おかあちゃん(高齢者のガン)私のオッパイ(石灰化)??? とワン子

2006年8月母は肺がんと診断される。完治目的の定位放射線治療を受ける。

おかあちゃん PET--CTを受けたよ

2015年10月19日 15時49分03秒 | 乳がん記録
おかあちゃん 16日PET-PCを受けたよ。
8年前にも受けた。あの時 感じた事は
まるで 天国に行く待合室のようだった。
今回も 「そう そう」って思った。
でも前回のように 部屋をずっとは見ていなかった。
すぐに 目を閉じて じーとしていた。
それでも 寝たりは出来ない。
ずっと 感じていた。

問診 注射(効いてくるのに 50分~1時間 薄暗い 足元からぼーっと光が差し込む部屋に) そしてPET-CTへ
「息を吸って 吐いて下さい」って 頭上から声がする。
新しいな。吸って止めてじゃないんだ。
吸って吐くなら 止めるだけでいいのに。
とか思いながら(^^)
PET-CT自体は15分~30分位 全体で2時間30分位かな。
支払いが終わって やっぱり3時間位はかかった。
ワン子を向かえに行って 帰ってくるとさすがに疲れていた。
ワン子と並んで 寝ていた。

おかあちゃん やっぱしんどい。
「でも 安心して下さい。元気ですから。」なんて(^-^)

いつか おかあちゃん 話そうね。
「こんな事があったね。」って。

すごく寝たので 午前2畤には目が冴えてしまった。
朝なら良かったのに。

ワン子はシャンプーしてもらって 綺麗です。

この子が心配 私のいない間 頑張れるかな。

この頃 朝夕寒い。早くからホットカーペットをしている。
ワン子の為が 私にもいい感じ。

おかあちゃん 心配ないからね。

おかあちゃん ありがとう 大好き 好き好き好き好き 愛しているよ
これからも ズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ よろしくね


コメント

おかあちゃん 秋晴れだよ

2015年10月11日 13時52分47秒 | 乳がん記録
おかあちゃん 突然のクリニックからの電話。
「結果が出ましたので 来て下さい。」
すぐに分かった。出たんだな。癌くん。

7日 細胞診の結果は 黒。
0期から再発か転移なんて。天国から地獄。
なってしまったんだから 仕方ない。
悲しくも 涙もない。少しくやしい。
11月2日手術と決まった。
その前に ペットを受ける。
全身の癌くんが分かるというもの。

おかあちゃん 心配ないからね。

私は 今だに 他人事のよう。
ワン子をどうしようと考えている。
待てない子だから。
3日ほど預けようと思ったが 前に夜になると ゲージに入れて
誰もいないところで 夜中じゅう 泣いて 出ようとして
怪我をした。
それがあるので 預かれないと言われた。
日帰りだから。一時預りで連れて帰るか。

入院施設のないクリニックはこう言う時困るね。

おかあちゃん 悲しまないで。
おかあちゃんの 笑顔が大好きだから。

今 私は全摘を希望しょうと思っている。
再生するつもり。きっと素敵なオパッイになると思うよ。
楽しみだよ。
毎日 消毒に通うらしい。何日くらいいくのかな。

おかあちゃん 後何年くらい 私は この世にいるのかな。
オパッイの再生は出来るかな。
先の事を考えると 何だかワクワクする。
未知の世界に入っていくよ。

二条城





ワン子と 二条城の前に。今 入り口を直しているよ。

おかあちゃん ありがとう 好き好き好き好き好きだよ 愛しているよ
これからも ズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ よろしくね


コメント

おかあちゃん 覚悟は出来た かな(^_^;)

2015年10月03日 03時52分49秒 | 乳がん記録
おかあちゃん 雨風が激しくなるって聞いていたけど
こちらは 大丈夫だった。

おかあちゃん 犬は人間の息で 癌が分かるらしい。
ワン子は 何にも分からない。
「ネェ ネェ ワン子 私はどうかな。」
ペロペロ 顔を舐める。
そうか そうか お前はそれでいい。

「ワン子 あんたは 変わらないね。」
きっと ワン子はどんな病気になろうと 変わらないんだろうね。
ワン子の足が悪くなったのは 私のせいだ。
だけど ワン子は私を責めたしない。無心に 甘えてくる。
私が「ゴメンね。戸を開けておかなければ 外に遊びに
行かなかったのに」何て言っても ただ甘えてくる。
人間だけだよね。病気だからって 大騒ぎ。何かのせいにしたり
悲観したり ワン子 私も 見習いたいよ。
何にも動じる事なく 与えられた その命をゆっくりと終えて
逝くんだろうね。

再発が 完治しない事を知った。
沢山の人が 治療で 苦しい生活をされているのを
目の当たりにしてきた。
私には出来ない。何の為にするのか。
待っていてくれるおかあちゃんも ここにはいない。
おかあちゃん ゴメン。最後の親孝行も果たせそうにない。
ワン子を連れても行けない。ありがとう。ワン子。
どんなに 助けられたろう。あんたに会えてよかった。
あんたの事は 何とかしたい。まだまだ 一緒だよ。ワン子。

変だね。今日は やたら涙が出てくる。バカみたい。
私には いつまで生きるかではなく いつまで元気かが重要。
まだまだまだ時間はあるよね。
ちゃんとせい。する事 いっぱいあるだろ。バカん子。
涙の訳は 病気の事じゃない。おかあちゃんとの約束を果たせなく
なった事。ワン子を最後まで見られないかも知れない事。
まだ結果も聞いていないのに バカん子。
看護士がくれた用紙には 結果は電話でと書いてあった。
なのに 先生は「来なさい」と言われた。
私自身 画像で分かった。細胞診をする意味は。
【死】っていうのは 突然に現実としてやってくるんだね。
覚悟は出来た。出来た気がする。
凛としないと。出来るかな。
今 思うよ。おかあちゃん 愛している。
おかあちゃんに会えてよかった。
ありがとう。ありがとう。本当にありがとう。大好きだよ。



おかあちゃん ありがとう 好き好き好き好き好きだよ 愛しているよ
これからも ズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ よろしくね


コメント