Kippis 7265 cafe*北欧母子手帳ケース&出産祝いの「Kippis7265」公式ブログ*

母子手帳ケースや出産祝いギフトを扱う新潟市沼垂テラス商店街の北欧雑貨店。最新入荷情報やイベント情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【北欧風の家作り】全過程もくじ☆

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
「北欧風カフェ」がコンセプトの我が家。
家作りの全過程を以下の全16記事でご紹介しちゃいます。
最初から順を追って読んでもよし、気になる記事から読んでもよし、ですよ。


【1】「北欧風カフェ」なおうちを建てました☆
家作りのコンセプトを一言でまとめました。

【2】運命のファブリックパネル(もちろんマリメッコ!)
土地探しからビルダー選びまで。

【3】アンティーク家具が似合う家を!
コンセプトをさらに深めるとこんな具合。

【4】すべてはリビングのために...
入魂のリビング、果たしてその出来は?!

【5】こだわりの造作家具たち☆
部屋全体に統一感が産まれる造作家具をたくさん作りました。

【6】グリーン×オレンジのキッズスペース☆
子どもふたりの遊び場はタイルカーペット敷き。

【7】リビング階段にするか否か...
ダンナと意見が衝突! でも見事な解決法が...。

【8】クロスで遊ぶ☆
オレンジ、ブルー、グリーン...我が家には色があふれています。

【9】建具はシンプルフラット&引き戸&横木目で!
省スペース&安全、だから引き戸をチョイス!

【10】キッチンのこだわり
キッチンをはじめとする、各種住設はこんな感じ。

【11】カーテン&ファブリックパネルで色づけ
お部屋をカラフルに彩るアイテムを紹介。

【12】外観&外溝のおはなし
カーポート&ちいさなお庭をつけました。

【13】新しい家具、どんな家具?!
造作家具以外の新規購入家具は、こんなものを選びました。

【14】本当は教えたくない失敗談 1階編
こだわりぬいたはずの1階。でも失敗はつきものです。

【15】本当は教えたくない失敗談 2階編
軽い気持ちで作ってしまった2階! おかげで後悔ポイントがいっぱいに。。

【16】我が家に通信簿を付けるなら...
いろんな項目ごとに我が家を辛口採点!そして、我が家の未来形について夢をあれこれ語っています。




*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/火、水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】1.「北欧風カフェ」なおうちを建てました☆

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
2009年6月、念願の新居を構えることができました。
コンセプトは「北欧風カフェ」。
アンティーク家具とビビッドな北欧テキスタイル&雑貨が映える、
スカンジナビアンノスタルジックな雰囲気を追求しています。
お気に入りに囲まれた暮らし、少しずつアップしていこうと思います。
よろしくお願いします。


→NEXT→【2】運命のファブリックパネル(もちろんマリメッコ!)

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ



*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】2.運命のファブリックパネル(もちろんマリメッコ!)

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
それはさかのぼること2年前。
次男妊娠中に、主人の実家のそばに売地を
見つけたことから始まりました。
「ここ、いいじゃん!」

そこから私たちの家作りがスタートしました。
とはいえ、出産まではあと5ヶ月。
願わくば、臨月に入るまでにおうちのプランを完成させて、
産後1~2ヶ月の動けない時期に施工してもらい、
次男が寝返りをうつ前には引っ越ししたい。
(動き始めると手がかかりますからね)
まさに時間との闘いです。


で、ビルダー選び。
10軒以上のモデルハウスを見て回り、
最終的に3社に的を絞りました。
出来たばかりで知名度の低いA社、
デザイン住宅に定評のあるB社、そしてリーズナブルなC社。

平行してプランと見積もりを作成してもらいました。
プランはどれもなかなか魅力的。
価格もそれほど大差はない。


最終的に、決め手となったのは「打ち合わせの楽しさ」でした。


やはり一生に一度の家作り。
こちらの希望に熱心に耳を傾けて一緒に夢を描いてくれる、
そんなビルダーがいいと思い、A社を選択したのでした。
(当時知名度は低かったのですが、バックアップしている会社は
メジャーなものだったので安心感もありました)


そしてもうひとつ、大きな決め手になったのが、
A社のモデルハウスに飾ってあったマリメッコのファブリックパネル。

私の愛して止まないマリメッコを取り入れている会社なら、
きっと私たちが思い描く「北欧カフェ的」なテイストを理解してくれる。
そう直感したのです。


ぶっちゃけ、そのモデルハウス自体はあまり好みの雰囲気ではありませんでしたが、
それでも「彼らにお願いしたい!」と強く思えたことは、今思うと少し不思議です。
でもその直感は、まったく間違いではなかったのでした。


→NEXT→【3】アンティーク家具が似合う家を!

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ


*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】3.アンティーク家具が似合う家を!

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
ビルダーも決定し、いよいよ本格的な家作りがスタート。
まず私たちは、要望をまとめたリクエストシートを作成し、
先方に提出しました(写真)。

その中で、もっとも私が伝えたかったのが
インテリアのイメージです。

メインコンセプトは「北欧風カフェ」。
「モダンな北欧デザイン」というよりは、
どこか懐かしさを感じさせるノスタルジックな雰囲気。
そして、アンティーク家具と
ビビッドな北欧テキスタイル&雑貨が似合う空間。

具体的には、
壁はオフホワイトで、塗り壁風。
床は赤茶色ががったチーク系。
天井には同じくチークカラーの飾り梁。


...そんな要望を伝えました。


そしてもうひとつ、資料として提出したのが、
愛読しているムック「北欧スタイル」。
北欧スタイル(no.14)

北欧スタイル(no.14)

価格:1,260円(税込、送料別)



その「 No.5 一冊まるごとフィンランド」特集に紹介されていた
フィンランドが誇る建築界の巨匠、アルヴァ アアルトの自邸が、
我が家のモデルなのです。
床や建具の色、外壁のカラーの組み合わせなど、
さまざまな部分を参考にしています。


→NEXT→【4】すべてはリビングのために...

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ



*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】4.すべてはリビングのために...

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
続いて具体的な間取りについての打ち合わせが始まりました。
私たちのリクエストは「とにかくリビング重視」。
家族が憩い、仲間が集う場所であるリビングの快適性を
最も追求したかったのです。


最初に提案されたプランは、14畳のLDK+4.5畳のキッズスペース
というものでした。
でもこれだと、今まで住んでいた賃貸マンションとさほど大差ない。
そこで、図面を穴があくほど見つめて、
どこかにリビングにあてられるスペースがないか探しました。


そしたら意外とありました!
まず不用意に長かった廊下やアプローチを短縮。
玄関もそれほど広くなくていいので小さく。
3畳あった洗面所を2畳に。


これらの工夫で、14畳だったLDKを一気に19.5畳にまで
広げることができました。
わずか40坪の土地ながらも、キッズスペース含め24畳の大空間。
おかげさまで、現在の我が家はたくさん人が集まっても
窮屈さは皆無です。


実質的な広さに加えて、感覚的な「広々感」にもこだわりました。
LDKのうちリビング部分の天井だけを一段高くしたり。
天井の一部に勾配を設けたり。
造作家具をひとつの壁側に並べて配置したり。
キッズスペースの開口部を広くするために、
間仕切をロールカーテンにしたり。
吹き抜けから明るい光が差し込むリビング階段にしたり。
etc...


ちなみにインテリアの面では、リビングがある1階のみ
床材をグレードアップしています。
プライベートスペースである2階は比較的リーズナブルな床材を使っていますが、
1階は「朝日ウッドテック ライブナチュラルリミテッド」を使用。
その中でも、1枚1枚木目の出方が異なる赤茶色のカリン材を選びました。

少し手頃な価格で赤茶色の「ブビンガ」や、
ダークな「ブラックウォールナット」も気になったんですけどね。


塗り壁風のオフホワイトのクロスにカリンの床、
そして同系色の造作家具、柱、窓枠を配した空間は、
どことなく懐かしさが漂うアンティークな雰囲気。
目指していたアルヴァ アアルトの自邸の雰囲気に
近づけることができました。


→NEXT→【5】こだわりの造作家具たち☆

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ


*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】5.こだわりの造作家具たち☆

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
今回の家作りでは、新たに必要となる家具のほとんどを
造り付けの造作家具にしてもらうことにしました。

それは全体の統一感を保つため。

1つや2つなら既成の家具の中から
お気に入りを探す作業も楽しいのですが、
複数のアイテムについてそれぞれの相性を考えながら
サイズ、デザイン、価格のすべてにおいて
納得できるものを探すのは難しかったのです。


で、実際に作った家具は...

