京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『マザーウォーター』

2010-11-06 00:11:06 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「マザーウォーター
□監督 松本佳奈
□脚本 白木朋子、たかのいちこ
□キャスト 小林聡美、小泉今日子、加瀬 亮、市川実日子、永山絢斗、光石 研、もたいまさこ、田熊直太郎、伽奈

■鑑賞日 10月31日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>


 松本佳奈監督がメガホンを取り、出演者は『かもめ食堂』や『めがね』、『プール』など、
 小林聡美(セツコ)やもたいまさこ(マコト)、光石 研(オトメ)、加瀬 亮(ヤマノハ)、市川実日子(ハツミ)の常連組に加え、
 今回は小泉今日子(タカコ)や永山絢斗(瑛太の実弟)が初参戦。
 女優としてのキョンキョンの持つ独特の雰囲気は、この映画の中では十分活かされている。

 まったりとした京都の当たり前の町並みをバックに、不思議な係わり合いがこの町で生れる。
 それぞれに、描かれる人物の温度差や、微妙に移り変わる季節感、
 そしてフードスタイリストの飯島奈美さんの派手に主張しない料理の数々がこの映画に味わいを加える。
 (余談だが、僕もかみさんも映画を観ながらお腹がグーグー鳴っていた

 ウイスキーしか置いていないバー、そして豆腐屋、喫茶店、銭湯・・・。
 それは京都の白河や鴨川の清い水の流れと同調して、少しずつ失われつつある本来の人間の係わり合いを
 今一度、考えてみるキッカケとなりそうな映画だ。
 相変わらず、もたいまさこ演じるマコトと銭湯を営むオトメの赤ちゃんを中心に、
 狭い町の中に新たに生れる人間関係や相関図を描き出していく。

 決して深く踏み込まない世界だけど、それが観ている側には心地よい。
 小さな出会いの輪が、やがて少しずつ大きくなり、それぞれがその地で生活していくささやかな糧になる。
 他愛ない毎日の繰り返しの中で、少しずつ居心地の良い場所や人間関係を構築していく。
 それは現在でも過去でも当たり前のように存在するものなのかもしれないが、
 京都という新・旧同居した町だからこそ、この関係が肯定できるような出来に仕上がっている。
 ただ、実際に付け加えるておくと、他府県からの住人を単純に受け入れることのない京都人の気質を考えれば、
 なかなか実社会ではこの映画のようにはならないような気がするが(笑)

 忙しい現代人の、しかも都会に住むあらゆる面で選択肢の多い人間たちへの
 ささやかなる最も極端な生活の中の一選択肢のような映画だ。
 客があまり来ず、暇そうなオトメの営む銭湯こそ、昔は町内のコミュニケーションの場だっのになぁ・・・。
 何かそこに比喩されるものがあったのではないのだろうか。

 冷たい水の中で優しく優しく抱き上げる豆腐、
 ミルでコーヒー豆を挽き、サイフォンで少しずつ少しずつドリップするコーヒー、
 まあるい氷にウィスキー(京都といえばサントリー)と水を注ぎ、マドラーでかき回す水割り、
 ちょっとしたそれぞれの飲み方、入れ方、食べ方で、またそれを楽しむ場所で
 その物以上の美味しさが惹き出される楽しみ。
 それがまるで疑似体験のように客席で観る人々を魅了する。
 少しの癒しと少しの贅沢。 そんないい感じ~

  それにしても、あの大人しい赤ちゃん、冒頭とラストで声だけ出ている母親とオトメの間で出来た子供なのだろうか(笑)

 


コメント (8)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« 『SP 野望篇』 | トップ | 『義兄弟 SECRET REUNION』 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無駄としか思えん つまらん生活 (q できませーん)
2010-11-09 23:05:01
んーと生まれ育った地が
東京は鶯谷の根岸。トイレの窓を開ければ「ラブホ&寺と商店」
BGMは三味線と琴とワヤワヤの活気
小学校~中学は荻窪で、こりまたワサワサガヤガヤと騒がしい中
今は都下だけどやっぱりワヤヤ系の賑やかさは変わらない
サカサカザワザワ賑やか雑音だにけっていう中で生きてる私だけどそれが大好き
フェイク好き(・∀・)イイ!
拘りも適当モノも構わない
東京大好き信号の無い場所では呼吸が詰る。
のったらくったら野草と戯れるなんざー雑草抜きだね
この映画の様な生活はしたいとは思わない。逆に息が詰るな
っつーかジジィだかババァみたいじゃん?隠遁ライフだか引退ライフだかなんての、あの年齢で出来るかねぇ
ま~「旅」で良いかなで訪れたらふらーっとこの世界を覗きましたとさ あーこりゃこりゃ
ちゃんちゃんっ

