納豆Blog

納豆を究め
納豆と共に生きる
納豆ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

特別企画:納豆ごはん専門店に行く

2006-01-29 | 納豆企画
世にも珍しい、納豆ごはんオンリー飲食店の存在を聞きつけたがわっち。

瞬間、すっかり更新の手が緩みきったがわっちの奥底で、何かが弾け、迸(ほとばし)った。

そして、気がつけば新宿。

初体験の京王新線に乗り換えて、幡ヶ谷駅で降りる。

商店街を通り抜け、行き着いた先は・・・





来た!

これがウワサの、納豆ごはん専門店―――「ねばり屋」だッ!!


入り口は・・・ドコドコ??


・・・ ・・・






地下!!


秘密クラブみたいで、緊張してきた・・・!

しかも、これでは外から中の様子をうかがい知る事ができない。

お客さん一杯で、入れなかったりしないかな・・・

余計な心配まで頭をよぎる。

が、意を決して、突入!!



予想に反して、店内は小綺麗でシャレた喫茶店のような構造だった。

照明も温かみのある色で、コーヒーが出てきてもおかしくない雰囲気だ。

しかし、店内に入って目の前に、明らかに喫茶店にはないものが待ち構えている。




納豆ごはんの券売機!!

納豆ごはんだけのはずなのに、やたらとボタンが沢山あって、しばし呆然とする。

しかも、名前を見ただけではよく分からない品も。

新美味触感「キムタコ」??…もしかしてキムタクとかけてるのか?


ふと横を見ると、写真付きのメニューが掲載されていた。


画像クリックで拡大。

・・・スゴい充実してる・・・!

全部試してみたいが、貧しいがわっちにそんな経済力はあるわけもなく。

せめて奮発して、一番高い鮪とろろ定食にするか・・・

と思ったら、券売機の上に新情報発見。




これだ!!

「チョーお勧め」って書いてあるし!

清水の舞台から飛び降り、4色に決定!


食券を購入し、店の奥へと進む。

客席は20席ちょいくらい。テーブル席とカウンター席がある。

すでにテーブル席に何人かお客さんが座っている(若い女性の姿も)。

がわっちはカウンター席に座ってみた。目の前では店主と奥さんがせっせと納豆ごはんを拵えている。

厨房側にはTVが、カウンターの上には納豆の栄養素について解説したシートが置かれている。

しげしげとシートを読んでいると、やがて、料理が運ばれてきた。




味巡り 四色

<内訳>
キムタコ   漬物  味噌汁

高菜そぼろ とろろ きんぴらめかぶ



スゴッ・・・納豆ごはん4杯!!祭りだ!

どれから食べようか・・・迷って箸が止まってしまう。

落ち着いて、ひとつ×2、口に運び、賞味する。


ああ・・どれも旨い・・・幸せだ・・・


納豆ごはんがここまで立派なものに昇華されていることに、感動。

しかも豆が比較的大きめ(中粒位)で、しっかりとした食べ応えがある。

中でも気に入ったのが、高菜そぼろ

高菜そぼろ自体の美味しさはもちろんのこと、納豆がさりげなく、しかしうまみは残しつつ、見事に調和されているのだ。

納豆が苦手な人でも違和感なく食べられるだろう。



満足なひと時を堪能した後、せっかく来たのでねばり屋夫妻とお話をしてみた。

店主はとても元気で人当たりのよい方で、気持ちよく話をすることができた。

話した内容をまとめると、

◆店は奥さんと2人だけ運営。4月で3周年を迎える。常連もおり、客数は右肩上がりとか。

◆店主は昔から納豆をよく食べていたわけではないらしい。以前の仕事の関係で納豆の栄養に気付き、いろいろ納豆ごはんのアイディアを試していくうちに、ねばり屋を思いついたそうな。ちなみに現在は毎日食している。

◆将来は全国各地にねばり屋の支店を??

◆主人はかつて、東京オリンピックの重量挙げ日本代表。引退後コーチを務め、3人もメダリストを育てたとか(←正直、これが一番の驚き)

その他、栄養の話や最近の極小粒ブームなど、様々な話をした。


また、最近はマスコミからの取材が増えてきているとのこと。



先日もTV番組で紹介されたそうで(パックンマックンが来店!)、録画したものをみせていただいた。

近年、健康ブームで納豆が注目されてきているが、店主曰く、これは流行の類ではない、とのこと。本当に優れている食品だからこそ、今後もずっと続いていくだろう、と。

そういう店主の肌は非常に若々しく、まさに自身で証明しているようであった。


期待以上の内容で充実した時をエンジョイしたがわっち。ねばり屋夫妻には感謝極まりない。

今後の更なる発展を期待しつつ、また是非訪れてみようと思う。

場所も、新宿からたった2駅のところ。興味が湧いてきた方は、是非一度訪れて、おいしい納豆ごはんと店主のトークを堪能してみてくださいな。

ねばり屋地図



コメント (15)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 納豆会社に就職? | トップ | バレンタイン納豆 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-01-29 18:18:05
がわっちさん、こんにちは!

