ふらわ~DIVAの思うこと 

富士宮市 フラワーエッセンス 癒しや心の成長を助けるお手伝いをしています
日々の活用法、ひらめき、気づき。などなど

白いチューリップ

2017-11-13 | その他
先日、たくさんの白いチューリップの球根をただきました

チューリップをもらった後、行った先で天使の看板を見かけました


このチューリップは天使からの贈り物のようです


チューリップの花ことば

「思いやり、博愛」

そして白のチューリップ

「失われた愛、あたらしい愛、再生」

ネットなどで調べると、白いチューリップはあまりいい意味では捉えられていないようです

が、再生するときには必ず一度壊れるものです。

そして生まれ変わる。

だから、「あたらしい愛」でいいのです

一般的には、「あたらしい愛」は恋愛の「愛」ととらえるかもしれませんが、今の私自身にはちょっと違います。


「あたらしい愛」を表現するための愛のつながり。

それはこれから私がやっていこうとしているものに通じます。


今日もその打ち合わせをしてきました

来年1月にゆめハピを控えていますが、その先の来年の3月のゆめハピであることを企画しています♬


そのために天使から贈られた白いチューリップ

開催予定の3月に美しい姿で咲いてくれますように。。。

そう祈って、近いうちに植えようと思っています





コメント

夏休みものこりわずか

2017-08-23 | その他
こんばんは

夏休み中のママは忙しいですよね

我が家の下の子は明日から夏期保育が始まります。

やっと、というかあっという間で、もう!?

という感じです


夏休み中はバタバタで疲れるし、疲れからイライラすることもあったけれど、子供の成長を大きく感じる時間でもありました。

下の子はまだまだ字を書くのは無理だと思っていたのですが、本人は文字を書いたり絵を描くことに興味があったらしく、夏の幼稚園の課題にも意欲的に取り組んでいてビックリしました

夏の思い出の絵も思いの外上手

上の子も絵日記が大得意♬

たのしかったことを絵や文で書くことが大好きな様子で、楽しそうに描いていました



左が上の子 右が下の子

ふたりともリニア見学センターに行った時のことを書いています^^

二人で楽しそうに書いている姿をみられたのも、大きな成長だなぁって。



これはホイップクリームを絞り出して書いた二人の顔

上の子作です。

ほんわか心が和みます


子どもの一番かわいいのは、小学校低学年や幼稚園の時だとか。

今、我が家はまさにその時期

こうして子供たちと一緒の時間を楽しめる環境にあるって、本当にしあわせだなぁと思うのです


小学校の始業式までも残りわずか、あと数日は上の子との時間を楽しもうと思います


コメント

ぼく、はだかんぼ!

2017-08-12 | その他
最近、下の子のお気に入りの絵本

はだかんぼ!


お風呂上りに、はだかで家じゅうを走り回るおとこの子のお話です

「きゃっほ~♬

 はだか!はだか!はだかだよ~♬」

っと走り回る姿がやんちゃ坊主って感じだけど、子どもらしくて私も好き


うちの下の子はこの真似して、マント姿で家の中を駆け回っています

が、こんなことが出来るのは今のうち。

そのうち、こんなことしてたなぁって懐かしく思う時がくるんだろうなぁ。


そう思うと、この絵本の最後のママのように



このやんちゃ坊主が愛おしくてたまらないのです


コメント

ゆめハピ引継ぎました

2017-07-29 | その他
前回の7月20日のゆめハピ後から、本格的にゆめハピのまとめ役を引き継ぎました

これからゆめハピをどのように運営していくかは、9月にメンバーと話し合いながら決めていくことになりそうです。

中心核が変わるので、今までのゆめハピと少し変わっていくかもしれません。

まだまだイメージが出来ていませんが、これからのゆめハピをまたよろしくお願いします

コメント

自分の感じてきたインディゴの部分

2017-07-17 | その他
こんばんは

今日も蒸し暑い一日ですね~。

今夜は熱帯夜のようで、風もなくじっとりとしています。。。。


さてさて、先日色から連想するインディゴの話を書きました

書き終えて思ったのは、色からの意味合いが大きく、やっぱり光のエネルギーそのものなんだなと。

まぁ、当たり前か!

オーラも色も光のエネルギーですものね。

だから、どのサイトを見ても同じ様なことを書かれていたのが何となくわかりました^^


今日書こうと思ったのは私自身が今まで重なると感じてきたこと。

他の方も同じように感じてる方がいるのかもしれないので


<インディゴはうそを見抜く敏感さをもつ>

人によってこの見抜き方もさまざまなようです。

瞬時に反応して虚偽を見抜くことができる人。

うそをつかれるときに相手が次に何を言うかが、見えてしまう人もいるようです。

私の場合はというと

ウソついた内容をゆめで教えてくれます

特に私とってよくない内容は特にですが

その時には気づかなくても、気づくように仕向けられるというか。

知りたくないこともあったんですけど、教えられちゃうんですよね。。。

今思うと、これは天の意思もあったのかもしれません。


<みんなと何かが違う???>

みんなと同じになりたいのに、何かが違う同じようになれない。

そんなことを感じてた人、いたのではないかな?

それと同時に、子供のころから自分の居場所がここにはない感覚で、常に自分のいるべき場所を探していたように思います。

家族が居ても、家族と仲が悪いわけでもないのに、自分の居場所が親元でも感じられずに過ごしていました。

今はその感覚も落ち着いて、ここにいる。

ここで生きていく。

という感覚がはっきりとあるので、安定していますが、そう感じれないまま過ごしている方は気持ちに不安定さがあるかもしれません


<戦士のような一面をもつ>

インディゴといえば、システムバスターの役割を持っているので、戦士のように激しい一面を持っていると言われます。

これはカラーのエンジェルカード、ネイビーのカードの挿絵ですが、

インディゴのイメージそのものっていう気がしたので載せてみました



光に向って颯爽と進む騎士。

腰に抱える剣はこれからの未来のために、古いシステムを切り崩すためのものでしょうか。

そんな風にも感じますね。


ここ数日こうして書き進めながら、自分の堅さをマイナスに感じていたこともあったのですが、それも自分の持って生まれた必要なエッセンスだったのだと、ようやく思えるようになりました。

堅いことにも気づかず、堅いと言われることに、

え~っっ

と思ってましたが、やっと受け入れることができたようです


こんな自分でもいいんだって思えたり、

自分のことを素直に受け入れられるようになるだけでも状況は変わってきます。


そんなささやかなお手伝いになってくれたらうれしいです


伝えきれないことも多いのですが、今日はこの辺で。


読んでくださってありがとうございました
コメント

インディゴチルドレンのこと

2017-07-13 | その他
こんばんは

この間参加してきたワークの内容を少し書いたときにインディゴチルドレンのことを少し書きました。

私も自分自身がインディゴではありますが、自分のことを理解しきれてないので少し調べてみました


検索をかけてみて思ったのですが、

意外とインディゴやクリスタルチルドレンのことに関する内容をUPしている記事がおおい!!


私がインディゴやクリスタルチルドレンの内容を知った時にはこれらの本くらいしかなかったのですが(8年くらいまえかな)


