ブログ 熊野の癒しの光の氣を!!弘祥の835号の空室・芝下(しばした)鍼灸整骨院自由診療部

熊野でセラピスト&ダウザーとして日々、皆様の「氣」と交流できる幸せを感じています「熊野 癒しの氣」を届けたいと思います。

ジオパシック・ストレス3

2006-03-30 15:38:12 | 各種障害放射

各種障害放射のお話しは、ここからは、代表のジオパシック・ストレスのお話しに換えたいと思います。

先日のテレビで本当にたくさんの方が、この言葉を知っていただいたことと思います。日本ダウザー協会の堤裕司会長も言っておられましたが、日本ではじめてあの番組が取り上げたそうです。このブログにもじつにたくさんのかたがジオパシック・ストレスについてアクセスされた結果が出ております。ですので、一日でも早くこの記事をアップしたかったのですが、24日から書き始めて今日になってしまいました。申し訳ございません。

 

では、書いてみます。ジオパシック・ストレスは、多くは地下水脈や断層や地層の上に住むことで癌などの病氣になりやすいというものでした。

ここからは、具体的にお話ししたいと思います。ドイツには、「ガンの家」ということばが古くからあります。ドイツは、石造りの家が、多いため、親子代々(おじいちゃん、お父さん、お孫さんなど)同じ寝室を使うことが、よくみられます。人間は、どなたも毎日必ず睡眠をとります。人によっては、4時間の人もあれば、8時間、またそれ以上の時間をとられる方も多いと思います。人の一生のうち最も滞在する場所(時を過ごす場所)が、寝室ということになるわけです。もし、その寝室のベッドや布団の下にジオパシック・ストレスが存在していたら、人によっては、数ヶ月または、1年間くらいでガンになってしまうこともあります。

先日のTVを見られた方は、思い出して下さい。番組のなかで、あるお父さんが、インタビューに答えるかたちで、証言されておりました。結婚して自宅を離れた息子さんが、ガンを発症しました。幸い早期発見でしたので、Drも「早期発見です。生命の危険は、ありません。心配はいりません。」と診断されたにもかかわらず、その息子さんは、短期間で死亡してしまった。 という内容でした。

ジオパシック・ストレスのことを息子さんの死後に、新聞の記事で偶然知って放射感知術(ダウジング)で、調べてもらったところ、お嫁さんの寝ていたベッドでは、反応しなかったが、亡くなった息子さんのベッドでは、ジオパシック・ストレスの存在を認めた というものでした。

 

 そのジオパシックストレスの種類の中に、じつは宇宙から到達するのものがあります。「ハルトマンネット」「キューリーネット」と呼ばれるものです。これらは南北に対して平行だったり45度の角度を持ったひし形だったりと地磁気と深い関係があります。ハルトマンネットは常に一定ですが、キュウーリーネットは、たえず動いております。

例えば特にハルトマンネットとハルトマンネットの交点に地下水脈 が重なる場所に、からだの一部がのっている場合などは、要注意になるわけです。

 

きょうび、確かにジオパシック・ストレスは、病氣の原因になります。しかし、簡単に守る方法もありますので、それを、書きたいと思います。。お金のかからない方法としては、諸外国でもこの方法をとる場合が多いですが、寝室のベッドの位置を変える(日本でしたら布団を敷く場所を変える)という方法があります。これだと、お金は、まったくかかりません。ただ、他の家具とのかねあいがあると思いますが・・・・・。当院もこの方法を、まず、おすすめしております。この方法だと、まったく無料でできます。現在おみえの患者さんが、2人この方法で、以前には考えられないくらい熟睡していると、本日もお聞きしました。そうなのです。ジオパシック・ストレスが、存在していると不眠になる方が多く見られます。自宅以外では、よく眠れる場合などは、その存在を疑ってみることも大切となります。

 

また、もう一つこれは、少しお金がかかりますが、使用するのはエマージェンシーブランケット(サバイバルブランケット)やサバイバルシートや非常用アルミ毛布等の名前で、呼ばれる特殊加工(アルミ蒸着加工)したポリエステルフィルムです。よく特に、アメリカなどで大きな災害などが起きた場合に、TVの画面の中で、救急車に収容されるのを待っておられる負傷者が銀色のシートにくるまれて道路などに座り込んでいるのを見かけた方が、おられると思いますが、あのシートのことです。このシートを布団の下やベッドのマットの下に引くことによりジオパシック・ストレスから守るという方法があります。ジオパシック・ストレスからの不正なエネルギーを反射させて守ろうとするものです。他にもいろいろな方法でジオパシック・ストレスを中和することは可能です。またの、機会に書いてみたいと思います。

コメント (2)

各種障害放射(電磁波過敏症・化学物質過敏症)について 2.

2006-01-17 00:57:00 | 各種障害放射

今日は、前回の各種障害放射(電磁波過敏症・化学物質過敏症)の続編を書きます。

最初に、また、前回同様 インターネット情報医療 たま出版 の抜粋を、書かせていただき、最後にまとめてみます。

その前に、もう一度復習です。

ジオパシック・ストレス  =ジオ(地球を表しています。)パシック(病的な)・ストレス

つまり、地球の病的なストレス、となり地球の異常磁場と訳します。

 

では、ここから本から抜粋参照いたします。

 

 こうした、ジオパシック・ストレスの存在の有無をある程度見極める方法があります。

 木々が並んでいる街路樹などで、たまにその一部分の木だけが異常な形をしていたり、または腫瘍のようなものができているのを見ることがありますが、これは、その地帯に、エネルギーの乱れがあることを意味します。  

 植物も、ジオパシック・ストレスの影響を受けるので、植物が異常な景観を示した場合、その場所は危険な場所だと判断出来るのです。 

 同時に、動物はジオパシック・ストレスを敏感にキャッチすることが出来ます。 

 牛や羊、そして犬などはジオパシック・ストレスの存在する場所へは近づこうとはしません。  

 アメリカインディアンは、こうした犬の習性を利用して犬が寝る場所を安全な場所として、そこにテントを張っていたと言います。 

 ところが、同じ場所でも猫は、逆にジオパシック・ストレスのような不正なエネルギー帯に引きつけられると言われています。 

 この場合は、これを逆手にとって、猫が好む場所は、危険と判断できるのです。 

 また、集団で活動する蜂や蟻などの昆虫類は、ジオパシック・ストレスの場所に巣を作ることが発見されています。彼らはそういう不正エネルギーを好むらしいのです。 

 動物の反応以外でも、例えばコンクリートやアスファルトのひび割れが見られるところには、ジオパシック・ストレスがあるという報告があります。このエネルギーがコンクリートなどの分子構造にゆがみを起こすというわけです。

 以上の判断はあくまで通説であり、明確な確認法ではありません。

 

では、ここからは、まとめです。

著者の先生は、通説と書いておられますが、弘祥が現在まで10年臨床をやってきた経験で、お話しするとこれは、本当に

役に立ちます。

今から、ジオパシック・ストレスのある場所かそうでないか目安となることを、箇条書きにしてみます。参考にさせていただいたのは、弘祥が前に受けさせていただいた日本ダウザー協会の会長の堤裕司先生の講義ノートです。

  

   1,家のまわりに井戸があるか?ないか?

      ⇒ 井戸がある場所、あるいはあった場所(以前あって今は、ない状態をさし示します。)には、地下水脈が流       

         れているので、ジオパシック・ストレスを発生させております。

   ,現在住まわれている家に、ツバメが巣をつくったことがあるか?ないか?

      ⇒ ツバメは、ジオパシック・ストレスの場所に、巣をつくりません。

          特に、今までの臨床経験で、わかったのですが巣をつくりだしたツバメが、巣作りを途中でやめて他の所  

         へ行った場合要注意だと思っております。

   3,猫がよく来る。(お庭などに、猫が、よくあらわれないか)

      ⇒ 猫は、ジオパシック・ストレスのような不正なエネルギー帯を好む。

   4,蟻(あり)や蜂(ハチ)の巣が、家のまわりにあるか?ないか?

      ⇒ 蟻(あり)や蜂(ハチ)も、ジオパシック・ストレスの場所に巣をつくる。

   5,庭木に異常な景観を示すものが、あるか?ないか?

      ⇒ 地下からの不正なエネルギーにより、腫瘍(こぶ)などを、つくる。

   6,家のまわりを歩いてみて、特にコンクリートでならした玄関や勝手口などのたたきや、その他の場所にひびわれ

     (クラック)があるか?ないか?

       ⇒ ジオパシック・ストレスは、コンクリートなどの、分子構造にゆがみを生じさせる。

    7,家のまわりで蚊柱(蚊が、集まってちょうど柱をかたちづくるように飛んでいるところがあるか?ないか?

      ⇒ ちょうど、ジオパシック・ストレスの真上に、蚊柱を作る。

 

 次回は、これによりどんな症状が出て来たかを、臨床経験にもとづいて、書いてみたいと思います。

 

コメント (2)

各種障害放射(電磁波過敏症・化学物質過敏症)について 1.

2005-09-18 17:21:28 | 各種障害放射

各種障害放射、皆様方には、聞きなれない言葉だと思います。自分は、ここで、各種障害放射の代表格である電磁波過敏症(アメリカの病名 テキサス州のダラスには、この病気に苦しむ人が、全米50州からやってくる、臨床環境医学センターという医療機関があります。)の手当てを約10年してまいりました。その、臨床を、可能の限りここで、文章にしてまいります。自分が、臨床を通して患者の皆様方の「からだ」から教えていただき、確立した治療方法も、後には書くつもりです。(同様の方法で化学物質過敏症の手当ても、行います。)

確かに皆様方の周りの家電製品や携帯電話の電磁波から守ることも大切です。しかし、、もっと大切なことがあるのです。何かというと、皆様方が休む寝室でこの、障害放射を受けないようにすることなのです。

そこで、理解を深めて頂くために、ぜひ、読んでいただきたい本があります。

インターネット情報医療 たま出版     

 

ここに、特に必要なところを抜粋参照します。そして、あとで、わかりやすく要約します。

ちょっと、難しいかもしれませんが、ぜひ、知っていただきたいのです。自分の臨床では、不妊にも関係することが、はっきりしております。

 第3章 「情報医療が訴える病気の原因」

「「ジオパシック・ストレス(地球の異常磁場)は目に見えない脅威」」

 最近、電子レンジなどの家電製品、また携帯電話などから発生する電磁波が健康に対して悪い影響を与えているということが、盛んに言われています。それに警告を発した本も多く出回っていますが、欧米での本格的な調査の結果、電磁波は実際、健康に悪影響を与えているようです。しかし、悪い影響を持った電磁波は、何も家電製品や携帯電話からだけではなく、実はこの地球自体が有害な、磁場を発生させ、人間の健康を脅かすことががあるのです。
この事実はまだあまり知られていないようですが、西洋では昔から地下水脈から発する磁場を有害なものとして指摘していました。また、東洋でも同じ考えが風水師たちの間で存在します。
こうした有害な磁場は、地球(ジオス)に原因のある病気(パソス)という意味から「ジオパシック・ストレス」と呼ばれています。
地球には、もともと非常に微弱な磁場(4分の1ガウスから2分の1ガウス位の間)が存在しているのですが、この程度の磁場はむしろ人体にとって適度な自然放射線です。
ところが、場所によってはミネラルを多く含んだ地下水脈があり、そうしたところでは非常に強い磁場を発生します。
地下数百メートルほどの所に有る水脈から発生した強い磁場は、地上に向かって放射されるのです。
これは敏感な磁場測定機を水脈の真上で測ることで確かめられます。大抵の場所でで,0.5ガウス程度の磁場も、水脈の真上では一挙に50倍から100倍にも強まることがあるのです。このような強い磁場の上では、当然普段より強いエネルギーにさらされることになるので、体の恒常性が影響を受け、様々な人体上のトラブルの原因となります。

特に、典型的なジオパシック・ストレスは、患者さんが普段寝ている場所の下に水脈が流れているでケースであり、この場合は夜寝るごとに生体が強い電磁波にさらされることになるのです。地下水脈のに寝ている場合、知らないうちに細胞やリンパ液の中に悪影響を与え続け、体の中の不要な老廃物が排泄するのを妨げられるので、毒素が体内に蓄積されてしまいます。長年に渡り、こうした影響を受けた結果、免疫システムに破たんが起き、癌細胞も夜の間に徐々に成長してゆくのです。

 

要約すると
しかし、悪い影響を持った電磁波は、何も家電製品や携帯電話からだけではなく、実はこの地球自体が有害な、磁場を発生させ、人間の健康を脅かすことががあります。
地球にはもともと非常に微弱な磁場が存在しています。それは、大抵の場所でで,0.5ガウス程度の磁場です。この程度の磁場はむしろ人体にとって適度な自然放射線です。ところが、水脈(自分は、ダウザーですので、ドイツでベストセラーになった書物で、英語版ではアース・ラーディエーション「大地の放射」から、また、日本ダウザー協会の堤裕司先生の講義から、「断層」・「地層」を含めたいと思います。)の真上では一挙に50倍から100倍にも強まります。
 これにより、普段寝ている場所の下に地下水脈・断層・地層が流れているケースの場合は、夜寝るごとに生体(上に寝ている人間の体)が強い電磁波にさらされます。このような場所のことをジオパシック・ストレスと呼びます。

地下水脈・断層・地層(=ジオパシック・ストレス)の上に寝ている場合、知らないうちに細胞やリンパ液の中に悪影響を与え続け、体の中の不要な老廃物が排泄するのを妨げられるので、毒素が体内に蓄積されてしまいます。長年に渡り、こうした影響を受けた結果、免疫システムに破たんが起き、癌細胞も夜の間に徐々に成長してゆくのです。

次の機会には、具体的に、どういうことをさし示すのか、書いてみます。

 

 

 

 

コメント (2)