白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、白石勇一七段のブログです。
著書「やさしく語る」シリーズ「碁の本質」「布石の原則」「碁の大局観」発売中!

書評・第17回 囲碁手筋大事典

2018年08月18日 23時40分46秒 | 書評
<本日の一言>
昔から視力が低く、目の疲れには悩まされています。
30代に入ってから、ますます酷くなったような・・・。
原因はスマホとパソコンだと思われるので、ブルーライトカットメガネを作ろうと思います。
おすすめのお店やブランドなどありましたら、教えて頂けると嬉しいです。


皆様こんばんは。
本日は囲碁の本をご紹介します。



「囲碁手筋大事典」 著・石田芳夫 1890円+税

辞典ではなく、事典です。
囲碁の「じてん」は、こちらで表記されていることが多いですね。
辞典は言葉や出来事の意味を解説するものですが、囲碁においては名前が無いものを解説することが多く、また意味よりも使い方を解説することが多いので、こちらの方が適切でしょう。

さて、言葉の定義はともかく、「じてん」です。
一般には国語辞典、英和辞典、百科事典など色々とありますが・・・。
これらを1ページ目から順番に読んでいく人は、かなりの少数派でしょう。
いわゆる読み物とは一線を画するものです。

しかし、囲碁の事典ではそれを読者に要求します(笑)。
これ以上なく硬派な部類の本と言えるでしょう。
もちろん、1割だけ読んでみるということならそう苦労はありませんが、それでは1割しか学ぶことができません。
これが例えば私の本だと、読み進めるごと難易度が上がっていく仕組みになっているので、とりあえず分かりやすいところだけ読むという方法も有効なのですが。

そして、この本は1つのテーマ図を示す度に、正解図・失敗図(または変化図など)が1つずつ付いてくるという形式ですが・・・。
テーマ図の数、なんと668!
大事典と名乗るだけのことはありますね。
内容の方も、石を取る手筋、死活、攻め合い、石の形など多岐に渡ります。
さて、この本の読み方ですが・・・。

①まずテーマ図を見て、正解を少しだけ考えてみます。
②正解図・失敗図(変化図)を確認します。

ということになるでしょう。
解説も付いていますが、図で何が起こったのか分からなかった時に確認する程度で良いと思います。
種類にもよりますが、手筋は理屈で覚えることが難しいものが多いです。
ですから、形そのものを覚えてしまうことが最も確実です。
そのために大事なのは、数をこなすことです。
ですから、必ずしもじっくり読み込む必要はなく、テーマ図と答えを確認したらどんどん先に進んで良いのです。

もちろん、最初はそれでも時間がかかるでしょう。
なにしろ668図ありますからね。
ですが、以前にもお話ししたように、繰り返し練習することが大切です。
そうすれば、テーマ図を見た時に答えが浮かぶようになってくるでしょうし、1周にかかる時間も短くなっていくでしょう。
例えば最初に5時間かかったとしても、2回目は3時間になり、3回目は2時間に・・・といった具合です。
本書の場合、私でも流石に3分というわけにはいきませんが(笑)。

ちなみに、失敗図・変化図に関しては、できれば一度ぐらいは読んでおいた方が良いと思います。
ただ、2回目以降は必ずしも必要ではなく、飛ばしてしまっても構わないでしょう。
これも時間節約のためです。
かなり手数が長いものもありますからね。
これは覚えておきたい、と感じたものだけやって頂ければ良いでしょう。

最後に少し補足しておきましょう。
まず、本書で覚えるべきはテーマ図からの数手の手筋です。
中には正解図が20手以上あるようなものもありますが、それを丸暗記するような必要は全くありません。

また、解説を見てもよく意味が分からない手筋もあるかと思いますが・・・。
「ふーん、そういうものか」と流しておいてください(笑)。
高度な手筋を無理に理解する必要はありません。
それでも、目に焼き付けておくだけで感覚は養われるでしょう。


囲碁の本には色々な種類がありますが、本書はとにかく囲碁が強くなりたい方向けと言えます。
ハードですが、効率の良い学習ができるでしょう。
コメント

書評・第14回 堅塁秀和

2018年01月30日 23時33分41秒 | 書評
皆様こんばんは。
本日は久しぶりに書評シリーズです。
今回扱う題材はこちらです。

歴代最強の囲碁棋士は誰か?
そう聞かれれば、多くの棋士は本因坊道策と答えます。

では、江戸時代で最も有名な棋士は?
それは恐らく、本因坊秀策でしょう。
ヒカルの碁を読んで知った方も多いと思います。
実力と人気を兼ね備えた存在と言えます。

本書の主人公である本因坊秀和は、その秀策の師匠です。
秀和は悲運の棋士とも言われます。
名人になるべき力量を持ちながらも、幕末の混乱期の中ついに八段止まりでした。
また、将来を託すはずの秀策も早世するなど、後年は本因坊家当主として苦しい時代を過ごしました。

ですが、秀和は600局以上の棋譜を残しました。
その中には井上因碩(幻庵)との熾烈な勝負碁なども含まれています。
また、弟子の秀甫や実子の秀栄はそろぞれに大きな業績を残しました。
秀和もまた、囲碁の歴史に大きな足跡を残しているのです。

本書は棋譜の解説本ですが、時代背景や登場人物のエピソードにも力が入っています。
碁盤を通して、物語を観賞するつもりで楽しめる構成と言えるでしょう。
著者の福井正明九段は有名な古碁マニアですが、いかにもという内容ですね。

堅塁秀和とタイトルが付いていますが、秀和の若い頃は黒番で確実に勝つ能力が必要でした。
先述の井上因碩との勝負などはその代表ですね。
強敵を相手にしても確実に数目残す打ち回しは、まさに堅塁と言えるでしょう。

一方で、白番が多くなってからは自由自在の打ち回しを見せています。
ある時は力強く、またある時は軽快にと、どんな碁でも打ちこなしました。
考え方が非常に先進的であり、現代の棋士が見ても驚くことがしばしばあります。
秀甫や後年の秀栄に大きな影響を与えたことは間違いないでしょう。

どちらからも学ぶものが多いですが、私としては白番の碁に大きな魅力を感じます。
常識にとらわれない打ち回しは、観賞していて楽しいですし、自分の碁の幅も広がるような気がします。
古い時代の碁の中に新しい考え方があり、まさに温故知新ですね。


時代が進むにつれて、どうしても過去の棋士は埋もれていってしまうものです。
しかし、残した棋譜の魅力は決して損なわれるものではないと思います。
秀和の碁の魅力を知らない方は、ぜひ本書で確かめてみて頂きたいですね。
コメント

囲碁アイドル&書評・第13回 どん底名人

2017年11月11日 22時09分38秒 | 書評
皆様こんばんは。
本日は永代塾囲碁サロンにて、講座と指導碁を行いました。
毎月第2土曜日が指導日となっています。

最近、永代塾では囲碁アイドルなる企画を始めたようですね。
囲碁初心者のアイドルが毎週成長していく様を、ファンが見守るというものです。
ある意味では、NHKの囲碁フォーカスに似ている気もしますね。
あちらも聞き手にはあまり強い人は採用しておらず、読者と一緒に学んでいくような形になっています。
前任の戸島花さんは、最終的には見事初段になって卒業していきましたね。

ただ、囲碁フォーカスは講座なので視聴者が主体ですが、囲碁アイドル企画においてはアイドルが主体です。
早い話、碁のルールを全く知らない方でも、まず視聴から入る可能性があるわけですね。
従来は囲碁のルールを覚える→番組を楽しむ、という流れが基本でしたが、逆の流れも期待できます。
企画の名前だけ見ると軽いイメージを受けますが、講師陣も囲碁に打ち込んできた方ばかりなので、囲碁自体を軽く扱うことは無いでしょう。

新しい試みだけに、成功するかどうかは未知数です。
正直なところ、商業的には厳しいのではないかとも思っていますが・・・。
しかし、意欲的な試みは応援したいですね。
成功するか分からないチャレンジは、なかなか我々の組織ではできないことです。



さて、本日は発売されたばかりのどん底名人をご紹介しましょう。
タイトル獲得数35の大棋士、依田紀基九段がこれまでの人生を自らの手で振り返る、一種の自伝のようなものかもしれません。
ただ、ゴーストライターを使わず、依田九段自身が文章を書いていることもあって、深い所まで踏み込んだ内容となっています。
自身の欠点や失敗がこれでもかというぐらい書かれており、依田九段の本気度が伺えます。
本書を遺言と称するだけありますね。
本日購入して、一息に読み終えました。

囲碁界は極端に実力重視の世界であり、そこに生きる棋士は世間一般の人々とは違った常識や感覚を持っています。
近年は加藤一二三九段を筆頭に、将棋界の方に突き抜けた方が多い印象ですが、かつては囲碁界も負けて(?)いませんでした。
古くは呉清源九段や藤沢秀行名誉棋聖など、そして現役の棋士なら例えば・・・おっと、それはやめておきましょう(笑)。

ともかく、破天荒と言われる棋士は多かったのです。
しかし、それはあるいは依田九段が最後になるかもしれません。
その下の世代では、一見すると普通に見える棋士が多くなりました。
囲碁界だけでなく、世の中全体が変わったのでしょう。

ところで、依田九段は物凄い記憶力を持っていることでも有名です。
子供の頃の会話や食事メニューなどを、何故克明に思い出せるのでしょうか・・・。
碁以上に才能の差を感じます。
依田九段の記憶力は、本書の執筆にも存分に生かされたようです。
自身のことはもちろん、他の棋士などのエピソードも語られており、興味深いところです。
例えば、先に挙げた藤沢名誉棋聖は数々の逸話を残していますが、多少は尾ひれがついているだろうと思っていました。
しかし、依田九段が語ることで、真実味を帯びてきますね・・・。

依田九段は、本書を通して自身の子供たちに語りかけています。
自身の経験を次世代の役に立てたいということで、これは確かに「遺言」です。
成功体験も失敗体験もとてつもなく大きく、読者は人生にはこんなこともあるのかと驚かされるでしょう。
こればかりは、普通の人には決して語れないことですね。

ただ、1つだけ突っ込みたいのですが・・・。
本書は、子供に読ませるには手加減の無い表現が多くありませんか?
そこもまた依田九段らしいですね。
コメント

書評・第12回 はじめての詰碁

2017年11月08日 23時59分59秒 | 書評
皆様こんばんは。
明日は棋聖戦挑戦者決定戦が行われます。
一力七段が勝って挑戦権を獲得するか、山下九段が勝って次局に望みをつなぐか?
注目の大一番ですね。

さて、本日はこの本をご紹介します。



以前、「ひと目の詰碁」をご紹介しましたが、本書はさらに解きやすい難易度になっています。
多くの問題が1手で解決するので、最近ルールを覚えたばかりという方でも大丈夫です。
もちろん、間違えてしまうこともあるでしょうが、正解を見れば納得できるものがほとんどでしょう。

2桁級の方々がまず覚えるべきことは、石の生き死にです。
難しい死活が分かる必要はありませんが、2眼で生きる感覚や、眼と欠け眼の区別をしっかりと身に付けておかなければいけません。
本書の問題を見た瞬間に答えが浮かぶよう、繰り返し解いて頂くと良いでしょう。

本書が簡単と感じられるようになったら、同じシリーズの「やさしい詰碁」、「初段になれる詰碁」にステップアップしていくと良いでしょう。
無理をして難しい問題を解こうとすると、楽しみよりも苦しみが大きくなってしまいます。
詰碁の勉強は難しいものという先入観は捨て、楽しみながら上達して頂きたいですね。
コメント

書評・第11回 石の形 集中講義 完全版

2017年11月02日 23時59分59秒 | 書評
皆様こんばんは。
本日は棋士の手合日でした。
幽玄の間でも多くの対局が中継され、その中には杉内夫妻(97歳、90歳)の対局も含まれていました。
残念ながら両者ともに敗れましたが、最後まで戦い抜いていたのは流石です。
皆様もぜひご覧ください。

さて、本日は書籍をご紹介します。
今回ご紹介するのは「石の形 集中講義 完全版」です。
原作が出版されたのは2006年であり、完全版は2012年です。
ということで、残念ながら現在は絶版になっています。

ですが、電子書籍版が出ているので、そちらは現在でも購入できます。
本書は352ページという超ボリュームなので、むしろ電子書籍版の方が扱いやすいかもしれませんね。
良い時代になったものです。
なお、マイナビの商品ページはこちらです。

さて、本書は表題通り石の形に特化した内容となっています。
私も常々お伝えしている通り、石の形は非常に重要です。
読みの力などと同様に、上達のためには欠かすことができない、土台となる分野なのです。
土台がしっかりしているかどうかで、上達のスピードは何倍も違ってきます。

本書の構成は、石の形を裂かれ形2目の頭空き三角などのパターン別に分類し、その良し悪しや何故そういった形ができるのかを解説していく形になっています。
この何故を知ることが非常に重要なのです。
形の名前やパターンを知っていても、実戦で出来上がり図を見て気が付くようでは遅いのです。
また、その直前で気が付いて回避できることもあるでしょうが、手遅れになっていることもしばしばです。
そうならないために、原因を知っておかなければなりません。
特に前述の名前の付く形については、しっかりと身に付けておきたいですね。

本書は非常に分量が多く、対象の棋力もかなり幅広くなっています。
初級者の方が必ず覚えるべき分野もあれば、高段者でも間違える問題も含まれています。
ですが、全てのパターンを理屈からきっちりと理解しようとする必要はありません。
示されている正解の手を繰り返し眺めるだけでも、十分に石の形を学べるのです。
むしろ考え過ぎは害になると言っても過言ではないでしょう。

これは石の形に限りませんが、上達のためには楽しく学ぶことが大切です。
肩肘を張らず、気楽に読み進めて頂くと良いでしょう。
コメント