このような生活?
qには出来ないねε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
ディスカッション~ (cyaz)
2010-11-10 08:29:45
qさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>生まれ育った地が東京は鶯谷の根岸。トイレの窓を開ければ「ラブホ&寺と商店」 BGMは三味線と琴とワヤワヤの活気
まさにダウンタウンでんなぁ(笑)
ま、僕も大阪の生まれ育った町はそういうところでした(汗)

>小学校~中学は荻窪で、こりまたワサワサガヤガヤと騒がしい中
まだ杉並区じゃないですか(笑)

>今は都下だけどやっぱりワヤヤ系の賑やかさは変わらない
都下で賑やか? どのへんだろう(笑)?

>フェイク好き(・∀・)イイ! 拘りも適当モノも構わない
ん、それは今までいただいたコメントの数々で推察できますな(笑)

>東京大好き信号の無い場所では呼吸が詰る。
のったらくったら野草と戯れるなんざー雑草抜きだね
なるほど^^
でも毎日だと息が詰まる。
だからたまに信号のないところで^^

>この映画の様な生活はしたいとは思わない。逆に息が詰るな っつーかジジィだかババァみたいじゃん?隠遁ライフだか引退ライフだかなんての、あの年齢で出来るかねぇ
ま、性格の問題で(笑)、僕などは常に家におらず出かけていたいから無理かも。
だけど24時間の一角にそんな時間を設けたいという気持ちはありますな^^

>ま~「旅」で良いかなで訪れたらふらーっとこの世界を覗きましたとさ あーこりゃこりゃ
ちゃんちゃんっ
たしかに“旅”のヒトコマかも(笑)

>このような生活? qには出来ないねε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
うーん、よくわかりませんが、一度膝つき合わせてディスカッションしますかな(笑)?!
ひだまりでファンタジーで。 (Ageha)
2010-11-10 22:25:33
日常のなんでもない、一日の流れ、季節の流れ、正直起承転結の起さえないじゃんというまったり感なのに、ダラダラしてないところがスゴイナと。

それは掃除してたり働いてたりご飯食べてるときでさえどっかキチッとしてるってか凛としたもんがあるのな、小林さんとかもたいさんて。

しっかしあんなにひとの手渡り歩いてすごいな、あの赤ちゃんの育ち方、絶対できないよな、いきなり預けて預かったやつがねて、別のひとがつれてくって。(笑)

なにげなくサラっとすごいこというてたし。
もいっかいみたい作品。


ついでにロケ地めぐりしてこよ

秋の京都~ (cyaz)
2010-11-11 08:24:33
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>日常のなんでもない、一日の流れ、季節の流れ、正直起承転結の起さえないじゃんというまったり感なのに、ダラダラしてないところがスゴイナと。
確かに(笑)
何か凄いサプライズやアクシデントがないフツーの生活が、
本来持つ人間の営みなのかもしれません。
今は何事にも過多ですから、頭でっかちな人間ばかり(笑)

>それは掃除してたり働いてたりご飯食べてるときでさえどっかキチッとしてるってか凛としたもんがあるのな、小林さんとかもたいさんて。
現代人は急ぎすぎて、人生を楽しんでないのかなぁって。
贅沢すぎるんですよね~

>しっかしあんなにひとの手渡り歩いてすごいな、あの赤ちゃんの育ち方、絶対できないよな、いきなり預けて預かったやつがねて、別のひとがつれてくって。(笑)
昔は近所や見知らぬ人でもだっこさせてって持ち回りみたいな(笑)
あの頃からたくさんの人に触れていることで、実はコミュニケーションが取りやすい人間に育つのかも^^

>なにげなくサラっとすごいこというてたし。
もいっかいみたい作品。 ついでにロケ地めぐりしてこよ
秋の京都は最高だしね(笑)

まったり・・・ (talofa)
2010-11-18 00:07:43
 まずあんなにゆったりした場所があるのなら京都に住みたくなるよねえ、って思いました。
cyazさん、そのあたりはいかがでしょう?
 (学生時代を京都で過ごした上の息子は京都の方たちにとても良くしていただき暮らし易かったと言っていますが・・・)
 一番印象に残ったのはセツコのウイスキーの水割りの作り方です。
 大きな氷を入れてウイスキーを注ぎ、やさしくマドラーでかき混ぜる・・・なんでもない仕草がとても丁寧に生きてる人だな、って感じさせてくれました。
 ゆったりした時の流れを登場人物と共に楽しみました。
自然~ (cyaz)
2010-11-18 08:25:07
talofaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>まずあんなにゆったりした場所があるのなら京都に住みたくなるよねえ、って思いました。
ああいう雰囲気は確かにありますね(笑)
但し、そこに本来の生活の営みが加わると、ああはいかないでしょうね(笑)
それこそ、リタイアした老人の世界ですよ。

>学生時代を京都で過ごした上の息子は京都の方たちにとても良くしていただき暮らし易かったと言っていますが・・・
そこにずっと住む人たちと、入れ替わる学生とはまた違うものですよ(笑)

>一番印象に残ったのはセツコのウイスキーの水割りの作り方です。 大きな氷を入れてウイスキーを注ぎ、やさしくマドラーでかき混ぜる・・・なんでもない仕草がとても丁寧に生きてる人だな、って感じさせてくれました。
あれはウィスキーの好きな人なら、嬉しい手順ですね~
特に京都の水に拘った氷だとすると、尚です!

>ゆったりした時の流れを登場人物と共に楽しみました。
京都は盆地ですから、京都市内からはしっかり山並みが見えます。
都会に住んでいても山の自然が見えると人間、優しくなれるものです^^
オトメさんはパパじゃないのでは? (tom)
2010-12-03 17:43:02
TBありがとうございました。
キャストに「プール」の伽奈さんの名前があったので、最初に川をいっしょに見てたし、お母さんは彼女かなぁと。
そんで、一日中預けてるってことはシングルマザーかなぁとか・・・思ってました。
まさかのオトメさんなんでしょうか?
アリ~ (cyaz)
2010-12-03 22:42:17
tomさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>キャストに「プール」の伽奈さんの名前があったので、最初に川をいっしょに見てたし、お母さんは彼女かなぁと。
そうですね^^

>そんで、一日中預けてるってことはシングルマザーかなぁとか・・・思ってました。
まさかのオトメさんなんでしょうか?
そこはハッキリ描いてなかったですが、
ま、別の仕事で共働きもアリかな(笑)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

