野々市サッカークラブシニア広報担当員の雑記帳
共に闘うオヤジ達(R35)よ!
歴史は振り返るものじゃない、創るものだ!!
野々市SCS、更なる飛躍へ!!!
 



コーチしているお姉さんチーム

練習の合間に選手がボールを蹴っている姿を見ていました。

あれ!?
こいつこんなに蹴れたっけ?

という選手がチラホラ。

たまーに

ごく稀に

年に数回

こういう瞬間が訪れます。
選手の上達を目の当たりにする、実感する、時が。

嬉しいことには間違いありませんが、これはコーチの指導の賜

なのかというと、そーでもなかったりして。



指導がどーのこーの

コーチングがどーのこーの

ってことより、
選手は“自分(の意志)で”ボールを蹴った分だけ伸びていきます。

コーチはいかにそれをサポートできるか
ですね。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 言語 episode4 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (mikity)
2014-07-03 19:41:55
おっしゃる通りっ(´Д`)
 
 
 
分相応 (☆の)
2014-07-06 18:06:44
トップを争うような場に身を置いているコーチはまた話が違うのでしょう。

きっと☆のの想像もつかない世界。
やれと言われてもムリ。
(そんなオファーもございませんが)

まあ、私のすべきことはココにあります。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。