東海林 順の一人旅
宮城の貧乏ライダーが日々の生活を綴ります。
 



今年四月に栃木県ツインリンクもてぎにて開催される

MotoGP第二戦日本GPのチケットが発売開始です。

といっても17日からなんですが

今年は、というか今年も席割りに変更がありますので

去年と若干違うこともあるかと思います。

結局わたくしはA席でマターリ観戦することにしました。

多分レース中も大半は違うところにいるだろうけどww

大型スクリーンで見られますが

結局家でテレビ観戦が一番快適なのかもしれません。

まぁ、それはいいとして

指定席のいいところは座席の確保をしなくても良いってことです。

中国とかと違って日本では指定席の権利がちゃんと認められますからねww

しかし、周囲にどんな人が来るのか分からないというのもまた事実。

レース観戦エリートもいれば初心者もいるし

田舎ならではのひたすらビールとか飲んでる酔っ払いもいますしね・・・

当たり外れが大きいのもまた事実。

スクリーンとかは見れませんが

自由席で観戦が現地観戦では一番賢いような希ガス。

でもA席だとスーパースピードウェイに行けますから

表彰台を目の前で見れます。

今年から1コーナー席にもサーキットビジョンが設置されるらしいです。

去年は確か24型くらいのブラウン管テレビでしたからねww



多分スタート・ゴール付近はA席とアリーナエリア

レース中は自由席 みたいに移動していると思います。

撮影ポイントはなんといっても自由席に限る!!

まぁ、予選中は全席自由ですけども。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




MotoGP第16戦オーストラリアはフィリップアイランドでの開催です。

天気は快晴。

もてぎでも晴れて欲しかった・・・

まぁ、それはいいとして各クラスを簡単に振り返ってみましょう。

<GP125>

今回は転倒祭でした。

二台絡んでの転倒が一度ありましたが

他は殆ど単独転倒だったように思います。

写ってないところで絡んで転倒があったかもしれませんが。

レースの方はデメリオが中盤から抜け出て独走。

今期のタイトルを決めました!!

フランスライダーの久し振りのタイトルだそうです。





後姿もカコイイwww

チームから突然解雇宣告されたコヤマックスは今回出場できず。

次戦からKTMファクトリーで出場するそうです。

今期のKTMは開発微妙だったのかな・・・

それはともかくデメリオおめでとう!!!





そういや もてぎ ではシャンパンファイトで大人しかった樽が

今回は参加してたなwww


<GP250>

ホールショットはKTMワークス。カリオかヒロシか忘れてもうた・・・orz

オープニングラップ中盤からバイティスタがTOPに浮上。

一周目は バウ・シモンチェリ・ヒロシ・カリオ といった順に戻ってきます。

4周目にファウベルがあぼーん。

この辺からシモンチェリとバイティスタのバトルが各所で勃発します。

ストレートで圧倒的に早いバウティスタにヘアピンで抜きに掛かるシモンチェリ。

何度か繰り返されるうちにシモンチがインから仕掛けてバウが大回りになります。

そこですかさずKTMカリオ・シモンが抜きバウは四位に後退。

しかしホームストレートに帰ってきたらKTMに大をゴボウ抜きして

TOPのシモンチェリを追撃します。

結局このバトルを制したのはシモンチェリでした。

終盤の左コーナーでインに入ったバウを外から被せて前に出ると

そのまま押さえきりました。





これで今回の小排気量クラスはデルビが制したことになります。

アプリリアのOEMらしいけど

ストレートはアプリリアに分があるみたい。

何はともあれシモンチェリおめっとさん!!!





いいね、このポーズwww


<MotoGP>

MotoGPクラスです。





PPはKC。

相変わらず速さは衰えず・・・

って、まだ22歳ですけどねwww

結局そのまま飛び出してKCがホールショット。

二番手にニッキー。

来年のチームメイトになる香具師らがワンツー体制。

オープニングラップ早々にダニが転倒。

バーミューレンがそのあおりを喰らってかコースアウトしてしまいます。

一周目帰ってきて KC・ニッキー・鳥栖・ロレ・江戸・中野さん・プニィ・ロッシ

といったオーダー。

ロッシがえらく沈んだなぁと思ったら

オープニングラップのデの転倒を避けたからのようです。

オンボードで見るとよく避けられたなぁと感心してしまいます。

俺だったら衝突してるだろうな・・・

コーナリング中だったら間違いなく一瞬車体を起こしてしまってそのまま・・・

やめましょう。

レースに戻ります。

その後集団のまま順位を上げてきて

KC・ニッキー・鳥栖・ロッシ・ロレといった順に。

しばらく鳥栖に梃子摺っていたロッシですが

残り16周のホームストレートでやっと鳥栖をパス。

ドビッチとロレがバトル開始。

その頃二番手のニッキーとロッシとの間には五秒の差がついていました。

KCが完全に独走態勢に入ってから表彰台争いが活発に。

しばらく小康状態が続きまして

残り二周で四位集団が ロレ・ドビッチ・鳥栖・中野さん の四台体制に。

何というカオスwww





そして驚くべきことに、一時二番手のニッキーから五秒あったのに

その差を一気に縮めたロッシが

ラストラップ突入時にはニッキーを交わして二番手に上がります。





しかしロッシの追い上げもここまで。

TOPを走るKCには追いつけず

結局KCが逃げ切ってホームGP二連覇です。





これで手首骨折してるなんて信じられん。

来期が非常に楽しみになってきました。


余談ですが表彰台でのロッシとニッキーのプレゼント祭は凄かった。

まずロッシが左右のニースライダーを投擲!!

そして何故かニッキーはブーツを脱いで投擲!!!

観客怪我してないといいけど・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さぁ、決勝日です。

と、いうことで朝の5時半頃自宅を出発したのですが

南ゲート前から既に渋滞していた・・・

まぁ、そこは二輪専用入り口があるので

スリ抜け+専用口でスムーズに入場できましたけどねww

流石に結構な数のバイクが来ている。

隣に停まったBMWのおっちゃんと喋っていたら

入場ゲートの開く時間になっていたww

サクっと入場し、WUP前のパドックをうろつきました。

途中、GP125の小山選手に遭遇したので

応援の声をかけたら寄ってきて握手してくれました。

ちょっと感動。

他にも各クラス様々なライダーと遭遇して

適当に写真撮らせてもらったりしました。

その後8時半頃になって今回用意した席へ向かいます。

コースサイド席に陣取って

WUPから観戦していたのですが

思っていたより見通しが良くない。

目の前過ぎたらテレビ観戦しかないしww

しかもサーキットビジョンでなく普通のブラウン管テレビですからwww

やっぱりヘアピンか90度席が良かったかな・・・?

なのでレースは残り数周まで見たら表彰台前に行ってました。

サーキットビジョンも見えるしww

来年はグランドスタンドにしようかな・・・

どうも指定席は当たり外れが大きい。

まぁ、愚痴はこの辺にして

各クラスそれぞれの表彰台です。

<GP125>







ブラドル今期二勝目。


<GP250>







シモンチェリが勝利。

DUNLOPが200勝目を達成しました。



<MotoGP>







残り15周くらいで表彰台前に行ってみたら

既にかなりの人が来ていたww

サーキットビジョンで見た方が良かったなww

で、ロッシはチャンピオン決定で恒例のパフォーマンス。

しかし今回はなかなか帰ってきません。

いつも以上に時間を掛けていました。

調印式っぽいかんじでしたね。

場所は3コーナーと4コーナーの間にある芝生の辺り。

今回の当りはパドック裏の建物の上と

S字辺りのコースサイドでしたね。

その辺りならパフォーマンスが良く見えたはず。

わたくしは表彰台のほぼ真正面に陣取っていたので良く見えました。

ホンマに嬉しそうで見てるこっちまで嬉しくなりそうでした。



で、表彰式終了後さっさとバイクに戻って

フィナーレパレードに参加してきました。

痛車仕様のままwww

かな~りゆっくり走行していたので

パレードらしい感じだったと思います。

走行会じゃないんだから飛ばしたい人は他所へ行ってくださいww

で、パレード後すぐに出ると地獄の渋滞なので

コース内の駐車場にバイクを停めて

中央エントランス付近のイベント会場で時間をつぶします。

夕食がてらブリックヤードでハンバーガーを食べました。

これがまた美味いんだな・・・

薄っぺらいハンバーグとは一味違う!!

で、Yamahaブースはチャンピオンおめでとうモードへww

冒頭の写真です。

辺りも暗くなっていてなかなか美しい・・・



で、休憩後南ゲートから出たのですが

まだまだ渋滞が収まっていなかった。

途中左腕が疲れたので

歩道に乗り入れて休みました。

妙なところでラジオが役に立ったwww

結局ツインリンクを18時半頃出て

自宅に帰りついたのが20時近くでした。




とりあえず、今回のMotoGPレポートはこれで終わりです。

来年は四月らしいんだが

見に行けるのかな・・・?

無理矢理休み入れてでも行ってやる気ですけどねwww






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




はい、MotoGP二日目です。

予選です。快晴です!!!

初日よりさらに早い時間に出撃したら

これまたえらく空いていた・・・

しかし朝の人出と昼の人ごみはまったく違ったので

わたくしの到着が早かっただけなのでしょう。

では、二日目の様子です。

この日はパドックパスなど買っていないので

一日中ヘアピン~S字の辺りで撮影してました。







GP125は平和でした。

ワイルドカード勢があまり元気なかったのが残念。



代わってGP250。







シモンチェリが早い早いwww

早いぞ このアフロは!!!

余談ですがこの日から青山ヒロシはメットが変わりました。

この日のGP250ではちょっと危険な転倒が相次いでしまいました。

まず、いつもレースを引っ掻き回してくれるバルベラ。

ハイサイドでぶっ飛んだ時に頭を打ったらしく

大事をとって明日は欠場。

ぶっ飛んだ後セカンドバイクで自己ベスト更新してたんですけどね・・・

もう一人、セカンドアンダーブリッジでこれまたハイサイド起こした

ワイルドカードの渡辺が決勝をキャンセルすることになりました。




そしてMotoGPクラスではこの男







ロレンソが990時代のポールタイムを上回って見事にPP奪取!!

今日のロレンソは金玉メットですww

初日はイチゴメットでした。

二番手にはロッシのチャンピオンに「待った」を掛けられるか?







ケーシーが入り







三番手にはニッキーが入っています。

予選だけ見るとBSとMIがいい勝負している。

これは明日が面白そうだ。



そうそう、忘れてはいけない。

今回あの クリビーレがNSR500をライディングしたんですよ!!







しっかりウイリーしてバックストレートをすっ飛んでいきました。

一周目の90度コーナーでハイサイドになりかけたらしいけどwww





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




と、いうことで

MotoGPロードレース世界選手権が日本にやってきました!!

この記事では初日の様子をうpします。

一日目は微妙な雨・・・orz

結局朝の出発時刻は5時半。

6時ちょっと過ぎに現地に到着しました。

バイクも車もまだ少ない時間で

ちょっと寂しい・・・

その頃はまだ何も降ってなかったのですが

時間を追う毎に降ったり止んだりの天気・・・

カメラの調整も大変でした。

午前中、というか朝はGP125の走行が始まるまで

パドックにいたのですが

やはりピットの屋根に登れないと面白いところは見れません。

結局ヘアピンに移動して撮影してました。

午前中は雨が降ったり止んだりしてましたが

午後からはうす曇となり、レコードラインも乾いていたようで

各車スリックタイヤでアタックしていました。





GP125では90度コーナーでクラッシュ続出。

タルマクシをはじめ結構な数が転びましたが

大きな怪我をする選手はいなかった模様。





GP250では特にこれといった波乱もなく

淡々とセッションを消化していったかんじ。



ところで、この日は昼に特別ピットウォークがあったのですが

高橋ユーキが出てきてサインしたりしてました。



MotoGPクラスでもこれまた淡々とセッションを消化していきました。

一日目はウェットだったので

二日目以降に使えるセッティングは無かったのかも・・・

ヘアピンで秋吉が転倒していましたが

大きな怪我は無かった模様。

しかしこの転倒で作業の進行状況が悪化してしまったようでした。

他にもヘアピンでプニィがコースアウトしてました。





初日の様子を見る限りではBSとMIでそれほどの差は無い模様・・・





で、この日の締めは夕方のピットウォーク。




ここでもヤマハのピットは大人気。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




と、いうことで予選一発目行ってきました。

ほぼ予定通りに事は進んで

午後六時頃自宅に帰ってきました。

写真撮りまくったのですが

700枚以上あるので整理できてない・・・

なので整理出来次第順次掲載していきます。

しかし今日は日中雨が降ったり止んだりと不安定な気象で

写真も写りが悪くて

「もっと光を!!」状態でした。

明日は晴れるらしいので

今日よりもっと気合入れて写真撮ってやる!!

また後ほど ノシ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さぁ!今年もやってきました MotoGP!!

明日からフリー走行と予選が始まります。

今から非常に楽しみなんだが

たぶん明日の起床時刻は午前四時半頃。

まぁ、慣れてますけどねww

既に各種装備品は積載準備完了。

明日はバイクにバッグくっつけて出発するだけです。

明日の天気は怪しいですけど

土日は晴れ間が出るらしいので

ヨカタ。

去年に引き続き茂木でタイトル決定の瞬間が見られるのでしょうか!?

なんか遠足前の小学生みたいな気分になってきたwww

今日は早めに寝ることにします。

ではでは。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、観戦準備が整いつつあります。

今年も例年通りコースサイド席をとったので

決勝後の表彰台前が楽しみなんですが・・・

気になるニュースがありました。

こちら http://www.mobilityland.co.jp/motogp/mannerup/goodmanner.html

と、こっちも重要 http://www.mobilityland.co.jp/motogp/news/info0921.html


なんぞこれ!?

パドックパス買う香具師にここまでゆとり厨房が増えたってことか!!?

確かにテレビの中の人に会えるいい機会だけどさ・・・

日本はパドックパス異様に安いし・・・

でも、なんていうのかな・・・MotoGPファンとしてあるまじき行動よね・・・

彼等はスポーツマンでレースをするのが仕事なんだからさ。

そこらの草レースとはその意味合いも違うのよ。

それと、わたしら観客はレースを見に来てるんじゃないの?

目の前でいいレース見たいんじゃないの?

ナントカ流俳優追っかけてるババァじゃないんだから

レースファンらしくレース見ようよ。

しかも去年わたくしが観戦していたピットの屋根は立ち入り禁止・・・orz

まぁ、柵から身を乗り出したりして

落っこちてバイクに轢かれたりしたら洒落にならんからな・・・

去年の決勝では傘さしも酷かったみたいだし。

一言で言ってしまえば

他人の迷惑を顧ないヴァカが増えてしまったということなんでしょう。

自分だけ良ければそれでいいという人間は

目先のことしか考えられず、やがてジリ貧になっていくことが分からんかね?

とりあえずこの処置の成果は当日にならないと分からない訳だけど

一部の馬鹿が全体に迷惑を掛ける好例になってしまったことが非常に悔しい限り。

日本社会全体でモラル崩壊が懸念されていますが

その一端がMotoGPで現れてしまったのですね・・・


この規制に関してグダグダ言うつもりは端からありません。

レースが見られることには変わりありませんからね。

ただな・・・

こういうキャンペーンやらなきゃいけなくなってしまったことが悲しい・・・



さて、話変わって

荷造りがほぼ終わりました。

サイドバッグとタンクバッグとウエストバッグがあるんですが

すべての収納に余裕があるwww

意外と持って行くもの少なかったみたいです。

まぁ、内定式用の荷物を送ってしまったからでしょうけどね。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




インディアナポリス初開催!!

だったんだがハリケーンに見舞われなんとも微妙な感じに・・・

予定通りの時間に起き出してPC繋いでみたら

なんだか様子がおかしい。

MotoGPクラスは結局赤旗中断→終了に。

この間のSBKと似たようなかんじに・・・

まぁ、見てるだけでも分かる凄い風に

コースに何か飛んできてるし

安全性を考えたら無難な処置だったのはないかと思います。

これでロッシの四連勝。

ということは、これでまた もてぎ にて

タイトルが決定する可能性が出てきました。

一応条件を整理すると・・・左からロッシの順位 ポイント数 結果 ね。

Pos Poi Res
01 25 チャンピオンおめでとう
02 20 チャンピオンおめでとう
03 16 チャンピオンおめでとう
04 13 KCが2位以下ならおめでとう
05 11 KCが2位以下ならおめでとう
06 10 KCが2位以下ならおめでとう
07 09 KCが2位以下ならおめでとう
08 08 KCが2位以下ならおめでとう
09 07 KCが3位以下ならおめでとう
10 06 KCが3位以下ならおめでとう
11 05 KCが3位以下・ダニが2位以下ならおめでとう
12 04 KCが3位以下・ダニが2位以下ならおめでとう
13 03 KCが4位以下・ダニが2位以下ならおめでとう
14 02 KCが4位以下・ダニが2位以下ならおめでとう
15 01 KCが4位以下・ダニが2位以下ならおめでとう
16 00 KCが5位以下・ダニが3位以下ならおめでとう
17 00 KCが5位以下・ダニが3位以下ならおめでとう
18 00 KCが5位以下・ダニが3位以下ならおめでとう
19 00 KCが5位以下・ダニが3位以下ならおめでとう
20 00 KCが5位以下・ダニが3位以下ならおめでとう

え~っと、相当ロッシ有利ってことでFA?

