東海林 順の一人旅
宮城の貧乏ライダーが日々の生活を綴ります。
 



卒論に当たって本を読んでいるのは前にも書きましたが

生協とか図書館とか行くといろんな本があって面白いです。

特に個人的に面白いと思っているのは

社会学系の本でヲタについての研究本。

前にネタにした腐女子本もそうですが

こういう本を読んでみると

どうしてもあるある笑いが抑えられないwww

まぁ、中には ねーよww な事書いてるのもありますけどね。

今日読んでみた本では「萌え」について学問的に研究してて

これがまたヲタを自負するわたくしには非常に笑えるのですwww

しかもその中でOS擬人化について触れているところがあったのですが

まぁ、これだけでもヲタ的には笑えるのですが

ヒトをモノとして扱う風潮から

モノをヒトとして扱う心理現象へと90年代半ばから変化していったのだそうで・・・

果たしてヲタはそんなことを考えていちいち萌えているんでしょうかね?

ちなみにこの本ではOS擬人化の例を Vistaたん に代表させていましたが

OS擬人化の原点は MEたん ですから!!

ドジっ娘メイドの MEたん ですから!!
 
ある意味異文化理解として学術的には意味があるのかも知れませんけど

ふつーのヲタは自分の琴線に触れたものに萌えるんですよ。

それ以上でも以下でもない。

まぁ、その琴線の定義を研究したいようなんですけど。

成果を産業的に使いたいのかもしれませんが

例え分かったところで恐らくそこを貫く一本筋のナニカは

見つからないような気がしますよ?

多分ですけど基準は各個人独自に設定された琴線に触れたかどうか

これに尽きると思います。ヲタ的に。

つまりヲタが一万人いるとしたら一万通りの法則があるわけですよ。

つまり最大公約数的なものに落ち着かざるを得ない。

厳しいようですがこれが現状です。

何とかしてヲタの財布から金を吸い取りたいヲタ産業ざまぁwww

まぁ、それはいいとして

ただ分からないものはどうやったって理解できないから

その分からないという事で不安になって

一般人はヲタ叩きをするんでしょうけどね。

ここに投影同一化現象が見られるのは・・・

長くなるから止めましょう。

ほんと、読んでみると面白い本ってあるんですね。

読まない限りその面白さは分からない。

もったいないけどそれが本の醍醐味なのかもしれませんね。

大学生も終ろうとしている時期に気付くなんて

なんという皮肉・・・






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日自転車で行ってえらく疲れた定義へ

リベンジツーリングしてきました。

土曜日にww

今日は雨なので出かけません。

まぁ、半日はバイトだったんですけどね。

今日は夕方からSBKがあるので

レースウィークシフトですww

で、土曜日は午前中に火災報知機設置があって

立会いで部屋にいたのですが

午後からバイクを出してひとっ走り行ってきました。

出発したのが12時半くらいだったのですが

R48がえらく混雑していて

目的地に着くのに割と時間が掛かりました。

しかし、自転車ほどは疲れませんでしたねwww

当たり前か。

県道263に入ってからは

そこら辺の田舎風景を写真に撮ったりしながら

のんびりと行きました。

のんびり走るようなバイクじゃないんですけどねwww

で、定義に着いて早速油揚げを一枚食べました。

相変わらず美味しいです。



写真では醤油が掛かってませんが

今回はあまり醤油を掛けないで食べてみたんです。

醤油かけてしまうと醤油の味が強すぎたんでね。

で、その後お寺の周りを散策。

結構いろんな建築物があって人もいましたね。

まぁ、休日だし。

で、手土産に揚げ饅頭買って

もう一度とうふ店に。

今度は油揚げとホロとうふを食べます。



寄せ豆腐みたいなものかな?

とうふの味が濃いし

何よりよく冷えていたのでとても美味しかったですよ。

気温も結構上がっていたしね。

ちなみに気になるお値段ですが

とうふも油揚げも一つ120円です。

小銭を用意していくとおばちゃんに手間を掛けさせずに済みますし

ちゃんとテーブルとか椅子も用意されいて

その場で食べられますので

行ってみようという方は小銭を用意しておくといいでしょう。

まぁ、観光地の基本だ罠。

イベントでもだがwww

で、18時からMotoGPの中継が始まるので

15時くらいに定義を出発。

一旦多賀城の南海部品に寄ってはがきが来ていたセールの様子を見てきました。

特に今回買う物は無かったのでスルー。

その後給油して帰ってきてMotoGP観戦と相成りましてござい。

レース内容は昨日三つ書いているのでそちらを参照。

さて、そろそろSBKが始まりますので

この記事はここで終ります。

それでは ノシ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて皆様お待ちかね、MotoGPクラスですよ。

初日から絶好調のKCがぶっちぎるのでしょうか?

