寝るのが趣味☆気持ちよく眠るための快眠ブログ

 
 
神奈川県座間市・快眠具まるとみ☆店長のブログ

組子ベッドで湿気対策

2017-05-27 13:26:31 | ベッド
 組子ベッド あんばい焼桐 ¥198,000

こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

今年も湿気の多い季節が近付いてきました。
寝具の中でも、特に敷きふとんやマットには湿気が溜まりやすくなります。
湿気を放置するとカビの発生するケースもありますが、
湿気の多い状態の敷き寝具では、不快な寝床となり快眠できません。
組子ベッドの最大の特徴は『通気性の良さ』にあります。
スノコと組子の組み合わせで、敷き寝具との接地面を減らし乾きやすいので、
ベッドの上に敷きっ放しでも自然乾燥してくれます。
桐素材も湿度をコントロールする木材なので、湿気対策の効果が高まります。
夏はムレ感の少ない爽やかな寝心地
冬は湿気の少ない干したての暖かい寝心地
そんな組子ベッドは、ショールームで体感できます。

 快眠具.com
コメント

ゴムがない、パシーマパッドシーツ

2017-05-24 17:31:32 | シーツ


パシーマパッドシーツ

こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

通常のパッドシーツには、四隅にゴムが付いていますが、パシーマパッドシーツにはありません。
『ゴムがないからズレるのでは?』とよく聞かれますが、パシーマはゴムがなくても大丈夫です。
寝相の悪い方でもズレることはありませんし、裏表なく使えるので長持ちします。
表面が目の粗いガーゼ素材なので、綿素材の上では滑りにくくなっていることでズレにくいのだと思います。
パッドシーツのゴムは、使っているうちに伸びてくるので、使い勝手が良いとはいえません。
寝相の悪い方にもパシーマは使って頂いてますが、今までズレて使いにくいという声は聞いたことがありません。
パシーマはゴムがなくても安心して使えます。

 快眠具.com
コメント

音がする敷き素材 東洋紡ブレスエアー

2017-05-22 17:37:59 | 敷きふとん

東洋紡ブレスエアー

こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

東洋紡ブレスエアーは、適度な硬さと通気性に優れているので、組子ベッドで使うのに最適かなと思ったのですが…
実際に組子ベッドの上に敷いて寝てみると、寝返りをするたびに『パキッパキッ』という小さな音がします。
フローリングや畳の上なら、さほど気にならない程度の音てすが、組子ベッドでは音が大きくなります。
組子の格子に音が反響して大きく聞こえるのでは…と思います。
ブレスエアーと似た素材に『エアウィーヴ』がありますが、こちらは音の問題はないようです。
組子ベッドビラベック羊毛敷きふとんなどを使う場合、1枚では薄いので下に敷く素材を探しているのですが…
寝心地がよくて、耐久性があって、通気性もいい、そんな下敷き素材を探し中です。

 快眠具.com
コメント

ボディドクター フートンの上げ下ろし

2017-05-21 14:48:56 | マットレス
 ボディドクター フートン5 ¥51,840

こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

展示見本でもいいので、すぐ欲しいというお客様に、連休中にお届けしたボディドクター『フートン5』
販売元の欠品で2週間ぶりにショールームに納品されました。
2週間の欠品の間は、私が使っているフートンをショールームに展示してました。
2階の部屋から朝ショールームに下して、閉店後に部屋まで上げるという、上げ下ろしの毎日でした。
ボディドクターには3種類の硬さがあり、それぞれに寝心地が違います。
欠品中でもフートンの寝心地を確認していただくための上げ下ろしでしたが…
ボディドクターの重さと運びにくさを改めて認識しました。
重量があり、尚且つ柔らかさもあるので、グニャッとしてしまい畳んで運ぶのが一苦労…
同じように重くても、ムアツふとん等の高質ウレタンのほうが運びやすいですね。
上げ下ろしは扱いにくいボディドクターですが、寝心地は素晴らしいので、ベッドのマットレスとしてお薦めしています。
これから湿気の多い季節ですが、ボディドクター組子ベッドなら湿気対策も万全です。

 快眠具.com

コメント

今の季節に、ちょうどいい厚さの掛けふとん

2017-05-18 16:10:17 | 掛けふとん
羽毛合掛け カナダ産ダウン93%0.8㎏ ¥39,800
 スーピマ綿肌掛け 中わた 綿100%1㎏ ¥19,440


こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

今の時期、冬掛けでは暑い、夏掛けでは寒い、ちょうどいい厚さが難しい季節でもあります。
薄い夏掛けを重ねる使い方もありますが、重ね掛けは重く感じる場合があります。
夏掛けよりも少し厚みのある掛けふとんがあると、この時期には重宝です。
カナダ産ダウン93%の羽毛の夏掛け(ダウンケット)は0.4㎏、合掛けは0.8㎏、冬掛けは1.3㎏で作っています。
スーピマ綿肌掛けは、0.8㎏と1㎏と2種類作っています。
寒い季節でも冬掛けでは暑いというお客様もいらっしゃるので、冬でも合掛けは需要があります。
羽毛ふとんの打ち直し(リフォーム)でも冬掛けを薄くしてほしいという方も増えてきました。
贅沢ですが、冬掛けと夏掛けと合掛けの3種類の厚みがあると便利かと思います。

 快眠具.com
コメント