ブログ 熊野の癒しの光の氣を!!弘祥の835号の空室・芝下(しばした)鍼灸整骨院自由診療部

熊野でセラピスト&ダウザーとして日々、皆様の「氣」と交流できる幸せを感じています「熊野 癒しの氣」を届けたいと思います。

左は受ける手、右は出す手 2

2007-01-29 00:15:13 | セラピスト&ダウザーのひとり言

 1月8日にコメントをいただいた「よしさまのリクエスト」に応えて、本日は、前回12月21日に書いた「左は受ける手、右は出す手」の続きを書きたいと思います。

 まず、今から書くことは、にわかに信じがたいでしょぅが、…。実際、自分の臨床でも、もう長きにわたり患者さんには、封印してまいりました。しかし、今、転機がやってきたように思います。昨年、聡哲先生とその患者さんにお会いした後いただいたお言葉、患者さんとお話しして氣付いたことなどから、その頃より封印を解きました。そして、決定打をいただきました。それは、熊野本宮大社で、いただいたお正月の「おみくじ」です。

きょうは、そのことを書いてみます。

 じつは、皆さんの左手と右手に「受ける手、出す手」という違いもありますが、その他にもう一つ決定的な違いがあります。それは、右手にのみ皆さんが生まれ持った情報があると、自分は、思っています。

 自分は、その情報を読み取って、その情報を他の物に転写、複写させることができます。封印する前は、一日に何人もしたことがありますし、毎日御希望の方がおり、やっていた時期もあります。この自分のからだを通して、転写させていただいた方は、延べにして、百の単位ではないと思います。千を超えていると思います。

では、具体的にどうするかというと、患者さんの右手に自分の左手を合わせ、その生まれ持った情報を読み取って自分の左手から自分の右手に通して、その情報を、右手に持つ水に転写して情報水を作ったり、指輪やアクセサリーに転写したりします。

このようなことが、「あるわけがない、出来るわけがない。」そうです。そう思われても仕方ありません。

ですので、オカルトなどと混同され、ある時期から長きにわたり患者さんには、封印してまいりました。

 余談ですが、皆さんは、「雲消し」と言う言葉を聞いたことがありますか?以前、セラピー療術院の忍田 光院長先生も講演会でお話しされていたので、忍田先生の講演会に過去に出られた方は、聞いて知っている方も多いと思うのですが、自分も、空の雲を、切ったり、作ったり、消したり出来ます。でも、驚かないで下さい。じつは、雲消しは、皆さん、誰でも出来ることです。自分が、ここで、雲消しをお見せし、消せるようになった方は、実際身内や患者さんに何人もおられます。これについては、またの機会に、書くことに致します。

では、先ほどのお話にもどりましょう。

 転写にわかには、信じがたい話しですが、じつは、自分と同じことをする器械(こういう器械のことを転写装置あるいは、波動転写器などと呼びます。)が、デパートの健康コーナーなどに行けば手に入ると思います。価格は、15万くらいから20万くらいでしょうか。興味のある方は、 dowser358@aq-mail.jp  まで、連絡下さい。お教えしたいと思います。また、ここで、お世話をすることも出来ると思います。

 

では、例えばどんなときに役に立つでしょうか。

☆自分の出した尿を飲む尿療法と言う治療方法が、古い時代より諸外国にも、日本にもあります。自分の尿を飲むと、どうして病氣を治療することが出来るか、これも次の機会に書いてみたいと思います。ココで、診療していて息子さんから聞いたことがあります。「自分の親父は、本当に尿を飲んで○○病を治した。」と、

この器械を使えば、転写装置の左側に、尿を載せて右側に置いたミネラルウォーターなどの水に転写すれば、自分の尿を飲んだときと同じ効果が、出来たミネラルウォーターなどの水(情報が入った水=情報水あるいは、転写してできあがった水=転写水 )を飲むことで可能になります。

 

☆金属アレルギーで、身につけることが出来ない指輪やブレスレットなどアクセサリーをこの転写装置の右側に載せ、左側に自分の右手(情報を持っている手)を載せて、転写が終わると、金属アレルギーで今まで身につけることが出来なかった指輪などが、身につけられるようになります。自分も過去かなりの方々に、この方法を試してきました。皆様方に、たいへん喜んでいただきました。

 

☆他にも応用がありますが、一番おすすめは、自分の情報水を作って飲むことだと思います。

弘祥は、昨年もガンの末期の方から、聞きました。「もう、水も飲むことさえ苦痛になってきて、しんどいんやけど、この水は、不思議やねスイスイ入っていくね。」この方も、本当にたいへん喜んでくれました。

 

 先週の土曜日20日にみえたうちの古い患者さんに試しました。これを、読んでおられたら、匿名で結構ですので、感じたことを、そのままの言葉で、よろしかったらコメント下さい。また、これを読んでいる皆様の中で、自分が封印する前にさせていただいた方が、おられましたら、同様にお願いできればと思います。m(_ _)m

 

 他にも応用が、たくさんありますが、今日はこの辺で終わりたいと思います。長い文章読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント (2)

再掲 引き受け氣功教室第11回in熊野新宮

2007-01-28 23:40:28 | 引き受け氣功教室

引き受け氣功の熊野新宮(来年1月)の案内です。  

引き受け氣功 藤谷康允先生の教室が熊野新宮で開かれます。 今回で11回目です。

2007年1月31日(水曜日)  午後1時30分より  

場所  新宮市職業訓練センター  和室です。

参加費 3,000円    NPOワンダーライフ会員 2,000円

申し込み連絡先  0735-22-2772   角様まで お電話にて、お申し込みして下さい。

 前回から、開始が1時30分に変更になりました。

 場所も、いつもの福祉センターでは、ありません。御注意下さい。

 他の都道府県の開催日程は、ワンダーライフ研究会のホームページを見て下さい。

  

 お問い合わせ先   0942-84-2492 ワンダーライフ研究会  

   

コメント

全国一斉引き受け氣功 1月2回目のご案内

2007-01-18 01:53:20 | 全国一斉引き受け氣功
 昨年11月2日木曜日第10回熊野新宮の引き受け氣功教室に参加された方は、藤谷先生から直接お聞きになって覚えていらっしゃると思いますが、今までここ熊野新宮やまた、全国で開かれた引き受け氣功教室に参加された方や藤谷先生の本を読まれて引き受け氣功を理解され実践されておられる方々にお伝えいたしたいと思います。(ワンダーライフ研究会の会員の皆様には、本部より手紙が来ていると思います。会員の方で、もし、この連絡を受けていない方は、本部に聞いていただけるとよいと思います。)

 明日、19日(新月)に『全国一斉引き受け氣功』があります。今までは、毎月1日と15日に試験的に実施しておりましたが、自然のリズムとの調和をを考えて「満月」と「新月」の日を対象として実施されることになりました。

 

では、簡単な説明と心構えを、この弘祥の元にいただいた手紙から書き写します。

 

① 「全国の引き受け氣功をする皆様と全員がつながっています」と思ってください。

② 「すべての闇(病氣や不安など)を引き受けさせて下さい」と思って下さい。

③ いつもの引き受け氣功を実践して下さい。

④ 手を動かさない場合は、心の中で想うだけで結構です。

 

 1月19日(金曜日)(新月)

   午後8時より10時の間の好きな時間で、結構だと聞いております。

    上記の氣持ちになって、皆様やってみましょう。

 

 なお2月以降は、藤谷先生が、海外に出る回数も多くなるため変更になるそうです。詳細決まれば、会員には、連絡が来るそうです。自分にも連絡来れば、ここに書きたいと思います。

コメント (2)

あせらず、たゆまず、おこたらず、また時には、いったん休止する。

2007-01-16 13:14:15 | セラピスト&ダウザーのひとり言

 タイトルのことばは、日本ダウザー協会の堤裕司会長から教わったことばです。

ダウジングやまた、その他の技術をを身につけたいと思っておられる方には、ひじょう

に大切なことです。最初から、プロは、1人もおりません。

前回の「ダウジングについて」の中に、わかりやすく本日の診療の合間に作った

グラフの図を入れてみました。

よろしかったら、もう一度見てみて下さい。

コメント

今月17日より、冬の土用です

2007-01-12 01:36:55 | EMXセラミックネックレス

皆様ご存知の土用 実は、年に4回あるのを、前から書いてきましたがおぼえていらっしゃいますでしょうか?今月17日から、18日間冬の土用です。立春(2月4日)の前18日間を冬の土用といいます。

自分が、ダウジング して、お渡しした皆様のEMXセラミックネックレスに黄色の色が入っている方(混ざった色に黄色が含まれる方)は、この土用が、ひじょうに大切となります。

 

年に4回巡ってくる、土用に関係する各色 

 

つまり

イエロー(黄色=  (黄) )

オレンジ= (赤+黄))

グリーン (青+黄))

ダークグリーン(濃い緑= (青+黄+黒))

ダルグリーンにぶい緑= (青+黄+黒+白))

ペールグリーンうすい緑=(青+黄+白))

ベージュ= (黄+黒+白)) の方

 