ロレンゾは今回いちごメットです。

金玉メットじゃないんですねwww

スタート前にKC嫁がKCのメットにキスしている場面が映ったのですが

実況板の連中 反応し過ぎwww

それにしても今回はグリッド16台しかいません。

とても寂しい。

しかも先頭とドベがドカワークス。

インテリさん曰く、ドカサンドイッチwww

さて、26周回で争われますMotoGPクラス

今回はオープニングラップから波乱の展開でした。

まず始まってすぐの左コーナーでロッシとプニィが絡んで転倒。

後で出てきたVTRを見る限りではプニィのインに入ったロッシが転倒し

プニィを巻き込んだ形に。

プニィはリタイアしてしまいますがロッシは復帰して走りつづけます。

最後尾からの追い上げになってしまいました。

この時点でドベのメランドリから16秒差。

しかしプニィが転倒直後は歩いていたのにその後倒れてしまったので心配です。

ロッシミサイルとは珍しいです。

さて、レースは続いておりまして

ホールショットはダニが獲りますが

オープニングラップ最初にコントロールラインを越えたのは

他ならぬKCでした。

この時点からぶっちぎりの予感がしていたんですけどねwww

さて、中野さんが4番手を走っていますよ!!

失礼ながら驚いてしまいました。

その後残り24周でデが単独転倒。

またしても左コーナー。

アッセンの左コーナーは要注意だな。

で、デが転んだことでロッシは労せずして14番手に。

残り21周でKCが1'36'738のコースレコードを更新して後続をぶっちぎります。

この時点ではKC・ダニ・ヘイデンといったTOP3。

この三人は早くも単独走行に。

そして四位集団にドビッチ・バー・中野さんちょっと離れてロレ。

残り19周時点でKCとダニの差は3秒に。

同じ頃西がフロントからズザー。

今度は右コーナーでした。

残り16周でロッシは37秒台でメランドリを追いかけています。

残り14周でエドが中野さんを抜いて4位集団を次々と交わしていきます。

と、残り9周でメランドリとロッシの差がついに一秒に!!

残り20周時点で16秒あったのに・・・

で、残り7周となったところでとうとうメランドリを抜きます。



ペース的には更に前を行くエリアスも捉えることが出来そうです。

その頃ロレンゾが激しい走りで5位集団を崩しに掛かります。

とうとうエリアスをも抜き去ってきたロッシですが

残り3周の時点でトップを行くKCとダニとの差は11秒にまで開いていました。

結局そのままKC圧勝。

二番手にペドロサ。

三番手にはヘイ・・・

と思ったらチェッカー直前に失速!

エドが三位に入りました。

ニキーはガス欠ではないかと実況板では言われてましたが真相はわかりません。

必死にマシンに伏せるヘイデンが哀れに見えます・・・

最終順位は

KC・ダニ・エド・ニキー・ドビ・ロレ・バーミュ・中野さん・トーズ・銀様・ロッシ・襟・鳥



一旦転倒して最後尾から再出発したロッシは11位Fin。

チャンピオンシップポイントは171PtでダニがTOP。

二番手にロッシ167Pt三番手にKC142Pt四番手にロレ114Pt五番手にエド98Pt。

4ポイント差でダニがポイントリーダーになりました。

安定して成績残してるからなぁ。

エドは予選で結果を残してるんだけど決勝が今ひとつなんだよなぁ。

そこら辺の差がポイントになって現れてるのでしょうね。

さて、今回はKCのぶっちぎりでしたが

次回はドイツです。

嵌ったKCは止められないような気がしますが

KCの独走に水を差すライダーは誰なのか!?



そうそう、今日はMotoGP日本ラウンドのチケット発売日だったんですが

10時からのモビリティランド重すぎワロタwww

そしてコースサイドの四輪駐車券瞬殺www

今年新設のG席が結構売れていて

恒例のZ3とかA席も人気。

あと、今年からの変更事項として

二輪も駐車券買わないと駐車できません。

前売りなら三日通しで500円ですから

バイクで行く人は絶対買っておきましょう。

さて、それではこの記事はこの辺で。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、125が押してしまって10分遅れで始まったGP250です。

しかしここで雨が降ってきてスタートディレイ。

ウェット宣言が出た上でのスタートとなります。

もうみんなグリッド上でタイヤ選びに真剣。

チームはウェットも用意していますが



フロントローのみなさんは揃ってスリックで行くようです。



予定よりかなり遅れてレーススタート。

ホールショットはシモンチェリと思われましたが

コースアウトしバウチーも一緒に後続に呑まれてしまいます。

そんな中上手く潜り抜けたルティがTOPに立ちます。

そして後続ではオープニングラップから転倒が。

まずゴメズが単独転倒。

オープニングラップ帰ってきた順に

ルティ・デボン・シモン・エスパル・カリオ・ユーキ・薔薇・バウチー・ライ・ヒロシといったTOP10。

TOPのルティが二番手に2秒の差をつけた残り17周。

ここからバウチーが怒涛の追い上げを見せます。

ファステスト連発でみるみるうちにその差が詰まっていきます。

残り15周でルティとバウチーが完全に抜け出した集団になります。

14周となったところで4位集団に

オープニングラップでミスしたシモンチェリが追いついてきます。

残り12周となりバウチーがレコードを更新するタイムでついにTOPに。

と、ここでバルベラがコースアウトして戻ってくるところでカリオと接触。

何時もながら危ない走行をしてくれる香具師です。

実況板でもKYとか危険な香具師扱いですからねww

で、ここで雨旗が振られますが

もともとウェット宣言で走ってるから関係なし。

その後残り9周で再びルティが先頭に立ちます。

で、ルティが逃げるかと思われましたが

残り6周時点でラップタイムが45秒台に。

残り5周となったところでバウチーが再びTOPに。

残り2周で完全に上位は固まったかと思いましたが

最終ラップにまたしてもバルベラがコースアウトしてます。

結局GP250はバウチーが優勝。

以下、ルティ・シモンチェリ・デボン・薔薇・ヒロシ・カリオ・ユーキ

という結果に。

薔薇の危ないキャラは健在なので気をつけましょうね。

時限装置つきと噂されるパシーニですが転倒リタイアとなっています。

グラベルの砂蹴っ飛ばしててすげぇ悔しそうでした。

次ガンガレ!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




MotoGPの第九戦です。

場所はオランダはアッセンサーキット。

伝統の一戦です。

今日は昼頃から定義にツーリングに行ったのですが

ちと時間が掛かってしまい

GP125が始まってしまいました。

で、残り13周というところで観戦に入ったのですが

なんとここでいきなり先頭を走っていたブラッドリースミスが転倒してしまいます。

左コーナーで典型的なハイサイド。

そして見事な orz



リタイアかと思ったところ

赤旗が振られレース中断です。

どうやら雨が降ってきたようです。

流石はダッチウェザー。

で、スミスはなんとかマシンを再スタートさせPITに戻り

第二レースはPPからスタートできることに。

しかしカウルとか結構壊れていてPITクルーが必死の作業で直します。

そして第二レースはなんと 5周!!

どこの地方エントリークラスだよ!?

まぁ、仕方ない。

前に行けば勝てるという極シンプルなレースだから

みんな必死に走るだろうな。

で、この超スプリントレース

最終的に制したのは樽。

さすがに短いレースだけあって

最後のコーナーまで熱いバトルが繰り広げられました。

中でも圧巻だったのが最終周のチェッカー前のシケインへの飛び込み。



それまで集団の後ろを走っていた樽がアプリリアの加速を活かし

ブレーキングで3台を交わして一気に勝ちを攫いました。

なんだかベテランの貫禄って感じでした。

この間は未成年が表彰台でシャンパンファイトが地味でしたが

今回は豪快にシャンパンファイトやってくれましたよww

やっぱグランプリはこうでないと。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




TT Assen 予選が終りました。



FP3ではハーフウェットでしたが

QPではドライに恵まれています。

この記事ではMotoGPクラスについて書きます。

セッション開始早々KCが36秒6のタイムでぶっちぎります。

残り46分で最終のシケインでホッパーがフロントから転倒。

特に怪我もしなかったようですぐにバイクを乗り換えてスタートします。

前半折り返し時点でのオーダーは

KC・デ・ペド・プニィ・エド

残り25分でエドが36’278のTOPタイム。

PPレコードタイムを更新します。

その後残り20分となったところでロッシがまたもやPPレコードを更新して

36’264まで上げてきます。

と、ここでKCお仕事出撃!!

残り16分になったところでなんと35秒台に突入!!

KC1'35'995という圧倒的なタイムでTOPタイム。

これで決まったかに見えましたが

ここからのPP争いが凄かった!!

残り9分でまたもやKCが1'35'697に上げれば

残り6分で3セクターまで青だったロッシが最終で挽回して1'35'659でTOP!

残り5分で中野さんが36秒台に入れて4位に上がります。

さらにKCが残り2分半で駄目押しとなる1'35'520を記録した頃

高速の左コーナーでホッパーが転倒。

グラベルへほぼ減速無しで突入し

マシンは大破。



ライダーはマーシャルに囲まれたまま動かないという

非常ににまずい状況に。

その後ライダーOKと出ましたが

どうやら足首負傷の模様。

明日は無理そうです。

なんでも剥離骨折の疑いがあるとか。

残念。

その後チェッカーが振られ最後のタイムアタックで

ペドロサがロッシのタイムを上回り

最終的に

KC・ダニ・ロッシ・ヘイデン・プニィ・エド・ロレンゾ・バーミュ・中野さん・銀様といったオーダーに。

銀様が死天王から脱出か?

しかし去年のPPタイムから 0.891秒 縮まってしまいました。

一秒近くですね。

KYなKCが戻ってきましたが

これはスタートで逃がしたらやばいですね。

もしここでKCが勝てば勝利数でロッシに並んでTOPですね。

ポイントはまだロッシに余裕がありますが勝利数で並びます。

凄いものですね。

最後まで目の離せない予選でした。

非常に面白かったです。

後はカピとホッパーの回復を祈るのみです。

今回のGPは台数が寂しいことになってしまった。

その分、出場するライダーには頑張って欲しいですね。

それでは今日はこの辺で。

おやすみなさい。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




な~んていうトピがあってワロタww

同じような内容のスレが2ちゃんでも大量にありますが

往々にして結婚否定派と肯定派に分かれるみたいです。

「恋愛市場」とか「結婚市場」とかいう単語を

わたくしはここで初めて知りましたが

結構ややこしいことになっているんですね。

ちなみにわたくしは言うまでもありませんが現在独身です。

結婚について真剣に考えたこともありません。

自分の問題として扱える話題じゃないのです。

よって肯定派の意見も否定派の意見も

ある程度の距離をおいて考えているのですが

一連のスレを読んでいると

否定派の意見は

 1.経済的な側面からの損得勘定で否定
 2.結婚をリスクとして捉えている

といった特徴が挙げられました。

対して肯定派の意見は

 1.個人の問題だからどうこう言うべきじゃない

という意見が多数。

まぁ、端から見ていて非常に面白いのですけど

どっちかというと、わたくし個人としての意見は

肯定派の意見ですね。

個人の問題なのだから他人がどうこう言うべきでもない、と。

しかし、否定派の背景には

男女のパワーバランスが崩れたことを受けての意見が多かったのが印象的。

嫁他家庭に収入のほぼ全てを吸い取られて痩せ細ったもやしおやじ、みたいなの。

男のATM化といっていたのがなんだかツボったwww

ただ、注意したいのは、彼ら否定派の意見形成は

どうやらテレビ番組や雑誌の記事を介してなされている痕跡があること。

言うまでもないと思いますが

テレビなどのマスコミは視聴率至上主義ですので

民衆受けするような極端な事例を報道します。

極端なことを言えば、世の中99%平和でも1%の戦争状態を報道して

世界は戦争状態にある、というようなことを

平気で言うのが今日のマスコミですからね。

倫理修身人の道なんてあったもんじゃない。

まぁ、ここまでの流れで分かったと思いますが

わたくしは基本的にテレビは朝の気象情報以外見ないような

マスコミ否定派の人間です。

このイデオロギーは表明しておかないと後でいろいろ厄介ですから

今のうちに言っておきましょう。

で、何が言いたいかというと

ゆとり乙。

じゃなくて、他人の言うこと気にせず好きにやったらいいじゃない。

ってこと。

それで成功しようが失敗しようが自分には関係の無いことでござんす。

とはいえ、自分がいざ結婚するかしないか選択する場面になったらどうなんだろう?

経済的な観点から言えば

巨大なリスクになることはちょっと考えれば分かるだろうし

結婚することによる効用がリスクを上回れば結婚するのでしょうけど・・・

しかし単純にコスト-ベネフィット関係で語れるような問題なのかね?

まぁ、経験しないと分からない類のものなのでしょうね。

しかし経験したものの失敗して

それに気付いた時には既に手遅れなモノでもありますから

難しいものです。

本当に人間って難しい。

人が二人居たらそれだけで争いが起こるのですから

ヒトって救いようの無い生き物なのかも知れません。

なんだか暗くなってきてしまった・・・



あ、そうそう

冒頭の写真は今日の昼食です。

東北大学の第二食堂、通称「貧食」カレー専門の食堂で食べてきました。

チキン辛口カレーとサラダバー・フライドチキンです。

辛いカレーがある週は一回はいきますね。

で、帰りに とらのあな に寄ってきました。

戦利品。



うつらうららかさんとこのサンクリ新刊。

サンクリ行けなかったからなぁ・・・

で、その後市場に寄ってトマト買って来ました。



夏らしくバケツの水で冷やしてそのまま食べましたが

よく熟れていて、めっちゃ美味かったです。

夏になるとよく山の中の道端の露店で野菜売ってますが

そういうとこにも負けない味。

以外と良かったな。

さて、今日は MotoGPアッセンTTの予選日です。

雨は上がっているようですが路面が濡れているようで

昨日よりタイムが上がりません。

午後からの予選がドライになっていれば面白いことになりそうです。

それでは、この記事はこの辺で。

チャオ!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんか、国際関係とかのニュース見るたびに思うんですが

日本人は食物関係以外怒らないようなイメージ出来ちゃいませんか?

対大陸とか対半島とか見ても・・・



まぁ、それはさて置き

今週はTTアッセンです!!

お国柄、土曜日が決勝日ですよ!!

日曜日になって発狂しても知りませんよwww

さて、今の時間はGP250の一日目予選な訳ですが

どうやら明日は現地雨みたいなので

予報通りなら今日の結果がそのまま決勝のグリッドになります。

イギリスと同じですね。

どうも今年はレースウィーク中一日は雨になりますね。

ライダーも大変だ。

GP125では前戦活躍したマルケス君が転倒してバイクを大破しましたが

本人は大丈夫だった模様。

他に目立った転倒は無かったかな。

で、先程まで行われていたMotoGPクラスFP2では

カピロッシが絵に描いたようなハイサイドで転倒し

右手をバイクに挟まれたままグラベルに突入してしまい

痛めてしまったように見受けられます。

せっかく復活してきたのに非常に残念。

その後医務室?にいる映像が出たので

経過次第では明日以降にも出られるかもしれないです。

医師がどう判断するかは分かりませんけど。

タイムではKCが圧倒的なタイム差で2位以下を引き離しています。

まさにKYですww

二位のロッシとは約コンマ七秒差。

さて、このくらいの差が出てしまうと

KCにスタートから逃げられてしまえば

他のライダーには辛い展開になりそうですね。

前回はそのまま逃げられてしまいましたけど。

しかしドカは今回もKC専用マシンですね。

銀様がちょっと上昇しましたけど。

さて、今やってるGP250予選ですが

現在のTOPタイムはバウティスタ。

シモンチェリも何だかんだいっていい位置に。

バウチーが40秒台半ばです。

それでは、今日はこの辺で。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




念願のリアスタンドフックを手に入れたぞ!!

ということで早速装備。

今回装着したのはショップオリジナルの商品らしいですが

ヤフオクとかに出品されているリアスタンドフックです。

スイングアームプロテクターも兼ねている

なかなかの優れものです。

ただ、一般に言うスタンドフックとは比べ物にならないくらいでかい!!

手元に届いた時は「こんなでかいものつけて大丈夫かいな?」

と思ったのですが



付けてみると意外と付くもので

スタンド外れを殆ど心配しなくていいんじゃないかと思うほどです。

素材は硬質プラスチックですが

アルミカラーを圧入してあるので

スライダーとフックの両方の機能を兼ね備えています。

きちんとトルク掛けてネジ締められますしね。

学校に行く前に装備したので

ついでにまたもや念願の「一人リアスタンド掛け」に挑戦してみました。

サイドスタンドを立てた状態の愛車に

1.まずは両方のフックにスタンドの爪を引っ掛けて・・・

2.ゆっくりと車体を地面に対して垂直に・・・

3.スタンドの車輪が両方接地したら

4.スタンドの取っ手に体重を掛けて・・・

5.カタン!!と



できたできた!!

良くありがちな反対側にガシャーニングはしませんでしたよ!!

まぁ、念のために壁の近くでやってたんですけどねww

なんだかリアスタンドを掛けただけでも

レーサーチックに見えますよ。

え?錯覚!?

まぁまぁ、いいでしょう。

全体像だとこんな感じに。



これで今までよりリア周りのメンテがし易くなるはず。

ちなみにリアスタンドはこの間ヤフオクで落札した

ヤマハ純正品?です。

流石純正品だけあって特に調整しなくても幅はぴったり!!

そうそう、これもまた有り勝ちな

スタンド外しに失敗してガシャーニングですが

失敗もすることなくスタンド外しも成功しましたよ。

レースみたいに一人が乗っている状態で

別のヒトが掛けてくれるともっと楽なのかもしれませんけどねww

まぁ、レーサーは市販車に比べてえらく軽いからなぁ。

その分スタンド掛けも簡単なのでしょうね。

しかし無いもの強請りしても仕方ないので

リアスタンドが導入できただけ良しとしましょうか。

で、学校でゼミに参加してきましたよっと。

そろそろ卒論関係の発表会があるので

準備しておかないとね。

うちの研究室ではこの内輪の発表会を経ないと卒論を出せないのですよ。

まぁ、プレゼンとかの練習にはなるけどさ・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ふいんき(←何故か変換できない)に釣られるヒト絶対居ますねww

いい加減ネタだと気付いて欲しい。

冗談の通じないヒトばかりです。

本気で言ってると思ってるんでしょうかね?

それはさて置き

MotoGPシリーズ第八戦はイギリスはドニントンです。

初日は晴れていましたが

二日目の予選日は雨になってしまったので

MotoGPクラス以外は初日の結果でグリッドが決まっています。

昨日の雨の予選では

初日から圧倒的に早かった KC が雨の予選でも早さを発揮して

これまた圧倒的なタイムでPPを獲得しています。

実況板でも「KYKY」言われてましたね。

早さが戻ってきたストーナーがぶっちぎるのでしょうか?

決勝日は風は強くLTの表示では風速29km/h。

風の影響が心配されます。

まずはGP125クラスから。

<GP125>



オープニングラップから飛び出したのはイアンノーネ。

一台1コーナーでコースアウトして転倒しますが

他は免れてレースは序盤からイアンノーネの独走態勢に。

残り24周でタルマクシが転倒リタイア。

ハイサイドで飛んでました。

怪我はなさそうだったので何より。

残り20週となったところで独走していたイアンノーネに

地元の十五歳、レディングが追いつき

先頭は二台になります。

小山が7番手に浮上した頃

レディングがファステストを叩き出しTOPに迫ります。

残り16周となったところで3位集団が7台の大集団に。

各コーナーでスリリングなバトルを繰り広げます。

残り13周でラバトが若干膨らんでコースアウトしたところで小山が6番手に浮上。

更に残り11周となったところで#17ブラドルがマシントラブルでリタイア。

2位と3位の差が6秒に広がります。

と、ここで現地の実況がレディングの史上最年少優勝の可能性について話してますが

どうやらGP125史上二番目の若さだということに落ち着いたようで。

ドニントンはいろんなものが飛んでます。

残り7周のところでVTRにピンク色の買い物袋が映りましたしwww

踏んだら危ないなぁ。

大きな動きがあったのはその翌周。

残り6周となったところで

それまで先頭を走っていたイアンノーネが下りのS字で

フロントを失い転倒。



目の前の転倒を上手く避けたレディングがそのまま走りきって

嬉しい地元優勝です。

15歳ですよ!十五歳!!

