マンション管理のお勉強日記+スピリチュアルなブログ:飯田史彦教授 江原啓之氏 坂本政道氏等の精神世界の書籍を読んで

先立った最愛の彼女といつか必ず逢いたい…彼女が枕元に置いて逝った江原啓之氏の書籍…Spiritualな世界の存在を信じて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飯田史彦教授 本来の意識体の姿に戻る -わかってます・・・だけど-

2006年10月31日 19時55分44秒 | ★書籍で探訪|福島大学  飯田史彦教授
-わかってます・・・だけど- 私が各書籍の中で、故意に読み飛ばしている部分があります。 それは、飯田教授の次のような話です。 ツインソウルの話の次のページに出てきましたので、ここで私の考えも述べたいと 思います。 「人生を終えて本来の意識体の姿に戻ると、物質世界で人間として抱いていた 嫉妬心や独占欲も、感じなくなります。したがって、物質世界に残してきた妻や 夫や恋人が、自分以外に新しい恋人を作 . . . 本文を読む
コメント

飯田史彦教授  ソウルメイト、そしてツインソウル

2006年10月31日 19時42分44秒 | ★書籍で探訪|福島大学  飯田史彦教授
-ツインソウルとソウルメイトとの違いは- 意識体には性別はありませんが、1つの魂が2つに分かれて「人間と生まれていく 際には、男性、女性かの体を選んで入っていかなければなりません。」 「一方は男性、一方は女性として生まれていき、やがて出逢って夫婦になり、事実 上は『二人でひとつの存在』として溶け合い、支え合って生きていくことになりま す。この絶対的な一体感こそ、ツインソウルと、その他の普通のソウル . . . 本文を読む
コメント

そのときの色は・・・

2006年10月31日 07時35分48秒 | ◆スピリチュアル:不思議なこと
そうそう、見てもらったのちに、仮称:田中さんとお会いし、 私の今の色は?と聞きましたら「ピンクぽい色」と言われました。 あと、見てもらって話を聞いている最中だったのですが、 右手の人差し指がピクピクと少しの間、痙攣してました。 . . . 本文を読む
コメント

十三仏と十四神、そしてスピリチュアルの視点を+αしてみて

2006年10月31日 07時05分12秒 | ◆スピリチュアル:前を向いて歩こう
見てもらいに行った際、確か十三仏十四神という話を何度か聞きました。 調べてみましたら・・・ 日本の仏教には、十三仏来迎という信仰があり 人は、死したのち、 初七日=不動明王 二七日=釈迦如来 三七日=文殊菩薩 四七日=普賢菩薩 五七日=地蔵菩薩 六七日=彌勒菩薩 七七日=薬師如来 百か日=観音菩薩 一周忌=勢至菩薩 三回忌=阿弥陀如来 七回忌=阿閦(あしゅく)如来 十三回忌=大日 . . . 本文を読む
コメント

岐阜県瑞浪市の市立中学2年遺書を残して自殺

2006年10月30日 22時41分39秒 | □私の気になる記事
岐阜県瑞浪市の市立中学2年の少女(14)が今月23日、いじめをほのめかす遺 書を残して自殺した問題で、いじめの有無を巡る学校側の説明が二転三転してい る。同校は少女の家族に対していじめを認めていたが、その後、会見などで「原因 は分からない」「広い意味でのいじめはあった」と言い直しを繰り返し、30日に は再び「自殺に結びつくいじめの事実はない」と話した。中学校では同日朝、緊急 の全校集会が開かれたが . . . 本文を読む
コメント

茨城県立高の校長が自殺

2006年10月30日 21時25分45秒 | □私の気になる記事
茨城県立高の校長が自殺 山林で、近くに遺書 30日午後4時すぎ、茨城県大子町左貫の山林で、県立佐竹高校(同県常陸太田 市)の校長、高久裕一郎さん(58)が首をつって自殺しているのを大子署員が発 見した。近くに遺書のようなものがあり、同署などは原因を調べている。同校は必 修科目の未履修が発覚していた。 調べでは、高久さんは29日から行方不明になり、家族が30日昼ごろ、大子署に 捜索願を出した。現 . . . 本文を読む
コメント

見てもらいに行って来ました。

2006年10月30日 07時36分53秒 | ◆スピリチュアル:不思議なこと
昨日、仮称:田中さんの紹介で、田中さんが的確だというところ(霊媒師と呼ば れるのは・・・だそうで)で見てもらいました。 私は、名前と年齢(私と亡き彼女)、私の現住所のみ伝えました。 挨拶をしたのち、少しの間、私をじっと見て、そして目を閉じたりされたのち、 開口一番、「観音様に何か心当たりはありませんか?」と言われました。 「住まいの近くに観音様がいらっしゃるとか」 「観音様と何か関わりがある . . . 本文を読む
コメント

江原啓之氏 お薦めの「天国の子どもたちから」を読んで

2006年10月28日 13時21分21秒 | ★書籍で探訪|江原啓之氏
昨日、ふらふらと書店へ行きましたら、 ドリス・ストークス著 江原啓之 監訳 横山悦子 翻訳 「天国の子どもたちから 残された家族への愛のメッセージ」ハート出版 という、書籍を見つけ、表紙をパラっとめくってみましたら・・・ 「この言葉だ。私にピッタリなのは。」と思ったものですから、 購入しました。 ドリス・ストークスより、 「死は特別なものではなく隣の部屋へ移った、ただそれだけのこと。 . . . 本文を読む
コメント

不思議な話 波長・・・でしょうか・・・

2006年10月27日 07時14分23秒 | ◆スピリチュアル:不思議なこと
私が入社してから半年後に入社してきたパートの女性から、先日電話があり、 「突然何かな?」と思い話を聞きましたら、その内容に驚いてしまいました。 その女性は、別れた夫に大変苦労された方でもあります。 その人は、とにかく気使いの行き届いた人で、「あれを」とか「それ」という 言葉だけで何をして欲しいと言っているのか、分かる機転の効く人なんです。 いつも誰がどんな会話をしているか、大まかに耳に入れ . . . 本文を読む
コメント

飯田史彦教授  -未来に向いた勇気の涙-

2006年10月27日 02時52分41秒 | ★書籍で探訪|福島大学  飯田史彦教授
飯田史彦教授は、「祖父母のお通夜の時、ひつぎを前にして、おそらく一時間くら いは泣き通しでした。」弟さんの証言によると、まわりの人にもかまわず、声をあ げてないていたそうです。 しかし、その涙は、「もう会えない」という悲しみの涙ではなく、「これまで、 可愛がってくれて、本当にありがとうございました。」という、感謝のあまりの 涙だそうなんです。 飯田史彦教授はこのようにおっしゃっておられます。 . . . 本文を読む
コメント

いじめ自殺調査、小渕政務官を現地へ

2006年10月25日 22時07分12秒 | □私の気になる記事
福岡県筑前町のいじめ自殺調査、小渕政務官を現地へ 福岡県筑前町立三輪中2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題で、文 部科学省の小渕優子政務官が25日、現地に行き、遺族や校長から直接話を聞くこ とになった。伊吹文部科学相が24日の閣議後会見で明らかにし、「具体的な事実 関係を文科省として把握するため」と理由を説明した。 一方、北海道滝川市で小6女児がいじめを苦に自殺した問題で、道教 . . . 本文を読む
コメント

飯田史彦教授 [死ぬ瞬間] 死ぬという体験

2006年10月25日 20時02分08秒 | ★書籍で探訪|福島大学  飯田史彦教授
「息をすうのをやめて、体から離れました。」 「死」という現象は、死んでいく本人にとって、いったいどのような感覚として 実感されるものなのか。「死」の記憶について、死んだ本人の口から直接聞くなど ということは、数十年前までは夢物語にすぎなかった。 しかし、飯田史彦教授は「現代科学では、医療分野で発達してきた『退行催眠』と いう技法によって、以前の人生で死んだ時の記憶を蘇らせることが可能になって . . . 本文を読む
コメント (6)

福島大学 飯田史彦教授  -母親の愛-

2006年10月25日 03時29分47秒 | ★書籍で探訪|福島大学  飯田史彦教授
ある男の子が先生を訪ねてきて・・・ 「先生、あの本に書かれていることは本当に、本当なのでしょうか?!」 飯田教授「私は、ウソを書いたことはありませんから、本当ですよ。」 「死んでも、また必ず会えるんですか?」 「死んでもいつも一緒なんですか?」 「本当にまた会えるんでしょうか?」 飯田教授「そうだよ、お母さんにはまた必ず会えるから」 「お母さんが・・・お母さんが死んじゃったんです! . . . 本文を読む
コメント

江原啓之氏のスピリチュアルの原点

2006年10月25日 02時07分22秒 | ★書籍で探訪|江原啓之氏
「人はなぜ生まれ、いかに生きるのか」ハート出版 私の義理の姉も持っています。 私は、江原啓之氏の書籍の中で、一番「江原啓之氏という人物が分かる」書籍 であり、またスピリチュアリズムを学ぶ上で、欠かせない基本書だと感じている 一冊です。 江原氏も霊媒体質として生まれてから、色々なご苦労があったのだなぁと、 今は有名人となってしまった「江原啓之氏」の素顔を知ることができます。 亡き彼女が残して . . . 本文を読む
コメント

江原啓之氏の語る-死に方-

2006年10月24日 19時33分58秒 | ★書籍で探訪|江原啓之氏
病気や事故、そして犯罪に巻き込まれ・・・ どう見ても「不幸に見える死」に対して、江原啓之氏は、「この話には反感を 持つ人がいるでしょうね。」と認識しつつも、「江原啓之氏への質問状」徳間書店 では、次のように答えています。 (聞き手) 自分の家族(子ども)を殺したヤツがのうのうと生きているかと思ったら、やり切 れない・・・ お前も恐怖を思い知れと。そういう場面で感情的にならない人のほうが、私は . . . 本文を読む
コメント