三位以内に入れば無条件降伏・・じゃなくて無条件でタイトル確定!!

これはもてぎに行く楽しみが増えましたね。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さぁ、Race2です。

Race2はウェットパッチどころじゃない土砂降りです。

ヘビーウェットです。こんなんで走れるのかいな?

で、ホールショットはベイリス。

しかしすぐにキヨがTOPを奪います。

その後すったもんだあって

20-23にてアーガにライドスルーペナルティー。

どうやらジャンプスタートらしい。TOPはキヨが快走しています。

しかし先にダブルウィンしたブランズハッチもそうでしたけど

キヨの走りは見ててハラハラするわwww

18-23時点でキヨ・ベイリス・クラッチロウというTOP3。

17-23で先生が茶の前に出ます。ついでにラビラも茶の前に出ます。

16-23ではキヨのマシンが加速時にホイルスピンしまくって暴れてるんだけど

まだまだTOPを快走。

と、その時ライドスルーペナルティーを無視して走りつづけていた

アーガに黒旗失格。

キヨが早くもバックマーカーを交わしている頃

ベイリスがヒタヒタと迫ってきます。

15-23では後方のエリソンがFastestどたたき出します。

TOPではキヨとベイリスとの差が二秒弱に。

その翌周、fastestを出していたエリソンがコースアウト。

12-23では最終コーナー立ち上がりやヘアピンの立ち上がりで

二度ほどハイサイドになりかけたキヨですがペースは緩めずTOPを走ります。

と、ここで左コーナーで縁石に乗り上げた?ベイリスが転倒。

ハイサイドなのかスリップダウンなのか分かり辛い転び方で

これまた結構な勢いでグラベルに突入。

一応マシンを起こしてコースに復帰しますが

マシンの右側には芝生が生えてますww

ついでに土も入ってるし草も挟まってるしでかなりダメージ大きそう・・・

結局 PIT IN してリタイアとなります。

右側ボロボロというかドロドロでした。

この転倒でTOP集団はキヨ・クラッチロウ・コーサーということになりますが

キヨとクラッチロウとは3秒、コーサーまでは10秒近い差が出来ていました。

しかしここからのクラッチロウの追い上げは凄かった。

9-23にはその差を1.5秒とし

8-23では暴れまくるマシンをねじ伏せて走るキヨに1.2秒と迫ります。

その後は1.2~1.3秒の間の差を行ったり来たりしながら続きます。

キヨはバンクさせてトラクションかけるときにえらく暴れてる感じですが

クラッチロウはスムーズにラインを追ってる感じ。

ついでにキヨはコーナー進入のときにドリフトしまくりですwww

で、結局そのまま逃げ切ったキヨが勝ちました!!

最後は0.7秒差にまでせまったクラッチロウですが一歩及ばず二番手。

三番手には手堅く走りきったコーサーが入りました。

四番手にはコースアウトした後怒涛の追い上げを見せたエリソンが入っています。

そういや、キヨが最終コーナークリアした時に

コーナーのアウト側でコースに戻ろうとしている香具師いたな・・・

最終コーナーで結構転ぶレースでしたね。

さて、お次はSTK600ですね。

流石に眠いので寝落ちるかもしれませんけど

一応繋げておきましょう・・・zzz


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、スーパーポールを眠気で見逃した中の人が通りますよっと・・・

ドニントン決勝の模様をレポします。

結局ウェットパッチの残る難しいコンディション。

SBK前のSTK1000クラスでは普通のウェットでしたが転倒続出。

何故にイギリスのサーキットは荒れるのかな?

この前のブランズハッチといい・・・

では、レースに戻りましょう。

Race1、周回数は23周です。

ホールショットはキヨが獲ります。

続いてベイリス・サイクスといったTOP3。

しかし22-23でTOPを走っていたキヨが右コーナーで単独転倒。

グラベルに埋まったマシンを起こしますがリタイア。

この辺で実況スレ離脱する香具師発生www

おまいら見切りつけるの早すぐる。

その後TOPに立ったベイリスがレースを引っ張りますが

サイクスがFastestを叩きだしながら猛追。

20-23にてラコーニがコースアウトしてボテゴケ。

ベイリスとサイクスが接近戦に。

17-23では最終コーナー立ち上がりでベイリスが軽いハイサイドを喰らいますが

インを突いてきたサイクスに被せてTOPを譲らず。

しかし今度はヘアピンでサイクスが再度インを突きTOPに浮上。

とここでエース様華麗にズザー。

レースには復帰しますが順位は大きく後退。

グラベルでエース様がマシン起こして跨ったときに

他のマシンがすぐ近くを転がっていったので危なかったです。

16-23ではハスラムと茶臼が接近戦を展開しています。

15-23にてアーガ煙幕展開!!

エンジンブローで白煙を撒き散らしながら・・・

しかしあまりスローダウンせずそのまま走行してしまいます。

多分このときかなりのオイルが出たのでしょう。

次の周、アーガがブローしたコーナーで

コーサー・玉やん・エース様が相次いで転倒。

玉やんに至ってはハイサイドでかなり派手にぶっ飛んでたので(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

結局赤旗が提示されレースは中断。

その後中断なのか、レース成立なのかよくわからないまま・・・

結局オイル処理が終わってレース再開。

再開後の周回数は14周です。

SBKではMotoGPと違って二つのレースの合計タイムで決定します。

で、第二パート開始。

ホールショットはサイクス。

第一パートをTOPで折り返しているのでPPからのスタートです。

若干スタートに失敗したベイリスが四番手につけます。

一周目からTOP四台が抜け出しまして

そこからベイリスはバックストレート後のヘアピンで三番手に

最終コーナーで二番手に浮上。

相変わらず安定して早いな・・・

で、13-14でファブリツィオが転倒リタイア。

派手に芝の上で転けましたが怪我はなかった模様。

その後サイクスがミスってベイリスがTOP浮上。

ベイリス・サイクス・ハスラム・ロルフォといったTOPグループ。

しかしその周の最終コーナーで

一気に二台を交わそうとしたロルフォがハスラムを巻き込んでクラッシュ。

まぁ、ロルフォがハスラムの目の前で転倒したんで避けられなかったんだな。

端から見てても無理っぽかったので多分判断ミスでしょうね。

レースでは良くある事。

しかしハスラムは結構怒ってた。

気持ちは分からんでもない・・・

10-14で8番手辺りを走っていたエリスンがコースアウト。

芝の上スリックタイヤしかもウェットでよく転けなかったな・・・

9-14からベイリスが立て続けにFastestをたたき出しながらTOPを快走。

6-14では日が差している場面も見受けられました。

コースはほぼ乾いている状態で走っているのもほぼスリック装着。

しかしその後3-14にて雨が振り出します。

ここでベイリス・サイクス・茶臼が雨アピールして赤旗提示→レース成立。

結局合計タイムでもベイリスがTOPになり、勝者はベイリスに決定。

二番手にサイクス。

スポット参戦でこの成績は立派です。

三番手には茶臼だと思ってたら先生でした。

表彰台には先生がいました。

なんとも不思議な感じです。

先生自身Surpriseだと言ってましたからね・・・

さて、次はSSPです。

わたくしの乗っているバイクも600ccなので観戦にも力入っちゃいますwww

さて、どうなることやら・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




SBK Rd.11 はイギリスはドニントンパークにて開催されております。

先程第一予選が終わりまして

今回は何とクラッチロウというBSBからのスポット参戦ライダーが

暫定ポールを獲得しております。

まぁ、次のスーパーポールでどうなるかは分かりませんけどね。

確認用にこちら

順 # Name     Na  Machine       Time
1 35 Crutchlow C. GBR Honda CBR1000RR PIT IN 1'43.486 43
2 23 Kiyonari R. JPN Honda CBR1000RR PIT IN 1'43.508 0.022 42
3 91 Haslam L. GBR Honda CBR1000RR PIT IN 1'43.764 0.278 40
4 11 Corser T. AUS Yamaha YZF-R1 PIT IN 1'44.229 0.743 37
5 21 Bayliss T. AUS Ducati 1098 F08 PIT IN 1'44.377 0.891 32
6 41 Haga N. JPN Yamaha YZF-R1 PIT IN 1'44.605 1.119 36
7 66 Sykes T. GBR Suzuki GSX-R1000 k8 PIT IN 1'44.682 1.196 33
8 7 Checa C. ESP Honda CBR1000RR PIT IN 1'45.171 1.685 40
9 3 Biaggi M. ITA Ducati 1098 RS 08 PIT IN 1'45.384 1.898 42
10 84 Fabrizio M. ITA Ducati 1098 F08 PIT IN 1'45.590 2.104 38
11 111 Xaus R. ESP Ducati 1098 RS 08 PIT IN 1'45.635 2.149 28
12 80 Ellison J. GBR Honda CBR1000RR PIT IN 1'45.654 2.168 41
13 36 Lavilla G. ESP Honda CBR1000RR PIT IN 1'45.681 2.195 36
14 96 Smrz J. CZE Ducati 1098 RS 08 PIT IN 1'45.699 2.213 42
15 9 Walker C. GBR Honda CBR1000RR PIT IN 1'45.780 2.294 41
16 76 Neukirchner M. GER Suzuki GSX-R1000 PIT IN 1'45.856 2.370 38

となっております。

先の全日本SUGOを髣髴とさせるヘビーウェットでしたが

キヨナリが8耐後の好調を維持しています。

今回はBSB組みが結構出ているので

こやつ等がどれだけ掻き回してくれるか楽しみです。

SSPのQualifyが21:45からスタートですので

それまでに風呂でも入ってきましょうかね。

ついでにSBKのスーパーポールは日本時間で24時からだwww








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




MotoGPシリーズ第13戦はサンマリノはミサノサーキットにて開催されました。

今回は結構荒れましたね。

完走台数が少な目だったのが気掛かり。

コース改修で去年より46m長くなってるのに去年のラップタイムより早いしww

では早速決勝レースの模様をレポートしましょう。


<GP125>


昨日は18時までバイトだったので125はラスト6周から見始めました。

樽がぶっちぎっています。

樽-スミス-オリベ-コルシ といったオーダー。

樽とスミスは単独走行、オリベとコルシが三番手争いを接近戦。





結局ラストラップまで順位は変わりませんですたが

ラストの最終コーナーで無理矢理インを刺したオリベがフロントを失い転倒。





ケツで何メートル滑った!?

とまれ、大きな怪我は無かったようなので一安心。

結局逃げ切ってこのレース勝ったのは樽でした。






二番手にブラッドリー・スミス、三番手にはコルシ。

しかし終わってみれば13台リタイアというサバイバルレースになりました。

ミサノは所々アスファルトがバンピーらしいですがそのせいもあるのかね?

何はともあれ、樽おめ!!







この勝利で樽はポイントランキング3位に上昇しました。

TOPとは39ポイント差ですから

今年も125のタイトルは分からなくなりました。



<GP250>





ホールショットは高橋が取りました( ゜Д゜)!!

しかしアプリリア勢のストレートには敵わず、帰ってくると順位は三位。

残り23周のところでデボンが特大のハイサイド転倒。





直後を走っていたファウベルは避けきれずマシンに追突、転倒リタイアとなります。

しかしライダーの方に追突しなくて良かった。

さすがGP戦ってるライダーは違うね!?

同じ周、今度はカリオがヒロシのインを突こうとしてリアに接触

カリオは大回りになりヒロシはハイサイド転倒。

コースに戻ってきたカリオにヒロシのマシンが激突し両者リタイア(´・ω・`)





その後ピットが映りますがカリオとヒロシ険悪ムード・・・

ヒロシ怒ってるよ。しかし怒るべきところだとは思う。

レースはバルベラとシモンチェリの先頭バトルになります。

この二人が先頭にいるというだけで何か起こりそうな気がしたのは

オレだけじゃないはずだww

残り21周目の順位はバルベラ-シモンチェリ-ユーキ-エスパルガロ兄といったオーダー。

そこへパシーニが勢いよく乗り込んできます。

そのパシーニが四番手にうpした周

バックストレートエンドでやや強引にバルベラのインを刺したシモンチェリがTOPに

その翌周、今度はバルベラがシモンチェリのインを刺そうとして接触。

両者コースアウトの隙にユーキがTOPに立ちます。

その後追いついてきたパシーニが変わってTOPに立ちますが

バルベラの掻き回しはここからだった・・・

Rの大きいコーナーでパシーニのインを刺したバルベラにパシーニが被せて接触。

パシーニは転倒し結構な勢いでグラベルへ・・・






被せてぶつかったようにも見えましたがバルベラが強引に入ってきて

曲がりきれてなかったようにも思える。

去年のドイツでもバルベラは曲がりきれないの承知で

ぶつかってもいいから飛び込むような走りしてましたからねぇ・・・

パシーニは怒りが収まらない様子。

ピットでも叫んでましたし・・・

その後はしばらくバルベラとシモンチェリのTOP争いになり

バウティスタとユーキが後方から伺っているという展開。





レースが動いたのは残り4周。

バイティスタが二台を抜いてTOPに立ち二番手争いの二台

バルベラがまたもやインを刺そうとして接触、シモンチェリともどもコースアウト。

その隙にユーキが二番手うp。

今回は結構大きくコースアウトしたので差が出来ました。

その翌周、今度はシモンチェリがバルベラに接触しながらバックストレートエンドで抜きます。

しかしその翌周、シモンチェリは同じコーナーで単独転倒。

どうもミサノはバックストレートエンドで転倒が多いな。

結局バイティスタが勝ち、ユーキは二番手で表彰台GET!!!





すげぇ嬉しそうww

三番手には散々描き回してくれたバルベラ・・・

表彰台でブーイングってなかなか見られない光景www

しかしインタビューではあっけらかんとしていて

そのうち大物になりそうな予感・・・?





<MotoGP>

さて、お待ちかねMotoGPクラスです。

実況板ではKC嫁のシャツがいつも同じかどうかで盛り上がっていますww

今回ロッシはSPメットです。

マシンのSPカラーは勝てないなんてよく言われてますがメットはどうかな?





きっと「ホーム」を意識したメットなのでしょうね。

洗濯物とかあるしww

さらに、もう一つ関心事がありまして、イタリア人700勝目なるか?

この男が達成するのでしょうか・・・?





いいキャラしてますよねwww

で、レースの方は七連続PPのKC。





レースは序盤から動きます。

ホールショットはKC。

二番手で通過したのはこのレース後にBSタイヤにスイッチすることが決定している

ペドロサ。スルスルと上がってきます。

三番手にはロッシ。

オープニングラップはまだタイヤが冷えているのか

ロッシが軽くハイサイド起こしかけましたが留まって三番手をキープ。

しかし序盤からKCは飛ばします。

一周目帰ってきてKC-ロッシ-ダニ-エリアス-中野さん といったオーダー。

と、ここでアクシデント。

最終コーナーでプニィが結構大きなハイサイド転倒。

単独でしたがリタイアとなります。

KCはその後も飛ばし続け、二周目の時点で早くも二番手と2.7秒の差をつけます。

しかし後方では地元民のデが転倒リタイア・・・

地元民受難です。

残り23周でエリアスがペドを抜いて四番手にうp。

残り22周となったところでKCのラップタイムは34秒988・ロッシは34秒904・・・

34秒台に突入します。こいつら異次元だわ・・・

残り21周の時点でKCとロッシは3秒差がついていたのですが

バックストレートエンドでKCズザー。

レースに復帰しようとしますがマシンを起こせずリタイアとなってしまいます。





これでTOPから ロッシ-ロレンソ-エリアス となり

表彰台はこの三名で確定しました。

その後四番手のペドは単独走行となり

五番手には怒涛の追い上げを見せたバーミュが入りました。

ロッシはあと五戦残してKCに75ポイントのリードを築きました。

さらにKCが今回ノーポイントに終わったことで

三番手のペドがKCに2ポイント差に迫っています。

KCはここ二戦連続でいずれも単独走行中に転倒リタイアしていますが

何かあったのでしょうかね?

ブルノでは転ばないように走る方法を開発したのだと言ってたのですが・・・

大きなバトルが無かったのが残念ではありますが

何はともあれ、ロッシ今期六勝目おめでとう!!





もうこれはタイトルに大手掛けたと思っていいのかな?

計算上では次のレース、ロッシが優勝してKCがノーポイントだとタイトルが決まるな。

またもてぎでタイトルが決まる可能性が出てきたぞ・・・!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




オイルの焼ける匂い・・・俺は帰ってきたぜ!!



昨日は濡れ鼠になったので、さっさと寝てしまいました。

っつーことで、今回は決勝レースの模様をレポします。

と、その前に朝のウォームアップ。

結局七時半頃到着したのですが

今回は朝から普通に雨。

若干小降りではありましたが

SUGOまで行く間に結構濡れました。

で、またピットの屋根の端っこに陣取って撮影していたのですが・・・

なんと決勝レースまでの休みの間に一眼のレンズの内側が曇ってしまった・・・orz

時間を置いても変わらなかったので撮影を断念。

ちくしょう・・・だから雨は嫌だ・・・

しかし、朝のウォームアップ走行は撮影できたのでよかった。

一応大きな事故もなく無事に終っていましたが

あの雨の中を公道走るだけでも結構大変だったのに

レーシングスピードで走る連中は

頭のネジが二三本飛んでいるのではないでしょうか?

まぁ、そのくらいでないとレースは出来ないような気がしますけどww



<GP125>





GP125レース時にはまだ雨がそれほど強くはなかったものの

出走台数の半分近くが転倒リタイアという

かなりのサバイバルレースになりました。

今回はピットの屋根の端っこからずーっと観戦していたのですが

ホームストレートでいい位置を走っていると思ったライダーが

次の周には帰ってこないとか・・・そんなんばっかりです。

このレースで勝ったのは渡辺一馬選手。

このクラス初だった希ガス。

中盤に結構な差をつけたと思いましたが

バックマーカーに引っかかってタイムをロス。

てか中盤にバックマーカーって・・・

二番手には菊地選手。

三番手には凱旋ということでよろしいか、日浦大治郎選手。

MotoGPアカデミーのルーキーズカップで結構いい成績を残してますよね。

しかし半分くらい転倒で五台くらいラップされてたような・・・


<ST600>





ST600クラスも雨です。

雨脚は125の時とほぼ変わらず。

ホールショットはセカンドロウから飛び出した小西選手。

一周目帰ってきたら予選九番手の稲垣選手が一気に二位までポジションアップ。

その後小西選手は他を寄せ付けない走りで独走。

稲垣選手が喰らいついて行きますが、差はなかなか縮まらず・・・

三番手は宮崎選手がほぼ単独走行。

小康状態がしばらく続いて13周目

四番手グループから出口選手が転倒。

ピットの屋根から見えてました。3コーナーだったと思う。

で、その後はそのまま上位陣の順位は変わらず、表彰台のメンツが決定しました。

あと、個人的に注目していた#22トライアンフの新垣選手は





なんと五番手でした!!

キワモノの相方749Rは・・・2周終ったところでリタイア・・・

ガンガレ・・・

今年のST600は大きな事故もなく順調に終ったので

この時点で結構ホッとしてたのも事実ww



ST600の後ピットウォークだったのでちゃっかり表彰台前に行ってみました。

やっぱ表彰台乗ってる人は顔が穏やかです。

で、そのままピットウォーク開始。

コンデジ片手に行ったのですが

どうも写りがおかしい・・・

レンズを見たら中のレンズが曇ってました。

結局撮影は断念して本当の意味でピットウォークしてました。

各ピットではステッカーとかグッツを配布してましたが

即ビニール袋行きです。濡れてしまうのでww

去年に引き続き、柳川選手にサイン入りフラッグ頂きました。

表彰台付近では地震の義援金集めしてました。

あとチェリティーオークションもやってました。

結構色々な選手が出品していた模様。

流石に雨だからか去年はかなりのピットでサイン会が行われていましたが

今回はあまり多くなかった模様。

しかし、ピットウォークの時間はスケジュール通りだったので

去年のゴタゴタと違ってゆっくりしていけましたww

で、わたくしはちょっと早めに切りあげて

再びピットの屋根へ。

また端っこの定位置に陣取って・・・ゆっくりしてました。

人ごみを上から眺めるのって面白いですねwww


<GP250>





ホールショットは宇井選手。

やたら目立つカラーのバイクがスッと抜け出てそのまま独走。

このレースもラップされる台数が多かった。

一周目帰ってきて宇井-及川-高橋-渡辺-タロサといったオーダー。

その後タロサがぐんぐん追い上げてきて二番手まで上がります。

が、既に宇井選手との差は10秒以上。

表彰台は宇井-タロサ-及川でした。

タロサは全日本初の表彰台。

宇井選手は今季初優勝。

去年勝ちまくっていた宇井選手なのでちょっと意外。

ポイントランクTOPの高橋は中盤からタイムが伸びず四番手Finでした。

<JSB1000>





*JSB1000クラスは機材の都合で昨日の予選の写真を使ってます。ご了承ください。

ホールショットは予選七番手からスルスルと上がってきた中須賀選手。

以下、山口-大崎-イトシンの順で1コーナーをクリア。

一周目帰ってきて中須賀-山口-伊藤-大崎-秋吉-亀谷-酒井-岡田-柳川というオーダー。

しかし二周目のハイポイントコーナーで中須賀が転倒。

予選最速の山口がTOPに浮上。

その後は山口-イトシン-大崎がTOPグループを形成しますが

だんだんイトシンが遅れ始め4周目に大崎が交わし

8周目には亀谷もイトシンを交わします。

これでTOPから山口-大崎-亀谷-イトシン-酒井-柳川-タディーというオーダー。

そして16周終って17周目、ハイポイントコーナーで山口が転倒。

直後に赤旗提示。

嫌な予感がしましたが

山口はレースには復帰していたようで大崎-亀谷-山口の順で帰ってきます。

で、赤旗中断の理由は天候悪化。

天候悪化

確かに雨がかな~り強かった。

山口転倒の原因はハイドロプレーニングか?

