♪HAVE A NICE DAY♪

のんびり独り言♪

ヤング・アダルト・ニューヨーク

2016-07-25 21:27:33 | 映画や行



ん~~~~~予告観た時はベン・スティラーだし
面白そう!と思って観たけど・・・
私にはちょっと・・・
約90分なのに・・・長かった~~~
何を感想に・・・と思っても何も書くことないや~



こちらの作品と迷ったけど
やっぱりこっちにすればよかったなー
ノーマン・リーダスだったしなー
コメント

欲望のバージニア

2013-08-14 21:57:02 | 映画や行


あらすじ: 禁酒法時代のバージニア州、ボンデュラント3兄弟は密造酒ビジネスで幅を利かせていた。野心家の三男ジャック(シャイア・ラブーフ)は牧師の娘バーサの気を引こうと苦心し、リーダー格の次男フォレスト(トム・ハーディ)は、シカゴから来たワケありの過去を持っていそうな女性マギー(ジェシカ・チャステイン)と恋仲になる。そんな時、新たに着任した特別補佐官レイクス(ガイ・ピアース)が法外な賄賂を求めてくる。レイクスの要求を拒否した兄弟は、非道な脅迫にさらされることとなり……。



観てからもう、10日くらい経ってしまいました

最初は観てたのに・・・気づいたら・・・やってしまいました
15分くらいでしょうかー
しょうがないですね~


出演者の方々が何気に豪華
実際にいた3兄弟のお話ですが・・・
長男さんは、ちょっと3兄弟の中では影が薄いです。

「俺たちは死なない・・・」と次男役のトム・ハーディが言ってますが
本当に死なない

次男のフォレストは中盤、ナイフでくーーーーーーっと
やられてしまい、ええ?もう死んでしまうの?と思いきや??
た助かっている・・・き奇跡だ。。。
ラストでも、もう~~~これは!と思いきや??
助かった・・・き、奇跡だ・・・。
ダークナイト・ライジスのベイン(トム・ハーディ)
で、当たり前ですが声がベインだ~と
ちょっと感動(笑)綺麗な顔してます
ジェシカ・チャスティンと相思相愛ですが、
トム・ハーディがこれまた
中々~~行動起こさず(笑)ジェシカさんから誘ってしまいました

アリス・ワンダーランドに出てたミア・ワシコウスカも可愛かったです
三男の親友が可哀想でした・・・

ゲイリー・オールドマンも出てるし
ガイ・ピアーズも!

今回の怪演賞は(笑)写真で解ると思いますが
勿論ガイ・ピアースです!
コメント (6)   トラックバック (2)

ヤング≒アダルト

2013-02-07 22:20:22 | 映画や行


シャーリーズ・セロンが演じるメイビスは高校時代
美しく、女王様のような扱いをされていた存在。
大人になり切れないというか、過去にチヤホヤされて
それが、ずーっとそうだと思い込んでいる
今で言う「痛い女」をシャーリーズ・セロンが演じていて
上手です!

田舎に帰り、元彼とよりを戻そうと・・・あらららら
元カレも自分と復縁を望んでる!!と思い込んでいる・・・
あの楽しかった高校時代のように煌びやかな時が戻ると。。



メイビスの今は・・・
ダラダラ生活・・・ダラダラのキティちゃんTシャツを着てます。
プリンターのインクが無いと・・・唾を・・・
それは出来ないわー
コーラをガブガブ飲んでゲップシャーリーズ・セロンが(笑)
凄いわ、凄いわ今回も凄いわ、シャーリーズ・セロン


幸せな毎日を送っているのは、本当は私なのに・・・と
思い、どんどん元カレに迫りますが・・・
それにしても~~~
メイビスもメイビスだけど元彼と元カレ妻~~~
私、嫌いだ~~~(笑)
何だか、憎たらしい(笑)



皆で取り囲むように、メイビスを可哀相・・・病気・・・と
言うのよね~~
ボロボロになった時、予想通りマットの元へ。
そんな時、マットがいて良かったわ。
それにマットの妹も・・・と。
で、最後は観客をキュンとさせるのか?と思ったら、
そうでもなかった事に、「あれっ?」でした。あはは!
こんなラストもいいですね

でも、メイビスなりに前向きになったし、ちょっと大人になった。
わんちゃんにも優しくなった
シャーリーズ・セロンいいですね~~~~~!!

この曲gleeでもパフォーマンスしたけど
ノリノリで大好き!
このビデオも元気がでる
ここでメイビスも踊って欲しい(笑)

ケリー・クラークソン ストロンガー
コメント (2)   トラックバック (1)

ヤコブへの手紙

2012-03-15 20:32:06 | 映画や行


解説: 1970年代のフィンランドの片田舎を舞台に、人を寄せ付けない元囚人と悩める人々を癒やす盲目の牧師との繊細な交流を描き、各国の映画祭で称賛された感動的な人間ドラマ。刑務所を出所したヒロインが牧師のために手紙を音読する日々と、二人の心に宿る絶望と希望とを淡々とつづっていく。監督は、フィンランドとスウェーデンで活躍するクラウス・ハロ。物語の終盤に告白される悲しい秘密と温かな真実に、胸が締め付けられる。


wowowにて鑑賞

登場人物は主に3人で、とても地味で静かといっては失礼だけど・・・
とてもいい作品だったー

レイラは終身刑で服役していたけど
恩赦で保釈され、盲目の牧師の家に行く事になります。

ここでレイラは毎日、牧師に届く手紙を読みます。
最初はふてぶてしい態度のレイラだったけど・・・
全部読むのが面倒なのか、捨ててしまったり。

解説にヒロイン・・・って書いてあるけど・・・ヒロインって感じじゃないかな?
ゴホン!失礼!


最後、どうして、この牧師の家に来る事になったのか?
レイラの過去が明らかになって・・・

この二人が段々と心通わし・・・
本当は手紙がきていないのに、牧師の事を思い
カタログ雑誌を
ブリブリと封筒を破る音のようにしたり
レイラの優しさが出たシーンには
見ていて温かな気持ちになりました。


70分くらいの短い物語だったけど
何だか、とても良かったなぁ~


コメント (4)

やさしい嘘と贈り物

2011-10-16 21:45:13 | 映画や行


「猿の惑星」と一緒にレンタルしました。
内容も知らず・・・題名もいいし手にとりました。
それが良かったのですね。。。

この作品のあらすじや予告を観ないほうが感動すると思う。


この二人の演技が素晴らしい・・・
クリスマスシーズンものだから、映像も可愛くて綺麗


最後は久々に涙、だらっだらの私でした。
思わず、もう1度最初から観て、なるほど・・・と
又、切なくなりました。
コメント (6)   トラックバック (1)

夜になるまえに

2008-03-14 14:44:56 | 映画や行
johnnyを好きになった頃だから、もう、4・5年前にDVDで観て凄く衝撃的でショックを受けました。
今回のアカデミー賞で助演男優賞を受賞した、ハビエル・バルデムが主演で、監督は「潜水服は蝶の夢をみる」のジュリアン・シュナーベル、
それに、とっても綺麗な女装をしたjohnnyも出ているので
もう1度観ようと思って、鑑賞した。

ああ~やっぱり最後はとても悲しく、切なくなりました
そして、カストロの独裁政権下のキューバ革命があり・・・

恥かしい事に、こういう世界情勢の事も全然解らない私。。。頭悪い。

カストロ独裁政権下、同性愛や自由が無かったのですね・・・
投獄され、あまりにも酷い監獄生活。。。胸が苦しくなりました。
切ないです。。。
自由の国アメリカに亡命しますが。。。
最後はエイズになって、あまりにも哀しい最期でした。
落ち込みますね

そして、この作品で主演男優賞にノミネートされたハビエル・バルデム
流石に本当に素晴らしい~~~~~~

johnny演じた、ボンボンちゃん可愛い~綺麗~~(笑)

さ!明日はいよいよ「ノーカントリー」楽しみです
コメント

善き人のためのソナタ

2007-11-26 13:59:08 | 映画や行
いや~~~なんとも、じんわりといい作品でした
東ドイツでのお話・・・
きっと、こうゆうことは頻繁にあったのでしょうね・・・哀しい。。
自由のない国。
主人公は優秀な人でしたが、ある作家の家を盗聴し
だんだんと・・・人間らしくというか、優しさが出てくるのよね
でも、きっと誰もが自由を求めているのに。。。
辛いですね。
私まで、ドキドキしながら息をひそめながらの鑑賞になりました。
作家と女優との関係も、切ない・・・

最後は感動でした~~~いい終わり方でした。

二人は感動の再会となるのかな?と思ったら
作家が主人公に感謝と優しさで、
本の出版、感動でしたわ~~~

いや~~~いい作品でした~~

でも、主人公の方、今年の7月に亡くなっているんですね。。。
とても残念で悲しいです・・・
ご冥福をお祈りいたします・・・
コメント   トラックバック (1)