*食器棚

上の吊り棚は、私の食器コレクションを見せながら
収納できるようガラス張りに。
上だけ白いのは、部屋を広く見せる工夫です。
カウンター部分は愛用の鍋たちの指定席。
下の引き出し部分は食器だけでなく文具やハンカチなど
こまごましたものの収納にも使っています。
前の家で使っていた食器棚がとても気に入っていたので、
引き出しの幅はすべてそれと同サイズで作ってもらいました。


*本棚&パソコンテーブル

本棚とパソコンテーブルを一体化することで、
部屋がすっきりと見えます。
キャビネットやプリンターの場所もバッチリ確保。
リビング部分との境目には飾り棚も設けてもらいました。


*AVボード

幅160cmのワイドサイズ。
DVD、スピーカーなどがすっきりおさまります。


*2Fの洗面台

洗面所がある1階とは違って、2階の洗面台は踊り場にむきだしなので、
機能性よりも意匠性を重視。
大きな鏡を配して狭いスペースを広く見せる工夫も。


*このほか、キッズスペースの本棚、2階の壁面本棚、
1階トイレの収納、パントリー、リビング階段の扉なども製作。



ここでの造作家具作りは、デザインやサイズの要望を伝えて、
300種類くらいあろうかという豊富な面材の中から
好きなカラーや質感をチョイスするというスタイルでした。

これについては迷わず
「北欧アンティーク家具のようなチーク系カラーの横木目」を選択!
リビングの家具はすべて見出し写真にある
手持ちのデンマークチェストのテイストに合わせたので、
全体の雰囲気に統一感が生まれました。


→NEXT→【6】グリーン×オレンジのキッズスペース☆

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ


*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント (1)   トラックバック (1)

【北欧風の家作り】6.グリーン×オレンジのキッズスペース☆

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
モデルハウスを見学にいくと、
リビングに4.5~6畳の和室がくっついている間取りを見かけます。
リビングからひと続きになっているので、空間が広く感じられ、
しかも扉を閉めれば軽い個室にもなる。
フローリングと違って、直に布団を敷けるので、
ちいさなこどものお昼寝スペースにも最適。


そんな機能的なスペースを、
我が家にもぜひ取り入れたいと思いました。


ただ、気になったのは「和室」だということ。
最近の和室はとてもモダンになっているので、
それ自体はとてもカッコいいと思うのですが、
「北欧風カフェ」を目指す我が家には
ちょっぴり畳が似合わない気がしたのです。


そこで、考えたのがタイルカーペット敷きの洋室にすること。
これなら、カフェっぽい雰囲気を損ねずにすみます。
カラーは、北欧の森をイメージしてグリーンをチョイスしました。



間仕切りの扉についても悩みました。
本当はきちんと閉められる扉を設けたかったのですが、間口が狭い上に、
両側の壁面に扉を収納できるスペースがなかったため、
扉を付けるとどうしても扉1枚分のスペースが塞がってしまうのです。
これでは「空間を広く見せる」という機能を果たしきれない。。


そこで、考えたのがロールカーテンの仕切りです。
これなら開口部を広く保ったまま、
プライベートスペースを作ることができます。
リビング側には少しだけ下がり壁をおこして、
ロールカーテンが設置してある箇所が見えないように工夫しています。
完全な個室ではありませんが、授乳のときや、こどもが昼寝しているとき、
お友達が泊まりに来た時など、さまざまな場面でカーテンをおろしています。
カラーは、北欧の太陽をイメージしてオレンジをチョイスしました。



最後の工夫は、収納。
この部屋には、お昼寝ぶとんや掃除機などを入れる収納庫のほかに、
本棚を設けています。
現在は主におもちゃの収納に活用。
奥行き40cmほどの本棚で、棚板は好きなピッチで変えられるため、
奥行きの深い大型の収納庫よりもこまごましたものを整理するのにとっても便利。
これがあるおかげで、部屋によけいなものを出しておかずに済むので、
いつでもスッキリです。




→NEXT→【7】リビング階段にするか否か...

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ


*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】7.リビング階段にするか否か...

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
廊下から階段に上がるのではなく、
リビング直結のリビング階段にするのが私の希望。


吹き抜け部分からの光や風が取り込めるし。
リビングが広く見えるし。
何より、子どもたちが大きくなったとき、
必ず家族の顔を見てから自分の部屋にあがることになるから。


...でも、それを反対する者が約1名現れました。
寒がりなダンナさま。

リビング階段だと、冬、温かい空気が2階へ上がってしまい
光熱費が上がるというのです。



そんなこんなでもめている私たちに、
インテリアコーディネーターから温かい言葉がかけられました。


「リビング階段に扉を付けたらいかがですか?」


なるほど。
扉があれば、普段は開けっ放しておいて、
冬になったら閉めれば効率的!

