JA1OTPのブログ

9月初めなのにすっかり秋めいていますね

QSLカード発送しました

2021-09-13 20:00:00 | QSLカード
本日、QSLカードをビューロへ送りました。

通常交信は7月・8月分、コンテスト交信は3月から8月までの分です。
これで8月末までの交信分はJARLへ送付済みとなりました。



全部で約800枚でした。

お手許に届くのは来年の春になってしまうと思いますが、気長にお待ちいただければ幸いです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021 大都市コンテスト結果発表

2021-09-07 20:00:00 | コンテスト
EKMさんのブログで知りましたが、表題コンテストの結果が発表となっておりました。

参加記はこちら

それでは、結果です。



3/24位で時点でした。

全結果(PDFファイル)

残念ながら数マルチの差であと一歩届きませんでした。
来年出られるようならまた頑張りたいと思います。

交信いただいた皆様、ありがとうございました。
そして入賞された皆様、おめでとうございます。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

QSLカード到着

2021-09-02 20:00:00 | QSLカード
昨日、JARLからのカードが到着しました。



今回も靴箱で来ました。
厚さは10cm位でしょうか。

最近はカードの転送が遅れているという話題を目にする事が増えてきました。
今回の転送分をざっと見てみましたが、だいたい昨年の11月から今年の1月辺りのカードが一番多かったです。
また、3 月交信分は数枚入っていました。

数年前は3~4ヶ月で転送されていましたが、今はおよそ半年かかっていますね。
確かに以前と比べるとカードの転送が遅れぎみになっているようです。
これからもこの転送ペースが続くのか様子を見る必要がありそうですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021.8.29 群馬県吾妻郡草津町移動

2021-08-30 21:00:00 | 移動運用
現在、1エリアのほとんどの県で緊急事態宣言が出ております。
そこで、県をまたがないように同一県内でなおかつ、自宅から移動地までの道中はどこにも立ち寄らず、運用地でも可能な限りアイボールQSOやその他、人との接触を極力控える形で移動運用を行うことにしました。
結果的には移動地までの往復の道中・運用地での人との接触は全くなく、人との接触を限りなく0%に近づけた移動運用ができました。

移動地データ

群馬県吾妻郡草津町 JCG16001 GL:PM96GP


国道292号線、通称志賀草津高原ルートの標高約1900mくらいの駐車スペースでの運用でした。
午前中は430MHzと144MHz、午後は1200MHzの運用をしました。
12時まではギガヘルツコンテストが開催されていたため、運用の合間に数局ナンバー交換をしました。
使用設備は



144~1200MHz コメットGP-98
1200MHz クリエートデザイン X1218 18エレ八木

GPは8m、八木は7mの高さに上げました。
144と430MHzはGPのみでの運用でした。

7時過ぎからは430MHz FMで運用を始めました。
メイン周波数でCQを出さなくても次第にコールが増え、10時近くまでの3時間コールが途切れませんでした。
近頃は430MHzの運用局が増えたように感じます。

その後は144MHz SSBでの運用。
途端にパイルになり2時間近くパイルが続きました。
交信中にも「草津町は初めて」という方が結構おられましたので、割と珍しい運用地だったのかもしれません。
この場所からは7エリアとの相性が良く、秋田の移動局と59で交信出来ました。
今度は八木アンテナを持っていき、さらに遠くの岩手県や青森県まで飛ばせればいいな、と思いました。
草津町の需要はありそうですので、年内にもう一度草津町から144MHzの運用を考えています。
13時近くまで運用してお昼を食べました。

昼食後は1200MHzの運用です。
都心から150km近く離れている当地から運用する場合、GPだとどうしてもゲインが不足しているような感覚があり、これまではほとんど八木のみで運用することが多かったです。
今回はGPと八木を切り替えて実際GPでの信号は八木と比較してどれくらい違うものか確かめてみるというのが今回のテーマです。


写真のようにIC-1201に同軸切り替え器を用いて八木とGPをつないでみました。
ちなみに、八木には8DFBを10m、GPには8DSFAを10m使って給電しています。

14時前からCQを出し始めるとポツポツとコールがありました。
1200MHzは割とのんびりとした雰囲気のため、アンテナを切り替えてのレポートなども頂きながら交信を進めました。
途中、知り合いの方とのラグチューを挟みながら16時過ぎまで運用しました。
運用中はGPと八木を切り替えながら交信相手の方にレポートを頂いたり、相手局のシグナルの変化をSメーター読みで見ていましたが、GPではS1~S3の信号が18エレではS5~S9へと変化しました。
平均するとGPよりも18エレのほうがSメーター読みで4~7位上がるようです。
GPの利得は13.5dBi、18エレは19dBi(カタログ値)です。

都心まで距離がありますので、GPだとゲインが不足しているように肌感覚では感じていましたが、実際に比較してみると随分と違いがあることが分かりました。
この移動地からは360度電波を飛ばしても局が集中している方向は限られるため、1200MHzを運用する場合、GPを使うよりも都心方向にビームを向けた状態で運用したほうが良さそうです。
特にコンテストの時には交信局数にかなり差が出るものと思われます。
GPのみではちょっと力不足かなあという感じを受けました。

今後は赤城山や榛名山などの都心から約100km圏内の場所からGPと八木の比較をして、GPの利用がどれだけ有効なのかを探ってみようと考えています。

最後に交信局数は


3バンド運用して142QSOでした。

交信頂いた皆様、有難うございました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年KCJコンテスト参加記

2021-08-23 20:00:00 | コンテスト
久しぶりのブログ更新となりました。
ブログだけではなく、コンテストの参加もも久し振りとなっています(^^;

先週末の土・日曜とKCJコンテストが開催されましたが、7MHz部門に参加しました。
KCJコンテストは2017年以来4年ぶりの参加です。
今回は2日目からの部分参加となりました。

朝8時過ぎにリグのスイッチを入れると沢山の信号が聞こえていました。
まずは呼び回りから始めて空き周波数を見つけたところでRUNを始めました。
コンディションがかなり良く、1時間近く呼ばれました。
コールが途切れたところで草刈り作業のため一旦無線機の前を離れました。

その後は昼食や休憩を挟んで15時前から再び運用を再開。
しかしコンディションがぱっとせず、近場も遠くもあまり飛んでいない様子。
1時間くらい運用して野暮用と夕食を済ませました。

最後は19時半頃から21時まで運用しました。
バンドエッジに近い周波数が空いていたためRUNをしたところ、順調にコールがありました。
コールが途切れてからの最後の20分は呼び回りをしてタイムアップ。

暫定結果は以下の通り。



獲得マルチは

45マルチでした。

短時間の参加でしたが、割とコンディションが良い時間帯に運用できたのでしょうか。
思っていたよりも局数・マルチ共にできました。
今回は入賞目指して参加というよりも「参加することに意義あり」の精神で家の仕事の合間に部分参加しましたが、自分の好きなペースで運用できますので、こういう楽しみ方もたまには良いですね。

最後に、交信頂いた皆様、有難うございました。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする