マル激トーク・オン・ディマンド

第367回
マル激トーク・オン・ディマンド
(2008年04月13日)

<言論の自由を宝の持ち腐れにしないために>
ゲスト:鈴木邦男氏(一水会顧問・作家)、森達也氏(ドキュメンタリー作家)

http://www.videonews.com/


コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

4月13日「たかじんのそこまで言って委員会」

4月13日 よみうりテレビ系
「たかじんのそこまで言って委員会」

◇司会 やしきたかじん
辛坊治郎 (読売テレビ解説委員)

◇パネラー 三宅久之、志方俊之、鈴木邦男、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥、村田晃嗣、山口もえ

◇ゲスト 城 繁幸(人事コンサルタント)

※巨人×ヤクルト戦放送のため、
 ひる1時05分~2時30分の放送です。
 (一部地域を除く)

http://www.ytv.co.jp/takajin/

観られる地域の人は、ぜひ、観てください!
コメント ( 5 ) | Trackback ( 1 )

阿佐ヶ谷ロフトで「天皇ごっこ」です!

劇団再生の舞台「天皇ごっこ」が、
脚本・キャストも新たに阿佐ヶ谷ロフトで蘇ります!


第1部・公演 「天皇ごっこ~思想ちゃんと病ちゃんと~」
    原作:見沢知廉 脚本/演出:高木尋士

第2部・鈴木邦男さんとお話しよう! 「表現・演劇・思想といろいろ」
    出演:鈴木邦男・高木尋士・他ゲスト

4月12日(土)19時30分 START @ 阿佐ヶ谷LOFT A
4月13日(日)19時30分 START @ 阿佐ヶ谷LOFT A
※ 第2部のSTARTは両日ともに21時くらいを予定
※ 入場は、ともに18時30分~

2,000円(飲食費は別となります)
すべて当日清算となります。

各日100名限定です!(※要予約)

◆ご予約は劇団再生ホームページまで◆
http://www.engeki.ne.jp/saisei/archive/20080412/index.html
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月7日(月)NEWS23出演

本日、TBS 22:54~「NEWS23」に出るらしいです。

http://www.tbs.co.jp/news23/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

靖国YASUKUNIトーク@ロフトプラスワン

 公開記念のトークだったはずが、上映中止問題勃発。
そのおかげと言ってはなんですが、事実、場内は満員となりました。
(ニュース23が来ていたので、そのうち放映されるでしょう)
 前半は、鈴木邦男と、宮台真司さん、末井昭さん、アルゴピクチャーズの細谷隆広さんと、上映中止問題についてトーク。
 
 上映中止に関しては残念だし、怒りを感じているものの、
「映画館はだらしがない」だとか、「言論弾圧だ」などという文句話からは少しはなれて、かなり前向きなトークになりました。
 
 鈴木さんはまず、「右翼の脅迫電話も、抗議街宣も、全部記録に残して、ドキュメンタリーにしたらいい」と提案。
それをYoutubeで流すとか、テレビで放映するとかして、国民に問えばいいという。
それをされたら、騒音だけの右翼は出て来れないし、まっとうな批判をする右翼であればきちんと取材を受けるだろう。そうなれば脅迫まがいの行為もやめざるをえない。まずはそれをまずやるべきだろうという。
 末井さんは、アダルト系の本の編集長をしていたときに、皇室の写真とヌード写真をとなりに載せて、右翼に抗議されたことがあるらしい。
それで、フルカラー1ページ、日の丸バックでド派手な謝罪広告を出したら、右翼は感動していたのだという。
右翼は誠意だとか「カタチ」を求めるものなのだそう。
 宮台さんは、「映画館に警察を配備して、機動隊にまもられた中で興行を観るのも悪くないんじゃないの」
と提案。
 やはり映画館を批判してもかわいそうだし、右翼がきたら怖いのは当然。
また、抗議をぜんぶかわしても、一般の人が映画館に入ってから、怒って暴れる場合もある。100パーセントの安全などありえない。
 そんな話を受けて、鈴木さんは、過去に伊丹十三監督の映画でスクリーンを斬った右翼の人から聞いたという話をする。
 なんでもスクリーンを斬るのは大変なんだそう。
まずちゃんとチケットを買って入って、どこでスクリーンを斬ろうかをかんがえて、それで、もう一回チケットを買って、ここだって決めた場所で斬る。
それでもすぐに取り押さえられちゃうし。スクリーン斬るのもラクじゃないということらしい(笑)。

 ロフトの平野オーナーは、「どこもやんなきゃ、うちでやるぞ!」と宣言。頼もしい!!
社民党も名乗りを上げてくれるという話だけれど、それをやっちゃうと、ヘタに右翼を炊き付けるだけのような気も。
なるべくなら政党に関係なく、ふつうの映画館でやって欲しいものです。

 鈴木さんいわく、右翼に抗議すらされずに無視された「反日映画」だってたくさんあるのだそう。(そういえばそうですねー)
こうやって話題になったことで、名乗り出る映画館もたくさん出てくるだろうし、ある意味ラッキーだったんじゃないかという結論に落ち着きました。
 
 いち早く都内でも上映が決定することを期待します!【高橋】
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )