おかあちゃん(高齢者のガン)私のオッパイ(石灰化)??? とワン子

2006年8月母は肺がんと診断される。完治目的の定位放射線治療を受ける。

おかあちゃん 頑張るよ

2012年03月31日 07時55分09秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、お隣の空き家がね。解体して家を建てるんだ。
解体の2日前に書いたものが入ってた。仕方ないか。って思った。
仕方はないけど、2日前っていうのが誠意のなさだね。
足場を組むって言ってきた。昨日足場を組んだその日に家は砂だらけになっていた。
玄関から庭にかけての砂は掃除した。だけど家全体に掛かるほこりが心配。
屋根やトユも直したとこなのに。お隣との間も綺麗に掃除しておいたのに砂だらけ。
私は、お友達がくるから玄関周りは掃除したけど、家まわりの事はお願いした。
彼等は「ほうきとチリトリを貸して下さい。」と言った。
不思議でしょう。足組みする人がそんな初歩的な準備もしないなんて。
抗議した。それから寝ずにネットを見た。
事前調査をするべき事が分かった。トラブルが多いんだって。
後から壁が傷ついたとか、壊れたとか。家主はこの工事で壊れたと言う。
業者は前からのものだと言う。トラブルらしいよ。
トユにほこりがかかったら詰まるでしょう。って言ったら解体するんだからほこりがかかって当たり前。
後は水で流しておきます。だって。水で流したら中で詰まってしまう。そんなに簡単に考えてるんだね。
昨日も、責任者と言う人が来て、「あなたの言われる事はごもっともでございます。事前調査はさせて頂きます。
当社の者でやらせて頂きます。後を一緒に検証して下さい。」彼は私に話をさせない。営業のやり方だね。 
私は押され「はい」って答えたけどおかしくないか。自社で調査なんて自分たちのいいようにするって事。
ネットには第三者の民間調査会社が通常行うとある。それで電話を入れて部長という人に伝えた。
どうなるかは言ってくると思うよ。
私、今まで何もかもこんな時はおかあちゃん任せだったけど、やる時はやれるよ。
おかあちゃん、見ててね。見ているだけでいいんだよ。
それだけで、私は勇気が湧いてくる。頑張るよ。心配ないよ。だから気をやまないで。
そうそう、足組みの為我が家の小屋を動かしたんだ。私はああ動かしたんだなって思ってた。
そしたらワンちゃんの事してて小屋を触った途端、グラっときた。上の物は落ちるし私は腰をひねって
捻挫状態だよ。こんな工事をする○○ハウジングセンターっておかしいよね。
工事って安全第一なんではないんだろうかな。もう信じられない。
その上、自社で事前調査なんて安くあげる事だけ事だけ考えているんだね。
私の安全なんて何も考えていない。話は流れるがごとく聞いて下さい。と私には話させない。
営業テクニック。話し続ける事で相手に考えさせない。すごいよね。
でもね。私は正論で負けないよ。でもね。お隣に人が来るのは楽しみ。仲良くできるといいな。
我が家では、リーホームする時業者が挨拶に行くからと言ったけど、向こう3軒両隣って言うけどそれ以外にも
おかあちゃんに言われてお向かいの方々にも何軒かお品を持って挨拶に行った。
今回、○○ハウジングセンターの名前が入ったがタオルを1本づつ2回持ってきた。
それは、お返ししたよ。私は何も受け取っていないよ。
ホロをかける家全体にかける事を要求したけど、上にはかけないって言うの。
他の人に聞いたけど、皆家は囲うっていうけどね。
おばさんに聞いてみた。屋根より高く上にもかけて囲うのが普通だって。
また安くあげようとする企画だね。そしてかかった砂やほこりは水で流すって。ばかにしてるよね。
私は溝を作った時の事を話した。水は流れていたけど溝にはいっぱいの泥が詰まっていた事。
「それでも水は流れていましたよ。」「流れ方を見たら、私どもにはわかります。」って。
分からないよ。水はちゃんと流れていたもん。その時に直してくれた業者だって分からない。って言ってたもん。
まあ、よく喋る。びっくりだよ。何も分からなくなってしまう。テクニックのいい営業マンだな。
私は、このまま住んでいて起こり得なかったことが起こらないことだけを言っているだけの事。
どうして水をかける安易な迷惑がかかることだけしか考えないんだろう。
私は、我が家のトユと屋根全体にビニールシートをかけて下さるように言った。
溝はどうなるんだろう。ゴミの入らないようにお願いしないとね。
彼は約束をしたけどどうなるのかな。またあの機関銃のような話し方で私には話をさせないで
一人話してくるのかしら。
頑張るよ。大丈夫かな。相手はプロだしね。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好き。愛しているよ。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 生きるよ

2012年03月28日 00時39分43秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、私ね。
朝の散歩で日の出を見たよ。大きな太陽ですごく綺麗だったよ。
わん子が引っ張ったけど、私は手を合わせたよ。
本当に綺麗だった。明日から日の出を見ようと思ったよ。
おかあちゃん、京都タワーと雲の写真を撮ったよ。


 
おかあちゃん、どこにいるんだろう。
雲の上から、私を見てるかな。見てて。見ていてくれるだけでいいの。
私は、それだけで嬉しいよ。
おかあちゃん、事務にこだわらないよ。なんでもいい。仕事の緊張感がいい。
お掃除のおばさんが言ってた言葉。
「仕事があるって事はいいことだよ。」本当にそうだと思うよ。
おばさんみたいに70歳を過ぎて働けるかは分からないけど。
でも、働いていられたらすごいよね。嬉しいよね。
健康だと言う事だからね。今でも腰が痛いのに。出来るかな。75歳まで。
取りあえずお仕事探すよ。

おかあちゃん、でもね。職場を出ると「おかあちゃん」ってつぶやいてた。
おかあちゃん、わん子はいびきをかいて寝てる。大きないびきだよ。女の子だのにね。
おかあちゃん、私は変わるよ。生きるよ。おかあちゃんが望んでくれたように。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好きだよ。愛してる。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 暖かいよ

2012年03月27日 12時47分43秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、私ね。
少し変わってきた気がするよ。
もうすぐお仕事が終わるけど、やっぱりいいなって感じるよ。
お掃除のおばさんが、「仕事があるって事はいい事だ。」そう言うおばさんは75歳だって。すごくね。とても元気だったよ。私ね。頑張って次のお仕事探すよ。きっとね。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好きだよ。愛している。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 美味しかったよ

2012年03月25日 18時48分30秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、私ね。
買い物に行ったら、大きな牡蠣が売っていたの。
美味しそう。って思って買ったの。
今まで、料理をする気にならなかったけどやってみた。
カキフライ。料理ってものでもないけど成長したよ。
おかあちゃん、とても美味しかったよ。
おかあちゃん、私ね。嬉しいよ。そんな事を出来るようになった自分が。

でもね。今日、わん子と散歩に行った時、私は涙が出て止まらなかった。
座って泣いてるとわん子は、私にまつわりついて膝の上に前足乗せて
私を、慰めようとしているのかな。
おかあちゃん、生きるという事がこんなに大変だと思わなかった。
この頃、この世からいなくなりたいと思うよ。もう私のいる世界ではない。そんな気がする。
おかあちゃん、どこにいるの。私の傍にいるの。お願い。いたら、いるのなら私に合図をして。
私は気がどうにかなりそうだ。強くいたいと思うのに駄目野郎だ。
今日、おばさんが電話してきた。電話が繋がらないから心配してだった。
受話器が外れてた。私が精神的に参っているみたい。て言ったら「仕方ないな。何かあったら電話しといで」
って。辛いのを優しく聞いてほしいのに。「そうだね。ありがとう。」そう言って切った。
おかあちゃん、私は一人で泣くしかないんだね。
おかあちゃん、もういやだ。一人は寂しい。おかあちゃん、私を連れていって。
私は疲れてる。おかあちゃん、もう駄目だ。
おかあちゃん、皆には私が見えていないみたい。私はどうなっていくのかな。
おかあちゃん、私は壊れてる。もういい。楽になりたいよ。
おかあちゃんと一緒は楽しかった。もう心から笑う事はないんだろうか。
いつか会える。ならば、今会いたい。
私は、いつか一人で死んでいくのかな。いいんだ。その時は必ずおかあちゃんが来てくれる。
おかあちゃん、このまま家にいてわん子と散歩して何もしなくても生活出来るようにしてくれた。
でも、そんな生活は耐えられない。おかあちゃん、仕事したいよ。
これだけは、頑張って捜すね。金額はいくらでもいいんだ。世の中に繋がっていたい。
おかあちゃん、ありがとう。愛してくれてありがとう。
いつか、きっと元気な私を見せれるように頑張るよ。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好き。愛しているよ。
ズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 愛は

2012年03月25日 08時53分16秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、私の為にお友達が来てくれたよ。
その人が、帰り際に「生きていて」と言った。
私って重症かな。前向きだけど。
とても、悲しくなったり、おかあちゃんに会いたいと、今すぐ会いたいと思う事を
聞いてくれた。私が生きて、何でおかあちゃんがいないのか。
私は、懸命におかあちゃんと生きた。そう思っていた。
けど、今になるとあれもこれも出来ていなかった。
もっともっとしてあげられたのに。そう思ってしまう。
ごめんね。ごめんね。おかあちゃん。
そんな事も、話した。
その人は、「ごめんね。と言う事は前に進んでいて一つ先にいっている。」と言うの。
そうなのかな。私は、自分の力で進んでいくから。きっとゆっくりゆっくりだけどね。

おかあちゃん、今日も朝からワン子と散歩に行った。
散歩の途中で、私は「おかあちゃん」って言ってた。
おかあちゃん、おかあちゃんは私を溺愛した。私はそれを心良く思ってた。
だから、私はおかあちゃんにうそはつけなかった。
その愛が重いと思った事もあった。それよりおかあちゃんの愛が嬉しかった。
何があってもこの人だけは私を守ってくれる。いつも感じていた。
子離れの出来ない母親。親離れから失敗した娘。この失敗は最高に良かった。
こんなに強い絆を持った母娘になれた。私のおかあちゃんは世界一。
おかあちゃん、今日は青空です。雲が出てた。
羽衣の天女みたいな雲だった。おかあちゃん、手を振って「私が見えますか。」
そう言ったのを、見ていてくれたかな。
おかあちゃん、私に変化があったよ。
いままで、お仏壇に手を合わせても、「南無阿弥陀仏」とお経を唱えてもおかあちゃんに言えていなかった。
理由は、まだまだいない事を感じたくなかった。
昨日、私は、おかあちゃんに「南無阿弥陀仏」とはじめて言えたよ。
言えたはいいけど、離れて行く寂しさはある。私達はズーと一緒だよ。
1日が終わって私はおかあちゃんに1日近づく。愛している。
おかあちゃんに貰った愛を感じると私は強く生きなければならない。
おかあちゃん、私はすぐには出来ない。でもゆっくりゆっくり強く生きていくよ。
でもね。死ぬ事も怖くない。愛するおかあちゃんがいない。だから何も思い残す事がない。
おかあちゃん、会えて良かった。子供にしてくれてありがとう。
私が、おかあちゃんを選んで来たんだよ。幸せだった。今もこれからも幸せでいられますように。

おかあちゃん、大大大大大好きだよ。愛しているよ。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん ごめんね

2012年03月24日 13時16分37秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、私ね。今すぐ会いたいの。
私は、駄目な人間なのかな。涙がなくならない。
おかあちゃんの遺影は優しく微笑みながら私を眺めている。
おかあちゃん、おかあちゃんは最後生きたかったよね。
おかあちゃんは、亡くなるちょっと前までトイレに行ったよね。
きっときっと、生きたかったんだ。ごめんね。ごめんね。助けてあげれてなかった。
私は、いい医者を捜すからと言ったのに。約束を果たせなかった。
ごめんね。ごめんね。おかあちゃん。
私と一緒に生活を送りたかったね。私もおかあちゃんと一緒にいたかった。
もっともっと一緒にいたかった。100歳になったらどんなお祝いをしようと話したね。
旅行の約束果たせなかった。「行きたいな」そう言ったおかあちゃんの顔が浮かぶ。
私は、何も出来なかった。あんなに愛してくれたのに。
私は返してあげらてなかった。私の愛は感じていたよね。
「好き好き。1番好き好き」そう言ってくれたおかあちゃんの声が聞こえない。
あんなに愛していたのに。私はやっぱり立ち直れない。
ごめんね。おかあちゃんは私が強く生きる事だけ願ってくれたのに。
私は、それも守れない。私はもう駄目かもしれない。

おかあちゃん、大大大大大好き。愛しているよ。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。


犬でも飼ったら。人がそう言ってくれた。犬はかわいいよ。
でもね。おかあちゃんへの思いが薄まる事はない。
昨日お風呂場で洗った。私はブルブルで全身が濡れフローリングで滑って転んだ。
痛かったけど大丈夫。犬はね。自分の慰めに飼ってはならない。
犬だってかわいそう。とっても甘えたでかわいい。
朝は早くから、散歩に行く。帰ってくると必ずすぐに散歩に行く、
ご飯をあげる。これだけではだめ。遊んであげる。いっぱいいっぱい遊んであげる。
それでも、私の心は報われない。寂しさでいっぱい。
だから知らん顔する事がある。あいつは一所懸命私にまとわる。
私もあいつも可哀想。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 難しいよ

2012年03月23日 03時04分50秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、今はね。お仕事探そうとするとなかなか難しいね。
官公庁がいいかなと思って見ると、今のとこと同じ条件。
たった1カ月から長くて半年位。それに難しい2次試験、3次試験なんてお役所は何考えてるのかな。
面接に時間かけて、彼らの仕事って。働きたい人だって1.2か月なんてね。
それだけ、就職難ってことかな。
怠け者の私が、就職意欲に駆られてる。初めてかもね。
働いていると、世間に参加していると感じる。その感覚がいい。
今回の受付のお仕事はおもしろかった。事務ばかりみていたけれどそれにこだわらない事にした。

おかあちゃん、今年の12月にこの世が終わる見たい。
マヤ人が予言したんだって。この世の終わりってどんなだろうね。
私はそれに遭遇するのかな。綺麗になったお家でおかあちゃんと一緒に迎えるんだね。
でも今までその手の予言があったことないから。
当たらないからみんな生活してるんだね。
予言すなわち占いみたいなもの。当たるもハッケ外れるのもハッケかな。

おかあちゃん、今日は青空だった。仕事に行く時におかあちゃんの雲を捜したよ。
おかあちゃん、私頑張るからね。自分に負けないよ。見ててね。見ていてくれるだけでいいんだよ。
私は、私の力で頑張るよ。見ててね。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好き。愛しています。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒です。よろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 1秒だって

2012年03月20日 14時33分09秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん。おかあちゃんが私の横にいてくれなくてどんなに悲しんでも、
いつか私がいなくなっても世の中は何1つ変わらない。1秒だって変わらない。
あたり前なんだけど、それが悲しい。
どんな人だって、世界にすごい影響を与えた人だっていなくなっても1秒だって変わらない。
なんで私だけが止まっているんだろう。私は見えないドームの中にいる。
私は、歩いていてもこのドームの中から世の中を見ているようだ。
おかあちゃん、私はこのドームの中にズーといるんだろうか。
私は隔離されているようだ。他の人から私は見えているだろうか。

この気持ちは、私が癌かもと言われて検査を受けている時に同じ感を受けた。
私は、ドームの中にいた。その時は、世の中のもの全てが輝いていた。
あれ、こんな物まで輝いているんだと思った。
例えば、草だって一生懸命生きている。光がそこに集中してすごく輝いて見えた。
その時、私以外は輝いている。置いていかれた感じだった。
私は、癌と言われても1度も泣かなかった。おかあちゃんのお陰だね。
前向きに一生懸命向っていったおかあちゃんを見ていたから私は病気でも泣かなかった。
今はね。何で私だけが助かっておかあちゃんが助からなかったのかと思うと
罪悪感でいっぱいだ。おかあちゃんは「あんたが、治って良かった。」と心から喜んでくれた。
私は、何で1年早く病院へ連れて行かなかったのか、悔やまれてならない。
もっと早く分かってあげられなかった。
今更、どうする事も出来ないのに私は悔やむ。
1年早かったら今もおかあちゃんと楽しくしていただろうか。
ごめんね。許してね。

おかあちゃん。ありがとう。大大大大大好き。愛しているよ。
ズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。


おかあちゃん、あいつに「おかあちゃんがいない。悲しくてね。」って話したら奴は
黙って聞いていたよ。奴にはわかるのかな。
奴は、すごく甘えたで必ず膝の上に乗ってくる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあちゃん 自慢だよ