で、その後の放送で審議中とのこと。

結局その10分後くらいに赤旗直前の16周目の結果をもってレース結果とすると発表。

去年に引き続き赤旗レースになりましたが

赤旗の理由が全く違う。

去年は転倒でマシンがコースに残ったとか転倒だとかでしたが

今回は天候でした。

怪我人が出なかったようなのでこれはこれでよかったのでしょう。

<UAM>

JSB終って結構帰る人が多かったのですが

わたくしは最後のUAMまで見ていきました。

チームインドネシアが1-2Fin。

最後に中木が交わされてしまいましたね。

チーム日本は1レースで中木が転倒、2レースでは丸山が転倒。

無事だったから良かったですが安定感が必要ですね。

ワンメイクレースは初めて見ましたが

結構面白いものですね。


改めてレースは面白いと心底思いました。

で、今日一番辛かったのが帰り道・・・

殆ど車が居なかったのですが雨が強い。

グローブしたまま手を握れば普通にザーッと水が絞れますww

結局帰りついた後速攻で風呂に入って戦利品の整理

濡れた装備の整理をした後寝てしまいました。

意外と体力を消耗していた模様。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全日本ロードレース第四戦スポーツランドSUGOです。

行ってきました。

今日は各クラスの予選と地方選ST600・GP-MONO・UAM決勝が行われています。

そうそう、宿題のUAMですが

アジア国別対抗戦みたいな感じです。

使うバイクはホンダCBR150のワンメイク。

しかしこれがなかなか面白い。



今日はとりあえず午前五時に起きて準備をしていたのですが

ゲートオープンは七時半だそうです・・・orz

明日も同じなのだそうで

明日はもっとゆっくり行こう。

で、SUGOに着いたんですが・・・

寒い!!!

吐く息が白くなりますwww

今って八月だよね!?

まぁ、良いでしょう。

そんな感じで予選とかFPが始まったのですが

今日は結構体力を消耗してしまったので

写真だけ紹介します。

後で解説を載せますので・・・

↓では行ってみよう。

<GP-MONO 予選>



4ストローク単気筒エンジンを使った車両。

次期GP-125クラス?を担うかもしれないクラスです。

しかし来年から国内ライセンスのみの出場は出来ないようです。




125クラス並みの接近戦が随所で見られるのが面白い。

普通に流し撮りしてるのに二台入りますよww


<GP-125 予選>



他人より早くコースインしようと

コースオープン前から待ってる気合の入った連中。




今期からこのGP125クラスにはGP-MONOを魔改造wwした

プロトと呼ばれるマシンが混走しています。

走ってるときの音聴けば一瞬で分かる。


<JSB FP>




去年ポールを獲得した酒井選手。

今年もいい位置に。




JSB1000クラスにて、ブルジョワを発見!!

MVアグスタF4 です!!

車体だけでいくらするんだよって話・・・


<ST600 予選>




ST600は入門クラスと位置付けられているらしいですが

どう考えても大きすぎだろう?

まぁいいや。接近戦が結構頻繁に行われるのがこのクラスの面白いところ。

でも車体が大きいし結構重いし、

何かあったときのダメージも大きいのがこのクラスの問題点。




まだ若干ウェットパッチの残る路面でしたが

殆どの車両にはドライ用タイヤが装着されていた・・・

しっかしBT-003装着率高い・・・




と、ここでキワモノ。

今のところST600クラスには二気筒750ccが参加できるのです。

写真はドカの749R。




ST600クラスのキワモノ②

イギリスのトライアンフが放つデイトナ675。

いろいろあって個人的にも注目しているのです。

このマシンは三気筒エンジンです。

レギュだと三気筒は675ccまでおkなのですよ。はい。



<GP-250 予選>




昨シーズンは圧倒的な早さを見せつけた宇井選手ですが

今年はまだ勝ち星なし。

去年のSUGOからこの色のマシンになったので

是非ともここで勝ち星を挙げて欲しい。




宇井選手のチームメイト。

この色、サーキットでもかな~り目立ちます。

写真撮る時迷いませんww




じつはわたくし、ホンダRSのカタチが好きなんです。

だから何となく写真を撮っているとRSが多いんだな。

GP-MONOでもGP125でもね。




で、GP250ポイントランキングトップの高橋選手。

意外とこの赤がサーキットでは目立たないんだなこれがww

写真を撮る時結構探してしまいます。


<地方選 予選>

使える写真が無かった・・・orz

<UAM 予選>




予選中の中木選手。チーム日本です。

国別対抗戦はオリンピックだけじゃない!!


<JSB 予選>




こんかいのPPは山口選手。

雨の中でよくまぁ、こんなタイムを・・・




現在ポイントランクTOPの中須賀選手。




我らがタディーこと岡田選手。

雨のムジェロで走ってるので余裕あり!?




そして嫌が上にも期待の高まるこの男。

「漢」という字が一番似合う 男「秋吉」!!

合同練習では昨年のポールを上回るタイムを出しているのですが

今回はあいにくのウェット。六番手と少々出遅れ気味。


<GP-MONO 決勝>




GP-MONO決勝。

オープニングラップのホームストレートエンド。

この後先頭の二台が転倒してしまいます。




ホームストレートエンドで抜きに掛かる→抜ききれない→転倒

というパターンが多いのですが

こういう接近戦を見るとガンバレーと思う反面引っ掛けるなよーと思ってしまう。




GP-MONOクラス優勝の岡田選手。

おめでとう!!


<地方選 決勝>




地方選のST600クラスも接近戦。

怖いわ~(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

あと、最新型じゃないマシンが多く走っているのも面白い。




優勝は#40の選手。

結構雨強かったんですよ。


<UAM 決勝①>




スターティンググリッドの様子。

#1と#2はインドネシアの選手。

#3が二本の中木。

マシンはホンダのCBR150ワンメイク。

純粋にライダーの腕が勝負です。

今後はアジア各国を転戦していくらしい。



さすがに疲れた・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