今はあちこちで取り上げてるんですね~。

この宇宙チルドレンに取り上げているインディゴチルドレンの特徴は~

と書きたいところなのですが、この本に書かれている特徴はどこのサイトでもたいてい書かれていることなのであえて書きません。

すみません

もし興味ある方はご自身で調べてみてくださいね


書きたくても私自身がなかなか時間が取れずにUPできないことが多いので、省略させてください。


私の中に入ってきた情報では

インディゴの色に関係しているようです。

インディゴの色=藍色

この色はチャクラでいうと第六のチャクラの色です。

第六のチャクラはインスピレーションや霊性をつかさどるエネルギーポイント。

このチャクラの色の影響を多く受けているインディゴの方は直観力に優れていて、ウソを見抜く力を備えています。

そして敏感なため、他人の変化、自分の身の回りの環境、状況にも繊細に反応してしまいます。


という特徴と、


青と黒のまじりあった色なので

<青色の持つ特徴>

誠実、純粋=間違ったことが許せない

慈愛=限りなくやさしい側面を持つ

冷静=思慮深い目または、冷めたような目をしている(私が子供のころ親によくて言われました

哲学的=命、生きること、死に対して特別な想いがある

自己表現=自分に必要なことは臆することなく伝える


それに黒の要素が混じることで

堅さや一途になりすぎる側面が出てきます。

ただし、黒は音楽やアートで創造力を発揮させる色でもあるので、インスピレーションを受け取りやすいという特徴があるのかもしれませんね


でもこれらがうまく表現できないと

喪失感、あきらめ、抑圧、言いたいことを押さえる=生きづらさを感じているインディゴが多いということ。


色から連想するイメージで見えてくるインディゴの特徴です。

これは私が感じ、私自身と重なる部分から書いてみました

ご参考までに~




コメント

こどもたちからのメッセージ

2017-06-19 | その他
先日クライアントさんとの話で、「神様とのやくそく」のドキュメンタリー映画の話になりました

「神様とのやくそく」は2年前に私が主催で上映させていただいた映画です。




その時に長野で民宿を営みながら、マタニティ合宿やいのちの輝きを伝える活動をしている方からいただいた色紙。


この色紙に目がとまりました。

飾ってあったにもかからわず最近存在を忘れていました

でも、確かに2年前に私が書いた子供たちからのメッセージをインターネット上で見つけ、わざわざ連絡をくれた彼女。

そして上映に間に合うように色紙まで書いて送ってくれたものです。


でもその時のメッセージはなんて書いたのか。。。

おとぼけの私はすっかり忘れてしまっていましたが、やっと思い出しました



「ママ、大好きだよ♬
 
 ぼくと一緒に 笑おう

 ぼくと一緒に 楽しもう

 ぼくと一緒に しあわせになろう」



「神様とのやくそく」の上映を決めた時、スーッと入ってきた言葉でした。

どの子どもたちもみんな、ママに一緒に幸せを感じて欲しいと思って生まれてくる。


ぼくがいるから寂しくないよ。

ぼくがいるからもっと笑ってね。

ママ、ママ、大好きだよ♬


そんなこどもたちからのメッセージ。


子どもたちの成長とともにやることが増えたせいもあって、この感覚を忘れていました

でも、この言葉を思い出してリセットできたように思います






コメント

思い出しながら、書きながら

2017-01-11 | その他
こんにちは

今朝はかなり冷え込んだように感じましたが、昼間は暖かいですね

太陽の日差し、ありがたいです。


最近こうして過去のことを思い出して、書きながら自分の中で不完全燃焼だったものを昇華しているように感じます。

年末に過去に関わった人たちの顔が浮かんできていました。

普段では思い出さないような人のことまで。

自分が嫌だった人、何となく通り過ぎて行った人、好きだった人。

そんな人たちが浮かんでくるたびにシャボン玉がぱちんとはじけて、自分を覆っていた膜とれていくような感覚でした。

するとスッキリして軽くなっていく。

もしかすると自分に覆っていた膜とは感情の膜だったのではないのかなと、思います。



10数年以上前ですが、引き取っていた孤児院の15歳の男の子。

その子のことが特に鮮明に見えていました。

昨日書いたように、けっこう家の中はあれていて、父はなんでこんな子引き取ったんだろう?

と私も苦しい想いをしていましたが、私だけでなくみんなが感じていたこと。

もしかしてその男の子が一番つらかったのかもしれないなぁ。。。

と今では感じます。

家庭というものにあこがれていた気持ちもあったと思います。

私のことを「姉ちゃん」と呼んでくれていました。

でも私は姉ちゃんらしいことできてなかったかもしれません。

優しい言葉かけてあげられてたのか。。。

それでも、「姉ちゃん」と呼んでくれてたね。


もう何年も前に独り立ちしていって、どこにいるのか、どうしているのか。

何だか、今更だけど、「ありがとう」を言いたくなったよ。

きっと届くことはないけれど、その思いだけでも届いたらいいな。

こうして思い出せてよかった


あの時はお互いに辛かったね。

今があるのは、あゆみのおかげでもあったよね。

ありがとう。

お互いに元気で頑張ってこうね


コメント

自分を見つめるきっかけになったフラワーエッセンス

2017-01-11 | その他
こんにちは

結局昨夜は子どもたちと爆睡

あったかい布団に子供と一緒にゴロンするとかなりの確率で寝てしまうのでキケンです

でも気持ちいいんですよね~

なんてったって、両側に湯たんぽ抱えて寝ているようなものなので。


さぁて、先日の続きに戻しましょう


思い出すと、昔の私は幽霊のようにいのちの火が弱々しかった。

マイナス思考だったし、不平不満も多かった。

許せないことも多かった。

今はかなりましになっているけど、もともとがそんなだったから今でも自分なりに点検しているつもり。

でも自分の点検とか20歳くらいまではそんなこと思いもしなかったぁ。

体調悪くてふらふらで、何とか日々を生活してくのにやっとだった。

それも人の目を気にしながら。 

変な風に思われてないかな?嫌われないかな・・・。

だからびくびくしていた分、そっちに自分のエネルギー使ってしまうからへとへとだった。

いわゆる気疲れですよね

気疲れは自分のこと以外に意識を集中しすぎることで自分のエネルギーを相手に与えてしまっていること。

私はこのパターンと受け皿になることで自分の存在価値を見出してた傾向があるので、人の痛みをもらいやすく、マイナス感情も受け取ってしまって余計に調子悪くしていました


それを気づかせてくれたのが、ヒーリングとフラワーエッセンスでした。

ヒーリングを受けることによって、自分が母親の感情の受け皿になっていることに気が付いたのです。

その当時、家には父の独断で決めた孤児院から引き取った15歳の少年が住み込みで居て、母はキリキリ。

母がイライラしているのに耐えきれなくて、私が面倒みたりしてましたが、私も母の感情と連動してしてしまって怒りやすく、家の中はごたごたしていました

そのことがはっきり自分で気づけました。

それまでは自分の体調が悪いと思い込んでいたのですが、私は負のエネルギー吸収体になっていたのです。

気づくことによって、考え方も変わってきました。

それに役に立ったのはフラワーエッセンスです。

フラワーエッセンスは着付けの先生が教えてくれました。

飲むと一端は落ち込んだりするのですが、それ過ぎると不思議に心が軽くなっていきました。

考え方がかわり自分を客観的に見れる助けになりました。


そして自分でもっともっと・・・もっと楽になりたい。

元気になりたい。

楽しく生きたい。

その気持ちで自分からエッセンスやヒーリングを学びだしました


だから人の役に立ちたいと思うのでしょうね。

もし大変な思いをしているのなら、フラワーエッセンスや癒しを取り入れて欲しいと思うのです



長くなりましたが、今日はこのへんで


今日も最後まで読んでいただきありがとうございました






コメント

自律神経失調症

2016-12-29 | その他
こんばんは

もう今年も残すところ二日となりました。

ここ最近私自身の過去を話すことが多いので、私の体調のことを書いてみますね。


今は周りからパワフルだと言われるけれど、もともとは自律神経失調症をもっていました。

初めて異変を感じたのは中学生のころ。

授業の黒板の文字が歪んで見えない。。。

右側は見えているけれど、左側はまるで水の中から見ているように歪んで凝視できない。

そのあとにはひどい頭痛と吐き気。

動くと気持ち悪くて、寝がえりさえもできない、首さえも動かしたくない。。。

それくらいのめまいと気持ち悪さ

生きた心地しませんでした


病院で色々検査しても異常はみられず、診断は自律神経失調症でした。

精神安定剤を処方され飲んでいました。

20歳のころの私を知っている人は風に吹かれたら飛んで行ってしまいそうだったと言います。

それだけ頻繁にくらくらしてたのだと思います。


ストレスに弱い性格、プレッシャーを感じやすい、緊張症、恐怖心が強い。

自律神経失調症になりやすい要因すべてをもっていました


今もプレッシャーに弱いですよ。

緊張症ですよ。

でも気持ちの切り替えは早くなりました


20代前半で安定剤へ依存の怖さを感じて、薬から離れることもできました。

今でも体調崩すこともありますが、格段に元気になりました

自分の体を客観的に分析して、対処できるようになったからか、回復も早くなったと思います


それには精神的なものが大きく関わっていると思うのです。

薬でのケアも大事です。

身体のケアも大事です。

それにプラスαで心のケアをしてもらいたいと思います。

私自身がそれで元気になりました。

ストレスを感じやすい社会だからこそ、自分の内側を見つめて欲しいと思います


私はフラワーエッセンスとの出会いが大きなきっかけでした。

つづきはまた次回に

では、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント