♪HAVE A NICE DAY♪

のんびり独り言♪

厳しい冬を越えました

2012-03-28 22:59:06 | ☆北海道の色々☆
仕事に行く途中、一軒家のお宅に猫ちゃん発見したのは
今年になってからかな~?

最初は仔猫3匹とお母さん・お父さんと思われる猫も・・・
いたのですが、今はもう
3匹しかいません。

近寄ると、このお宅の玄関に上がる階段の下に入って行きます。

この寒い冬を3匹は一緒に丸まって過ごしてきたのだろうな。
でも、雪は入らないし・・・
このお宅は黙って猫ちゃん達に貸しているようですし・・・
誰か?解らないけどカリカリも置いてくれてます。
3匹が一緒、雪が入らない場所、優しい人がご飯を・・・
で、この寒い冬を生きる事ができたのですね。


後ろの猫ちゃんは、特に警戒心が強くて、直ぐ
お家に入っていきます。

可愛いけど、可哀想・・・お日様の当たる所に居ました。

最近は・・・
雪が融けてきて、このお家の南側のベランダに、雪が無くなったので
3匹仲良くいます~~

3匹一緒だから、この寒い毎日も過ごせたのでしょうね~


うちのにゃんこは幸せだわ・・・




コメント (10)

ジュリエットからの手紙

2012-03-25 20:19:43 | 映画さ行


いや~~久々に恋愛ものを見て、
何だかキュンキュンした(爆)
こうなるな~?と思った通りになる観ていて気持ちのよい
作品キュンキュン
お気に入りになった!好きだ!(笑)
これは女性向け作品ですねキュンキュン




ソフィ(アマンダ・セルフライド)は婚約者のビクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)と
イタリアに婚前旅行に出かけるけど
ビクターは自分の仕事の事で大忙し・・・
そこでソフィは
「ロミオとジュリエット」のジュリエットの家を訪れる。
そこでは毎日女性達がジュリエットに手紙を書いて
壁に貼っている・・・

その手紙を女性が回収して一人ひとりに
返事を書くという「ジュリエットの秘書」がいて・・・
ソフィがあるとき50年前の手紙を壁の中から見つけ出し
ソフィは返事を書きます。

その時の女性クレアとその孫チャーリーと
3人で一緒にクレアが恋に落ちた、
ロレンツォ・バルトリーニを探すストーリー



普通だったら、あり得ないお話でもありそうだけど
そこはやっぱり、映画ならでは~で
楽しめた~~キュンキュン

50年前の初恋の相手を探すクレアもキラキラして可愛いし
沢山のロレンツォ・バルトリーニが出てきて笑えました

もう~~~本物のロレンツォはお馬さんに乗って
かっこよく登場!ですからね~うひゃ



しかも、このお二人、実生活でもご夫婦とは!!
驚いた~~



3人で探していくうちに
勿論、キュンキュンものですから
ソフィとチャ~リ~も段々とキュンキュンになっていくのだ。
しかし~ソフィには婚約者がいるからな~

そりゃ、勿論見てる人たち(私も)は
ソフィとチャ~リ~でハッピーエンドで!を
望む訳で
チャ~リ~はチャ~リ~でお決まりの
えっ?そうなの?の女性も登場(笑)

最後は勿論、キュンキュンぶはーっ
いや~久々にキュンキュンした恋愛ものだった。
好きだー

チャ~リ~役のクリストファー・イーガンは
かっこいい!!って感じじゃないけど
つぶらな瞳が、Bon Joviのジョンに似てたなー
うひゃひゃ

お目目がでっかい!&スタイルいいアマンダちゃん、
最近ジョシュ・ハートネットと
付き合っているとか~
ほぉー

えっ!何かで読んだけど、ガエル・ガルシア・ベルナル今度は
ゾロ役を演じるとか!ほぉー
ゾロ好きとしては観るわ~~
バンちゃんゾロは終わったのか・・・

ジュリエットに手紙を書いて返事が返ってくるというのも
いいですね~
本当にあるそうです。
この作品のヒットで手紙が8倍に増えたとか!
ジュリエットに手紙を書いて「ジュリエットの秘書」から
返事が返ってくるというのも
いいですね~素敵
最近はメールだけど・・・手紙っていいな~
コメント (10)   トラックバック (1)

長靴をはいたネコ

2012-03-22 21:23:25 | 映画な行

シュレックで出てきた「長靴をはいたネコ」
これが又~
ネコ好きにはたまらなく可愛いキャラクターで



声を担当するアントニオ・バンデラス!の「マスク・オブ・ゾロ」!
「レジェンド・オブ・ゾロ 」の!
ゾーロ!ゾーロ!ゾーロ!!
このシリーズ大好き~~~~~!!!!(話が大きく脱線part1)
のゾロのネコ版みたいなキャラクター



剣を持ち、シャンシャンシャン!と木にゾロマークを彫ったり(笑)
ウル目とゴロゴロ喉鳴らしで、
敵をとろ~~~んとさせてやっつける!という長靴ネコ
これが可愛くて笑えて好きでした。
シュレックシリーズも大好きです。

今回は字幕で観るぞ!と楽しみにしていたのに・・・
2Dも吹き替え・・・
竹中直人さんの声もいいけどバンちゃんで観たかったなぁ~~~~

それにキティの声は

「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」で
バンちゃんと競演のサルマ・ハエック



レジェンドではジョニーも出演
この時のサンズのジョニーがかっこいい~~~
お目目から血がー!
(話が大きく脱線part2)



プスは小さい頃から、いじめられていたハンプティー ダンプティーを
助けたりして、二人は親友になりますが
プスが英雄になったことでハンプティー ダンプティーが嫉妬し
亀裂が入り・・・裏切り・・・

でもある時、再会し二人と、
雌ネコのキティと共に「ジャックと豆の木」をモチーフにした
豆を追いかけながら、旅に出る事に・・・

酷いんじゃないの!!と思いながらも
最後は、うるうるしましたね~
んんん~

「ジャックとジル」の声も面白かった~
悪の二人ですが、吹き替えでは
東北弁で話をするので笑えて


プスが牢屋脱出する時、得意のうるうる目とゴロゴロで(笑)
「さ~鍵を開けて~」と言うと
トロトロになって「はい~~どうぞ~~」と
鍵を開けてしまうシーンが可笑しくて可笑しくて~

ミルクピチャピチャも可愛くて笑えたし
光に反応して飛びついたり
もう~ネコ好きには堪らなく、アニメではあるものの
観ていて、にやにやする事間違いなし

色々な猫ちゃんがギターを弾いたり、太鼓をはたいたり
のシーンも良かったし
たっくさん!ネコが出てきて面白くて可愛い~

このシュレックイシリーズでの楽しい1つは
最後は必ず、楽しい音楽で心を楽しくしてくれる所
可愛いし、笑えるし、内容も良かったです。
面白かった

娘も可愛くて面白かったけど
「ランゴ」のほうが好きかな~と言っていました
コメント (6)   トラックバック (2)

色々な「きゃー!」

2012-03-19 22:19:01 | johnny
きゃーもう直ぐね!
「ダークシャドウ」


「ラムダイアリー」



きゃー頭にカラス乗っけてるー
監督はパイレーツとランゴのゴア・ヴァービンスキー
「ローン・レンジャー」



きゃー純金ジャック、3600万円とか?



きゃー白く写ってるのは紙球よ
思いっきり、手広げてぱー!
真っ黒よ!

コメント (6)

アリス・クリードの失踪

2012-03-18 21:19:13 | 映画あ行


最初は何の台詞も無く、男二人誘拐する準備を始める。
そのシーンが手際よくて凄くて
そこから面白そう・・・と入り込んでいったわ~
そして、アリスを誘拐し、身代金を要求しようと企みます。

登場人物が「ヤコブへの手紙」に続き3人!
この3人の心理というか、私も一緒に3人の心理の
謎解きしましたね~~(笑)
最初、アリスを見た時、とてもお金持ちのお嬢様に見えなくて・・・
でも、急に訳もわからずこんな所に監禁されて
手足は手錠だし、洋服は脱がされ・・・
怖い!!



最後まで3人は、どのような関係なのか?本物?嘘?
どうなの?誰が一番企んでるの?(笑)

こうだからこうだろうか?んん?もしかして
最後はこうきたりして?

途中、ええええ~~~~っ!!!ぬぉ~~~!!
と驚きましたわね~~~
お見事です

それから、又、色々あるのだな、これが!
って事は・・・どうなるの?
大変だ!どうすんのぉ~~~~!!
拳銃の弾は流れないし!!は~~ドキドキ!

しかも、ある時素っ裸のままに
なってしまった「あの方」に、
どうすんのー!と見てる私も
ドキドキ・オロオロしながらも
そのお姿にちょっと、うひゃ!と笑ってしまったわい


最後まで、どうなるのか?
と色々なシーンに
ドキドキやらハラハラやらであっという間に見終わりました

ラストは・・・どうなんでしょうか?
なるほど~~~

面白かった~~~



コメント (3)   トラックバック (1)

ヤコブへの手紙

2012-03-15 20:32:06 | 映画や行


解説: 1970年代のフィンランドの片田舎を舞台に、人を寄せ付けない元囚人と悩める人々を癒やす盲目の牧師との繊細な交流を描き、各国の映画祭で称賛された感動的な人間ドラマ。刑務所を出所したヒロインが牧師のために手紙を音読する日々と、二人の心に宿る絶望と希望とを淡々とつづっていく。監督は、フィンランドとスウェーデンで活躍するクラウス・ハロ。物語の終盤に告白される悲しい秘密と温かな真実に、胸が締め付けられる。


wowowにて鑑賞

登場人物は主に3人で、とても地味で静かといっては失礼だけど・・・
とてもいい作品だったー

レイラは終身刑で服役していたけど
恩赦で保釈され、盲目の牧師の家に行く事になります。

ここでレイラは毎日、牧師に届く手紙を読みます。
最初はふてぶてしい態度のレイラだったけど・・・
全部読むのが面倒なのか、捨ててしまったり。

解説にヒロイン・・・って書いてあるけど・・・ヒロインって感じじゃないかな?
ゴホン!失礼!


最後、どうして、この牧師の家に来る事になったのか?
レイラの過去が明らかになって・・・

この二人が段々と心通わし・・・
本当は手紙がきていないのに、牧師の事を思い
カタログ雑誌を
ブリブリと封筒を破る音のようにしたり
レイラの優しさが出たシーンには
見ていて温かな気持ちになりました。


70分くらいの短い物語だったけど
何だか、とても良かったなぁ~


コメント (4)

もうすぐ春~ですねぇ~♪

2012-03-08 20:33:48 | 日々の出来事
先週除雪が入り道が広くなったーー!
毎年雪かきの雪が段々と道路に溜まっていくので
家の前の道路はどこも一車線となります。

対向車がきたら、どちらかの車がちょっとした脇に寄って
譲り合い~です
頭を下げたり、手を上げてど~も~
クラクションでありがとう~

2月に入ると、順番に除雪が入るー

さ~て
こんな山だった。
でも札幌は今年少ないような・・・



ザク~ザクー

にゃんこも「にゃにやってんにょ~?」



ガー!


「ほー」


「おっ!



ダンプに雪を一気に!じゃー!

次~!

次~~~!


