白石勇一の囲碁日記

ほぼ毎日更新、白石勇一七段のブログです。
著書「やさしく語る」シリーズ「碁の本質」「布石の原則」「碁の大局観」発売中!

出版記念イベントについて&著書紹介

2018年06月27日 23時59分59秒 | 著書
皆様こんばんは。
先月、この本を出版しました。



「やさしく語る」シリーズの第3弾です。
また、これに関して、近々イベントを行うことになりました。



会場は横浜の宇宙棋院です。
こちらでは3年半ほど前から級位者教室の講師を務めています。
始めて行ったのが中学生の頃ですから、かれこれ20年ほどのお付き合いですね。

トークショーというタイトルですが、50分に渡ってひたすら話す能力はありません(笑)。
そこで、本の内容に関連した講座がメインになる予定です。
無料ですから、ぜひお気軽にご参加ください。


さて、本日はここでも本の内容について語ってみたいと思います。
暇ができたらやろうと思っていたら、いつの間にか時間が過ぎていました・・・。
多くの皆様にご購入頂きたいので、しっかりと宣伝します!
前回とかぶる部分もありますが、時間が経っているので改めてということで。

<本作のテーマ>
本作のテーマは、タイトルにあるように「大局観」です。
大局観とは、「現在の碁盤全体の状況を確認したり、将来の展望を思い描き、そのうえで正しい打ち方を考える力」です。
そして、題材は全て「置き碁で白を持った時の考え方・打ち方」です。

囲碁の本の中で、置き碁の打ち方をテーマにしたものはそれなりにありますが、白番での打ち方となると非常に少ないです。
また、それらも多くは打ち碁集のような形式であり、考え方に重点を置いた本となると、ほとんど出ていないと言っても良いのではないでしょうか。
ですから、置き碁で白を持った時の打ち方が分からず、困っている方は少なくありません。
苦手というだけならまだしも、嫌いという方もいらっしゃるようですが、それは非常に勿体ないことです。
なにしろ、囲碁ファンの棋力は幅広く、自分と近い棋力の方はその中のごく一部です。
そのごく一部の方との対局しか楽しめないとしたら、交流の幅が非常に狭まってしまいますね。

<置き碁を楽しく打つために>
多くの方が置き碁で白を持った時に陥りがちな展開は、大別すると以下の2つです。
「急いでハンデを縮めようとするあまり、無理を重ねてしまう→相手がポカをすれば上手くいくこともあるが、そうでなければボロボロに」
「無理せずしっかり打とうとするあまり、差が全く縮まらない→何もできずに負けるか、あるいは結局無理な勝負手(騙し)を連発してしまう」
どちらにしても、楽しめそうな展開ではありませんね。

ですが、正しい考え方・打ち方ができると、置き碁で白を持っても楽しく打てます。
そのために色々なことを学んで頂く必要がありますが、それらは全て大局観に通じます。
つまり、本書のコンセプトは「置き碁の白番を楽しく打ちながら、大局観も身に付けましょう!」ということになります。
身に付いた大局観は、当然ながら互先の対局や、自分が石を置いた時にも役に立ちます。
棋力そのものの向上にもつながるでしょう。

<本書の構成>
本書の構成は、大まかに言えば今までと同じです。
考え方をいくつかに分類し、1つ1つ学んで頂けるようになっています。
ただ、最終章は今までのようなテスト形式ではなくなりました。
これは、私の置き碁の白番での打ち碁集であり、ある意味では互先以上に工夫した打ち方が多くなっているためです。
テスト形式にすると難しすぎますから、普通の自戦解説形式になりました。
もちろん、皆様が挑戦して頂く分には自由です。
私が何を考えて打っているのか、想像しながら並べて頂くのも面白いでしょう。

ちなみに、特に最終章でその傾向が強いですが、しばしば高度な手が出てきます。
「ちょっとこの手は真似できないな」と感じることもあるでしょう。
その場合、無理に真似をする必要はありません。
大事なのは私の手そのものを真似することではなく、考え方を身に付けて頂くことだからです。
私が何を考えて打っているのかをご理解頂ければ十分です。


「やさしく語る」シリーズでは、棋力の向上はもちろんとして、碁を楽しく打てるようになって頂くことも目指しています。
その意識の強さで言えば、本作は今までで一番です。
皆様が今まで以上に碁を楽しむためのお役に立てれば幸いです。
コメント

書評・第15回 ヨセの強化書・基礎編

2018年06月26日 23時39分37秒 | 著書
皆様こんばんは。
本日はお金にならない問題を作ってくれた寺山怜五段のために、彼の本をご紹介したいと思います(笑)。



寺山五段と言えば、NHK杯でお馴染みですね。
第63期には準優勝という大活躍でした。
現役バリバリの棋士が作った問題集です。
囲碁の本はベテラン棋士が出すイメージが強かったですが、最近は結構若い棋士も挑戦していますね。
時代が変わってきた感じがします。

さて、本書はヨセの問題集ですが、1つ1つのヨセの目数を問うものではありません。
9路盤の中で最善のヨセを打ち、碁に勝ってくださいという問題になっています。
これも一種のパズルと言えるでしょう。
「囲碁パズルを楽しみながら、結果的にヨセも上手くなる」
本書にはそんな姿勢で取り組むと良いのではないでしょうか。
元々ヨセという分野は、パズル的な要素が強いのです。

これは寺山五段が話していたことで、本書にも書いてありますが、アマチュアの方は本当にヨセが苦手だと思います。
もちろん、読みや計算などもプロとはレベルが違うのですが、一番大きな差があるのがヨセでしょう。
そもそも、大半のアマチュアの方は、ヨセの基本をほとんど理解できていないのですから・・・。
高段者の中にも、ヨセを勘だけで打っている方は少なくありません。

実際、私に3子や4子で指導碁を受ける方の多くも、ヨセになると次々と損をしていきます。
(それは1/3目損だけど仕方ないかな)
(うーん、1目損な方選んじゃったか~)
(3目損はもったいないな~)
などなど、損がどんどん積み上がっていくのがよく分かります。。
そして、途中から数えるのを止めるのですが・・・(笑)。

逆に考えると、ヨセがほんの少し上手くなるだけでも毎局数目という差が生じますし、人によってはそれが何十目にもなるでしょう。
ヨセの能力が裏切ることは無く、ヨセの上手い人はどんなに碁の調子が悪くても、ヨセだけは毎回得をします。
棋士の中でも、タイトルを沢山獲得してきた人は例外なくヨセが得意です。
もちろん、本人の中で一番の得意とは限りませんが・・・。

ということで、強くなりたい方には、ヨセの勉強は非常に効果的です。
そして、本書はヨセの目数計算ができなくても大丈夫です。
また、碁盤に並べて解きたいという方もいらっしゃるでしょうが、9路は安く買えますし、なんなら19路盤を紙で区切っても良いのです。
お好きな方法で取り組んで頂くと良いでしょう。

<注意点>
ここで紹介したのは、ヨセの強化書・基礎編です。
似たデザインの応用編もありますが、両者にはかなり難易度の差があります。
よほど腕に自信のある方以外は、まずは基礎編から購入することをおすすめします。
コメント

<明日発売>やさしく語る 碁の大局観

2018年05月22日 23時59分59秒 | 著書
皆様こんばんは。
いよいよ明日、「やさしく語る 碁の大局観」が発売されます。
今回は本の内容をご紹介したいと思います。
ですが、その前に私がこれまで執筆してきた本の価値について語っていきましょう。

〇やさしく語る 碁の本質
まず、第1作の「やさしく語る 碁の本質」は、碁で最も大切にすべき基本が何かということをお伝えする本です。
基本ですから、当然私しか知らなかったような斬新な発見はありません。
ですが、本書は大ヒットとなりました。
基本の考え方を本当の意味で理解している方が少なかったからです。
その原因としては、基本の考え方を書いた本は沢山あっても、誰にでも分かりやすく、かつシンプルに伝えられている本は少なかったということが考えられます。
そこをクリアしていることが、本書の最大の価値であると考えています。

〇やさしく語る 布石の原則
第2作、「やさしく語る 布石の原則」も前作の延長戦上にあるもので、姉妹作と言っても良いでしょう。
もっとも、布石段階がメインなので、碁の流れとしてはこちらの分野が先になるのですが、理解の流れとしてはやはり前作を先にした方が分かりやすいかと思います。

本作もシンプルな内容にまとめることを心掛けました。
布石は1局の碁の中で最も自由度が高く、それゆえ最善の結果を求めることの難易度は高いです。
そのために必要な考え方も数多くありますが、本作ではあえて優先度の高いことだけに絞りました。

布石をきっちりと理論化しようとすれば、論文のようになってしまうでしょう。
しかし、多くの囲碁ファンに必要なのは、理解しやすく身に付けやすい考え方です。
そこで、本書でも「やさしく語る」ことにこだわりました。
布石の高度な分野に踏み込んでいないので、ある意味ではプロらしくない本になったかもしれません。
まあ、長い間アマチュアをやっていたので仕方ないでしょうか(笑)。

〇やさしく語る 碁の大局観
さて、では第3作はどうでしょうか?
実は、これまでの本と違って、内容自体が斬新ではないかと思っています。
本作は、置き碁の白番の打ち方を学ぶことで、大局観を身に付けるという内容ですが・・・。
まず、置き碁の本は色々と出ていますが、多くは黒の立場に立っていて、白番の打ち方を記した本はかなり数が少ないです。
また、白番の打ち方にしても打ち碁集のようなものが多く、考え方を中心にした本は私は見たことがありませんでした。

本書は、白の必勝戦法や定石をお伝えする本ではありません。
もちろん、これがおすすめという打ち方自体は出てきますが、それを何故打つかという理由の方が大切です。
また、打ち碁集ではないと言いつつ、本書の最終章では約70ページに渡って私の打ち碁をご紹介していますが・・・。
これも、皆様に考え方を身に付けて頂くためのものです。
ですから、手どころの解説などは最小限にして、私がどんな方針で打っているかを詳しく説明しています。
プロが打つ碁ですから、当然難しい手を打つこともありますが、ぜひ根底にあるものを感じ取って頂きたいですね。
具体的な着手を真似するには棋力が重要ですが、考え方を学ぶということに関しては、級位者も高段者も関係ないと思っています。

しかし、今書いたばかりのことと矛盾するようですが、本作は打ち碁集としてもなかなか面白いのではないでしょうか。
世に出るプロの置き碁対局は、大抵2子局か3子局ですが、本作は2子~9子まで網羅しています。
それも、難易度の低い2子局は参考図込みで4ページ、3子局も6ページと少なく、メインは4子局以上となっています。
そもそも、最終章以外では4子局以上の置き碁しか登場しません。

ところで、第1作「碁の本質」では、問題図ができるまでの手順を記しませんでした。
これは、とにかく「碁盤全体を見て、石の強弱を確認する」ことに集中して頂くためです。

ですが、第2作「布石の原則」では問題図までの手順を記しています。
布石の本ですから、問題ができるまでの手順も重要と考えました。
おかしな手は出てきませんから、お手本としても役に立つでしょう。

そして、第3作でも問題図までの手順を記しています。
置き碁の序盤は互先以上に重要だからです。
また、テキスト部分を活用し、手順についても解説しています。
詰め込み過ぎて、再校ゲラができた段階で盛大にはみ出していたページも多数・・・。
本に残ったらどうしようかと思いましたが、それは大丈夫でした。


さて、あまり具体的な内容について語れていない気がしますが、長くなりましたので今回はこのぐらいにしておきます。
今後も紹介を続けていきたいと思います。
コメント

「やさしく語る」シリーズについて

2018年05月21日 23時59分59秒 | 著書
皆様こんばんは。
「やさしく語る」シリーズ第3作、「やさしく語る 碁の大局観」の発売が迫っています。
マイナビ編集部でも紹介記事を書いて頂いており、こちらからご覧頂けます。
私の方でもご紹介していきますが、今回はやさしく語るシリーズ全体についてお話ししたいと思います。

第1作「やさしく語る 碁の本質」のテーマは、「碁で最も重要なことは、地ではなく石の強弱である」ということです。
これは碁の真理に近いことだと思っており、私自身も対局で常に意識していますし、指導の場においても核となっています。
私は級位者から高段者、さらに県代表クラスまで指導しますが、石の強弱を第一にした考え方はどのレベルの方にも有効です。
ですから、級位者と高段者が並んでいるときに、同じような指導をすることはよくあります。
碁の基本的な考え方を身に付けるのに、棋力はあまり関係ありませんからね。
もちろん、棋力によって死活や読みの力に差があるので、アレンジは加えますが・・・。

そんなわけで、やさしく語るシリーズも棋力に関わらず役に立つ本を目指しています。
2桁級から高段者まで、ということです。
もちろん、棋力によっては真似をするのは難しいと感じる手が出てくることはあるでしょう。
その場合、無理に手そのものを覚える必要はありません。
そもそも、どういう考え方でその手を打ったのか、ということをご理解頂くことが最重要であり、それができていれば大丈夫です。
碁は自由なゲームであり、全く同じ局面はそうそう現れません。
ですが、正しい考え方が身に付いていれば、どんな局面にも対応できるでしょう。

