STORY OF INSURANCE

保険って?
生命保険・損害保険・第3分野の保険
この保険はどこから入るといいんだろう?

動産総合保険..トカ

2008-01-17 11:51:45 | 新種
動産総合保険は、個人契約の場合、個人の所有している美術品・カメラ・
時計・楽器など高価な動産(家財)を特定して、品目ごとに契約金額を
定めて契約する保険です。

但し、家財一式の契約はできません。

芸能人が使っているギターやピアノなど楽器、プロの使っている
カメラなどには、この保険がついているようです。

私の所有しているものの中には、残念ながら”動産総合保険”で
契約するものはありません。
高額の貴重品は、私自身だから...じゃなくて....

それは、他の保険種目で担保できるものは、この保険では契約しないからです。
例えば、自動車の車両や、携行品、一般の家財などです。
金庫に保管したくなるくらい高価なものを、所有している人は是非ご検討ください。

個人向けの新種保険は、この他、”年金保険”・”介護保険”・”所得保障保険”
などがあります。

ペットの健康や事故が気になる方には、”ペット保険”がありますが、
一般の損害保険会社では扱っていません。
主に、犬・猫・ウサギがその対象になっていますが、運営している会社によって
違いがあるようなので、購入先などに問い合わせると良いでしょう。

このようにいろいろな保険がありますが、保険は自分の生活パターンに合わせて、
選んでください。

不思議なことに、契約した保険が切れている時や、解約してしまった後に、
事故に合った話をよく聞きます。

保険には、私達の生活を経済的に守る以外に、まさに”お守り”の力が
あるのかもしれませんね!

”関連サイト”を整備しました。
今日のあなたの運勢もあります。
見てくださいね!
コメント

ストーカー対応費用保険

2008-01-15 12:16:13 | 新種
ちょっと変わった保険ですが、こんな保険が必要な時代なのですね。

ストーカー対応費用保険は、女性の生活を脅かすストーカー被害を
予防・防止するための保険です。

補償対象者がつきまとい等のストーカー行為の被害にあった場合に、
ストーカーの特定、証拠収集および盗聴・盗撮器の発見・除去などの
費用を補償し、安全対策の助言相談などの各種サービスを提供してくれます。

従来のケガや賠償責任等の補償もセットにすることができます。
対象となるのは、現在のところ、女性に限られています。

私も一時、ストーカーの影に怯えた時期がありました。
深夜3時頃に電話がかかってきました。
初めは、単なるいたずら電話だと思って相手にしなかったのですが、
それが毎日続いたので、一度だけ電話の相手と話をしました。
すると相手は、押し殺したような声で、風貌や服装・体型など私だと特定できる
要素を何点も正確に答えてきました。
その後も数ヶ月電話は続きました。
私は気味が悪くなり、警察に相談に行きました。

そこでのアドバイスは、電話をナンバーディスプレイにし、非通知電話は
着信拒否にしなさいという内容でした。
私自身に対しても、あまり目立たない格好をするようにと、まるで私にも責任が
あるような事を言われショックをうけたことがありました。

私は、一応アドバイス通りに非通知電話は受け付けませんでしたが、
その後も電話は記録されていました。
電話が通じなくなったと知ったら、相手は何をしてくるのか?と不安でしたが、
その後は引越したこともあり、今は平和に暮らしています。

そんな人には、この保険が良いのかも知れませんね。

関連サイトに”今日の運勢”を追加しました。
今日のあなたの運勢を占ってみませんか?
良いことは信じて、悪いことは忘れてね。
コメント

賠償責任保険

2008-01-11 01:58:50 | 新種
”損害賠償責任”というのは、ある行為によって他人に損害を与えた場合、
損害が発生しなかったのと同じ状態に戻すことが、その考え方です。

例えば、

○子供達が野球をして遊んでいて、よその家の窓ガラスにボールが
 当たってしまい、ガラスを割ってしまった時。
       ↓
 窓ガラスを弁償する。

○飼い犬が他人に噛み付いて、怪我をさせてしまった時。
       ↓
 慰謝料や治療費を支払う

○自転車に乗っている人が、歩行していた他人と衝突して、怪我をさせて
 しまった時。
       ↓
 慰謝料や治療費を支払う

○他人から借りていた本を、無くしてしまった時。
       ↓
 同じ本を買って弁償する、あるいは、本の料金を弁償する

 などのように、もうすでに私達の中には浸透していますね。

他人に与える損害の中でも、その”身体”に与える損害は、賠償しなければ
ならない金額が高額になるために、”賠償責任保険”がそのお手伝いをするのです。

”賠償責任保険”が普及して間もないころに、幼稚園児数人が遊んでいて、
誤って一人の園児の目に棒が当たってしまい、失明してしまった事故がありました。

失明に対する賠償金の額は、とても高額です。
幸い、遊んでいた園児の中で一人だけ、親が”賠償責任保険”に加入していたので、
失明した園児は、賠償金を手にすることができました。

失明してしまった”目”は、元に戻すことはできませんが、その代償として
受け取った賠償金が、今後の生活に少しだけ役立ってくれるのかもしれません。

今、”賠償責任保険”を単独では加入することができなくなっていますが、
自動車保険・火災保険・傷害保険などの特約として、1年間千円以下の保険料で
加入できるようになっています。

”賠償責任保険”には、日常生活の賠償リスクの他、
・スポーツに起因するリスク(ゴルファー保険など)
・旅行中のリスク(海外旅行保険)
・家主に対するリスク(借家人賠償保険)などがあります。


被害者救済の意味も含めて、是非”賠償責任保険”に加入することを
お勧めします





コメント (3)

加熱

2008-01-06 02:45:27 | 新種
私の住んでいるマンションの暖房は、灯油ストーブですが、この冬は灯油代が
値上がりしたので、少しでも暖房費を抑えようと、必死に努力しています。

普段着る部屋着はフリース素材のものにし、ストーブをもうひとつ用意しました。
小型ですが、赤外線の電気ストーブです。




朝晩は、さすがにメインの灯油ストーブは必要ですが、お天気の良い日の日中は、
電気ストーブだけでも十分なくらいです。

本当は扇風機型のハロゲンヒーターが欲しかったのですが、電気屋さんに陳列していた
ストーブの中に、その姿はありませんでした。

電気屋さんによると、火災事故などが多かったために、扱わなくなったそうです。

そういえば、ハロゲンヒーターの異常な加熱による火災事故があったのを、思い出しました。

その時は、火災事故の被害者(ハロゲンヒーターの持ち主)は、メーカーに対して
損害賠償の請求をしました。
消防署や警察がいろいろ検証してくれて、結局被害者は、賠償金を手にしました。

企業向けに”生産物賠償責任保険”がありますが、これは、生産された商品など
の不良などを含め、それを購入した人に損害を与えた場合などを、
担保する保険です。

大手のほとんどの製造メーカーは、この保険に加入しているはずなので、
何かがあった時には是非確認してみてください。
コメント (2)

帰省ラッシュ

2007-12-29 11:03:59 | 新種
昨日の駅や空港は、帰省客で混雑していましたが、ピークは今日らしいですね。
多分今日の夜には、ほとんどの人が故郷に戻って、懐かしい顔を見ながら
楽しい時間を過ごすことになるのでしょう。

私は帰省の経験がなく、お盆もお正月も相変わらずの生活です。
子供の頃、おじいちゃんやおばあちゃんの家へ行くお友達を、とても羨ましく
思いました。

さて、飛行機で移動の経験のある人は、空港に保険の”自動販売機”
(正式名称はわかりません)があるのを見かけたことがありませんか?

あの販売機は、”旅行傷害保険”を契約するものです。
目的地が国内の場合は、”国内旅行傷害”、目的地が海外の場合は、
”海外旅行傷害”を契約することができます。

それぞれ、傷害保険に、賠償責任保険・携行品の補償などが、セットで
販売されています。

傷害(怪我)のほか、他人に損害(身体やモノ)を与えてしまったり、自分の荷物
(バックやカメラやお土産など)が破損・盗難にあった場合などに担保されます。
保険は目的地に到着する日の深夜12時まできいています。

帰省のために一日だけの”国内旅行傷害”を契約した人が、お母さんの顔を見て、
ほっとして実家の玄関のシキイにつまずいて、怪我をしてしまっても
補償されていますので、安心して?ください。

旅行や帰省前に、旅行傷害保険を契約しなかった人は、自動販売機?で、
是非契約してください。
保険料は、”国内旅行傷害”で契約期間が1日の場合は、1000円前後です。

こんな事は絶対嫌ですが、航空機事故の、”お守り”として契約する人もいるようです。

私もいつか、空港の自販機?で"海外旅行傷害”の契約をしよっと!
                             
コメント   トラックバック (1)