すごいものですねぇ。



その後の表彰台ではさすがにシャンパンファイトはしませんでしたがww

てか、表彰台に上った二人が未成年ですから

一人だけシャンパンwwww

なんだか微妙なふいんき(←何故か変換ry)

次はGP250です。

<GP250>

27周回で争われますGP250、スタート直後に飛び出したのは

最近好調のシモンチェリ。

以下ユーキ・バウチー・シモン・バラ・デボン・エスパル・ヒロシ・ルティ・カリオ

と続きます。

カリオは予選14番手から挽回しました。

バルベラが早速危険なパッシングで盛り上げてくれますwww

その内シモンチェとバウチーが抜け出し

先頭集団は二台に。



残り20周となったところで3位との差は1.7秒に。

翌周、三位集団の先頭にカリオが立ちます。

残り15周でパシーニが転倒。

なんか、チャンバーから発火していたように見えましたが

本人は大丈夫だった模様。

滑り易いことで有名なドニントンのアスファルトが牙を剥いたのでしょうか?

残り6周となったところでカリオが先頭集団に追いつき

先頭は3台のバトルに。

カリオは最終コーナー進入時に大きくリアをスライドさせて飛び込んでいきます。

去年は上海でドビッチを引っ掛けましたから要注意です。

で、結局カリオ三位のままラストラップの最終コーナー。

ここでシモンチェリがバウチーのインについて抜きに掛かりますが

接触してはらんだ隙にカリオが難なくすり抜けて



そのまま勝ちを攫います。

シモンチェリとバウチーのバトルは前にもありましたが

結局最終コーナーでミスして・・・という展開があったのですが

学習してくれよな・・・二人とも・・・

何か表彰台のふいんき(←何故かry)も険悪だし



さて、MotoGPクラスに移りましょう。

<MotoGP>

地元のトーズランドがSPツナギで気合を入れています。

エドのPITに謎の子どもたちが居ます。

実況板の香具師ら幼女に反応し過ぎwww

結局風は強いままです。

今回復帰戦となるロレンゾは金玉メット。

初心に返ると言ってましたからそういうことなんでしょうね。

調子に乗っているロレンゾも面白かったけどな。

しかし金玉メットってwwwww

実況板の香具師らひでぇぞ!!

まぁ、そんなこんなでレース開始。

30周回で争われるレース。

オープニングラップでなんと地元のトーズランドが派手にハイサイド転倒。

レースには復帰しますがバイクが潰れていて思うようなペースで走れません。

当たり前だけどね・・・

地元なのに残念です。

ホールショットは初日から絶好調のKC。

いい感じで周回を重ねます。

その後残り28周でデが転けて横倒しになったマシンが一回転しますwww

あまり損傷は無かったようでレースには復帰します。

その周回の上位陣はKC・ロッシ・ドビッチ・ヘイデン・ペドといったオーダー。

残り26周で早くもKC独走の気配



残り21周となったところでペドがロッシのすぐ後ろにつきます。

残り18周ではドビッチの後ろで伺っていたヘイデンが前に出ます。

しかしドビッチはサテライトでよく結果出してるなぁ。

残り16周となったところでロッシとペドロサのバトルがいたるところで勃発。

抜きつ抜かれつの見てて楽しいバトルが繰り広げられます。

しかしやはりロッシの方がブレーキングが上手かった。

バトルしているうちに先頭のKCとの差が3秒に開きました。

残り14周となったところで転倒後も懸命に走っていたトーズランドがバックマーカーに。

地元でこれは悔しい。

同じ頃ホッパーがコースアウトしています。

マシントラブルだったようですが

三回目は許さんと言っていただけに

ホッパーキックが炸裂するのかと思いきや

さっさと戻ってしまいました。

残り9周となったところでロレンゾが中野さんの前に。

ロレンゾはそのまま徐々に差を詰めていき

残り3周では6番手まで順位を挽回します。

初心に戻ってと言っていたロレンゾですが

調子も取り戻し、心の調子も取り戻せたのではないでしょうか?

お調子者のロレンゾが帰ってくるのはいろんな意味で楽しみです。

結局KCが逃げ切って今期二勝目。



去年は圧倒的だっただけに今年は少々苦労しているようで・・・

表彰台ではうっすらと涙も・・・?

MotoGPクラスの表彰台は非常に和やかなふいんき(←ry)でした。

やっぱ仲良くやってくれよ。表彰台くらいはね。

見てて気持ちいいからさ。

ということで

一応順位をおさらいしておくと

KC・ろっし・ダニ・エド・ドビッチ・ロレンゾ・ヘイデン・バー・ナカノさん

西・襟足・プニィ・銀・ベン・デ・マルコメ・トーズ

トーズは周回遅れでマルコメは周回遅れギリギリ。

今年はドカ勢KC以外絶不調。

来年型のカーボンフレームがテストされているようですが

これまたKC以外あまりタイムが出ず・・・

セテがテストしているようですが

どの程度仕上げてくるのでしょうか?

早くも来年の話になりますが

カーボンフレームはちょっと楽しみです。

しかし転倒したときは一気に全損だろうな。

下手すると軽い転倒でも再スタートできないかもしれん。

まぁ、そこら辺の剛性はエンジニアがちゃんと考えているのでしょうけど。

レースウィークに剛性の違うフレーム数種類持ち込んだりしてなwww

それはそれで面白そう。

さて、次戦はオランダはアッセンです。

あちらは国の関係で土曜日本番です。

休息ほとんど無しですね。

カピロッシは復帰できるのでしょうか?

まぁ、そこはライダーの常人離れした回復力に期待しましょう。

それでは皆様、また次戦 ノシ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




斜め向かいにアパートがあるんですが

その入り口の門のところに

ほぼ毎日、朝と夕方何をするでもなく

ただヌボ~っと突っ立っている老人がいるんですが

香具師は一体何者なのでしょうか?

