とあるダメ管理人の戯言日記

九里学園陸上部OBのダメ管理人の戯言集。
題名通りただの戯言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京マラソンを観戦

2012-02-27 19:45:24 | 観戦
上京して数年になるのに、始めて東京マラソンを観戦してきました。
まぁ今まで天候に恵まれなかったから控えていたんですけどね。
実際、マラソンの空気を味わうのは始めてでしたし、トップアスリートと市民ランナーの空気感もどれ程違うものかを知る為にも、ぶらり自転車に乗って探索してきました。

自宅が浅草に近いこともあり、取り合えず浅草の折り返し地点へ。



(;´д`)混み過ぎ…



身動き取れません。しかも自転車なので尚更動けない始末。
なんというかお祭り騒ぎでした。
ついでになんか伝統芸能だか何だかよく分からない催しモノもしてました。
便乗して何やってんだか。
そんなものは華麗にスルーして、ランナーを観戦していた訳ですが、
やっぱお祭りですなこれ。
偶にはこんな空気も悪くないといった感じです。


所々で「頑張れ東北」と書かれた旗やら何やらを持ったランナーがチラホラと見かけました。
東北人としては嬉しいエールです。
そんな中、どうみても走る上では苦しいであろう仮装ランナーの群集の姿も。
さすが日本、その変態っぷりは他国の追随をも寄せ付けない。
どのランナーも


( ゜д゜)どうしてこうなった…


としか言い様のない姿で雷門前を通る光景は爆笑ものでした。


実は毎年短い距離の方をエントリーしてたりするダメ管理人。
今年も洩れました。なぜだ。
来年は走ってみたいものです。
コメント

地区大会終了しました

2011-05-08 23:22:01 | 観戦
5/7,5/8に行われた地区大会を観戦してきました。
大会の結果、及び歴代10傑を修正・掲載しました。

短時間のやっつけで掲載したので、もしかしたら間違いもあるかもわかりませんが、そこはご容赦を。


強風が吹き荒れ、天候も安定しない大荒れの中での試合で、全選手の記録もいまひとつ参考にならないものばかりでした。
そんな中でも大会記録を更新する好記録が出たのは、大会運営側も良かったと思っているところでしょう。

他の地区の記録も見ましたが、やはりどの会場でも風は強かったようです。
単純に比較するのは難しいですが、心なしか置賜地区のレベルが低い気が…

まぁ、要は県大会で結果を残せるかどうかですから、今はどうでもってところもありますけど。


今回の大会の結果をどう受け取るか、後輩にはしっかりと反省してほしいと思います。
それは競技面以外の点でです。
競技面の結果の反省なんてものは、結局は自分の事です。反省して当たり前です。
正直、本当に「競技参加者かお前ら」と、思わずツッコミたくなる場面もありました。
結果的には総合優勝などは、点数上では圧勝でしたが、どうも腑に落ちない結果でした。

とはいえ、ОBの私がどうこう言っても仕方がないんですけどね。
要は出場した当人が反省しなければ意味はありません。
競技面はその時の結果がすべてなので一概には言えませんが、それ以外の事については、その時駄目であれば、次回直せばよいだけです。
ミスは誰にでもある訳ですから、そこから反省して次回に活かせば良い、それだけの事です。

県大会に期待したいと思います。
コメント

広州アジア大会の観戦 =落胆と歓喜の境界で=

2010-11-26 05:06:50 | 観戦
アジア競技大会の陸上競技が深夜に放映されていたので、何気なく観ていた。
ニュースでは既に福島選手が100mに続き200mも制した事は知っていたが、他の競技はどうなのかも気になったので、半ば徹夜での観戦でした。
暫くすると、私も取り組んでいた400mHの決勝も放映されていました。
レース中に観ていて、

( ゜д゜)「ってか成迫選手…これ失格じゃね?」

そんな事を思いながら男子400mHの結果を待っていたら、案の定の失格。
ってか明らかに失格とわかるハードリングだった。

400mハードルの一番怖い点が現実のものとなってしまった感じです。
私は利き脚が逆で、偶数歩でインターバルはいけないので無縁の問題でしたが、過去に同様の内容で先輩も失格になっていた事を思い出しました。

こうしたまず問題ないだろうと思われるミスは、大抵大舞台でボロが出るものです。
緊張やプレッシャーの要因か、慣れでこの注意点が頭に無かったのかはわかりませんが、何とも惜しいミスで失格になったものです。

その代わりに、繰上げで河北選手が前大会に続き銅メダルを獲得しました。

喜んで良いやら悪いやら、やたら面倒臭いレースです。
失格した選手が他国の選手で、繰上げのメダル獲得ならまだ喜べるのですが、自国の選手が失格になって、繰上げで別の自国の選手がメダル獲得では、応援する側も複雑です。

コメント

2010年度サボタージュ期間終了

2010-11-16 06:58:28 | 観戦
ここ暫くの間、公私共にゴタゴタしてて更新をサボってました。サーセン。

東日本女子駅伝はテレビ放映されていたので、テレビ越しではありますが観戦していました。
やっぱり実業団チームを抱える都道府県は強いですね。
流石に中学生に頼るといった情けない県は無かった様ですが、高校生がどんなに強くても、やはり"揃っている"所には敵いません。
地元の人間としては悔しいですが、山形の優勝は当分無いでしょうね。

中長距離ブロックはまだ出場する試合はあるようです。
是非頑張って欲しいものです。

私事ではありますが、諸事情により12月頭に一時帰省します。
12/4~5は実家でぐーたらしていると思うので、部活を覗き行くかもしれません。
その時は迷惑にならないように隅にいますw

東京も、流石に冬に近づいてきました。山形はもっと寒いんでしょうね。
体調管理は怠らないようにしたいと思います。
コメント

国体観戦 その2

2010-10-06 10:48:39 | 観戦
三日間千葉に通い、国体を観戦しました。
浅井さんと安達くんも大会四日目に出場し、奮闘しましたが決勝進出には到りませんでした。
残念です。

それにしても、今大会は大会新記録ラッシュでした。
六年前に同競技場でインターハイが開催されましたが、その際も大会新が つも誕生したのを思い出しました。
(この競技場は何か特殊な力でもあるのだろうか?)
まぁ偶々何でしょうけど…。

参加した選手、参詣者の皆さん、国体出場お疲れさまでした。

今シーズンの残り試合も僅かになりました。
今週も大会があるようですので、頑張って欲しいと思います。
コメント

国体観戦 その1

2010-10-03 20:44:29 | 観戦
雨の予報も所詮は予報。
それほど悪い天候ではありませんでしたが、風が気になるコンディションでした。

少年B110mHに出場した江口君は、予選から好記録を連発し、見事優勝しました。
全レースで大会新と好記録連発でしたが、追い風為、予選・決勝は参考記録となり、準決勝の記録が公認の大会新記録となりました。

写真は、公認の大会新記録を叩き出した時の速報情報です。

決勝に関しては、13秒台に迫る好記録だっただけに、少し残念です。
しかし、九里男子陸上部では初の全国タイトル獲得なので、嬉しくもあります。
おめでとう、江口君!

明日は浅井さんと安達くんの試合がありますので、明日も引き続き応援しに行きたいと思います。









=おまけ話=
江口君の表彰を待つ間、山形県勢のリレーを応援しました。
「惨敗」の二文字でした。

( ゜Д゜)どうしてこうなった…


コメント

スーパー陸上を観戦してきました

2008-09-23 19:48:00 | 観戦
等々力陸上競技場でスーパー陸上を観戦してきました。
サブイベントの10×400リレーや、朝原選手の引退セレモニーなど内容盛りだくさんのものでした。
400mに出場した堀江先輩も大健闘でした。
周囲の目を忘れて応援してしまいましたw

さて、スーパー陸上って競技数が少ない為、日頃よく見れない走り高跳びもじっくり観戦することができました。
走り高跳びで、大阪世界陸上金メダリストのドナルド・トマス選手が出場していました。
元バスケ選手で、「垂直三段跳び」の実況で有名になった人です。
このトマス選手を見ていて、いいなぁと思ったことがありました。
跳躍競技の選手に限って、手拍子を求めるという事があるかと思います。
このトマス選手はとにかくこの手拍子を求めていました。手拍子が少なければ「もっとくれ!」と言わんばかりに催促します。
いいなぁと思ったのは、別の選手が手拍子を求めた時のことです。

醍醐選手が手拍子を求めた時、たまたまトラック種目に注目が集まっていた時、対戦相手である醍醐選手の手拍子催促にトマス選手が手拍子をしていました。
更に、「今から醍醐選手が跳ぶぞ!見てみろよ!」といわんばかりに、醍醐選手の跳躍時に手拍子を四方八方に求めていました。
一方でほかの選手は手拍子せず、ただ見ているだけでした。
考えの違いなんでしょうけど、相手の番でも手拍子を催促したトマス選手の行為は、私は評価されるべきだと思いました。
コメント