヤルヴィのブル8&レーガー、メータNYPの幻想交響曲、ラターのレクィエムなど等。 . . . 本文を読む
コメント (4)

現場実習

2007年06月07日 22時49分35秒 | 家族(こども・しょうがい・学校・介護他)
来週からいよいよ「けん」の現場実習が始まる。 3週間、学校を離れて、家から車で10分強のところにある生活介護事業所に通う。 「作業内容」を読むと「マットの材料の色分け、アルミ缶つぶしなど、本人の様子を見て活動内容を考えていく。・・・」とある。 親としては不安はある、というのが正直なところ。 でも、本人は「毎日弁当」(配達される業者さんの弁当です)の言葉に魅力を感じているのか、いたって上機嫌であ . . . 本文を読む
コメント (2)

バッハ/メヌエット ト長調(井上直幸さん、最後の贈り物)

2007年06月05日 21時17分29秒 | J.S.バッハ
バッハ/メヌエット ト長調BWV Ahn.114 他 ピアノ:井上直幸 井上直幸さん、最後(亡くなる一ヶ月前)のレコーディング。 プロデューサーの井阪さんのライナーノートによると・・・・短期に二度の手術を行った彼(井上氏)から3月中旬に「会いたいんだ。もう幾許もない人生かも知れないが、最後に残したい仕事があるんだ。(後略)」と電話があった。 ・・・中略・・・・「僕は何とか、もう一度力を振り絞って . . . 本文を読む
コメント

チェリビダッケのブルックナー交響曲第5番(86年ライヴ)

2007年06月03日 19時11分41秒 | ブルックナー
ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(ハース版)    ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団  セルジウ・チェリビダッケ(指揮)  1986年10月22日、サントリーホールでのライヴ アルトゥス・レーベル ブルックナーの5番は、私にとっては彼の作品の中でも特に感動を呼び起こすことが多い作品であるが、この演奏の凄いことと言ったら、もう何と言っていいか、言葉が見つからない。 ホール・トーンを豊か . . . 本文を読む
コメント

青山高原ウインドファーム

2007年06月02日 19時46分48秒 | kuni(地域)
今日の子守りドライヴは久居榊原風力発電施設(青山高原ウインドファーム)へ。 当地からもいつも遠目に見えている青山高原に立ち並ぶ24基の風車タワーですが、間近で見るとなかなかの迫力。 高原に林立するタワーの間をロケーションをチラチラ楽しみながらのドライヴできるようになっています。 休憩所からの眺めは三重県中央部をぐるりと見渡せますが、今日は残念ながら霞んでおりました。 車を降りると . . . 本文を読む
コメント