一応そのアパートの住人っぽいんですが・・・

焦点の定まってない目で

ただただぬぼ~っと立っていられるのは

わたくしの精神衛生上良くありません。

別段止めろとはいいませんが

どうにかならないものでしょうかね?

まぁ、こういうのは居ないものとして扱うのがいいのでしょうね。

ただ、夕方の薄暗い中でぬぼ~っと立っているところを見ると

かな~り不気味です。

気味悪いです。



さて、昨日はバイトだったので

特段書くべき出来事も無かったのですが

なんだかここ数日異様に暑くなるようになりました。

メッシュジャケットが手放せません。

ところで、来月からまたガソリンが値上げにあるようですね。

200円/Lに到達するのもそう遠くないでしょうね。

こうなるとガソリン泥棒とか流行りそうですね。

タバコが一箱千円になったらそれはそれで泥棒が増えそうですけど。

しかし、値上がり=泥棒増加 なんていう単純な図式が

簡単に意識されてしまうような時代になったんですね。

漏れが子どもの頃は、他人のモノをその対価も無く奪うのは

人間のやることじゃないという親の躾を受けたものですけど・・・

搾取し奪ってでものし上がれって言うのが

世の中のトレンドになったのでしょうかね?

醜い人間しか居ない世の中になったのでしょう。

そうなると正直者が馬鹿を見るという卑屈な行動理念が定着するのも分かります。

なんというか・・・

絶望した!!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、本日はゼミでわたくしが発表を任されているので

行かないわけにはいかず、学校へ。

まぁ、無事に終りました。

ちと時間が余ったけどね。

特にこれといったツッコミが入らなかったので

なんか、図書館で勉強会しているような ふいんき(←何故か変換できない)でした。

さて、本日はお勤めを終えたわたくしですが

現在、卒論書くために いろいろと本を借りたり買ったりしてます。

そんな中、CDのジャケ買いならぬ本のタイトル買いしてしまったのがあるんですが

中公新書の「腐女子化する世界」です。

一通り読んでみて、あるあるwwwってなりました。

っていうか、「腐女子」って「婦女子」の誤変換じゃなかったんでつねww

てっきり2ちゃんねる発祥の誤変換が定着したものと思ってました。

後半は社会情勢と絡めて腐女子化のメカニズムについて語っていました。

ついこの間まで就職活動していた身には

なかなか考えさせられる内容になっておりました。

大多数の人間にとって、仕事をするっていうことは

別段「自己実現」とかそんな崇高なこと考えてるわけじゃなくて

仕事して収入を得ないと「生活して行けないから」なんですよね。

分かる分かるwww

ただ、仕事なら何でもいいわけじゃなくて

その選別には出切る出来ない、得手不得手、割がいい悪いなどが入ってくる訳で。

この辺にエクスペクテーションとかアスピレーションとか絡んでくるんでしょうね。

まぁ、そもそもの大前提として

人間生活していけるだけの金があれば働きたくなんて無いものですよね?

一部の病的ワーカホリックは別として。

ここら辺のことが専業主婦(夫)願望とでも言うべき現象の

形成要因の一つになっているんでしょう。

断っておきますが、わたくしは仕事が生きがいになっている人の心理が

理解できないタイプの人間ですので

そこら辺のイデオロギー?は表明しておきます。

自己実現なんて仕事を通じてできるものじゃありませんよ。

そもそもわたくしの場合仕事を通じて得るものは

給料だけだと思ってますから。

と、ここまで書いておきながら

実はこの本は

わたくしが卒論で書こうとしている内容には全く関係がありませんwww

あ、一応テーマは決めました。

正式決定ではありませんが

ネット上の著作権がらみの問題について

法律論以外の視点から語ろうと思っています。

まだここにああだこうだ書ける段階ではないので

今回はこの辺で。

図書館にも結構面白そうな本があったので

これからは講義の無い日も図書館に入り浸ろうと思います。

でもまだ空調が働いてないんだよな・・・

毎年学期中はクーラーが入らなくて

夏季休耕期間になると突然冷房が入るから忌々しい・・・



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




卒論について相談しに学校へ行ってきました。

講義は無いのでそれだけのためだったのですが

なかなか収穫はありました。

なんといっても現状の理解という意味で

「こんな感じです」と説明するだけでも

現在地点の情報というか

立ち位置をはっきりさせることができるので。

で、学校へ行く前に散髪してきました。

例によって千円カットのお店で。

夏らしく?かなり短めに切ってもらいました。

おかげで頭が軽くなったような気がします。

就活中何度も髪を切りましたが

短髪にするとそれだけで経済的。

今のところいい事尽くめです。

そういえば、ここ数日日中はかなり気温が上がって

暑い日が増えましたが

まだ夕方からの冷えがあるので油断なりません。

夏モード全開でメッシュジャケット着て学校へ行っても

帰りが夜になると凍えながら帰ってくるハメになりかねないので

なかなか見極めが大変です。

そうそう、昨日チェーンとスプロケを交換しましたが

走行中のノイズが軽減されたように感じます。

流石にこの手のバイクでガチャガチャ音立てながら走っていくのは

整備不良もいいところなのですが

530に比べて・・・

太さは関係ないかな?

