ブログ 熊野の癒しの光の氣を!!弘祥の835号の空室・芝下(しばした)鍼灸整骨院自由診療部

熊野でセラピスト&ダウザーとして日々、皆様の「氣」と交流できる幸せを感じています「熊野 癒しの氣」を届けたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青竹踏み(あおだけふみ)について

2005-11-29 00:03:10 | セラピスト&ダウザーのひとり言

 

              弘祥が切って作った青竹(あおだけ)

 

今日は、皆様方おなじみの、(当院の患者さんは、いつもの話しですので、復習がてら軽く読んでいただけたらと・・・・。)

青竹踏み(あおだけふみ)について、お話し致します。なぜ、今、青竹踏み(あおだけふみ)かというとですね、現在、季節は冬なのですが、冬は五臓六腑で言いますと、腎・膀胱の季節となります。その腎の経絡=けいらく(ひとつひとつの経穴=ツボが、駅とすると、東海道本線、紀勢本線、などのように○○本線などに相当するのが経絡です。)は、つまり、腎に何らかの働きかけを行えるということで、理解していただいてもらって結構です。その経絡を腎経(じんけい)と表す訳です。むずかしいですね、もう少し易しく表現してみますと、

五臓の腎に何らかの働きかけを行えるツボと言う各駅を順番につないでいき、できた線路が、腎経という経絡と言うことです。

その腎経の経絡が始まるところが、足の裏の湧泉(ゆうせん)と言うツボ(経穴)なのです。指圧の大家であった故浪越先生が、

「指圧(しあつ)のこころ、母(はは)ごころ、押せば命の泉(いずみ)湧(わ)く」

と表現されておりましたことを、覚えておいでの方は、多いと思います。湧泉のことなのです。 

 

ここで、最初に戻ります。さて、なぜ、青竹踏み(あおだけふみ)と呼ぶのでしょうか?竹踏みと聞いた方は、おられますでしょうか?いないですよね。青竹踏み(あおだけふみ) でないと、正しく表現できないのです。

つまり竹が、青いうちだけできるのが、青竹踏みと言うことです

その理由は、竹が、まだ青い青竹のうちは、精(氣)が、出ているのです。ちょうど、金色の粒子みたいなものが、上に向かって上がっています。弘祥が、以前確かめたときは、地面においた青竹から、少し高めの2階のベランダから差し出した、自分の掌(てのひら)で、それをしっかり感じることができました。

このことは、次のお話で納得できる方もおられると思います。皆様方の中で、青竹を今、現在踏んでいる方がおられましたら、その青竹を、ご覧になって下さい。ご自身が、踏まれているところだけ、他の青いところより、色あせていませんか?しろっぽく色が抜けかけていませんか?あるいは、きいろっぽくなってきていませんか?ご自身の足の形に青いろが、ぬけてきていませんか?

そうなのです。青竹が、皆さん方の、それぞれの足の裏の湧泉から、体の中の悪いものを取り出してくれて、かわりに精(氣)を補ってくれているのです。

もうひとつ、わからないと思われる方は、青竹を2本用意し、1本は青竹踏み(あおだけふみ)に利用し、もう1本を何もせず置いておいて下さい。

しばらくすると、踏んでいない青竹が両端の方から、色が変わってくるのがわかると思います。

いにしえ(古代)の方々は、弘祥の推論ですが、どなたもあの青い竹の時だけ、上にあがっている金色の粒子みたいな、何ともいえない心地良さがあり、すがすがしい氣分にしてくれる、すばらしい精(氣)が、見えたのでは、ないかと思います。それで、現代の我々の時代にも、

青竹踏み(あおだけふみ)と伝えてくれたのではないでしょうか?

 

では、青竹を踏む際の、注意事項です。

踏む場所は、手でささえることができる台所のシンクの下や、洗面所の洗面台の下などに、置いていただいたら良いと思います。書斎や勉強部屋の机の下もいいでしょう。注意するのは、何かにつかまりながら、されると不意の動作で、(電話が、かかってきたり、家族に呼ばれたりされた時などに)足を例えば、捻挫することもないと思います。グラッとした瞬間に、人間とっさにつかまって、倒れるところまで行かないようご自身で守られる場合が多いですので。

 

青竹踏み(あおだけふみ)を、された時、他の家族は痛くないのに、ご自身はとっても痛い方は、五臓の腎に何らかのことが起こっていると判断していただいて、結構だと思います。痛くてしょうがなくても、続けておられたら(最初は、踏む回数は、少なくて結構ですので)痛くなくなってきます。そして氣づいたら、耳鳴りが小さくなったり、あるいは消えたり、夜トイレに起きなくなったりしているかもしれません。

 

そして、青竹が、完全に色が、ぬけてしまった時は、青竹が、あなたご自身の足の裏の湧泉を通じて、体の中の悪いものを吸い出してくれて、代わりに青竹の精(氣)を、補ってくれた結果ですので、青竹に感謝をしていただき火の中にでも、投じていただけたらと思います。

 

コメント (5)   トラックバック (1)

kanon様、よろしくお願いします。

2005-11-28 19:37:17 | セラピスト&ダウザーのひとり言
kanon 様
 はじめまして、熊野のhealer&dowserの弘祥といいます。kanonさんの、ブログを見て、驚きとうれしさで一杯でした。kanonさんの、ブログには、本当に頭が下がります。ありがとうございます。
「オーラの泉」が、関西で放送されだしたのは、つい最近です。たいへんすてきな、番組で、当院の患者さん方にもファンが多くいらっしゃいます。自分は、幼い頃、臨死体験をし、その後、幽体離脱も何百回と経験しました。その為、とくに、そういった番組が氣にかかり、ちょうど出張で上京したりした時は、熱心に見ておりました。いつも、「関西で見れたらなあ。」と思っていたところ、全国放送になりました。毎週見ていたら、「もっと過去のゲストの方のも見たいなあ。」、「残念だけれども、こればっかりは、しょうがないなあ。」とあきらめておりました。そうしたら、聡哲先生のブログでkanonさんの『星が生まれて消えるまで』を知りました。先ほども書きましたが、当院には「オーラの泉」のファンがかなりいらっしゃいます。よろしかったら、自分のブログに、リンクをはらしてもらってもよろしいでしょうか?ブックマークで、皆様方に自由に、訪問していただけたらと思います。
コメント (2)

聡哲先生とご縁をいただきました

2005-11-28 01:28:29 | 聡哲鍼灸院 遠藤聡哲 先生
 寺山心一翁先生のブログ「『寺山心一翁のガン自然治癒への道』・・ガンは自らが作ったものである。ガンに愛を送ることで意識が変わり、ガンは自然に治癒していった。」の中で、「『ガンは治ります!』と本気で患者に説いている方です。」と紹介されている遠藤聡哲先生と、この度、弘祥ご縁をいただきました。皆様方にメールで、連絡しまして、喜んでいただきました「オーラの泉」全記録の『星が生まれて消えるまで』のブログは、実は聡哲先生のブログの情報でして、そのお礼にて、弘祥がブログを訪問させてもらった際に、自分とのリンクをお願い致しました。ここに、心よく御承諾をいただき、相互にリンクをはることになりました。皆様方に、ぜひとも聡哲先生を知っていただきたく、弘祥、お願いした次第です。先生は、弘祥が皆さま方の一部の方に、お話した過去世リーディングを最近受けられました。先生のブログ『聡哲鍼灸院の日記』にくわしく、載っています。本当にすばらしい先生です。皆さま方も、弘祥と一緒に聡哲先生のブログを訪問しませんか?
コメント (4)

冬の養生(しおからい味)について

2005-11-27 03:14:15 | セラピスト&ダウザーのひとり言

現在は、冬にあたります。このブログの中で冬の養生を立冬の折、説明させていただきました。腎、膀胱を養う味は、しおからい味です。このことを東洋医学では、五味と言います。

では、大切なことを、書きます。しおからい味でしたら、なんでも良いとは、残念ながら言えません。特に言えることは、皆様方が普段良いと思っている自然塩の中にも、「からだの氣」を落とすものが見うけられます。ここでは、商品名は、あげれませんので、例えば、次のような実験をしてみて下さい。

お塩の袋に左手を置き、右手を、ちょうど「ドアのノブ」を、最初は、時計と同じ方向に回す。すぐに時計と逆の方向に回す。この動作(シャッフルするような動作)をできるだけ、すばやく行ってみて下さい。シャッフルを行ううちに、手首の動きが、だんだんとぎこちなくなってくるものは、「からだの氣」を落としているものと思っていただき、まず、からだに合わないものと、判断してよいと思います。O-RingTest が、出来る方は、そちらで行ってみて下さい。

落とすものの商品名は、あげれませんので、ここでは弘祥が、自信を持ってお勧めできるお塩をあげさせていただきます。弘祥おすすめのお塩ですが、「EM蘇生海塩」を、まず、あげさせていただきます。次は、お値段も手頃で、だんぜんおすすめしたいのは「浜菱」です。

「浜菱」だけでも、かなり「氣の波動」も強く、皆さまにおすすめできます。

他にも、良いお塩があるようですが、値段が高価だったりして、当院では、患者さんの皆さま方には、この2品をおすすめしております。

 

「EM蘇生海塩」に「浜菱」を混ぜて、3週間ほどおいていただくとEMの作用により、さらにすばらしいお塩にかわります。

これは、一番おすすめです。

EM蘇生海塩は、現在です。

コメント (2)

来年1月の催し物の情報です。(熊野地方・・・地元の情報です)

2005-11-24 00:59:37 | 引き受け氣功教室

来年1月の案内を、アップします。

引き受け氣功 藤谷康允先生の教室が熊野新宮で開かれます。 今回で5回目です。 

2006年1月27日(金曜日) 午後1時より  ×新宮市福祉センター

                                 ↓↓

 

    ⇒会場が、新宮職業訓練センターにかわりました。

 

参加費 3,000円    NPOワンダーライフ会員 2,000円

申し込み連絡先  0735-22-2772   角様まで お電話にて,お申し 込みして下さい。

 

ちなみに東京では、1月6日あります。

 

 

コメント (3)

氣というものについて 2 ⇒ 「気」という字と「氣」という字のちがいについて

2005-11-16 22:03:12 | セラピスト&ダウザーのひとり言

今までにこのブログを読んでおられた方の中には、きっと何人かの人は、氣付かれたのでは、ないかと思います。何かと言うと、文中の

「気」の字が全てになっていると思います。(もし、なっていないところあれば、コメント欄で指摘していただければ、うれしいです。)

じつは、これには、ひじょうに重要で大切な意味があるのです。今日は、そのことについて、書いてみます。

 

「気」は、なかの字を「メ」と書きますよね。これは、どういう意味でしょう。正解は「しめる」という意味になります。皆様、封筒を思い

出して下さい。たった今手紙を書き終えたとします。はい、それを封筒に入れました。そのあと封をする時、ていねいな方は

「緘」と書いたり「緘」の字のスタンプを押したりすると思います。では、そうでない方は、「メ」って書く方が多いのではないでしょうか?

これは、つまり「しめてとじている」わけです。

もし、このことがわかりにくい人が、おられましたら、漢字で「しめる」を書いてみて下さい。その後「とじる」を書いてみて下さい。

「緘」も音読みは「かん」と言いますが、訓読みは「とじる」です。

そうです。両方とも「閉」の字を使い、「める」「じる」と書くわけです。

 

一方「氣」は、中の字を「米」と書きますよね。これは、どういう意味でしょう。正解は「四方八方・しほうはっぽう」のはっぽう・・「八方」

をさし八方へ出る」 という意味です。「米」と言う字は、八つの方向に、線が出ていますでしょう。

 

ですから、「氣」という情報を持ったエネルギーを、「しめてとじて・・・閉めて閉じてしまうのではなく、八方に出してあげて欲しいので

す。

「そんなの?」と思われる方が、いると思います。漢字を書く時、「メ」と書いた方が、「米」を書くより早く書けると・・・。

そんな方は、ぜひ、次に書く実験をしてみて下さい。

 

では、白い紙に「気」と書いてみて下さい。次に別の白い紙に「氣」と書いてみて下さい。「気」と「氣」のそれぞれの紙の上に、

左手(これには、意味があります。)をかざして少しずつ紙に近づけてみて下さい。何か、感じられましたでしょうか?

わからない方は、次の方法を試してみて下さい。

それぞれの紙の上で、ちょうど「ドアのノブ」を、最初時計と同じ方向に回す。すぐに時計と逆の方向に回す。

この動作(シャッフルするような動作)をできるだけ、すばやく行ってみて下さい。どちらの「字」の上が、しやすかったでしょう。

 

皆様、わかりましたでしょうか?「気」ではなく「氣」なのです。このように、「字」からも「氣」という情報を持ったエネルギーは、

出ているのです。

皆様、「気」で閉めて閉じてしまうのでなく、「氣」を使って、八方に出してあげて下さい。敏感の方は、部屋の「くうき」空氣が、

かわるのがわかると思います。ですから、皆様も、できるだけ「気」という字を、使わず「氣」を使ってみて下さい。

 

  例えば、元気⇒元氣のように

 

余談ですが、もし、皆様の中で不眠の方がおられましたら、「氣」と言う「字」を一生懸命書いて、枕の下に入れてみて下さい。

 

 

 

 

 

コメント (5)

伝言 EMXセラミックネックレスについて

2005-11-07 12:54:26 | EMXセラミックネックレス

当院で、お分けしたEMXセラミックネックレスについて、お伝えしたいことがあります。 (特に、ふだん首にかけておられる方,足首に巻いて使っている方)

自分は、バイオレット(紫)を、ふだん手首に3重にして、24時間(お風呂の時もそのまま、入っておりました。体を洗う時には、はずして洗い終わるとともに、手首にもどして)使っており、手首にしているため、外を歩けば自然と太陽光線が当たるような状況でした。それで、氣づかなかったのかもしれないのですが、首にふだんかけて使っておられる方や、足首に2重にして巻いて使っている方々から、

「最初のような氣持ち良さが、最近あまり感じない。」

「また、前ほどでないが、肩もこりだしたような氣がする。」

「おさまっていた頭痛が、少し感じてきた。」etc

ということばをお聞きし、自分もしばらく首にかけて使っておりました。

そこで氣づいたことがあります。

結論ですが、ふだん首から掛けて使っている方や足首に2重に巻いて使っている方々で、上記に書いたようなことを、感じられたような方は、次のようにしてみていただけたらと思います。

まず、中のゴムを確認してみて下さい。切れ掛かっている場合などは、新しいゴム(手芸専門店などに、販売されております数珠用の細いゴムで、いいと思います。)に換えて下さい。年数が経ったネックレスでしたら、セラミックが割れてなくなった(色が着いた玉状の形の物や、筒状の形の物のことです。)のがあると思います。ですが、心配はいりません。もともとセラミックは、陶器や磁器の総称で使われるとおり、割れてしまうことが、ありますので。

では、その方法です。(当院でお話している、備長炭と同じ方法です。) 

1.ゴムの点検が終わったら、お水と一緒にEMXセラミックのネックレスを入れ沸騰させます。

沸騰させたお湯の中でゆだてることにより、使用中にたまったほこりなどが、出ると思います。

2.沸騰が始まったら5分強ほど、おなべの湯の中で、ゆだてて下さい。次に火を切って、箸か何かでつまんで、出してそのあと太陽の光に当ててみて下さい。(蒸発して水がなくなって、空焚きにならないようお氣をつけ下さい。)

最後に太陽の光に当てることで、弘祥が、思うにEMの抗酸化作用が、太陽光線により、より強められると思います。

 

これで、終わりです。また、いつものように、使い出してください。

 

以上、弘祥が感じたことを、書きました。

コメント (2)

本日7日は、立冬です。

2005-11-07 12:12:13 | EMXセラミックネックレス

EMXセラミックのネックレスに、黄色の色の含まれる方には、ご苦労様でした。本日、立冬になりましたので、土用は終わりました。今日からは冬です。冬を表す色は、東洋医学では、黒色となります。 次にかかげる色の方は、大切な時季になりました。お氣をつけて、お過ごし下さい。

 

冬を表す黒色を含む各色 

 

つまり

ブラック(黒) ( =(黒色))

グレー(ねずみ) (グレー(ねずみ)= (黒+白))

ブラウン(茶) ブラウン(茶)= (赤+黒半々))

ディープレッド(濃い赤) (ディープレッド(濃い赤)=(赤多い+黒少し))

ダークグリーン   濃い緑= (青+黄+黒))

ダルグリーンにぶい緑= (青+黄+黒+白))

ベージュ= (黄+黒+白))

 

以上の7つの色の方は、冬は、腎の氣が、旺盛になる時期なのですが、旺盛になれない場合が、多くみられます。腎の氣が、弱くなると、体内に水分が多くなります。水太りの人の多くは、腎が弱くなっている方です。また、足腰が弱くなり、耳も遠くなります。また、人によっては、耳鳴り等を訴えるかもしれません。腎の氣は、恐れおののいたり、しおからいものを摂りすぎたりすると、弱くなります。冬は、自然と腎の氣が、旺盛になるので、水分をたくさん、ふだんから取れれている方は、少し控えていただけたらと思います。

東洋医学の五行学説から、腎を選んだ場合、五味(五臓を養う味)は、しおからい味、五穀(食べると良い穀物)は大豆、五果(食べると良い果物)は栗、五肉(食べると良い肉類)は豚肉となります。したがって、冷えやすい人は、腎の氣を旺盛にするために、豚肉や栗、大豆などをとるのが良いとされています。

しかし、ここで注意が必要です。ふだんから、しおからいものをよく食べたり、豚肉をよく食べたりしている方は、減らす方がベターです。つまり、何事も度合いが大切なのです。度が過ぎると、よくないです。

どうぞ、黒色の色が、構成として含まれる7つの色の方は、冬のこの時期暖かくお過ごしください。

 

参考文献 東洋医学全書

 

コメント (3)

小原田先生からの、自分への「お誘い」をそのまま転記します。

2005-11-01 01:27:07 | イルカの学校校長 小原田 泰久 先生

こんにちは。小原田です。イベントを開催しますので、お知らせします。

11月20日に第二回の睡眠博を開催します(麹町・東京グリーンプラザ 参加費1000 円)。今回は、各界で活躍される先生方の

ご講演のほか、ホテルの2階フロアを借り切りまして、そこでさまざまセラピーを受けていただくスペースを作りました。

次のアドレスをご覧ください。

http://suimin.jp/

睡眠博の詳細のほか、実行委員の三人からのメッセージを動画で流しています。

佐藤とみこ(1分30秒)小原田(1分30秒)田村尚(2分)です。

この動画システムは画期的です。軽くて簡単にホームページに貼れるという優れものです。見ていただければわかります。

一見の価値があると思います。

 

healer&dowserから、「第2回睡眠博のページに、現れる大きなお顔の横のPLAYのボタンを、ポチッと押してみて下さい。 

すばらしいメッセージが聞けますよ。」

 

 

http://suimin.jp/

睡眠博でお待ちしています。 ~~~~~~~~~~~~~~~~小原田泰久(法名/誘水)

著書「イルカみたいに生きてみよう」(大和書房)「犬と話ができる」(廣済堂)

「佐藤初女さん、こころのメッセージ」(経済界)「がんを治す療法事典」(法研)など

ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/dolphinoha/188510.html

コメント   トラックバック (1)