このような説明は、今まで何度も繰り返してきましたね。
ただ、もう1つご説明しておかなければならないことがありました。
それは、「地ができること=悪ではない」、ということです。
地を気にしなくて良いと強調しているせいか、私の本に従って打つと「序盤は地が少なくなるもの」だとか、「序盤で地を取ってはいけない」と誤解されている方もいらっしゃるようです。
ですが、地があることは自体にはプラス要素しかありません。
私が言いたいことは、「地を取ってはいけない」ではなく、「地を取ろうとしてはいけない」ということなのです。
似ているようですが、両者には大きな違いがあります。

例えば、シリーズでは根拠を確保することの重要性を強調していますが、根拠を確保すると結果的に地が付いてきます。
しっかり根拠を確保していった結果、全体的に地が多くなったとすれば、それは素晴らしいことです。
しかし、地のことを第一に考えてしまい、地は多くなったけれども弱い石だらけになってしまった、というケースは失敗と言えるでしょう。

あるいは、相手の弱い石を攻めることで地が増えたり、薄かった地が確定地になるようなケースもあるでしょう。
それはもちろん、立派な戦果です。

つまり、石の強弱を第一に考えることで、「結果的に」地が多くなるということです。
この順序を間違えなければ、序盤から地が多く、石も弱くならないという展開になることもあります。

もちろん、相手が石の強弱ではなく地を第一に打ってくれば、一時的には自分の方が地が少なくなるかもしれません。
そのようなケースでは、相手の弱い石を攻めている間に地が増えていく、追い込み型の展開を目指すことになるでしょう。

つまり、碁は色々な展開がありますが、私は特に追い込み型の打ち方だけを推奨しているわけではありません。
しっかり石の強弱を確認しながら打ちましょう、ということです。

また、私が地を嫌っているかように感じられるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。
そもそも、地が嫌いなプロは存在しないでしょう(笑)。
ただ、いくら地が好きでも、まず考えるべきは石の強弱です。
その結果、序盤から地が多くなるならそれで良し、そうでなくても終局までに地が多くなっていれば良し、と考えています。


正しい考え方は、その人が地をどれだけ好きかということには関係ありません。
攻めが好き、模様が好き、地が好きなど、好みは人それぞれですが、基本をしっかり身に付けることで、自分の好きな展開にも持ち込みやすくなるでしょう。
コメント

3線と4線

2018年02月09日 23時28分40秒 | 著書
皆様こんばんは。
明日は永代塾囲碁サロンにて講座と指導碁を行います。
今回の講座では午後1時から1時間ほど、LG杯第3局の解説を行います。
級位者の方にも分かり易い内容になると思います。
ご都合の合う方はぜひお越しください。
なお、指導碁では対局後に棋譜をお渡ししています。

さて、本日は著書「やさしく語る 布石の原則」について頂いたご質問に解答します。
1つ目は・・・。



1図(3線か4線か)
「173ページの問題図では黒25が△の位置に開いているが、177ページではAになっている。
どちらが実戦の進行なのか?」


申し訳ありません、間違えました・・・。
正しい実戦進行は黒△です。

また、もう1つご質問を頂きました。
それは、「黒△とAはどちらが勝るのか?」というものです。
うーん、良いご質問ですね。





2図(4線のメリット)
黒△の4線の開きのメリットとして、中央に対する影響力が強く、進出速度も速いということが挙げられます。
本局で言えば、白1とボウシされても、黒4、6などの反撃が狙えますね。





3図(4線のデメリット)
4線のデメリットとしては、足元の守りが弱いということです。
本局では白1と滑られると、簡単に根拠を奪われてしまいますね。





4図(3線のメリット)
その点、黒1の3線は足元の守りが強固です。
白2なら黒3と止めておいて、ある程度の根拠が確保できますね。





5図(3線のデメリット)
しかし、3線には上からの圧迫に弱いというデメリットがあります。
本局なら白1のボウシが有力な攻め方となるでしょう。
黒7からの反撃は、2図と比べると黒がだいぶ苦しそうです。


結局、3線と4線のどちらが勝るかは、第1章にも書いてある通りケースバイケースとしか言いようがありません。
石を守る際でもそれは同じです。
上下どちらからの攻めを避けたいかによって決めて頂くと良いでしょう。

ちなみに、本局では4線の開きが正解だと思います。
中央への影響力を重視したい局面に見えるからです。
コメント