磨耗具合なんでしょうな。

とにかく、静かになりました。

今のところ こちらもいい事尽くめです。






コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




タイヤ交換のときに寿命が来ていたことが判明していた

チェーンとスプロケを交換しました。

今付いているチェーンは530のぶっといヤツなのですが

今回選んだのは店長お勧めの520コンバートで

DIDの520VZM2。

スプロケはサンスターのアルミ製をセレクト。

乗り方にも依りますが最長で寿命は3万kmくらいもつとの事。

結構なものではありませんか。

まぁ、乗り方に依るんですけど。

で、作業がちと時間が掛かってしまった。

カウルを外すのは分かっていたが

フロントのスプロケを外すのにえらく時間が掛かってしまった。

リザーブタンクを外して

シフトロッドを外して

スプロケカバーを外して・・・

途中引っかかってなかなか取れなかったりと

ちと難航しました。

店長さんごめんなさい。

で、何とか無事交換できました。

使用前



使用後



目に見えてチェーンが細くなりました。

強度的には1000cc対応のチェーンですし

SBKとかMotoGPもこのサイズなので大丈夫でしょう。

あんまり公道でチェーンが外れて飛んでったという話は聞きませんし。

まぁ、最近のレースでホッパーのマシンで

チェーン切れがありましたが・・・

あれはテンション掛けすぎだったのか

はたまたしっかり繋げてなかったのか・・・?

まぁ、いいでしょう。

で、スプロケですが微妙にゴールド。

もちろんですが山もたっぷり。

消耗した前のスプロケと比べると

山の幅が1.2倍くらいあります。

新品ってこんなんなんだね。

なんとなくリア周りがスッキリして明るくなりました。

そういえば、フロントスプロケも結構肉抜きされていて軽そうだった。

果たしてわたくしに足回りの軽量化は体感できるのでしょうか・・・?

今のところ、お店→学校→自宅 しか走ってないのですが

特にこれといった変化は感じられず・・・

回転重量って言われてもねぇ?

レースやる人ならある程度分かるのでしょうけど・・・

気のせいかもしれないけど

コーナーからの立ち上がりが若干軽くなったかな?

車体を起こす挙動が軽くなったというか・・・

上手く言えませんがまぁ、そんな感じ。

とりあえずこれで消耗品をほぼ換えたので一安心。

気兼ねなくもてぎのMotoGPに備えましょう。



ここで意味も無く毒々しい色の飲み物。



先にも紹介しました、ペプシのブルーハワイとマウンテンデュー。

こうして見ると本当に毒っぽい色してんなww





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、レース2です。

WSSでオープニングラップの1コーナーで多重クラッシュという名の

ボーリングが行われてしまい赤旗中断。

その後再スタートとなったため

予定されていたSUZUKIカップ(GSXヨーロッパ選手権)が中止に・・・orz

で、SBKのレース2です。

ホールショットはレース1同様ベイリスでした。

しかし一周終って帰ってきたときにはベイリスが大回りして

コーサーがTOPに。

コーサー・ベイリス・芳賀の順で周回を重ねます。

2周目終って1コーナーでまたもや大混戦。

その後高速コーナー終わりのシケインで

コーサーをベイリスと芳賀が同時にかわします。

4周目突入の1コーナーでベイリスとコーサーが大回りした隙に

アーガTOP浮上!!

オーダーは芳賀・ノイ・コーサー・チェカ・ベイリス・ビアッジの順に。

6周目の1コーナーへコーサーがマフラーから盛大に火を噴いて進入していきます。

その周回で高速コーナーからコースアウトしたシュミッツがリタイア。

あとチームメイトで絡んで二人がリタイア。

チームメイトで絡んじゃ・・・orzだろう。

この辺から先頭集団は3台になります。

二番手集団も三台。続いて先生ってかんじで。

どうもビアッジが伸びません。

負傷しているから仕方ないかもしれませんが・・・

8周目からヤマハの二台のバトルになります。

芳賀とコーサーがクロスラインでいたるところでバトルしていて

絡んで転けたりするなよ~と画面に食い入ってましたが

11周目にはラップレコードを塗り替えて後続を二台でぶっちぎります。

バトルし過ぎですwww

15周目に1コーナーで芳賀を交わしてコーサーがTOPに浮上・・・

しかしここで雨が降ってきました。

結局赤旗中断。

レースは成立し、

コントロールライン通過時にTOPだった芳賀の優勝が決まりました。

ってことは

アーガWウィン!!

底抜けに おめ!!!

と、いうことで今回のラウンドは芳賀のダブルウィンで幕を閉じました。

いやはや、ハラハラしました。

もしかしたらMotoGPよりバトルが楽しめるかもしれないですね。

SBKの方が好きだという人の気持ちが分かりました。

さて、次のラウンドはサンマリノです。

たしか、MotoGPとは反対回りになるんだよな・・・?

楽しみです。

しかしノイキルヒナーは安定して早いな。

表彰台のメンツは2レースとも同じでしたwww

まぁ、こういうこともある罠。

それでは今日はこの辺で。

明日わたくしは、愛車のチェーンとスプロケ交換に行ってきます。

楽しみだなぁ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