過日の紹介の件は、OKということで、よかったです。



今日の特別企画もすごいですね。

比較的マイナーな場所で、どういうルートで、こんなステキなお店を見つけられたのか・・・。がわっちさんの嗅覚はすごいです。近所にあれば、チョコチョコ、通ってしまいそうです。

高菜のは、私も、食べたいなぁと、思ってしまいました。

早速、大根おろしとなめたけの納豆は、作ろうと思います。夫が好きそうな組み合わせなので、我が家の定番になってしまいそうな予感です。

ところで、キムタコは、匂い控えめのキムチと茹蛸のぶつ切りが入っているのですか。
失礼しました! (watanabe)
2006-01-29 18:22:12
がわっちさん、ごめんなさい。

無記名で送信ボタンを押してしまいました。上のコメントは、watanabe@美人手帳でした。

ごめんなさい。
>watanabeさん (がわっち)
2006-01-29 23:34:09
いえいえ、気にしないでください、私もよくやります。





ねばり屋は以前からネット上の記事やコミュニティで

話題になっており、ずっと気になっていました。



それでようやくこの度、機会があって行くことが

できたのです。



今回食べることができなかった「梅ちりめん」なども

想像しただけで実に美味しそうで、ああ近所にあった

らなあ…とボンヤリしてしまいました。



キムタコは、確かに茹蛸とキムチが入っていたと思い

ます。タコに味が染みていて、それ単体でも美味しく

仕上がっていました。



店主曰く、キムチの乳酸菌と納豆菌の組み合わせが

体に良いため、一番のオススメ料理だそうですよ。

キムタコ! (watanabe)
2006-01-30 17:06:07
>>キムチの乳酸菌と納豆菌の組み合わせがカラダにいいため、一番のオススメ料理・・・



ですか。



そういうのに、すごく弱いです。

納豆キムチは好きだし、タコも好きだから、これからは、あわせ技でいこうかな。



にんにく旨塩だれの牛角食堂の納豆。

あれから、納豆炒飯にしてみました。

私の場合は、炒飯にした方が、この納豆は、食べやすかったです。

ただ、私は、普段、納豆は、炒飯にはしないので、コツが分からず、べちゃべチャに粘った炒飯を作ってしまって・・・。(笑)

夫も、味はいいんだけど、炒飯としてはねぇ・・・。(苦笑)

と、言っていました。
炒飯と (がわっち)
2006-01-31 08:25:36
きましたか。

なかなかうまい利用方法をみつけましたねぇ。



私も以前、納豆炒飯製作にトライしたのですが、

納豆に熱がかかった途端、強いニオイが発生して

部屋が大変なことになってしまいました。

なかなかムズカシイものです。

うらやましい! (まめ子)
2006-02-02 13:46:32
ねばり屋さん!!

ネット上で話題になっているのを見て、

その存在は存じてました。



がわっちさん、行かれたのですね。

かなりうらやましいです~。



ダンナがそちら方面に転勤にならないかとかなり真剣に神様にお祈りしときます。

これは興味深いw (闇夜星空)
2006-02-03 22:19:27
ねばり屋いいですね~♪



地下ということでなかなか入りにくくはありますが、結構興味を引き立たされますw



うちの近くにもできなかな~ねばり屋さん(´ー`)
>まめ子さん (がわっち)
2006-02-04 12:12:34
自分でもまさか行ける日が来るとは思いませんでした。

ずっと遠い存在だと思っていたのに…関東に出てきて

こんなラッキーがあるとは!



まめ子さんにも行く機会が訪れるのを祈っております。



ちなみに、次に気になっているのはココです。





http://www.kbc.co.jp/radio/powershovel/life/20010521-0525/0522.html

>闇夜星空さん (がわっち)
2006-02-04 12:22:38
せっかくメニューも充実していることだし、

是非とも2号店を出してほしいものです。



でもって次は地上の、入りやすいところに…。

うらやましい! (イチマサ)
2006-02-05 23:52:43
納豆好きのメッカみたいな最高の専門食堂で食べることを実現され、うらやましいです。今度東京に行ったら寄ってみたくなりました。

コメントを投稿

納豆企画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

レモン風味の納豆玄米炒飯 (油屋ごはん)
納豆好きなら、よくやりますよね? 納豆チャーハン。 材料はいたってシンプル。 炊いた玄米、玉ねぎ、青ねぎ、納豆、かつお粉、卵、塩、出汁醤油少々、海苔。 チャーハンはラードが絶対おいしいと言われますが、いつも胡麻油や米油など 植物油でやってしまいます。 まぁ
逆転の発想 (Hpppy * Hangry)
常識に縛られるな。 常識とは、思い込みである。 思い込みは、時として目の前のものを見えなくする。 全ての常識を疑ってかかることが大切なのだ。 常識を、ぶち壊せ。 今日の俺はそんな気分だったので ...
納豆好き必見!納豆ごはん専門店ねばり屋 (吐くこじか)
幡ヶ谷に納豆ご飯の専門店があります。 その名も ねばり屋。サブタイトルは納豆美味食房。 納豆飯定食は中サイズで330円。 大根と大葉のお新香とわかめのお味噌汁付き。 食券を買ってすべてセルフサービス。 トッピングが色々楽しめる。 梅ちりめん、たこキムチ、とろろ...