38 トラックバック

マザーウォーター (LOVE Cinemas 調布)
京都を舞台にゆったりとした流れの中で豊かな生活を送る人々を描いた作品だ。『かもめ食堂』、『プール』を手がけた製作チームが集結し、今回は松本佳奈監督が演出を務めた。出演は小林聡美、もたいまさこ、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子といった実力派が揃う。独特の京...
マザーウォーター (佐藤秀の徒然幻視録)
現代版方丈記 公式サイト。松本佳奈監督、小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ。人の声も、水の音も、コーヒーを挽く音も、足音も、みな平等に拾音されていて、まるで映像の中にもう一人目に見えない旅人がいて、ボンヤリと傍観し...
マザーウォーター(2010) (銅版画制作の日々)
 MOVX京都にて鑑賞。あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。今回は何となくシネコ...
【マザーウォーター】 (日々のつぶやき)
監督:松本佳奈 出演:小林聡美、小泉今日子、もたいまさこ、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研 あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。 「どこかの小さな街 そこで暮らす人々の穏やかで静かな日々」 ウイスキーしか置いていないバーの店主セツコ コ
「マザーウォーター」 (或る日の出来事)
何も特別なことは起きない。普通の日常。
マザーウォーター (いい加減社長の映画日記)
先週の土曜日に観ようと思っていたんだけど、台風接近中www ということで、月曜の映画サービスデーに、会社を抜け出して、「マザーウォーター」を鑑賞。 「
マザーウォーター (eclipse的な独り言)
こういう映画はもうたくさん。と思いつつも観てしまうわけです。
マザーウォーター (そーれりぽーと)
Pascoの映画第四弾、『マザーウォーター』を観てきました。 ★★★★ 『かもめ食堂』『めがね』の荻上監督が離れ、監督を変えて臨んだ第三弾『プール』はバッタモン映画のような出来。 さらに監督が変わった本作は…キャストと空気はシリーズとして保っているものの、原...
マザーウォーター (悠雅的生活)
水。花。木の椅子。ぴとぴと変化する。。。
マザーウォーター (だらだら無気力ブログ)
『かもめ食堂』『めがね』『プール』を手掛けた製作チームが、 今度は京都を舞台に描く癒しのスローライフ・ムービー。 街の中を流れる川の水に引き寄せられるように京都に暮らし始めた3人の 女性を中心に、ゆったりと流れていく男女7人の日々の営みを美味しそうな 料...
マザーウォーター (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
マザーウォーター オリジナル・サウンドトラック水をキーワードに描く癒しの物語は、見ている間は気分がいいが見終わって何も残らない。それが“水”そのもののように感じれば、作品に寄り添えるだろう。京都に住む3人の女たち、セツコ、タカコ、ハツミ。彼女...
たゆたゆと、風に吹かれて。『マザーウォーター』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・いろいろと中身に触れています。鑑賞後にどうぞ。たゆたゆと、風に吹かれて『マザーウォーター』。あぁ京都はエエなあ(と、言いつつ、実は京都弁の出てこないあたりが、この映画の秘密。京都が舞台でも、どこで
マザーウォーター (Said the one winning)
監督:松本佳奈俳優:小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市...
マザーウォーター (いい加減社長の日記)
先週の土曜日に観ようと思っていたんだけど、台風接近中www ということで、月曜の映画サービスデーに、会社を抜け出して、「マザーウォーター 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の割には、多め。 「マザーウォー...
マザーウォーター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
流れる時間に身を委ねるように「人」が「場所」に集うさまを描いてきた、『かもめ食堂』、『めがね』、『プール』の制作プロジェクトから、また新たな作品が誕生する。物語:不変な中にヒタヒタと進化を続ける、そんなシンプルな美意識を貫いてきた街、京都。街をよこぎる...
行く川の流れは絶えずして~『マザーウォーター』 (真紅のthinkingdays)
 早春の京都。滔々と川の流れるこの街では、人も時間もゆったりと、流れるよ うに過ぎてゆく。ウィスキーしか出さないバーを営むセツコ(小林聡美)。コーヒー がおいしい喫茶店を営むタカコ(小泉今日子...
マザーウォーター☆独り言 (黒猫のうたた寝)
京都に流れる川を中心に置いて、その界隈に住む住人にスポットを当てて淡々と生活が描かれた作品。ウィスキーしか置かないバーを経営するセツコさん。小さなカフェを開店したタカコさん。店先でできたての豆腐を食べさせてくれるハツミさん。街並みを毎日散歩しているマコ...
『マザーウォーター』 (キュートなバアサンになるために)
「あしたへはダイジなことだけもっていく」 京都の川のそばで暮している人たちの日常が淡々と描かれていきます。 ウイスキーしか置いていないバーを営むセツコ、疎水沿いでコーヒー屋を開いているタカコ、豆腐屋のハツミ、そして町中を散歩し、皆を見守り、ひと言声を...
マザーウォーター 2010年日 ☆3.1(5点満点) (映画に浸れ。)