「じゃあ、それで!」ということで、
私たちの喧嘩はあっという間に和解したのでした。


この扉はリビングの天井まである特別サイズ。
開け放しておくときは、リビングと廊下の間にある引き戸と重なるので、
邪魔くさくありません。
引き戸を開けた先には階段3段分くらいの平らなスペースが設けられているので、
昇降もラクラクです。
「扉をあけたら即階段」では、降りる時がツライですもんね。


この階段のメリットは、住んでからさらに実感できました。
冬だけでなく、夏の冷房時も閉めておけば
空間が小さくなるので光熱費の削減につながります。
また、閉めておけば、小さな子どもが不用意に階段で遊ばないで済むので
とても安全です。


リビング階段にするか否かで悩んでいる方には、
この扉、とってもオススメですよ☆


→NEXT→【8】クロスで遊ぶ☆

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ


*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】8.クロスで遊ぶ☆

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
今回の家作りの中で、一番楽しく、
かつ難航したのがクロス選び。

壁面も天井もすべて自分たちで、
1000種類以上のサンプルの中からチョイスしました。

まずは3~5cm角のサンプルがズラリと並ぶ
分厚いカタログから候補を選出。
それから実際にメーカーのショールームへ出向き、
大きなサンプルで質感や隣接するクロス同士の相性を確認して決定。


でも選んだクロスが実際に壁に貼られるのを見るまでは、
不安で仕方ありませんでした。
なぜかというと、
私たちはカラフルなクロスをたくさん選んだからです。


前にも少し書きましたが、家のテーマカラーが、
1.北欧の森をイメージしたグリーン
2.北欧の太陽をイメージしたオレンジ
3.北欧の湖をイメージしたブルー
...の3色だったので、
このテーマカラーにちなんだクロスをセレクトしました。


しかし、出来上がった我が家を見て、
自分たちの選択が間違っていなかったことを確信しました。
むしろ、もっと大胆に遊んでもよかったかな...
というのが正直な感想です。



では、色とりどりな我が家のクロスを紹介しましょう。


まずは1Fのトイレ。
正面をモスグリーン、両サイドをダークブラウンの木目調にして
ミッドセンチュリーな雰囲気を演出。



そして洗面所。
天井を塗り壁風のブルーを貼って、お空のように。
バスルームの壁面もブルーなので、連動性も持たせています。
ちなみに壁に貼ってあるのは、マリメッコのRUUSUPUU(ルースプー)柄。



2Fのトイレ。
1Fとは対照的に明るい雰囲気を作るため、天井にオレンジをチョイス。
壁面はレンガ調のホワイト、床はイエローの塩ビタイルを敷いています。



2Fの踊り場。
階段を上がってすぐ目に入る壁を一面だけブルーにしました。
タークブラウンの建具との相性抜群です。



寝室。
この部屋はスタイリッシュモダンなイメージにしたかったので、
天井をグレーの格子柄に。
ちなみにカーテンはボラスのテキスタイルでオーダーしました。



→NEXT→【9】建具はシンプルフラット&引き戸&横木目で!

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ



*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント

【北欧風の家作り】9.建具はシンプルフラット&引き戸&横木目で!

2010年09月27日 | 北欧風の家作り
我が家の建具はNODA製です。

玄関周りは、味わいのあるクリアチーク。
リビング周りは、広く見える効果を狙ってホワイトキングウッド。
2Fは、モダンな雰囲気のプレーンウォールナット
...というカラーを選びました。

いずれも、飾りを一切排除したフラットなデザイン。
これにヘアラインシルバーのクールな取手を合わせました。
さらに、1Fのクリアチークとホワイトキングウッドは、
横木目を選んだことで、モダンな雰囲気に仕上がっています。


玄関。ドアの雰囲気に合わせてチーク系に。


2F子供部屋のクローゼット。ホワイトキングウッドの横木目。


2F寝室。プレーンウォールナットは
なぜか横木目の設定がなかったので残念です。



そしてダンナのポリシーにより、
主に引き戸が採用されています。
普通のドアだと、子どもが手を挟んだ場合、
大けがをする可能性が高いからです。
引き戸なら仮に挟んだとしても軽い怪我で済みますし、
最近の引き戸は一気にバーンと閉まらないよう
工夫されているのでさらに安心。

合わせて、クローゼットや本棚の扉もなるべく引き戸にすることで、
ものの出し入れのしやすさを追求しています。
観音トビラや普通のクローゼットのトビラだと、
開けた際にどうしても左右に扉が残って、
その部分が邪魔になってしまいますからね。

2F寝室に設けた壁一面の本棚。



→NEXT→【10】キッチンのこだわり

→BACK→「北欧風の家作り」もくじ


*北欧好きが高じて、北欧雑貨店を開きました!オンラインショップもあります☆

「Kippis7265」
■住所/新潟市中央区沼垂東3-5-18(地図)
■電話/070-5589-4731
■営業時間/10時~17時
■定休日/水曜、日曜
※このほかに臨時でお休みをいただくことがございます。ご来店の際は当ブログやFacebookページでご確認ください





にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ今日も応援よろしくお願いします!
コメント