くりまんじゅうの日記

おばばのひまひま日記です。
平成のシーラカンスと言われております。。

干し柿2018。

2018-11-20 | 食物関係

毎年干し柿を作りますが 時期がきても産直に出るは小玉の柿ばかりで 毎年
買う生産者の名前を待っていたところ やっと出てきました。

今年の高知は渋柿が裏年らしいですが 待ったかいがあり玉が揃ってきれいです。
14玉ほど入った袋を10個買い 皮を剥ぎ紐をつけ 熱湯を通したのち吊りました。

 

包丁でりんごを剥くようにクルクルと皮を剥ぎますが のっぺりした柿はするする
剥ぎやすいけれど えくぼが深い種類は 1個に思わぬ時間がかかります。

夕食後に剥ぎ始め 140玉を物干しざおに吊った時は 午前3時を回っていました。

若い頃はこんなことなど 苦もなくやりましたが 徹夜の柿仕事は老体にこたえて
バリバリの肩こりです。

もう我慢できず 朝一番で指圧に行ってきます。無理の利かん体になりました。

 

 

コメント (2)

シナノスイート。

2018-11-18 | 食物関係

1週間ほど前 スーパーにりんごが積んであり 一方の山はサンフジと書かれ
もう一方の山には シナノスイートの札がありました。

サンフジを3個 シナノスイートを1個買い 夕食時に1個ずつ食べたところ
シナノスイートが 断然美味しいです。

翌日 もっと買おうと同じスーパーへ行きましたが りんごのあった場所は
大根が積んであり残念。  数日してまた シナノスイートが出ていました。

 

280㌘ほどの玉で これで1個が税込み107円なんて 箱買いしたいところですが
何でもかんでも 買いすぎて腐らせる悪癖持ちですゆえ 7個にとどめました。

フジと津軽を交雑し 平成8年長野で誕生したシナノスイート と説明があります。

果実の優れた種を掛け合わせ 味も香りも食感も進化していきます。昔懐かしの
青臭いトマトや 子どもの頃食べた 癖の強いほうれん草など もう見かけません。

イモ飯を食べたい と夫が言います。  小さいころに食べた お袋の味らしいです。
はいはい今日は 天に昇った お前さまのお袋になりましょう。

 

さつま芋を切り お米と一緒に炊くだけの簡単さで 蒸らした後 塩昆布を混ぜた
だけですが ほんのり甘くて 素朴な味です。

 

 

コメント (19)

福ちゃんのブラウス。

2018-11-16 | 縫物

朝ドラまんぷくの 福ちゃんが着ている    レトロな服がどれも好きです。

最初の タイトルが流れる画像で着ている丸襟のブラウスは 劇中でも
多く見られ 福ちゃんの持つほんわかムードに とても似合います。

 
 

あの花柄は多分リバティ と当たりを付け捜したら 多分これじゃろね
の生地が色違いで4種類見つかり 3種類注文したところ 即届きました。

これこれ これです。リバティのタナローン メドウ柄で 福ちゃんの
オレンジ小花もいいですが 渋い色のメドウもおしゃれです。

 

時代が 戦前からスタートしたこのドラマで 当時の日本に リバティが
あるとは思えませんが いいんです そこんところは 深く追求しません。

シングル幅のリバティで ブラウスを縫うなら 多分2.5㍍は要るでしょうが
とてもそれほどは買えませず 3種類を40㎝ずつ買いました。 ポーチなどの
小物になる予定です。

最近はミシンの前に座ることがなくなり 針も持たずで いえ 忙しいから
ではなく なぜかエンジンがかからずで 困ったものです。

 

 

コメント (23)

Xmasリース。

2018-11-14 | 日記

車の定期点検は    いつも朝 車屋まで乗って行って置いて帰り 午後に取りに
行くというやり方をしていました。

トヨペットから今回届いた点検案内には 点検する1時間の間に ハンドメイド
リースを作りませんか?  のお誘いで 参加費・材料費は無料と書いてあります。

さっそく申し込み 社員のお姉ちゃんが先生で教えてくれ 何とかXmasリース
が出来ました。

 

先生作のもの ↑ と比べると    ↓イマイチ幼稚な出来ですが ま いいか 完成完成!

 

リースが完成した頃 定期点検を終え 工場から車が出てきました。

来年の春に車検予定の 相棒のプリちゃんです。今まで何回車検を受けたか すぐ
には浮かびませんが 車検証の初年度登録を見ると 来春が7回目の車検になります。

6回目の車検時には バッテリーも交換しました。

 

あと10年はハンドルを握りたい。新しいプリウスはよう買いませんので これが
最後の相棒になる予定で あと10年 車も運転手も長持ちさせよう が目標です。 

 

 

コメント (20)

イメルダ夫人。

2018-11-12 | 日記

一昨日の朝刊に載った おてもやん風お化粧の イメルダ・マルコス氏(89)の
お顔は 説明がなければ とても誰だか分かりませんでした。

クーデターで マラカニアン宮殿を追われ米国に亡命してから もう30年以上
経っており 有名なイメルダ夫人を 若い人は もう知らないと思います。

 
 

長年続いたマルコス政権は終わり夫婦は逃亡。主を失くした宮殿から 続々出たは
イメルダの高価な宝石や贅沢なドレス 3,000足の靴の画には 度肝を抜かれました。

イメルダの靴コレクションのうち 数百足が マニラの靴博物館に陳列されている
そうです。↓ かつての自分の靴を案内する  72歳当時のイメルダ夫人。暑いマニラで
いつ履いたでしょうブーツは。。。足が蒸れます。

それと 彼女の好きなドレスは どれも 袖山がピンと立ったものばかりです。

  

フィリピンの裁判所がイメルダに 汚職7件を有罪とし 最長77年の禁錮刑を言い
わたしたそうですが 控訴できるため 逮捕状はすぐには執行されないらしい。

マルコス大統領の独裁政権が長年続き その間にイメルダは スイスの銀行に
公金227億円を移し 不正に蓄財した罪により 77年の禁錮刑が下りたそうです。

今現在イメルダは 故マルコス氏の地元で下院議員をしており 5月の中間選挙
では州知事を狙っている とのことです。

なんとパワフルな89歳でしょうか 彼女の歳にはまだ20年あります。足腰が痛い
と老け込まず あの化粧は遠慮しますが 気合は見習おう と感心した朝でした。

 

  

 

コメント (16)