♪HAVE A NICE DAY♪

のんびり独り言♪

魔法にかけられて

2008-03-17 15:03:18 | 映画ま行
これは子供向け?なんて思っていたのに大間違い!
十分、大人が楽しめるラブ・コメだと思います

まず、お姫様ジゼルが可愛くてキュート
彼女が歌いだすと、おとぎの国では色々な可愛い動物達が寄ってくるのに
ニューヨークは、ネズミやゴキブリまでもどっと出てくるところは
少々ぞっとしたけど、でも、楽しい(笑)

それにカーテンで可愛い洋服も作ったり・・・優しくて可愛いジゼルでした

笑えるオトボケの王子様、いやー笑った笑った~
笑顔が可愛いし・・・
最後のキスは、ちょっと・・・可哀想かな~でも、笑える

リスがまた!!!最高~~~~~
ニューヨークじゃ話をすることが出来ないから
身振り素振りで頑張って伝えようと一生懸命。その姿が可笑しくて可笑しくて
大爆笑ーーー
素敵な弁護士もその娘のモーガンも可愛いのなんのって~

あ~~~めでたしめでたし
最高にハッピーで大好きな作品です

しかも、音楽も良かったし楽しめました
色々な場面で、ディズニー映画も楽しめました
娘と一緒だったので、吹き替えでしたが
今度は字幕で楽しみたいですね
コメント   トラックバック (1)

ノーカントリー

2008-03-15 21:49:38 | 映画な行
最後は、もしかして?これで終わりになるのか?と思っていたら
やっぱり終わってしまって・・・
ええええ~すっきりしないー

いきなり、ハビエルが何の容疑で逮捕されたのか?逮捕され
その後から、怖い殺しが始まってドキドキの連続。
大金を手にした男がハビエルに追われるホテルのシーンは
もうもう~ドキドキドキドキ、は~~ドッキドキ。

いやー、助演男優賞??というより主演だーー
上手すぎです
上手すぎて、あの髪型だし・・・彼の仁王立ちがちょっとツボに入り
笑えました
あの後・・・・どうなったのかなー?

奥さんのその後も観ている人の想像にお任せいたします・・・のような終わり方

最後のほうは、ちょっと長いかなーと思いました。
それにしても、ハビエル・バルデム、来日した時いい人だなーーと思いました

コメント

夜になるまえに

2008-03-14 14:44:56 | 映画や行
johnnyを好きになった頃だから、もう、4・5年前にDVDで観て凄く衝撃的でショックを受けました。
今回のアカデミー賞で助演男優賞を受賞した、ハビエル・バルデムが主演で、監督は「潜水服は蝶の夢をみる」のジュリアン・シュナーベル、
それに、とっても綺麗な女装をしたjohnnyも出ているので
もう1度観ようと思って、鑑賞した。

ああ~やっぱり最後はとても悲しく、切なくなりました
そして、カストロの独裁政権下のキューバ革命があり・・・

恥かしい事に、こういう世界情勢の事も全然解らない私。。。頭悪い。

カストロ独裁政権下、同性愛や自由が無かったのですね・・・
投獄され、あまりにも酷い監獄生活。。。胸が苦しくなりました。
切ないです。。。
自由の国アメリカに亡命しますが。。。
最後はエイズになって、あまりにも哀しい最期でした。
落ち込みますね

そして、この作品で主演男優賞にノミネートされたハビエル・バルデム
流石に本当に素晴らしい~~~~~~

johnny演じた、ボンボンちゃん可愛い~綺麗~~(笑)

さ!明日はいよいよ「ノーカントリー」楽しみです
コメント

潜水服は蝶の夢を見る

2008-03-11 20:06:55 | 映画さ行
この作品は観ていて切ないので、観ないと思っていました。

でも、johnnyが2007年の作品の中でもっとも素晴らしいと言っていた
本当はjohnnyが出演のはずでしたが、パイレーツがあり降板しました。
きっと、johnnyはこの役をやりたかったのだろうな~~~と。。。

やっぱり、最初から辛い切ない作品でした。。。

ジャンが目覚めると、意識ははっきりと解るのに動けない。
ジャンが言葉を発しているのに・・・とても切ない。。。

よく使われるアルファベットを何度も読んで、ジャンと話をし、文章にする
この女の方も素晴らしいです
ジャンの最初の言葉が「死にたい」
でも、色々な人たちの愛とジャンの想像力、そしてその苦しい中でも笑える場面も
あり、いい作品でした。

johnnyが言うように、ジュリアン・シュナーベル監督素晴らしいですね
ジャン役の方も素晴らしかった
johnnyでのジャンも観たかった気がします。きっとjohnnyなら
アカデミー賞にもノミネートされただろうな・・・と思います。
どうして、作品賞や主演男優賞もノミネートされなかったのか?
不思議に思います。

コメント

ライラの冒険

2008-03-10 19:46:56 | 映画ら行
先行上映にて娘と吹き替えで観ました。
いや~~~とにかく、映像が綺麗CGが凄いですねー
これは大画面で観るべき作品

出演者の方々の声が聞きたかったけど、名前など色々覚えなきゃならないので
吹き替えでよかったかも~

子供は、楽しめると思う。大人となると・・・
んん~~~どうでしょうか、それなりに・・・最後もつづく・・・・のような終わり方なので、本当に親子なの~~?とかダストってなんだ~?(私には解らなかった)
んん~何故、ダイモンと子供を引き裂くんだ~?
またダイモンが、可愛いー

いや~~~~シロクマも凄い。迫力満点
そうです、そうです、この作品はファンタジーです
その気持ちで観るのだ



コメント

スウィニートッド

2008-03-09 14:32:15 | 映画さ行
素晴らしかったです。そりゃー愛するjohnnyが演じていますから
感情が入ってしまいがちですが。

私は、ストーリーも妻が殺され、復讐劇とただただ思っていました。。。
関係のない人たちまで、トッドに喉を斬られ・・それをミセス・ラヴェットの店でミートパイとして売るのね~
もう、トッドは人間としての感情もなくなってしまったのね・・と思いきや
奥さんと子供と一緒に来たお客さんの喉は斬らないの。。

なんといっても、ラストは悲しい
気が付かなかったわ。。。
ああああ~もしかして・・・・
涙がうるるると・・・・
ジョニーの演技が悲しすぎる

ティム・バートンカラーが、素晴らしい
全体的に「コープス・ブライド」に似た感じのカラー
ダークなのに綺麗。
ミセス・ラヴェットの妄想シーンは、ガラリと変わってカラフル
クスッと笑えちゃうジョニーが可愛い

楽曲も最高でした。
johnnyファンは勿論!CD買っていて聴きまくっています
johnnyをはじめ、皆さん上手です

アカデニー賞美術賞に輝きましたおめでとうございます
ジョニーの投げキッスが見れました



コメント

ご無沙汰してしまったブログ

2008-03-09 14:00:13 | 日々の出来事
久々だな~映画も観に行っているのに、感想書いている暇もなく・・
でも、感想は書いていこう!っと!
愛するジョニーが出演するはずだった「潜水服は蝶の夢を見る」良かった・・・
写真は、アカデミー賞でこの作品の監督ジュリアン・シュナーベルと一緒のジョニー
コメント