とあるダメ管理人の戯言日記

九里学園陸上部OBのダメ管理人の戯言集。
題名通りただの戯言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やることやってりゃどうにでもなる

2016-12-26 10:00:11 | 戯言
やることやってりゃどうにでもなる。

九里学園の陸上部出身、それも一応陸上推薦で入学しているダメ管理人ですが、実は同校のオープンスクールには参加していなかったりする。
それ以前に、地元の人間のくせに推薦の話を貰うまで九里学園が何処にある学校かすら知らなかった
よく地区大会で軍隊みたいな応援している学校があるとは思っていたが、そもそも他校に興味を向ける余裕なんて中学時代の私にはなかった。
そんな余裕なんて持てる部活ではなかったのだ。(もちろん、顧問の先生には感謝はしてますよ)

オープンスクールだって、米沢工業とか米沢興譲館とかでしたし。
一応書いておきますが、米沢興譲館に入れるほど頭は良くないですよ?
こうゆう時じゃないと潜入できないので、興味本位で参加しただけです。受験の事なんて微塵も考えちゃいません。
随分ふざけた理由だと思った読者は正しい。
元々陸上競技を始めたのだって、中学時代に阿弥陀くじで入部する部活を決めたからなのだから、我ながら救いようがない。

しかし、そんなふざけた野郎が陸上で推薦話を貰い、あれよあれよとインターハイに出場してしまったと言うのだから、本当に世の中わからないものである。
きっと指導者が良かったからに違いない。

なんであれ、やることやってりゃどうにでもなります。
ちゃんと練習してれば力は付くし、1つ1つの試合を大事に臨んでいれば負けたとしても次に繋がります。
こんな愚か者が言うのだから間違いない。
もっとも、考えて動かなければ効果はないのもまた事実。

やることやってりゃどうにでもなる。
後輩の中からインターハイ出場者が多く出ることを祈りつつ、この適当な記事を〆ようと思う。
コメント

富山なう

2016-12-24 20:21:40 | 戯言
帰省のため青春18きっぷを買ったのだが、毎年毎年どう頑張っても使用回数5回のうち2回ほどは余る。
毎年のことだが、この2回でどこかに行こうと考えたのだが、特にいく宛てもない。
仕方がないのでExcelでルーレットを作り、決まったのが富山。

そんな訳で富山にいます。
観光地を回るわけでもなく、ただただ電車に乗っての周遊の旅。
今日だけで電車に13時間乗ってます。つらい。
ただ、普段見ない風景を車窓から見ているとちょっとわくわくする。


どうでもいいことなのだが、やはり日本海側は寒いですね。
如何に静岡の地が恵まれているかがわかる。

とりあえず明日静岡に帰ります。
お土産?そんなお金の余裕はない。
ホテルに一泊してそのまま帰ります。

以上、なんて事はないただの日記でした。
コメント

本日の雑記(12/23)

2016-12-23 16:57:06 | 戯言
今更だが、実家の山形がノロウイルスでえらい事になっているらしい。
ちなみに現居住の静岡も同様。
何処に言ってもノロウイルス。なんか本気でやばそうなので手洗うがいはしっかりしましょう。

まぁ今年もいろいろとありましたが、無事に正月を迎えられそうです。

また例の如く東京五輪の話題。

なんか寺田明日香選手が7人制ラグビーのトライアウトに参加したとか。
何を血迷ったのか、なんて書いたら起こられるかもしれないが、もう陸上では東京五輪は目指さないのだろうか。
もしそうなら一陸上ファンとしては寂しいが、違う種目に挑戦する姿勢は評価したい。
なんであれ悔いのないようにしてほしいものだ。

陸上競技から他種目に移った選手は意外と多く、私たちの代に近い懐かしい名前を挙げれば、砲丸投げの高久保雄介選手だったり。
まぁ陸上競技じゃ食ってはいけませんからね。海外に比べると賞金レースもほぼ皆無ですし。

陸上競技って、よくオリンピックの花形種目なんてオリンピックのときは都合よく持ち上げますけど、ほとんどの場合話題にならないですし、もう少し注目を浴びてもよいと思う。
コメント

インターハイ(陸上競技)の規模

2016-12-16 11:59:52 | 戯言
2020年に東京でオリンピックが開催される一方で、その影響でインターハイが全国に分散し開催しなくてはいけない事態になっている。
そもそもこの件ってどうなっているのだろう。国側はなんら補助もしないのだろうか。
地方自治体からしてみればありがた迷惑な話だろう。
突如開催地に選ばれてその負担をしろというのだから。
まぁ事前に話し合いを持って開催地を決めるだろうが、もう少しこの話題を取り上げても良いのではないかと思う。

本来は北関東ブロックでの開催なのだが、前述通りいくつかの種目は別の地方で開催される事になる。
で、陸上競技もその1つになっている訳だが。


まぁなんと言うか、こればかりは運営側になんとかしてもらうしかないのだが、そもそも陸上競技に限って言えば、全国大会の枠が他の種目に比べ多く、結果的に運営規模がえらい事になっている。
しかも来年から更に種目が増えていく事を考えると、絶対5日以内で大会日程を組むことが難しくなってくる。
いずれは各種目の参加枠を削るなりする必要は必ず出てきてしまう。

とあるブログで、「そもそもレベルの低い地域とレベルの高い地域が一律で同じ出場枠なのはおかしい」なんて書いてるブログがあった。
馬鹿すぎて鼻で笑うしかない。きっと陸上競技のド素人なのでしょう。
一概に他県と他県のレベルと比較して「同じ出場枠なのはおかしい」というのはお門違いな見解だと個人的に思う。
競技人口だけを見れば、人口の割合で出場枠増減の考え方が出てくるのも納得できるが、そもそも実情を見れば陸上の有名校は大抵県外から選手が集まる。
当然強い選手が移動する訳だから、必然的にその地域の競技レベルは上がり、他地域のレベルは低くなって当然の話だ。
そもそも学校側が他県より強い選手を引き抜いているのケースだってあるのだから、レベルが低いエリアの参加枠を削れなんてのは横暴も甚だしい。
それなら全中と同じように参加標準記録を設けたほうがよっぽど納得できる。

いずれにせよ、これ以上規模が大きくなるのは状況を悪化しかねない。
参加する側だって、初日と5日目の参加となってはそれこそ出費が馬鹿にならない。地方自治体の負担だって笑えない規模になる。
今回の2020年分散開催を機に、高体連は本気でこの問題を着手しないといけないと思う。
コメント

横の繋がり

2016-12-13 18:55:12 | 戯言
ふと思ったことがある。
陸上部の応援サイトを立ち上げてかれこれ11年になろうとしている。
時間とは残酷なものである。

その約11年の間、九里陸上部でも色々あった。
インターハイ優勝者や入賞者も出たし、ユニフォームも変わった。
そして、練習する環境も私が卒業して1~2年ほどで市営競技場も改修し、現在のタータンの競技場になった。
おそらく現在在籍中の後輩に「レイキ」などと言っても通じないのだろう。

…時間とは残酷なものである。

そんな約11年の中で、ぶっちゃけ疎遠になった仲間が多い中、未だに年1~2回集まって飯を食う仲間もいる。
こうした縁は大切にしたいと常々思う。ただでさえ知り合いが少ないので。
ちなみに、不思議なことに私たちの親の方がよく集まって酒を飲んでいるというのだから、よくわからないものである。

今の後輩は、偶然同じ学校を選び、同じ部活に所属している訳だけど、この「縁」を途切れないようにしていくのは想像以上に大変な事です。
今は学校や部活などで時間を共有する機会に溢れているけど、各々卒業していくと本当に疎遠になる。
くれぐれもこの偶然出来た「縁」を大切にして欲しいと思う。
コメント

東京五輪の行方

2016-12-13 12:25:00 | 戯言
東京オリンピックのゴタゴタが未だに続く中、マスコットの選考検討会議を設置するニュースが挙がった。
まぁエンブレムの一件じゃ問題になったから、せめてマスコットくらいはスムーズに決まって欲しいものだが。
大抵オリンピック委員会のあの老いぼれとかが口を出して、またゴタゴタになる予感しかしない。
…誰とは言わないけどね。

それはさておき、インターハイのブロック開催形式みたいな事になってきた東京オリンピックですが、結局どう落ち着くんですかね。
他県でやったらそれ「東京オリンピック」じゃないじゃんって話にはなるけど、正直東京湾辺りでヨットだのの種目が出来るかも疑問だし。
まだまだ問題は山積みだけど、お隣韓国の冬季五輪のようにはならない事を切に願いたい。
実情を調べてみたが…

ひでぇなこれ、開催間に合うのかよ。
興味がある人は調べてみるといいですよ。

とにかく、立候補して当選した以上はしっかりやり遂げて欲しいものです。
コメント

九里陸上部の合宿

2016-12-05 13:49:31 | 戯言
指導者ブログで東北強化研修合宿に関して触れていたので、こちらでもその話題を。
(書くネタがないんで)

こんな私でも、高校2年の冬に東北強化研修合宿に参加したことがあります。
あの時は、九里陸上部からは総勢8人程参加したと思いますが、正直言って合宿という感じではなかった記憶があります。
宿も花巻市内の温泉旅館(ホテルだっけ?)で快適でしたし、練習内容も今で言うHBG合宿に比べれば大したことは無い量でした。
それこそ親睦会に近い感じでしょうかね。

その年の九里合宿は宮城の女川でしたが、前述の関係から途中参加。
東北合宿組は指導者が引率していないので、生徒だけで3~4時間程JRの在来線を乗り継いで合宿先に向かったのは良い思い出です。
ってか、東北合宿そのものよりこの移動時間の方が記憶に残っています。
まぁ、他の7人はどうかは知りませんが、私からしてみればその程度の経験だったのでしょう。
そりゃ室内でぬくぬくと練習する合宿なんかより、猛吹雪の中100m超の坂ダッシュの方が鮮明に記憶として頭に残りますよって話です。
それに、当時の北上湘南の女子選手のハードリングを見ている方がよっぽど勉強になりましたし、やはり得るものは九里合宿の方があったのかもしれません。私はですけどね。

今の後輩は、北上湘南や仙台三に加え、常盤木学園と仙台育英が加わるレベルの高い合宿を経験できる訳です。
羨ましいですよほんとに。

今月末にHBG合宿があります。
そこで何か得られるかどうかは参加している後輩次第。
実りのある合宿であることを祈ります。
コメント

ウェブページ

2016-12-01 08:11:14 | 戯言
今更な事だが、インターネットが普及してから様々な情報を収集、交通機関の予約など大変便利になったと思う。
私自身がちょうどその便利になっていく時期をリアルタイムで過ごしていたので、非常に強く感じるのかもしれない。
そうなってくると、ユーザーが使いやすいサイトという考え方が重要になってくる。
九里学園陸上部応援サイトも、可能な限りシンプルに作り使いやすくしているつもりではあるが、実際どうなのだろう。
検索機能なども付けられれば良いのだが、そもそもこの更新速度で新規機能追加なんて出来るはずがない
まずは名ばかりの管理人ではあるが、しっかり更新していきたいと思う。


JR東日本の「えきねっと」、ベースボール・マガジン社の「陸上競技ランキング」などをここ最近使ったのだが、結論から言って企業のページがこのクオリティはあかんだろと思う。
えきねっとに関しては、とにかくアクセスできない、予約作業中にアクセスが切れるのでやり直し、その辺は年末の帰省に合わせて予約する人が多いのだから、きっとサーバがアクセス過多になっているんだろうと仕方がないと思うにしても(それもどうかと思うが)、あの使いにくいサイトのデザインはどうにかならないのだろうか。
「陸上競技ランキング」に関しては、1週間のお試し期間があるとは言え、

これで金を取るの?

というクオリティ。
私みたいに個人でやっているサイトならいざ知らず、何故か高校生のランキングにどっかの教員の名前や中学生の名前があったりと、金を取るクオリティではない。
そして遅い。アクセスがとにかく遅い。
こんなサイト作ってる余裕があるなら4月に出す集計号をまともなものにしろよと感じる。

でもまぁ、あのようなウェブサイトを作らないようにしようという反面教師にはなるので、その点はありがたいが。
コメント