納豆Blog

納豆を究め
納豆と共に生きる
納豆ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ねぎ小粒納豆 レビュー

2016-10-30 | 市販納豆レビュー
「目新しい納豆が全く出てこなくなってしまった・・・」

近所で、遠方で。スーパーの納豆棚を見るたびに、深いため息をつく。

2004年にブログを開設して以来、これまで114もの市販納豆をレビューしてきた。

多い時では、年に30種以上もの納豆をレビューをしたものだ。

それが近年はめっきり減り、遂に2015年はゼロ

納豆のイノベーションは、止まってしまったのだろうか…
(というより、がわっちの捜索の怠慢説…?)


そう感じていた折、いつものスーパーでふと出会った、衝撃的な「ね」のパッケージ。

これは久々にレビューせねば!と奮い立った。今回レビューするのは、


ねぎ小粒納豆 (タカノフーズ

3パックセットで購入価格¥99(税込)。

付属品は、たれとねじ味からし



メーカーHPいわく、

●納豆の薬味で人気のねぎを辛子に加えた「ねぎ味からし」付の納豆です。ねぎ特有の爽やかな香りと辛みでごはんとの相性抜群です。期間限定商品。

●薬味を用意する手間をかけずに、お手軽にねぎの風味をお楽しみいただけます。

●添付の「ねぎ味からし」には、国産のねぎペーストとねぎパウダーを使用しています。

●ねぎの風味を引き立てるまろやかな味わいの「旨みだしたれ」付き。

●たれ袋は開けやすく注ぎやすいユニバーサルデザインのアンプルカット、容器はかき混ぜやすい「丸底トレー」を採用しています。


とのこと。


個人的に、納豆のベスト薬味はねぎだと思っている。

ねぎの瑞々しさ、風味と、納豆との相性は格別だ。

コーヒーとミルクのような、神に祝福された、約束の関係…

他の薬味、例えば卵や鰹節、大根おろしも楽しむこともあるが、最後は基本のねぎに戻ってくる。

そんなねぎが大々プッシュされた納豆であるなら、期待せずにはいられない!


たれ&ねぎ味からしを納豆へDive



いつもは黄色いからしが、緑色、いやねぎ色になっている。

乾燥ネギが付属しているものや、たれにねぎ風味を混ぜ込んだものは既存。

しかしまさか、からしに入れてくるとは――

納豆にはまだまだ、工夫を盛り込む余地が残されていると痛感した。


だが関心してばかりはいられない。肝心の味はいかがなものだろうか。




よ~く撹拌し、炊き立てのご飯の上にのせて・・・いざ、賞味!!


ん~、ムムム・・・?

いやまさかちょっと、、、

これ普通の納豆と・・・

違いがよく分からない!


微かにねぎのツーンとした刺激はあるものの、全体的に普通の納豆の味だ。。

期待値が高かっただけに、落胆を隠せない


試しに、改めてねぎ風味からしだけを舐めてみると、なるほどねぎ風味が感じられる。

たれが強すぎなのか?ねぎ分が少なすぎるのか?からしが邪魔しているのか?

いや、がわっちの味覚が鈍感なのか?

もう少し個性の強い方に振っても良かったのでは、と思わざるを得ない結果であった。


オススメ度 ☆☆☆☆☆★★★★★

しかしながら、パッケージデザインは極めて秀逸。展開すると大きく「ねぎ」となる。




今回はこのへんで
コメント   この記事についてブログを書く
« ペンパイナッポーアッポーペ... | トップ | 納豆の日の過ごし方 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市販納豆レビュー」カテゴリの最新記事