2012年03月18日 21時53分04秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、私は今思うの。
私は、おかあちゃんに何をしてあげた。
肺がんになって、沢山の苦しみを耐えてくれた。
私と一緒にいたいと頑張ってくれた。そのおかあちゃんに私は何をしてあげただろう。
私は、おかあちゃんに何がしたいと聞いた。
おかあちゃんは、「何も。ここがいい。あんたと一緒がいい。」そう言った。
「どこか、旅行に行こうよ。」と言っても首を縦には振ってくれなかった。
おかあちゃん、本当は行きたかったんだよね。行けば私に迷惑がかかると思ったんだね。
何で、私は分かってあげられなかったんだろう。
「この部屋で、ズーと送るのがいいの。どっか行きたくないの。」聞いても「うん」と言った。
私は、しんどいのかな。ここにいる方がいいのかな。なら、大型の入浴場にでも行こうと誘っても
「行かへん」と言った。みんなみんな私を思いやっての事だったんだね。
もう駄目だという時、「早く良くなってハワイに行こう。」そう言った時、「行けるかな。」って言った。
「行こう。絶対に行こうね。」「うん。行きたいな。」そう言ったね。
私は、それまで旅行に行きたくないんだと思ってた。あんなに旅行が好きだったおかあちゃんが、行きたくなくなった。
それほど、悪いんだと思った。ここがいいなら快適に過ごせるようにしよう。そう思った。
でも、本当は行きたかったんだ。無理にでも予定を立てればよかった。
ごめんね。おかあちゃんの優しい思いやりに私は最後まで包まれていた。
行きたかったね。もう1度ハワイに行きたかったね。

覚えている。シェラトンのワイキキでおかあちゃんと、ヨットの大きさにびっくりしたね。
水着姿のおかあちゃんを思い出す。かわいかったね。私の自慢だった。愛していた。今も愛しているよ。
ズーとズーとズーとだよ。行きたかったね。私もおかあちゃんともう1度行きたかった。
今頃は、おかあちゃんは、お姉さん達とハワイの海で楽しんでいるかな。そうだといいな。
おかあちゃん、ありがとう。愛をいっぱいありがとう。
私は今もおかあちゃんの愛を全身に受けているよ。ありがとう。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好き。愛しています。
これからもズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかちゃん 今年は春が遅いね

2012年03月18日 10時07分15秒 | 母の事(肺がん) そして絆
おかあちゃん、今日は曇っているよ。
寒いよ。おかあちゃんの「ビーたい。ビーたい。」が懐かしい。
私は、まだまだ、おかあちゃんの最後ばかりを思ってしまう。
お供えだって、これは堅いから駄目だね。とか、良く考えたらおかあちゃんは瓦せんべいなんか
大好きだったね。もう今はあの時のおかあちゃんに戻っているね。
これからは、なんでもおいしそうなものを置くよ。
おかあちゃん、今日は朝から台所で大きな声で、「おかあちゃん」って言ったよ。
知らないうちに叫んでた。おかあちゃん、私ね。お仕事が今月で終わるでしょう。
何でもいいからお仕事続けたいな。今は大変だよ。若い新卒者だって親と一緒に職安にくる時代なんだね。
私ね。前は本当にすぐにお友達が出来るタイプだったのに、今は仕事以外は話せない。
前から職場にいる人に、「ねえ、ねえ」って話せないよね。
若い頃とは違って帰りにどこかに行こうなんて事がないね。
みんな家庭がある人ばかりだから、早く帰ることを考えてるものね。その人に「ねえ、ねえ、帰りにどこか寄りませんか」
も、いけないし。沢山いるんだから仲良くなれると思うよ。でも後2週間だよ。
今後の仕事の慣れの為には、準備として良かったんじゃないだろうか。
はたして、仕事を続けるかどうかは分からないけどね。
とにかく、前向きだよ。
おかあちゃん、私ね。書く事が少しだけど変わってきたように思うよ。
いままでは、おかあちゃんの事を思ってだったけど、今は自分がこれからどうしたいとか書けるように
なった。すこし自分に変化がでたのかな。

悲しいけど、これからの事を考えるようになったみたい。
寂しいけれど、何とか生きようと思えたみたい。
辛いけど、支えてくれる人達がいる事がありがたい。

でもね。また仕事が中々決まらなかったりしたら、落ち込むかもしれない。
おかあちゃん、それでも心配しないで。
だって、それが人生だもん。偉そうに言ってるね。
負けないよ。絶対に負けないよ。自分に負けない。

おかあちゃん、ありがとう。大大大大大好きだよ。愛しているよ。
これからも、ズーとズーとズーとズーとズーと一緒だよ。よろしくね。


おかあちゃん、今日は6時からあいつは散歩に行こうと誘うの。
根負けで、6時半に散歩に出た。雨の降らない日はね。
あいつと、腰かけて、遊ぶの。
あいつは抱っこが大好きで私に登りついてくる。
うんっと遊んで帰ってくる。今日はそれが出来ないので帰って来てから長い間遊んだよ。
今はストーブの前で寝ているよ。


 どうしたのかな        セクシーなお尻
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加