「天気良くて眠くなってきたわにゃ~

今週は気温が高く雪解けがすすんでます
水はけが悪い所は
結構な池になってる・・・サクサク・じゃぶじゃぶ・・・

でも春がちょっとづつ近づいてるわ~


コメント (12)

ヒューゴの不思議な発明

2012-03-06 22:39:31 | 映画は行


舞台は1930年代のパリ。主人公はパリ駅の時計台に隠れ住む12歳の孤児ユゴー。彼は、父が遺したからくり人形に隠された秘密を探っていくうちに、不思議な少女イザベルに出会う。からくり人形には二人の運命をも変えていく秘密が隠されていたのだ。……からくり人形のぜんまいが動き始めるとき、眠っていた物語が動き出す!


皆さん、仰っていますが
スコセッシ監督の映画に対する愛がひしひしと
伝わる素敵な作品でした
内容が時計の鍵を見つけ出し、謎解きながらの
子供から大人まで楽しめるファンタジーかな?と思っていたのです。
そう思って観ると、うーん?と思ってしまうかも?
なのでしょうが・・・私は良かったなあと思いました


今回、2Dと3Dどちらにしようかな?と・・・
娘も字幕がいいな~と言い出すように
なり字幕にしようか?と思いましたが
やっぱり3Dに・・・
3Dで正解!!だった!
いや~~~~~~
最初の街並みから駅に入って行く所から綺麗で
うっとり~~~!
それに時計の裏側も奥行きがあったり
綺麗だし本当に素晴らしかったー!!
綺麗だったー!!!!!




スコセッシ監督といえば、こわ~い血が~
マフィア~ですが
今回、このヒューゴ、優しい、人間ドラマ作品となっていました

最初に映画が出来た時、汽車が向って来て、観ていた人は
思わず身体を避けたというエピソードから始まり
そして、監督がいて役者がいて・・・
皆、楽しく映画を作る・・・。
フィルムを繋げたり、勿論手動でフィルムを回したり・・・
無声映画やチャップリンが出てきたり・・・

物語が映画の事に繋がっていくとは
思っていなかった。



イザベルも映画を観たことがないと・・・
ヒューゴは鍵が掛かっているドアをカチャカチャと・・・
そっと、大胆に映画館にイザベルと一緒に入り込みます。

イザベルとヒューゴの楽しそうな笑顔
そんなシーンを
観ると、映画って本当にいいのよね~~~
思うのです

ヒューゴの後半での言葉にジーン・・・ときました
ヒューゴ役はとても胸が張り裂けそうになった
『縞模様のパジャマの少年』ブルーノのエイサ・バターフィールド君です。
純粋な瞳は変わっていません

この作品を観て、私、スコセッシ監督に拍手を送りたくなりました
今までとは違った作品で素敵と思いました


サシャ・バロン・コーエンが演じる鉄道公安官のちょっと憎らしい
(3Dではどんどんアップになる(笑))
感じではあるけど実は・・・
最後は優しく
笑顔には笑えました。
ドーベルマンも可愛い
サシャ・バロン・コーエン、アカデミーのレッドカーペットで
凄い事やっていたんですね


ジョニーも製作に関わっていたので
エンドロールで名前を探そう~と思っていたら・・・・
思いのほか!直ぐにでっかい字で
「JOHNNY DEPP」の文字が!うひひひひ
嬉しかったです。



(余談)
箪笥が出てきた時は、「ナルニア国物語」を思い出しました(笑)
もしかして、その奥はナルニア国に続いているか~?なんて。ふふふ


「いつの時代でも大事なのは、若い人に過去の映画を観せることだよ」
スコセッシ監督のインタビューで読んだ時、

そういえば・・・私が初めて映画を映画館で観たのは
高校生の青春時代(死語)ジェムス・ディーンの
「エデンの東」と「理由なき反抗」
リバイバル(死語)の今思えばなんて豪華な二本立て~!
友達と「エデンの東」に感動して、
そのまま2回目観ました。覚えてるわ。

テレビでは小・中学生くらいから「小さな恋のメロディ」と「3匹、荒野を行く」は
何度もテレビでやっていたような・・・
好きだったー

どんどん、脱線ー

映画って本当にいいなぁ~
コメント (4)   トラックバック (13)