京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ブレット・トレイン』

2022-09-20 | 洋画

□作品オフィシャルサイト 「ブレット・トレイン
□監督 デビッド・リーチ
□脚本 ザック・オルケウィッツ
□原作 伊坂幸太郎
□キャスト ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、サンドラ・ブロック、真田広之、
      アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー

■鑑賞日 9月5日(月)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

「最悪が止まれねぇ。」か・・・。
「最悪の映画が止まんねぇ。」だなぁ・・・。

運が悪い殺し屋を演じるのがブラピだけど、
特にブラピでなくてもいいんじゃねぇ~って言いたくなる。
ま、日本好きだから手を挙げたのかも(笑)
まず新幹線の中という限られた空間で繰り返されるバトル。
大した緊迫感もなく、ダラダラと同じようなシーンの繰り返し。
部分部分、小笑いできるところはあったけど。
原作未読だけど、こんな世界感で言いわけ?
この監督、タランティーノ好き?
映像が全く日本じゃないし(笑)
どうして外国人監督が撮ると、日本は台湾や中国テイストなん
サンドラ・ブロックってあんな短いシーンでいくら貰うわけ(笑)

 そうそう唯一気に入ったのが、
 殺し屋レモンを演じるアーロン・テイラー=ジョンソン。
 とぼけた感じの演技がウケた

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ドライビング MISS デイジー』

2022-09-20 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「ドライビング MISS デイジー

□監督 ブルース・ベレスフォード
□脚本 アルフレッド・ウーリー
□キャスト ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマン、ダン・エイクロイド

■鑑賞日 9月6日(火)
■劇 場 TOHOシネマズ日本橋
■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

「午前十時の映画祭」、懐かしい映画が公開されています。
過去、観たのが『ショーシャンクの空に』。うわ~12年前だ(笑)
で、両方ともモーガン・フリーマンが準主役

さてこの映画、日本公開は1990年5月。
この映画でアカデミー賞・主演女優賞を受賞したジェシカ・タンディ。
当時80歳(85歳没)。作品賞・脚色賞・メイクアップ賞と4部門受賞作品。
ジェシカ・タンディは大好きな女優さん。
彼女が出ていた『フライド・グリーン・トマト』も大好きな映画。
この映画では助演女優賞にノミネートされた。
主演のメラニー・スチュアート・マスターソンは来日プロモーションの際に、
控室で通訳と3人で話が出来たことが忘れることの出来ない想い出。

余談が先になったけど、堅物の
老婦人デイジー(ジェシカ・タンディ)と、
初老の黒人運転手ホーク(モーガン・フリーマン)との会話のやり取りと、
やがて二人は理解し合い、デイジーが認知症になり施設に入っても、
彼女は息子(ダン・エイクロイド)より、ホークと話したがる。
そんな二人が信頼し合えるまでの会話とその過程が実にユーモラスで楽しい。
随所で小笑いできる。
久しぶりにこの映画を観たんだけど、やはり何度観ても感動できる映画だ。
それと、やっぱり戸田奈津子さんの訳が上手いです。

「午前十時の映画祭」、他にも懐かしい映画が上映されるので
しっかりチェックしておかなければ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする