とあるダメ管理人の戯言日記

九里学園陸上部OBのダメ管理人の戯言集。
題名通りただの戯言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

策中眼考

2010-01-22 08:24:56 | 戯言
指導者ブログの「選手育成」を拝読致しました。
思い当たる節がありすぎて痛いところです。

実際、私も練習をする際は過去の練習日誌を参照して練習しています。
今でも「これはどうなんだろう?」という練習内容が記載されていて、如何にただ練習をやっていたかが分かります。
教える側も教わる側も、内容を理解していなければ意味がないんですね。
1人で練習するようになってから、ようやく理解できました。

帰省した際は度々練習に参加させて頂いてますが、その度に新しい練習方法が取り入れられています。
疑問に思ったその都度、1本置いて後輩の練習する姿を見て、「何に繋がるのか」を模索します。
勿論、先生方に聞けば「成る程」で済むのですが、それでは意味がありません。

答えを見れば直ぐですが、まずは自身が考えると言う事も必要だと思います。
なので、練習する度後輩の走りをじっと見て考えるようにしています。
(後輩の皆さん、練習がやり辛かったらごめんなさい…)

コメント

今年の国体は…

2010-01-20 08:11:38 | 戯言
今年は千葉で国体があります。
丁度現在の勤め先も千葉なので、連日応援可能ということもあり、ひっそりとテンションが上がっている管理人です。
私が出場したインターハイも、全く同じ競技場だった為、懐かしいというよりは不思議な感じがします。

…ただ国体はインターハイと違い標準記録を破る事で出場できる大会です。
しかも、仮に記録を破ったとしても、確か同種目での複数出場は不可能の筈なので、実質各都道府県で1種目につき1名しか出場できないという、レベルの高い大会だった筈です。
(国体は出場していないので基準がわかりませんが)

九里学園陸上部も、毎年この大会に出場してはいますが、インターハイのように何人もという訳にはいかないのが現実です。
場合によっては大学・一般の人とも競らなければいけませんからね。それだけレベルが高いのです。
とはいえ、1人でも多く出場を決めて欲しいものです。
埼玉国体では色々とあり応援にも行けず仕舞いでしたが、今回はフルで応援に行きたいと思います。
がんばれ後輩。

同時に、久々に合宿でお世話になっていた先生方にもお会い出来る可能性がある機会でもあります。
今年は例年以上に岩手や宮城の陸上情報を確認しなくては…
コメント

応援サイト

2010-01-19 06:17:56 | 戯言
九里学園陸上競技部応援サイトのカウンターを何気に確認してみたら、ちゃっかり9万になりかけていてビックリしました。
色んな方が見ているのだと改めて感じます。
今までのカウンターは5桁ですが、あわてて6桁に変更。
正直こんな事になるとは… 立ち上げた当初には思いもしない事でした。
今後もしっかり管理して、卒業生や関係者が閲覧できるよう心掛けていきます。
コメント

三つ子の魂、何とやら

2010-01-18 07:29:47 | 戯言
この休日、京都駅伝を観戦しながら、以前に書いた「使えなくなった革靴」を眺めていました。
というのも、この革靴に限った事ではないのですが、スパイクも幾つかダメにしているのですが、全く同じ場所に穴が開いていたので、気になって見ていました。
どうやら歩き方に問題があるようです。

一度癖が付いてしまうと、中々この癖を直すのは難しいです。
歩き方の他にもハードリングで妙な癖があったり、兎に角私自身にも癖は幾つもあります。
こういった諺や格言などがありますが、確かにその通りだと思い知らされます。
プラスになる癖であれば良いのですが、癖そのものは大半が個々独自のものになる為、大抵マイナスになる癖が多いです。
マイナスになる癖を洗い出し、直していけるように心掛けたいものです。
コメント

頼られる関係

2010-01-16 07:53:57 | 戯言
今年の陸上部新年会の際、タンポポ会の役員の方々から
「いつ戻ってくるのよ」
などと必要に聞かれた。
何事かと思えば、パソコンで行える作業を頼みたいといった内容の事だった。

この様に時たまブログも書いているし、部活の応援サイトなるものまで作っているせいか、「管理人=パソコンが出来る」という認識を持たれているようです。
まぁ人並みに使える程度ではありますが…

さて、こんな具合に誘われたり頼られたりするという事は、大変なのは分かっていても悪い気がしないのが不思議なものです。
そもそも「頼られている」という事は幸せな事だと思います。
後輩の皆さんも同じだと思います。頼られないよりは、頼られる方がいいでしょ?

この「頼る・頼られる関係」というものは、作ろうと思っても意図的に作れるものではないと思います。
最終的に行きつく先は信頼問題ですからね。
いかに相手に信頼されるか、どうすれば信頼されるか。
友達感覚では、信頼関係で得られるものは得られない、そんな事もあります。
ただの部活仲間だった人が仮にいるのであれば、1歩踏み越えてはどうでしょうか?
勿論簡単な事ではないと思いますが、1歩踏み出さない事には始りません。

とは言え、四六時中他人に頼るのも問題ですけどね。
コメント

嫌な予感の対処法

2010-01-15 07:25:07 | 戯言
嫌な予感、まぁ他にも「悪い予感」だとか「虫の知らせ」などとも言います。
普段生活をしていて、何故こんな予感がするのだろうかと考えた事があります。

これは私の自論でしかないので、何とも言えませんが…
「このままではいけない」という、野生の勘 なのではないかと思います。
現状が良かれ悪かれ、この嫌な予感はするものです。時と場所も関係ありませんし…

「このままだと怪我をする」といった様な予感以外にも、「何か(走りや投げに)しっくり来ない」というものも、この嫌な予感に当てはまると思います。
私はハードル種目をメインに取り組んでいましたが、1台目までの歩数がその日1度だけ合わない時がありました。
本当に無意識にですが、卒業されている先輩の走りを見て真似たりする事で、以後はそれ程同様の事は起こらなくなりました。
ちょっとした事でも、疑問に思えば行動に何かしら変化をつけてみる事で、現状打開のきっかけになります。
勿論、きっかけになるとは言え、それが良い方向にばかり行くとは限りません。
しかし、それを恐れていても何れはぶち当たる壁はあります。
だったら、早い段階で自身の「乗り越えなければいけない壁」を認識し、対処する事が、後々の嫌な予感の打開策に繋がると思います。
コメント

物の寿命

2010-01-14 08:09:27 | 戯言
昨日の帰り、ふと足元を見て唖然としました。
革靴の内側がぱっくり穴が開いていました。

( ´゜д゜`)エー…

新しく革靴を買わなければならず、思わぬ出費にテンションがガクッと下がってしまいました。
暫くは別の革靴で乗り切ろうと思います。

何でもそうですが、終りというものは必ず存在します。
この革靴も大分履き続けましたから、もう限界だったのでしょう。
この革靴に感謝したいと思います。

私の実家では、やたら家電製品が長持ちします。
どの家電製品もどんなに短くても10年は持っています。
大事に扱えばいつまででも使えますが、流石に限界はあります。
しかし、本当に大事にものを扱えば長持ちします。
物を大事にするという事は、物に対して愛着を持てるか…という事になると思うのですが、案外自分の物でないものについては中々そういった感情が持てない人も多いのではないでしょうか?

部活の物品もその1つです。
「大事にしろ」と言われたから大事にしてませんか?
雑に扱うと叱られるから大事にしていませんか?
物に感謝する気持ちを後輩の皆さんには持って欲しいものです。
コメント

悪天候は仲間

2010-01-13 19:00:39 | 戯言
タイトルを見て、何だコリャ…と思うでしょうが、この発想は大事だと、勝手に私は思っています。

元から天候に嫌われる傾向がある為、慣れていたのかもしれませんが、天候に関して嫌気を指す事はありませんでした。
合宿時の吹雪だけは流石に堪えましたが…。
とはいえ、日頃の練習や厳しい環境での合宿で精神力が鍛えられたからこそ、天候が晴れであれ雨であれ、嫌気を指す事が無かったのだと思います。

悪天候を好む人はまずいないでしょう。当然です。競技中は辛いですからね。
でも、それは誰もが思う事であって、環境は皆同じ、平等な訳です。
「この天候で相手はモチベーションを下げている」
そう考えると、プラス思考で居られました。
「ようこそ悪天候、待っていたぞ」 そんな感じです。
我ながらタチの悪い性格だと思います。流石自分。

ものは受け止め様です。
1つの事象をどう受け止めるかで、精神面にも肉体面にも影響を与えるものです。
どうせだったらプラスに行きましょう。
元来マイナス思考の私が言っても信憑性に欠けますけどね。
コメント

寒暖の差

2010-01-06 07:59:49 | 戯言
帰省し、再び東京に戻ってきました。

(;゜д゜)暖けぇな…

山形で言う3月初旬辺りの気候に似ていた為、改めて環境のハンデというものは大きい事を思い知らされます。
山形の場合は日中でも気温が0度以下になる事はざらにある様な環境です。
まぁ雪が降るくらいですからね。
それを考えれば、東京でコートを着ている人を見ると、
「そこまで寒くないだろうに…」
などと思ってしまいます。

米沢も夏冬との寒暖の差は凄まじいものですが、後輩にはコツコツと頑張ってほしいものです。
コメント

遅れましたが

2010-01-03 10:48:01 | 戯言
明けましておめでとうございます。
今年もマーペースに更新して参りたいと思います。

久々に母方の実家に戻りました。
祖父母共に元気にしているようでまずは安心しました。
上京すると中々会う事も難しいので、こうした時間は非常に貴重に感じるようになりました。
今年は、時間に対してもう少し貪欲になろうかと思います。
コメント