寝るのが趣味☆気持ちよく眠るための快眠ブログ

 
 
神奈川県座間市・快眠具まるとみ☆店長のブログ

アレルギー対策 手軽に洗えて暖かい…ダクロン®ブランケット

2017-10-30 18:25:23 | 毛布
 シルクより細い特殊形状繊維 

 ダクロン®ブランケット

 乾燥が速いので手軽に洗えます

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
アレルギー対策には洗濯して清潔にすることが大切ですが、洗える毛布はアクリル素材が大半です。
ダクロン®ブランケットの素材はマイクロマティーク®ファイバー製ポリエステル100%の繊維です。
アクリル素材との違いは『軽い』『乾燥が速い』『肌触りが良い』『暖かい』という点です。
アクリル毛布と比べると薄手ですが、細い繊維を高密度で織り上げているため保温力が高く軽い毛布です。
水分が乾燥しやすい特殊形状の繊維なので、洗濯後の感想も速く、また水洗い後も毛先の形状変化が少ないので、
アレルギー対策のために洗濯が多い方にもお薦めします。
シルクより細い繊維は、肌の弱い方や敏感な方にもお薦めの、ふんわりやわらかな触感です。
アクリル毛布と比較すると滑りにくい毛布なので、掛けふとんが滑りにくく落ちにくいので、ベッドでも安心して使えます。
アクリル毛布より高価なのが難点ですが…耐久性もあり長く使えるので、お客様からも好評です。

 快眠具.com
  
コメント

枕の高さは、敷き寝具の硬さで変わる

2017-10-29 18:13:56 | まくら
 三種類の高さが選べる枕 ファインスムーズ

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
ファインスムーズは寝返りがしやすいのが特徴の枕ですが、高さが三種類の中から選べます。
枕の高さは実際に寝て選んで頂きますが、敷き寝具の硬さで高さが変わる点に注意が必要です。
柔らかい敷きではちょうど良い高さの枕も、硬い敷きで試すと低く感じるので、
家で使っている敷きの硬さに近いもので試して選べば、後日に違和感を感じることは少ないと思います。
ショールームでは、ボディドクターのマットレスで枕を試して頂きますが、三種類の硬さの違うマットレスを展示しています。
自宅でお使いの敷きふとんやマットレスに近い硬さで試して頂いて、ぴったりの高さの枕を選ぶことができます。
ショールームでお気に入りの枕を選んでみませんか?

 快眠具.com
コメント

ポーランド産羽毛ふとんがお買い得 数量限定

2017-10-28 17:55:30 | 掛けふとん
 

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
当店で販売している羽毛ふとんは、メーカーや問屋から仕入れたものではなく、県内の羽毛工場で一枚づつ作ってもらい店に展示しています。
工場に出向いて原料を見て、羽毛の品質を確認してから作るようにしています。
今年は羽毛の価格高騰のため、高品質で手頃な価格の原料が手に入りにくい状況となっていますが、
年末には中国安徽省のグースダウンが入荷の予定なので、楽しみに待っているところです。
今回は工場在庫となっている、ポーランド産ホワイトグースダウン93%の原料を、在庫整理のため処分価格で提供して頂くことになりました。
側生地にはソフトで軽い100サテン(綿100%)を使い、充填量は1.2㎏で仕上げた羽毛ふとんは、軽くて暖かく耐久性にも優れています。
通常販売価格は¥136,000(税込)ですが、今回は在庫限りの特別価格¥68,000(税込)で販売させていただきます。
ご注文を頂いてから1枚づつお作りしますが、工場在庫の羽毛がなくなり次第、販売終了となります。
この羽毛ふとんの軽さと暖かさは、実際に手に触れて体感して頂ければ実感できます。
ショールームの製品見本で高級羽毛ふとんの軽さと暖かさを体感してください。

 快眠具.com

コメント

打ち直しで作る敷きふとん 厚みや重さについて

2017-10-27 18:50:28 | お手入れ


こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
画像は、打ち直しで作り替えるために、お客様からお預かりした敷きふとんです。
見た目は普通の敷きふとんですが、持つと重たい…
通常は厚く作っても7㎏くらいですが、計ったところ8㎏近くありました。
高齢のお客様でしたが、畳に1枚のみで使いたいので同じ量で作ってほしい…とのことでした。
打ち直しで敷きふとんを作り替える時によくあるリクエストは『軽くしてほしい』という声です。
毎日の上げ下ろしや干したりといったことが、年齢とともに重く感じるので軽くしてほしい…
そんな希望が多い中で、重たい敷きでも良いという方は珍しいかもしれません。
敷きふとんの厚みは、使い方や用途で変わります。
畳みや床で使う場合は、1枚だけで使うのと2枚敷いて使うのとで厚みが変わってきます。
軽く作るということは、中綿の量が少なくなり薄くなるのでマットレスなどと重ねて2枚使うのが一般的です。
ベッドのマットなど、厚いマットの上で使う場合は、床で使う敷きよりも薄く作ります。
木綿わたの敷きは、お客様の使い方やお好みで厚みと重さを変えることができます。
打ち直しをする時、リクエストがあれば遠慮なく伝えてください。

 快眠具.com


コメント

四季を通して使えて、冬も暖かい組み合わせ エアーリブライト+パシーマ

2017-10-26 18:54:14 | 敷きふとん


こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
秋を飛び越えて急に冬が来てしまったような冷え込みですが、毛布や羽毛ふとんなどの暖かい寝具を求めてのご来店が増えています。
私は夏から続けて、エアーリブライトパシーマの組み合わせをボディドクターの上で使っていますが、寒くなってきても意外と暖かくて、
敷きは今の組み合わせでしばらく使えそうです。
空気層が多いために寝床に入っても冷たさを感じない点と、パシーマと兼用することで暖かい空気が溜まるので、寒くなっても暖かく感じるようです。
今お使いの敷きふとんに重ねて使うことで、やや硬めの寝心地となりますが、体圧分散に優れた敷きなので気持ちよい硬さで眠ることかできます。
空気層が多いので、蒸し暑い夏もムレ感が少なくて快適なので、四季を通して使える敷きです。

 快眠具.com
コメント