ブログ 熊野の癒しの光の氣を!!弘祥の835号の空室・芝下(しばした)鍼灸整骨院自由診療部

熊野でセラピスト&ダウザーとして日々、皆様の「氣」と交流できる幸せを感じています「熊野 癒しの氣」を届けたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弘祥からのお願い 3月1日・4日追記を足しました。

2007-02-28 10:18:07 | 男たちの大和 YAMATO

 先日、戦艦大和の生存者269名のうちのお一人(熊野には、今もお二人の方が、お元氣でお暮らしですが、そのうちのお一人の方です。)に弘祥、初めてお会いさせていただき、お話しを聞かせていただきました。ここに、記事にしようと思い今も書いているとこなのですが、まだまだかかりそうです。

 じつは、今、スーパーセンター南紀店にあるジストシネマ南紀で、「男たちの大和 YAMATO」が、アンコール上映されております。弘祥は、昨年親友と、ジストシネマ南紀で見て、ジストシネマ新宮で妻と見ました。

 もし、まだ、この映画を見たことがない方、また、先の上映を見逃した方、もう一度ご覧になりたい方は、よろしかったらどうぞ、ぜひ、足を運んでみて下さい。

 和歌山県だけでも120名の方が、今なお戦艦大和と共に眠っております。

 アンコール上映されるということをお聞きし、急いでお聞きしたお話をこのブログに載せたいと準備していたのですが、間に合いそうもないため、先にご案内させていただきます。

アンコール上映は、2月24日に始まりましたが、3月2日(金曜日)までです。18時10分からです。上映時間2時間30分です。

 

 

  2007/03/01 追記 

 自分は、まだ、お会いしたことがないもう1人の方でいらっしゃる、今も御健在に熊野にお暮らしの坪井平次氏方が、本を書かれているのを、今日(3月1日)見つけました。こちらもよろしかったら、読んでみて下さい。弘祥不思議なのですが、先日1月31日お会いさせていただいた熊野本宮の中道和尚様は、自分の両親が、知り合いでした。坪井氏は、元校長先生を定年退職された方で、義父と同じ郷里でよく知っているそうです。

 

 

戦艦大和の最後―一高角砲員の苛酷なる原体験

光人社

このアイテムの詳細を見る

 

 

  2007/03/04   追記

 1月31日お話しを聞かせていただいた、熊野本宮の中道和尚様から、3月1日電話をいただきました。電話の内容は、ここに書くことを躊躇する内容でした。戦闘の時のお話しでした。31日には、聞かなかった内容です。筆舌に尽くしがたく、ココに書くか迷っております。なお、その際に和歌山県全体で120人が、大和と共に帰らぬ人となりましたが、その詳細をお聞きしました。

新宮市4名・東牟婁8名・西牟婁21名・日高郡18名・那賀郡12名・海草郡11名・有田郡5名・伊都郡8名・和歌山市30名・海南市3名 以上合計120名です。

和歌山県では、中道和尚様を入れて生存者は、3名で皆様今も白浜町、田辺市でお元氣にお暮らしということです。

コメント (2)

中止です。  熊野の地元の情報です。講演会『不沈戦艦大和の最後』

2006-03-16 15:50:49 | 男たちの大和 YAMATO

本日の講演会『不沈戦艦大和の最後』は

奥熊野が、現在も大荒れの天気ですが、

これからますますひどくなるとのことで、

御住職さの御希望により急遽、延期中

となりました。

なお、講演会が予定されていた会場は、

予約で、しばらくの間、うまっているため、

不定期で延期です。再度講演会が行なわ

れる際は、新聞紙上で、お知らせがある

そうです。

 

「どうか、皆様ご理解の程よろしくお願いし

ます。」との主催者よりの伝言がありまし

た。

 

コメント

熊野の地元の情報です。講演会『不沈戦艦大和の最後』のお知らせです。

2006-03-14 19:15:40 | 男たちの大和 YAMATO

 

 2006/03/16 追記

 

          奥熊野大荒れの天気にて、本日の

講演は延期中止になりました。

 

 

昨夜のことですが、当院の患者さんから案内をいただきました。その案内で以前、このブログに書かせていただきました戦艦大和の生還者で今もここ熊野にご健在のお一人が、講演をなさることを知りました。本日先ほど、主催者の代表の方の承諾を得られましたので、パンフレットにちゅうじつに再現いたしました。弘祥も聞きにまいりたいと思います。(勝手ながら、16日は、6時で診療を終わらせていただきます。よろしくお願いします。)

 

戦争とは何か

                  『不沈戦艦大和の最後!』

 

                                     語る人   中道 豊洲  氏      

                                                                     (本宮町渕竜寺住職)

                                                        

 

 第二次世界大戦末期、「不沈」をうたわれた戦艦大和は、

最後の決戦場、沖縄に向かう途中、ゴマ粒のように飛来す

る敵機の前に、戦わずして沈没した。

 戦艦大和の全長263m。当日の乗員3332名、兵士

の多くは、大和とともに海のモクズと消えた。からくも、

重油の海に投げ出された兵士の運命は・・・。

 映画「男たちの大和」がとらえられなかった数々の真実。

大和の生き残り兵士が語ります。

                                                      とき   2006年16日 (木) 
                                                                              
                                                                       午後6時30分~

                                                    ところ  新宮市福祉センター(市役所前) 

                        延期中止

主催:九条の会むすび会と千穂の会  [連絡先] 電話0735-22-8736(大谷氏)

コメント (2)

熊野の地元の情報です「男たちの大和」

2006-02-16 16:42:21 | 男たちの大和 YAMATO

昨日15日の南紀州新聞・熊野新聞を、見られた方は、もうご存知だと思いますが、 両新聞の読者を対象として、抽選で130名様に映画の無料ご招待が株式会社南紀州新聞社さんTEL.0735-22-8080からプレゼントされます。

 2006/02/17 追記  本日17日の熊野新聞の1ページ全体にも載っています。

 

 日   時      上映終了まで (3月上旬頃予定)

 場   所      ジストシネマ新宮(ペアシティオークワライフ館6F)

 応募要項      官製ハガキに15日の日付の広告面(熊野新聞では、6面)の下記にある応募券を    

             貼り、郵便番号・住所・氏名・年齢・両紙に対するご意見・ご要望をお書きの上ご応

             募下さい。

 締 切 り      2月18日(土)消印有効 

         

この企画に伴い、現在のジストシネマ新宮の「男たちの大和」の上映時間が18日(土)より1日4回

なります。

 

     17日(金曜日)までは、   17:00~ / 20:00~

 

     18日(土曜日)からは、   10:00~ / 13:15~ / 17:00~ / 20:00~

 

 

 

 

 

今日の診療の際も、熊野の育生から大和に乗り帰らぬ人となった方のお話を患者さんから、お聞きしました。

弘祥もさらに、皆様にご紹介してまいりたいと思います。

 

また、学校関係者の方で、ぜひ生徒さんに見せたいと思われる先生方がおられましたら、

「男たちの大和/YAMATO」団体受付03-3535-7120まで、お問い合わせ下さい。

 

2006/03/12  追記

いよいよ、ロングランもここ地元のジストシネマ新宮は、17日(金曜日)までとなりました。

また、上映は、午後5時からの1本となっております。

 ジストシネマ  http://xyst.jp/index.html

コメント (2)

「男たちの大和」ロングラン上映決定です。

2006-02-10 17:04:34 | 男たちの大和 YAMATO

 東映からのメールを転記します。

 「男たちの大和」まだ、見ておられない方が、おられましたら、ぜひ、機会を作り見てあげて下さい。特に、大和に乗艦されて艦と共に、今も眠る3000余名の方の多くが、15歳くらいから20歳代でした。ぜひ、現在、同年齢の若者の方は、機会を作っていただき、見て下さい。よろしくお願いします。

弘祥が、前回の熊野新宮の氣功教室の際に引き受け氣功の藤谷康允先生と秘書の方に、おすすめいたしました。超過密スケジュールを調節していただき、お二人は、見て下さいました。

藤谷先生は、その後いろんな方に教室等で「絶対大和見て下さい。」と御紹介している とメールの連絡が、秘書の方からありました。

弘祥も、引き続き患者さんを、はじめ皆さんに御紹介してまいりたいと思っております。

 

◇『男たちの大和/YAMATO』

│◆興行収入42億円突破!ロングラン上映決定
│ 
│ 映画『男たちの大和/YAMATO』、おかげさまをもちまして、入場者数340万人、
│ 興行収入42億円を突破!
│ 更に、9日より開催されるベルリン国際映画祭フィルムマーケットへの
│ 出品も決定。既に欧州諸国・台湾・シンガポールなど40ヶ国、100社より
│ オファーが殺到しています。
│ 
│ これを受けて、2月11日(土)より上映延長が決定いたしました。
│ まだご覧になっていない方はもちろん、もう一度スクリーンでご覧になりたい方、
│ 是非この機会にお近くの映画館までお運びください。
│  
│ 『男たちの大和/YAMATO』11日(土)より一部上映劇場・上映時間の変更等が
│ ございます。詳細は劇場にお問い合わせください。

│ 【上映劇場一覧はこちら】
│ http://fm.msgs.jp/v31/f/?p=1000000430/ac01/357/184298
│ 
│ 映画『男たちの大和/YAMATO』
│ http://fm.msgs.jp/v31/f/?p=1000000430/ac01/358/184298

└───

コメント   トラックバック (1)

初めまして浜千鳥様

2006-01-09 23:11:08 | 男たちの大和 YAMATO
熊野のhealer&dowserの弘祥です。
ブログの訪問とTB真にありがとうございました。浜千鳥さまのTBのご要望ですので、自分のブログは、文章もなってないですが、喜んでTBさせていただきました。よろしくお願いします。

この映画をたくさんの方に、ぜひ、知っていただき、見ていただきたく思っております。

浜千鳥さま、すみません、TBを記事で頼まれていましたのに、間違えました。
すみません、ここに自分の「男たちの大和の記事」をリンクで貼り付けます。

コメント

映画「男たちの大和/YAMATO」を見てきました

2006-01-04 02:32:18 | 男たちの大和 YAMATO

1月3日、弘祥の高校の同級生で親友でもあるS・A氏(東京でプロのカメラマンをしています)と映画「男たちの大和/YAMATO」を見て参りました。 ちょうど、彼が中学の同窓会で帰ってきまして、久しぶりに会いました。その日は、地元の変わり様を見せてから(ミスタードーナツ・ユニクロ・ケンタッキーフライドチキン・ライトオン・ケーズデンキ・はるやまetc)、南紀勝浦の串カツのお店で、おいしい料理で一杯行ってやってきました。 新宮で6時から、会いましたので、8時にはおなか一杯になり、お店を出まして、ケーズデンキで、1眼レフのデジタルカメラを紹介してくれると言うことで、戻ったのですが、あいにく閉店しておりました。 じゃ、これからどうするかということになりまして、ちょうどこの郊外のスーパーセンターの一画に映画館があり、別々の映画を4つやっておりました。

弘祥が機会があればと前から氣になっていた、映画「男たちの大和/YAMATO」を上映しておりました。 時間も9時10分からということで、また、友人のS・A氏も東京で見ようかな と思っていたと言うことで、2人で見ました。

 

本当に、弘祥が見てきた日本映画で、一番感動しました。ぜひ、皆様にも見ていただきたいと、思いました。自分には、深く深く魂に響くものがありました。

 

   もう会えない君を、守る

この、ことばが…

北緯30°43’/東経128°04’の325メートルの深海に3000余名の魂と一緒に眠る姿を、新聞報道などで見た方は、たくさんいらっしゃると思います。

 昭和16(1941)年12月16日、広島県・呉市の海軍工廠で極秘裏の内に完成した、全長263m満載重量72800t最高速51km/hの「世界最大最強の戦艦」大和は、世界最大の46cm主砲9門を備えるなど、その類を見ない破壊力によって日本を勝利に導くべく、連合艦隊の旗艦に就任した。しかしガダルカナル島の敗退、連合艦隊司令官・山本五十六のソロモン諸島での戦死など、戦局は悪化の一途を辿り、大和が初めて出撃した昭和19年6月のレイテ沖海戦でも、姉妹艦 ・武蔵を失い、敗退を余儀なくされた。そして、運命の昭和20年4月6日、沖縄に向けた「水上特攻」の命を受けた 大和は、召集後まもない10代半ばから20代の若者たちが大半の3000余名の乗組員たちと共に出撃、翌7日、アメリカ 軍艦載機延べ300機の激しい爆撃と、魚雷攻撃を受け、午後2時23分、轟沈した。生存者はわずか270余名、さらに戦 後60年を経て、その内の20数名が、「大和の最後の真実」を知るのみである。

 じつは、20数名のうちのお一人が、ここ熊野におられます。昨年、皆様方の前で講演して下さることがあり、弘祥もぜひ、お聞きしたかったのですが、仕事の関係で、どうしても出席できず、地元の新聞でその記事を読んだのみです。 映画では、あまりふれられていませんが、1945年4月7日午後2時23分、大和が轟音と共に沈んでから駆逐艦に救助されるまでの時間で、地元の新聞も記事にできないような筆舌に尽くし難(がた)・い壮絶なことがあったようでした。 もし、次の機会があるときは、弘祥臨時に休診しても聞いて参りたいと思っております。

今なお、47万人の方々が太平洋に眠るということです。また、日本を遠く離れた地で幾多の人々が亡くなっております。現在の日本の繁栄が、数多(あまた)の尊い犠牲の上に成り立っていることを、弘祥も含めて今一度考えてみることが、大切であると思いました。皆様、機会を作ってぜひ、見てみて下さい。

 

予告編です。

          http://www.toei.co.jp/meta/yamato/YAMATO-P-480.asx

 

   大きな画面で見られたい方で、アップルの  Quick Timeが、あればこちらもどうぞ

         http://movies.apple.com/movies/jp/movies/toei/yamato/promo480.mov

 

  小さい画面で見られたい方で、アップルの  Quick Timeが、あればこちらもどうぞ

    http://movies.apple.com/movies/jp/movies/toei/yamato/yamato_new-480.mov

 

     Quick Time の無料ダウンロードは、   http://www.apple.com/jp/quicktime/download/win.html

 

 

 

  映画のオフィシャルウエーブサイトは、http://www.yamato-movie.jp/です。

 

   公式ブログは、http://blogs.yahoo.co.jp/yucchin_yamatoです。

 

2006/02/10 追記

  本日先ほどわかったのですが、熊野にもう1人、大和の生還者が、今もお元気にお暮らしということがわかりました。

 弘祥ぜひ、機会をつくって熊野におられるお2人にお会いできればと、思っております。

 また、患者さんの皆さんに、「男たちの大和」を御紹介しておりました。今週のことですが、ある患者さんにお話ししたら

、その方の隣の家の方は、大和に乗艦されており 「大和、あの船は、沈まんぞ。」と皆さんに言われていたそうです。

そして、水上特攻に出撃し、帰らぬ人となりました。

 また、違う患者さんからは大和に乗艦していたが、他の艦に移動を命ぜられて、復員してきた父親の話を聞かせてもい

ただきました。

 

2006/02/16 追記 

今日の朝、患者さんから聞いた話です。

2月10日に追記で書きましたように、大和と運命を共にされて亡くなられた熊野の方のお話を書きましたが、その話を自

分に話してくださった方のお父さんが、本日患者さんで見えられました。

その、お父さんが話して下さいました。亡くなられた方は、家のすぐ隣の方で、確か22歳くらいだったそうです。艦の機関

の方で上官をされていたようです。

熊野からの生還者のお一人が、今朝みえられた患者さんの地元で勤務されたことがあり、その時に隣のおうちに見えて

下さり香をあげて下さったそうです。

 

2006/03/13 追記   

本日先ほど、ある案内を患者さんからいただきました。16日に熊野に今もご健在の大和の生還者の方が、話をしてくれるそうです。今記事を作っております。

 

2006/03/14 追記  

今日お昼前にみえた患者さんから、もう1人新宮出身で大和に乗られ亡くなった人の話を聞かしていただきました。

 

コメント (8)   トラックバック (1)