以上の7つの色の方は、この各季節の土用の間、「疲れやすい、からだがだるい、食欲がない、」と訴えるかもしれません。土用は、脾(東洋医学では、西洋医学の脾臓をささず、消化器一般をさし示します。)の氣が、旺盛になる時期です。旺盛になれない場合に、先に書いた症状「 疲れやすい、からだがだるい、食欲がない」が出ます。脾の氣が、弱くなると食べ物の消化吸収が十分でなくなるため、筋肉に力がなくなり、唇の色が悪くなります。また、脾の氣は、悩みすぎたり、湿氣の多いところで生活すると、弱くなります。

東洋医学の五行学説から、脾を選んだ場合、五味(五臓を養う味)は甘い味、五穀(食べると良い穀物)はキビ、五果(食べると良い果物)はナツメ、五肉(食べると良い肉類)は牛肉となります。旺盛になれない場合は、これらの物を摂るのが、良いとされます。

しかし、ここで注意が必要です。ふだんから甘いものをよく食べたり、牛肉をよく食べたりしている方は、減らす方がベターです。つまり、何事も度合いが大切なのです。度が過ぎると、よくないです。この時季に、体調を崩すと、なかなか回復できません。どうぞ、黄色の色が、構成として含まれる7つの色の方は、特にこの、18日間を氣をつけて、お過ごし下さい。

 

参考文献 東洋医学全書

コメント (2)

熊野本宮に、初詣に行ってまいりました。

2007-01-07 23:55:17 | セラピスト&ダウザーのひとり言

 7日ファミリーで、熊野三山の一つ熊野本宮の熊野本宮大社まで初詣に行って来ました。自宅で迎えた朝のお天気は、雪が吹雪いておりましたが、車で出発する頃から、雨にかわり、大社に着く頃は、雨とみぞれの境でやや雨のお天気でした。弘祥達が、参道を進んでお参りさせていただく頃より、雨が少し小降りになりました。

 お参りさせていただく前に、偶然九鬼家隆宮司様が、自分達の前を通られまして、年始のごあいさつをさせていただきました。ファミリー全員でお清めさせていただき、大きなしめ縄のかかった門の手前で住所と氏名を名乗って本殿をお守りの神々様に、お参りさせていただくことをお伝えさせていただき、熊野本宮大社の主祭神の第三殿 家津美御子大神 (素盞鳴尊) 本地佛 阿弥陀如来  からお参りさせていただき、次に、第一殿 熊野牟須美神(伊邪那美大神) 本地佛 千手観音=熊野三山 那智大社の主祭神。第一殿 相殿 事解之男神、次に第二殿 速玉之男神 本地佛 薬師如来=熊野三山 速玉大社の主祭神。次に第四殿の天照皇大神 そして正面右手奥の八百萬(やほよろづ)の神々様と参らせていただきました。

本殿に参らせていただいてから、聡哲先生にならい、ファミリーで久しぶりにお神籤=おみくじをひきました。

 弘祥の内容は、今までが、かごの中にいたようなのですが、かごの中から鳥が、放たれるように、飛び出していき、いろいろなことが、今からおこるようです。そして、最後にこう書いてありました。「世のため、人のために尽くしなさい。」さすれば、…とありました。

 「ありがとうございます。」とお伝えして、全員でそれぞれのお神籤を結んで来ました。

 門から出てまた、お守りの神々様に「ありがとうございました。」とお伝えし帰りました。

コメント (2)

お正月に、いただきました。

2007-01-06 23:40:06 | セラピスト&ダウザーのひとり言
 熊野のお正月に、弘祥楽しみな一つに、熊野に伝わる「なれずし」があります。以前愛知のみりぼんさまが、羨ましいとコメントくれたものです。鮎や、さんま、さばなどの種類があります。弘祥が、一番好きなのは、さんまです。作り方に家伝があり、出来上がったごはんもほんとうに柔らかいものから、すこし硬めのものまで微妙に違います。本来のお寿司のごはんとは比べものには、ならないくらい柔らかくて、、発酵しています。自分は、小皿にお醤油に七味を入れて、それをつけて食べます。これから、熊野を訪れる方は、一度お召し上がり下さい。好きな人には、忘れられない味になるでしょう。引き受け氣功の藤谷先生や大阪の馬場先生も以前食されましたが、絶賛しておられました。


さんまのなれずしです。真上からの図




さんまのなれずしです。横からの図
コメント (2)

ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

2007-01-01 07:32:20 | 芝下鍼灸整骨院

患者様をはじめとする皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年は、たいへんお世話になりありがとうございました。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

今年一年が皆様方にとって、良き年となりますよう、お祈り申し上げます。

 

診療の方は、4日より平常通りにさせていただきます。よろしくお願いします。

 

コメント