ふくらの家 便り

江南市国際交流協会の活動拠点「ふくらの家」の日々の出来事を綴ります

フィリピン料理(りょうり)教室(きょうしつ)

2018年06月17日 | 料理

6月17日(日)、フィリピン料理教室(りょうり きょうしつ)をしました。


始(はじ)まりまーす!フィリピンのグレイシェル先生(せんせい)です♪



材料(ざいりょう)いろいろ。手前(てまえ)の2つの缶(かん)は、デザート用(よう)。左(ひだり)はいんげん豆(まめ)の水煮(みずに)、右(みぎ)は、ココナツミート。


できあがり!今日(きょう)は、アドボ(チキンとじゃがいもの甘酸(あまず)っぱい煮物(にもの))、ソパス(野菜とチキンのミルクスープ)、ミナタミス(いんげん豆とココナツミートのデザート)です。


醤油(しょうゆ)と、ミルクが違(ちが)ってしまいましたが、それでも、おいしくできました!


この記事をはてなブックマークに追加

大口町(おおぐちちょう)で、中国(ちゅうごく)の紹介(しょうかい)をしました

2018年06月16日 | 国際理解講座

3回(かい)のうちの2回目(かいめ)。今日(きょう)は中国(ちゅうごく)です。

中国の紹介(しょうかい)

紙芝居(かみしばい)「歯のない虎(はのないとら)」

おやつタイム!

 

世界(せかい)の遊び(あそび)体験(たいけん)、民族衣装(みんぞく いしょう)も着ましたヨ!

(写真がありませんm(_ _)m)


この記事をはてなブックマークに追加

マカオ大学のみなさんと

2018年06月10日 | その他ふくらの活動

5月31日〜6月6日、マカオ大学(だいがく)から4人(にん)の学生(がくせい)が、ホームステイされ、いろいろな体験(たいけん)をされました。

6月1日には、市内観光(しない かんこう)。フラワーパーク、すいとぴあ江南(こうなん)、永正寺(えいしょうじ)を回(まわ)りました。

永正寺(えいしょうじ)では、抹茶(まっちゃ)をいただいたり、純日本風(じゅん にほんふう)の 庭(にわ)を見たり、珍(めずら)しい仏像(ぶつぞう)を見たり、鐘(かね)をついたり。。。

 

6月5日は、わいわいプラザを兼(か)ね、いっしょにランチを食(た)べましたよ。

今回(こんかい)は、炊き込みごはん(たきこみごはん)、お吸物(すいもの)、野菜(やさい)の肉(にく)まき、きゅうりの酢の物(すのもの)、たまごやき、ミニトマトです。

料理(りょうり)の様子(ようす)。一人が切(き)って、一人がつまみ食(ぐ)い?

 

ランチの後(あと)、マカオの方々(かたがた)は、己書(おのれしょ)を体験(たいけん)されていましたよ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

子どもフェスティバル

2018年05月30日 | その他ふくらの活動

5月27日(日)すいとぴあ江南(こうなん)での子(こ)どもフェスティバルに参加(さんか)しました。


天気(てんき)もよく、たくさんの 人(ひと)が 来(き)てくださいました。


世界(せかい)のあそび コーナー。
わなげ、竹馬(たけうま)の他(ほか)、ブラジル、ベトナム、韓国(かんこく)、フィリピンのあそびが 体験(たいけん)できます。


紙芝居(かみしばい)は、中学生(ちゅうがくせい)ボランティアも お手伝(てつだ)い。


綿菓子(わたがし)コーナー


バザーや、いろいろな 食べ物(たべもの)の 模擬店(もぎてん)も 盛況(せいきょう)でしたよ。

かつて 小(ちい)さな子(こ)どもだった、ふくらの子達(こたち)が、大(おお)きくなって、イベント活動(かつどう)を 手伝(てつだ)ってくれてます。力(ちから)もあるし、まさに戦力(せんりょく)として 活躍(かつやく)してくれるのは、うれしいことですね。


この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム料理(りょうり)を 作(つく)りました

2018年05月21日 | わいわいプラザ

5月21日(月)今月(こんげつ)のわいわいプラザは、ベトナム料理です。

先生(せんせい)は、ベトナム人のタンくんで、フォーの 作り方(つくりかた)を 教(おし)えてくださいました。今日(きょう)は、牛骨(ぎゅうこつ)からとる、本格的(ほんかくてき)なスープを作(つく)りましたよ!


わいわいプラザのポスター(タンくん作)


お買い物(おかいもの) 準備(じゅんび)は OK!


牛骨(ぎゅうこつ)を ゆでて 洗(あら)います。


牛(ぎゅう)ブロックを 入(い)れ 圧力鍋(あつりょく なべ)で 煮(に)ます。


牛(ぎゅう)ブロックを出し、コリアンダーシード、スターアニス、シナモンなどのスパイスを乾煎り(からいり)して、スープと いっしょに さらに 煮(に)ます。


牛(ぎゅう)ブロックは、うすく スライスします。(トッピング用)

平行(へいこう)して、チェーという 緑豆(りょくとう)の団子(だんご)を 作(つく)りました。
白玉粉(しらたまこ)の生地(きじ)で 緑豆(りょくとう)の 餡(あん)を くるみます。


団子(だんご)を ゆでます。こうやって、上(うえ)に上(あ)がってきたら、できあがりです。
生姜(しょうが)と 砂糖(さとう)を 入(い)れた スープに入れて、食(た)べます。


尾北高校(びほく こうこう)の 留学生(りゅうがくせい)も いっしょです。


手前(てまえ)の ネパールの男の子(おとこのこ)は、牛肉(ぎゅうにく)が 食(た)べられません。でも2 日後(ふつかご)に 帰国(きこく)する タンくんに 会(あ)いに 来(き)てくれました

牛(ぎゅう)のダシが出(で)て、香辛料(こうしんりょう)の効(き)いた、本当(ほんとう)に おいしいスープのフォー。

タンくんの お母さんが 作ってくださった 緑豆(りょくとう)の 餡(あん)が ほんのり 甘(あま)い やさしい味(あじ)の チェー。

みなさんで 楽(たの)しく いただきましたよ。

「みんなが たくさん 食べてくださって 安心(あんしん)しました。」と言(い)っていた タンくん。準備(じゅんび)、そして 今朝(けさ)早(はや)くから、ありがとうございました!また ふくらに 帰(かえ)ってきてね

 


この記事をはてなブックマークに追加