Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

天気のよい日は毛布を干そう

2021-04-23 | 猫の家出
フェイスブックは過去の投稿などをあげてくるので、
しょっちゅう、わさびの写真が登場する。
姉妹のくるみはキジトラで、写真を撮るのがなかなか難しいし、
カメラを向けるとだいたい、そっぽを向くので、
くるみの写真はあまりなかったりする。

わーさんが、家出をしてから2か月弱。

今年の5月で13歳になるところだった。
しかし、12年は私たちに付き合ってくれてたんだと思うと、
それだけでも、よしとせねばと最近思う。

しょっちゅう家出していた。
アニマルコミュニケーターの友人によれば、
「わさびちゃんは誇り高き野生動物です」(キッパリ)。
で、過去生でも飼い猫や飼い犬だったことがあるけれど、
いずれも脱走していますと言われていた。



でもね6年前に10日ほど帰ってこなくて、
それで戻ってきたときには、反省したのか、
わりと家にいるようになっていたので、
「今世は飼い猫修行に来たに違いない」と思っていた。

歳をとったらちゃんと家で看取ってあげよう、
と、こっちは真剣に覚悟していたぐらいだ。

しかし、そうは問屋が卸さず、別な体験をさせられた。
今までも飼い猫を看取る経験はしているからね。
そうやって、人間も鍛えられるんだろうな。

家出なので、いくらでも想像力を働かせることはできる。
「化け猫修行に行ったんじゃないか」という説もある(;^ω^)
「カスタネダの本に出てくるドンファン(シャーマン)、
もしくはルーク・スカイウォーカーみたいに消えたんだよ」とか。

今日も暖かなとっても良い天気だったけれど、
おせっかいフェイスブックが「2年前の今日」
って出してきたこの写真も良い天気。
外に干してあるシーツか毛布の陰でくつろぐ姿。

今日も、そういえば、家の人が毛布を洗濯して干していた。
人間は計らずも同じことやっている(笑)

コメント   この記事についてブログを書く
« 天使へのお土産 | トップ | すべての存在は愛である »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

猫の家出」カテゴリの最新記事