♪HAVE A NICE DAY♪

のんびり独り言♪

封筒の渡し間違え・・・・・

2017-02-27 20:30:45 | 音楽♪映画♪テレビ
第89回アカデミー賞

こんなミスって・・・
作品賞が書いてあるカードが入った封筒じゃなく
その前の主演女優賞のカードが入った封筒を
作品賞を読み上げるプレゼンターに
渡したようです。。。

今日はお休みなので勿論朝から
わくわくでアカデミー賞楽しみながら見てました。

いよいよ最後の作品賞!
「ラ・ラ・ランド」!きゃ~~~~
嬉しい~~~と思って観てました。

ララランドの皆さん、ステージに立ち
受賞を喜び感謝のスピーチ。
スピーチしてる時にお隣の方が
ちょっと「ん?」って顔をしたり落ち着かない感じ・・・
と思ってるうちにマイクを付けた人が出てきたり
プレゼンターのウォーレン・ベイティが前に出てきたり
舞台の様子が何だか・・・変だ・・・どうしたの??
と思ってたら一番最初に受賞のスピーチをしてた方が
「ミステイクがあった、作品賞はムーンライトだ。ジョークじゃないんだ」と・・・
その後、この方が「作品賞はムーンライト!」とカードを見せました。
ええ~~~~
何が何だか、今起こってる状況が
私も、何?何?状態で

ムーンライトの方々を呼びます。
舞台はラ・ラ・ランドからムーンライトに総入れ替え・・・

ララランドの方が
一度受け取ったオスカーを「自分から渡したい」と言うんです
あとから又その場面を改めて見たけれど
咄嗟にこのような対応が全て出来るなんて。。。
その後もムーンライトの方々と抱き合ってました。
素晴らしい・・・

後ろのほうに立っていたデイミアン・チャゼル監督の表情も呆然としてました
もう~~可哀想。
こんな事って前代未聞じゃないの~~?
もう~~ビックリ!!
可哀想過ぎです。

プレゼンターのウォーレン・ベイティが説明させてくださいと言って
説明してましたが
そうそう、そういえば発表の時
何故か中々発表しないし
カードが入った封筒の中を見たり・・・
そうですよね、渡されたカードには
ラ・ラ・ランド、エマ・ストーンの名前が書いてあったら
ウォーレン・ベイティさんも不思議に思いますよ。
私は、じらしてるのね?と思ってまして。。。

会場もこのハプニングには呆然・・・
改めて作品賞です!って言われたムーンライトの方々も
今、何が起きてるの?状態で
きっと喜びも複雑だわ。
いや~~~~~ホント!もう~~~びっくり!

wowowの司会やゲストの方々も
皆さんビックリ!

それにしても本当にララランドの皆さん・・・

夜の字幕の再放送も見て寝よう・・・
コメント (8)   トラックバック (1)

ラ・ラ・ランド

2017-02-25 21:07:50 | 映画ら行


泣いちゃった・・・

私は大好き!この作品
まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて
拍手したい気分

ミュージカルだから
オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、シカゴなど歌声にも大感動したけど
この二人の優しい歌声とダンスや曲も
良かったな~

ライアン・ゴズリングのピアノ

ストーリーはよくある感じのラブ・ストーリーだけど
面白かった

女優を目指し日々オーディションを受けるエマ・ストーンと
ジャズが大好きだけど生活していく為に好きでもない
バンドマンのピアノを弾く
ライアン・グズリング。。。
二人の夢への思いとお互いを思う愛が優しい~
素晴らしかった~~~~~~

春夏秋冬で物語が進むところが
又いいし
映像は色が鮮やかだし美しいくて綺麗だし
観てて楽しいしキラキラで素敵だった
エマ・ストーンのドレスやお部屋も可愛いし
エマ・ストーンっていつも何着ても可愛いなー
アカデミー賞も楽しみだ

セッションのJKシモンズが出てて
鬼教官かな?ってクスって笑えました


ラストの結末のネタバレ書いてます



ちょっと前にライアン・ゴズリング、かっこいい~
観た作品はどれも重くて切ない系だった。
最近はパンチパーマな頭もあったけど(笑)

重い系作品「ドライヴ」「しあわせの行方」「プレイス・ビヨンド~」
「オンリー・ゴット」なんて
観に行ったけど怖くて最後は観れなくて結末知らないまま(笑)
そんな切ない系のライアン・ゴズリングが
この作品でも出てた


切ないラストだったな~・・・
二人はどうなったの??と
ハッピーエンドを願ったのに・・・

もしかしたら二人はこの人生だったかも・・・と
二人の表情に涙でた
最高です!

忘れてた~
可愛いパンフレット
もうちょっとくすんだ色かな
コメント (6)   トラックバック (25)

パージ

2017-02-20 21:01:31 | 映画は行


DVD鑑賞

なんと!年に12時間だけ(夜7時から朝7時まで)
殺人を含む全ての犯罪行為が許されるという・・・
恐ろしい~~

イーサン・ホーク一家もセキュリティ万全で無事に
過ごすはずだったのに
殺される!と助けを求めて一人の男が
イーサン・ホークの住宅地に・・・
息子が、どうしよう・・・と思いながらも
入れてしまう~~!
追いかけてくる集団イーサン・ホーク一家の戦いが始まる。
あっ!その前に娘の彼氏に危なくイーサン・ホークが殺されそうになる。
こんにゃろめ。

家の中が戦場になるんだけど・・・
流石お金持ちのイーサン宅であって
やっぱり家が広いんだなー
うちなら、直ぐ戦いは終わってしまうだろうなーとか(笑)
家族4人それぞれの場所で(家の中だけど
戦ってるせいか一人一人が家族の戦いに気づかないみたい・・・
私なら今の銃声は何だろう?とか思っちゃう。

ラスト、奥さんが近所の憎たらしい奥様に
頭をガラスのテーブルにゴーン!!
でもちょっとスッキリ!
だってホント憎たらしいんだもん!
妻の力は凄かった
コメント (2)   トラックバック (2)

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

2017-02-14 21:49:04 | 映画ま行


面白かった~

ネタバレです!


まず主人公のジェイク役の男の子~~
切な過ぎる「縞模様のパジャマの少年」や「ヒューゴの不思議な発明」
に出てた子~~
大きくなって~~~

不思議な力を持ったり透明人間の子供が生活する(X-MENを思い出します)
ミス・ペレグリンの屋敷に入る事に・・・
実はこの世界は1943年のドイツに空爆を落とされる前の日を
ミス・ペレグリンが時計を合わし
毎日安全な同じ日を皆で過ごしている。
現実の世界に戻ってしまうと、それだけ歳をとることになるから
戻れない・・・という切なさがあるんです。

主人公のジャイクのおじいちゃんが何者かに殺されるんだけど
(こちらは現在)
この悪役からしてティム・バートン独特のキャクターで
この悪役はサミュエル・L・ジャクソン
怖くて不気味で憎たらしくて(笑)流石です。

いや~~目玉をパクパク食べるシーンもあるんだけど
目玉いっぱい!(笑)
うわ~~~って思うけどティム・バートンの作品が好きなら
大丈夫じゃないでしょうか。なんとなく(笑)

鉛の靴を履いてないとフワフワと飛んで行っちゃう
少女(勿論、金髪)との恋物語もあって
この女の子もとっても可愛い

皆がそれぞれ持ってる不思議な力を出しながら戦うシーンが
大丈夫かな?とドキドキしながらも楽しいし
ラストへの流れがハッピーに終わるのが良かった
ティム・バートンの作品ってちょっと違った人などに
温かくて愛を感じます
この作品も大好きだな~~
そうそう、やっぱりおじいちゃんが住んでる所なんかは
またまたシザーハンズな感じ
家の感じや植木なんかも。

ティム・バートンもチラッと映っていたような・・・
見間違いかな~?(笑)
あとチャーリーとチョコレート工場でも日本が出てきたけど
今回も~
おじいちゃんがジェイクに
色々な国のお金を手渡すんだけど
一番上にドーン!と一万円札があった事が嬉しかった。
勝手にティム・バートンの日本愛を感じました。おほほ
コメント (4)

看板だけなのに何でこんなに楽しいんだ?

2017-02-13 20:49:03 | ☆fighters☆
サロン・デュ・ショコラのついでに
いや、こっちのついでにサロン・デュ・ショコラか?
どっちもワクワク系(笑)



雪まつりのブースにファイターズ
中田と中島、大谷くんと遥輝
娘と、この真ん中に入って写真撮って来た~~
それだけ・・・

ガチャや抽選もあって
私達の前で抽選してた親子がSS席のペアチケットが当たった~~!
そんな一等賞が当たる場面に遭遇したのは
初めてだ!いいな~~


私達は杉谷のおさるさんと
メンドーサのマグネット
これはスケルトンになてて雪の結晶も書いてあって
意外に可愛くてお気に入り~

あっ、ここにも

コメント (4)

マツコと楠田さんの言葉にやられ・・・

2017-02-13 20:34:14 | 日々の出来事
「これ・・・10個や20個食べられる!」ってマツコが言うので・・・
今年もサロン・デュ・ショコラに行って来た・・・

去年は全然ショコラティエの方は解らず・・・でしたが
今年はマツコのテレビを観た(笑)
美味しそうだ~!今や女性のお祭りって感じだ(笑)
この時期、チョコレートの値段に驚いて
麻痺しつつあるんでないか?



マツコと楠田絵里子さんが絶賛してた
ピエール・マルコリーニのチョコが美味しそうで・・・
あさイチにも出演してたな~(笑)


あとジャン=ポール・エヴァンも有名ですね~
くちびるの・・・


ジャン・ポールさんのチョコクレープ
中はクリスティーヌ・フェルベールさんの監修
のコラボらしい・・・
名前、覚えられない・・・
まんまと私も含め日本人はやられてる感じの匂いがする・・・
でも美味しかった


今年もやっぱりこれを買った

ヴェストリさん、今回トークショーがあったんだ
今回は柑橘系にした!
美味しい~
今年も皆でちびちび食べる事にする(笑)
コメント (4)

砂上の法廷

2017-02-10 22:07:44 | 映画さ行


wowowで鑑賞

ちょっと、ちょっと~~~!ひっどい話だ~~
息子は何の為に?だわ~あなたの為じゃないですから~~
危うく・・・危ないわ~

父親殺しで容疑者となった息子の弁護をする事になった
キアヌ・リーブス。
法廷ミステリー

大体母親をかばってるんじゃないのか??と普通のサスペンスでありがち
かな~?と思ったら~~!
中々凝った内容のサスペンスでした。
気持ちよく騙されましたし(笑)私ってば気づくの遅すぎかしら
後半、なんか怪しい・・・と思ったけど(笑)
そういう事だったか!と気づいたら
そうか~~~納得~(笑)

殺された父親が嫌な奴だけど
恐ろしいお話でしたね~
サスペンスなので面白く観ました


この間ジョン・ウィックの続編のプレミアあったんだ
日本公開は7月とか?
楽しみ~~
コメント (4)   トラックバック (2)

キセキ -あの日のソビト-

2017-02-10 21:38:41 | 映画か行


GReeeeNのキセキ、いい曲だ

Greeeenデビューまでの物語で実話です。
最初は兄のJINさんがデビューするお話があったんですね。
でも厳しい世界、夢は叶わなくて
でも弟の才能を感じて
プロデュースとして関わっていたことも知りませんでした。

二人のお父さんとても厳しい~
兄弟二人は敬語ですからねー
親からしてみれば気持ちも解りますけどね。しかも男性だし。
弟のHIDEは1浪して歯科医の大学に合格して
友達と4人(後、グリーンのメンバー)と音楽を始めて
そのデモテープを兄に聴いてもらい・・・
弟は歯科医師になるというのが基本頭にあるから
音楽のほうばかりやってると学業のほうが厳かになっちゃう・・・
そんな悩みも抱えながらでも
結構、トントン拍子にデビューできたんだな~という印象でした。

お兄ちゃんは好きな事をやってても
色々辛い思いをしたりしたんですね。
今、Greeeenの活躍があるのはお兄ちゃんのお陰でもありますね

ラスト厳しかった父親が
二人に掛けた言葉が良かったです
コメント   トラックバック (4)

大丈夫かな~

2017-02-02 21:21:06 | ☆fighters☆


ちょっと前の
西川遥輝と大谷くん
癒される~(笑)
見つめ合っちゃってラブラブっぽい写真だなー(笑)

大谷くん
多分、来年いっちゃうから
きっと本人も今年のような活躍して納得して
メジャーに行きたいだろうし。。。
その為には無理しないで欲しいな~
投げたかっただろうけど。
大谷くん、ホント色々と大変だな~


そういえば、全然関係ないけど先週の金曜日のあさイチに
ぬお~~っ!
ライアン・ゴズリングと監督がスタジオ生出演!って言ってたけど
今日は国会中継の為、55分までになってます!って・・・
ぬっ?って事は40分しかないではないか?

その日ののゲストは太川陽介・・・
ええ~~~~詰め込みすぎじゃないのか?
でも55分までなら生放送で観れる~~って楽しみにしてたけど
もう終わりまで5分くらい?でもまだでない・・・
やっと出た~~と思ったら
ちょっと2・3分。ちょっとだけの質問で
この続きは別の日にお届けします!って
大急ぎで終わった。。。
明日、その続きやるんだろうか?
こんなことってあるのね?
でも明日、念の為予約しておこう~~~っと。
コメント (6)