Mhb vol.1144.メルマガ原稿  松本佳奈監督。もたいまさこ、小林聡美、小泉今日子出演。  京都に引っ越してきて、豆腐屋を切り盛りするハツミは、ある客から「店先で食べていくよ」といわれ、椅子としょうゆを用意した。同じく京都に引っ越してきたセツコは、ウイスキ...
マザーウォーター (メルブロ)
マザーウォーター 334本目 2010-38 上映時間 1時間45分 監督 松本佳奈 出演 小林聡美(セツコ) 、 小泉今日子(タカコ)     加瀬亮(ヤマノハ) 、 市川実日子(ハツミ ...
マザーウォーター (tom's garden)
<キャスト>小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ、田熊直太朗、伽奈 <スタッフ>監督:松本佳奈、脚本:白木朋子・たかのいちこ、企画:霞澤花子、フードスタイリスト:飯島奈美 ネットでの評判は良いみたい。 機会を逃してい...
「マザー・ウォーター」 (てんびんthe LIFE)
「マザー・ウォーター」11/1 新宿ピカデリーで観賞 どういう映画?と聞かれても返事のしようが無い映画。 「かもめ食堂」「プール」のスタッフが作った新しい作品。 とはいっても監督は新人 松本佳奈さん。 監督が違ってくると作りもだいぶ変わってくるというの...
マザーウォーター (ケントのたそがれ劇場)
★★☆  『かもめ食堂』や『めがね』のキャストに加えて、キョンキョンも出演するというので観たのであるが、正直かなり退屈な映画であった。途中何度も睡魔に襲われ、もうちょっとで白河夜船という状態が最後まで続いた。 近所のマダムたちがリレー式に銭湯の子供の面...
マザーウォーター (シネマ大好き)
 京都の静かな川べりで、店をもつ3人の女たち。ウイスキーしか置いていないバーのセツコ(小林聡美)、喫茶店のタカコ(小泉今日子)、豆腐屋のハツミ(市川実日子)。  セツコの店には、家具工房で働くヤマノハ(加瀬亮)がしょっちゅう水割りを飲みに来るし、タカコの...
マザーウォーター (ルナのシネマ缶)
京都を舞台としているのに まったく京都らしい 言葉などはなく ただ、まったりとした雰囲気のまま 終わっていきました! いつものメンバーに 小泉今日子と市川実日子が プラスされたことくらいかな~。 京都で新生活を始めたセツコ(小林聡美)、タカコ(小泉今...
マザーウォーター (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。 古都京都を舞台にしたスローライフムービー。 京都の町で暮らし始めた三人の女たち。ウィスキーしか置いていないバーを...
マザーウォーター (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
劇場の従業員の服装がヤマトのクルーになっていた、11/27のチネチッタにてポイント観賞。なんにもないんだけれど、なかなか雰囲気がいい映画です。京都のとある街角。その街に暮らし...
「マザーウォーター」 (みんなシネマいいのに!)
 「かもめ食堂」「めがね」「プール」を手掛けた製作チームが、今度は京都を舞台に描
映画「マザーウォーター」 (Andre's Review)
  マザーウォーター 日本 2010 2010年10月公開 劇場鑑賞 「かもめ食堂」、「めがね」、「プール」につづくシリーズ4作目。このシリーズは全て劇場鑑賞しているので今回も楽しみにしていました。 舞台は京都。 ウィスキーバーを営むセツコ(小林聡美)、喫茶店でコ...
「マザーウォーター」 (みんなシネマいいのに!)
 「かもめ食堂」「めがね」「プール」を手掛けた製作チームが、今度は京都を舞台に描
マザーウォーター (シネマ大好き)
 京都の静かな川べりで、店をもつ3人の女たち。ウイスキーしか置いていないバーのセツコ(小林聡美)、喫茶店のタカコ(小泉今日子)、豆腐屋のハツミ(市川実日子)。  セツコの店には、家具工房で働くヤマノハ(加瀬亮)がしょっちゅう水割りを飲みに来るし、タカコの...
「マザーウォーター」 (俺の明日はどっちだ)
・ 「かもめ食堂」、「めがね」、「プール」と続く小林聡美主演の一連のシリーズ(と言えば良いのかな?)の最新作であるこの映画を先日観て、実は正直言って困ってしまったのだ。 ウィスキー(しかも“山崎”だけ)しか置いていないバーを営むセツコ(小林聡美)。同じ...
マザーウォーター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
マザーウォーター'10:日本◆監督:松本佳奈◆出演:小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ◆STORY◆どこにでもあるような小さな街の小さなバー。 ...
マザーウォーター (映画の話でコーヒーブレイク)
「かもめ食堂」「めがね」(荻上直子監督)「プール」(大森美香監督)に次いで ほぼ同じキャストで、同じスタイル、同じテーマを追求し続ける霞澤花子企画の一連のプロジェクト。 本作の監督は松本加奈。 監督さんもずっと同じ方だと思っていたら・・・変わっておられた....
マザーわんこ (Akira's VOICE)
「犬とあなたの物語 いぬのえいが」 「マザーウォーター」 
マザーウォーター (いやいやえん)
かもめ食堂からの流れの一連の作品のひとつですが、な~んかこれはしっくりこなかった。それぞれのお店が閑散としていてそれは既に個性やこだわりじゃなくて閑古鳥が鳴いているのではとも思う。 こだわりを、楽しむ。各自一生懸命こだわりを大切に毎日を過ごす。そし...
マザーウォーター (2010) 105分 (極私的映画論+α)
 変な映画なんだけど・・・
映画評「マザーウォーター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・松本佳奈 ネタバレあり