静寂はあなたへの恩恵

人生の途中で聴覚障害となった私。
でも代わりに心の声が聞こえるように・・・
そんな私の思いを綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分と周りの世界が変わるとき

2011-03-04 13:44:24 | 聴覚障害のこと
さっきの記事で「許せない」「憎む」っていう気持ちを強い印象で思い出せる人が二人いるって
書いて、一人のことは書いたので、もう一人についても書いてみようと思います。
(前にも書いたかもしれないけれど、また違った気持ちで)

もう一人の方も、私を退職に追いやった人なのだけれど、
それは14年勤めた保育園でのあるとき、14年のうち、後半5年は補聴器を使用しながら勤めて、
もう障害者手帳を持っていた状態だったのと思います。

自分でももう限界はわかっていたのかな、がんばることへの。。。

でもそれまで16年間保育士しか経験したことがなかったので、
他の仕事へ移ることは考えられなかったのですね。

だから何としても、その仕事で生きていきたかったし、また天職だとも思っていたし。

そんなときに、私が会議や研修などで他の方のノートを見せてもらわないと参加できない
状態だったのを見て、園長よりももっと上の役職の方からあるとき呼び出されて、

「あなたはそんな状態で、子どもの命を守れるのですか?」

と言われたのですね。

そのときはもう、クラス担任はしていなくて、障がいを持った子供たちの個別担任をしていたので、

「他の保育士さんに助けてもらいながら、なんとかがんばっています。
 いつも細心の注意をしながら保育をしています」

と言ったのですが、

「保育士は子供の命を守ること、子供の世話をすることが仕事であって
 あなたの助けをすることは仕事ではありません。
 そんなことに他の保育士の時間を取られては困ります」

と言われたのですね。

そのとき勤めていたのは公立保育園で公務員だったので、「クビ」というのはないけれど、
そうやって、自分からやめさせようと仕向けられました。

そして私はそのとおり、自分から「今年限りで辞めます」と言ったのです。

やけくそな気持ちです。
「そんなに言うなら、もう辞めてやるわ。これ以上がんばるのは疲れたし。。。」
っていう感じでした。

そんな辞め方だったので、その後何年も後悔や未練の気持ちが残っていました。
それを伝えてきた上司に対しても、ずっと許せない気持ち、憎しみが残っていました。

それからすぐに地元を離れました。
新しい気持ちで出発したかったし、そこにいたくなかったんですね。
でも遠く離れても、気持ちはずっと「辞めさせられた」っていうことを引きずっていたと思います。

あのときも自分を大切にしていなくて、聞こえない自分を卑下して、そうされても仕方がない、
って思っていたんです。
もし自分をもう少し大切にしていたら、きっと自分の思いをちゃんと伝えることができた、
そしてそのあと、あんなに苦しい思いを味わわずに、もっと楽に次にシフトできたと思います。

全部自分の気持ちが外に現れて起きたことだったと、今ならわかります。

そして今私はたくさんのことを学んで、自分の本質に戻る道にいます。

もっと簡単に最短で行けることができたかもしれないけれど、
私はたくさんの回り道をしました。
その時間が必要だったからでしょうね。
だからこそ、わかったことがたくさんあったのです。

大切なのは、自分自身を大切にすること、
そして、もうこんなことには耐えられない、と思うようなピンチにこそ、
チャンスは隠されている、ということ。

一見、最悪!こんな人がいなければ、もっとうまくいったのに、と思うような人との出会いは
自分の新しい可能性を見つけてくれるかもしれません。

そういう人は進んでその「悪役」を買って出てくれているんだと。
だから、感謝しなくては、と思うのです

私にとってはいつも「聞こえないこと」が仕事を失くすこと、最悪な事態へのパターンになっていて、
なかなかそれを受け入れることは困難でした。
それを含めた自分を大切にすることなんて、頭でわかっていても深いところで無理!って。

でも振り返ってみれば、それがいつも次の新しい可能性の扉を開いてくれていました。

自分にとって、そして社会的にハンデに思えることも、
それが他の人と違う個性や美点として受け入れるとき、
自分もそして周りの世界も変わっていくのだと思います。

それが頭じゃなくて、ふかーいところで感じられるようになることができたらいいなぁ
願っています。


コメント

自分で自分を大切にすること

2011-03-04 13:26:01 | 聴覚障害のこと
今朝の夢は、今取り組んでいることのテーマを象徴するもののようでした。

改めて書きますが、私はこの聴覚障がいのために、いろんな人との関わりの中で、
悔しい思いや悲しい思いをしてきました。
その人たちとの関わりは、かなり昔のことで、その人の深いところにある思いを
理解することもできないし、そうした人たちは実は自分の内面の鏡なのだ、なんていうことも
まったくわからないし、その人のことを「許せない」「憎む」という気持ちしかなかったの。

そういうことを強い印象で思い出せる人が二人いるんだけれど、今朝の夢にその一人が出てきて、
その人は、現実の世界では、私が保育園で働いていたときのある主任保育士でした。

私は高校生のころから聞こえが他の人よりもあまりよくない、ということは感じていたけれど、
普通の会話になんの支障もなかったので、あまり気にしてはいなくて、
でも働き始めてしばらくしてストレスからか、すごく聴力が落ちてしまって、
病院通いをすることになりました。
もちろんそれは園長、主任も知っていて、それをすごく悪いことのように言われたり、
行動で示されたりしました。

それまでも私って、自分から行動ができなくて、人の指示を待たないと何もできないところがあって、
自分に、自分のすることに自信がなかったのです。
これはきっと、子供のころから親の目を気にしながら育ったせいなのだと思うのですが。。。

だからそうしたところや途中から聴力がすごく落ちて聞こえにくくなったことから、
園長、主任の私に対する態度が豹変して、いじめみたいにされることもあったのです。
(何か話しかけても無視されたり、きつい言い方で返されたり)
そして入って1年で「クビ」にされたの。

それまでのいじめのような対応もつらかったし、「クビ」にされたこともつらくて、
園長はそのことを私に言う前に、母親を園に呼び出して伝えたのです。
そのことも母親に対して申し訳なさでいっぱいでした。
私がとても至らない子のような気がして、聞こえなくなったことが悪いことのような気がして、
自分のことを責めました。

その後は試験を受けて、市の公立保育園に採用が決まって、本当にうれしくて、
両親にも喜んでもらえてほっとしたのです。

でも自分はそうやって幸せになったのに、あの主任のことは許せませんでした。
きっと憎んでいました。

でもこういう学びを始めてから、憎んだり、許せない思いは流そうって思って、
その人のことも許そうと思いました。
その人のおかげで公立の保育園に勤められたのだから、と。
でも実際にはなかなかできなくて、ずっと憎んでいたんだと思います。

そういうことが20年も前にあって、それをずっと根に持っていたのね。

それが今朝の夢にその主任が出てきて、夢の中でも彼女は保育士で
私をまた保育士として採用したいと言うの。
私はすごく強気で「今の私はあのころよりも聞こえないけれどいいんですか?
あのとき本当につらかったんですよ、あなたたちのせいで」と言っていて
それでも主任は私を雇いたいと言い、そしてあのとき申し訳なかったと謝るの。

そして「今とてもつらい状況で、それをあなたに聞いてもらいたいの」、と言って話し始めるの。
(なぜか後ろ向きでした)

周りには保育士さんが何人かいて、その主任は嫌われている、恐れられている(現実でも夢でも)から
夢に出てきた保育士さんたちは、その「つらいことを聞いてもらいたい」と
言っている主任のことを笑っているのね。
誰も同情していないの。

でも私は一人同情して、聞いてあげていました。

そこで目が覚めたのだけれど、もう許して、感謝する時期に来ているのかなと思ったの。

自分の部下が聞こえにくくなったからと言って、態度を豹変させ、いじめのように対応する彼女を
とても恨んだけれども、今思うと、悲しくさみしい人だなって思います。
そして彼女自身もつらい思いを抱えていたんだろうなって思います。
何が彼女をそうさせたのか、どうしてそんなふうな態度を取らなければいけなかったのかって
いうそういう根本的なところを見てあげなければ、と思ったの。

そして私の中にもそうされてもいい、と思っている自分がいたの。
聞こえないからしょうがない、聞こえないことは悪いこと、至らないことだと思っていたの。
自分を大切に扱っていない、自分がいたのね。
だから他の人からも大切にされなかったし、大切にしてくれない人と出会ってしまったんだと
思うのです。

自分で自分を大切にしなければ。。。
誰がなんと言ったって、自分が自分の良さをわかっていてあげたら、それでいいのですよね。

そうするためには、自分を癒すこと。
それしかないのです




コメント

音は波動

2010-09-19 22:16:41 | 聴覚障害のこと
この前書いた、「修行」でやってたことのひとつに、「ヒーリングミュージックを聴く」というのがありました。

私は聞こえなくなってから、ほとんど音楽は聞きません。
補聴器をつければ音は聞こえるけれど、メロディががたがたなので、
あまり聞く気にならないのです。

でもこのとき聞いたヒーリングミュージックは、ヘミシンクのメタミュージックで
瞑想に入りやすくする、と教えてもらい、
補聴器をつけ、その上からヘッドフォンをつけて聞いてみました。

補聴器の上からヘッドフォンをつけると、ハウリングが起こるので、
ハウリングしないところを見つけるのに一苦労。
音はしているけれど、どんなメロディになっているのかもよくわからない。。。

でも30分ほど聞いてみました。
そうしたら、確かに脳波が落ちて、トランスに入っていきました。
「音楽ってやっぱりちゃんと聞こえているかどうかは関係なく、波動なんだな」って
いうことを確信したのです。

今度は、補聴器をとって、ヘッドフォンをつけてみました。
補聴器をとると、音は何も聞こえません。
まったく何も聞こえない状態でも効果はあるんだろうか。。。と
思っていましたが、補聴器をつけたときと同じような状態になりました

やっぱり音は波動です。
聞こえないから、聞いたって無駄、ということはなくて、
ちゃんと細胞に響いているんですね


個人セッション・ワークショップはこちらから♪






コメント

ハートを開く

2010-07-03 20:55:18 | 聴覚障害のこと
先日知り合いの方に誘っていただいて、ミュージカルを見に行ってきました。

外国映画のミュージカルは字幕が出るので見たりしますが、
舞台で見ることは聞こえなくなってからありませんでした。

やっぱり何を言っているのかわからないので、
内容がわからないと、いくら素晴らしいものでもつまらないのです。
(だと思っていたんです)

でも今回はチケットをプレゼントしていただけるということで、
せっかくだから行ってみようかな。。。という気持ちになりました。

「CHICAGO」というミュージカルで映画にもなりましたが、映画は見ていません。
ほとんど内容を知らないまま、見ていましたがやっぱりあまり内容はわかりません。
(外国人の女優さんが出ているので、彼女が英語で話す場面だけは
 少し字幕が出るので、それを頼りにしていました)

でもせっかくだから楽しもうと決めていたのです。
内容はよくわからないけれど、きらびやかな舞台やダンスはとても素敵だし、
歌もその波動は感じられる。。。。

そんなふうに感じながら見ていました。

誘ってくださった方は、「私が楽しんでいるかな?」と心配してくださり、
舞台の休憩の合間にどんなふうに話が進んでいるか、あらすじを教えてくださったり、
「あのときは、あの人がこう言ったからみんな笑っていたよ」と伝えてくださりました。

そんな感じで最後まで見ていたのですが、
最後にとてもきらびやかなカーテンの前で二人の女優さんが踊る場面があって
そこからとても感動していたのです。

そして外国人の女優さんが歌う場面で字幕が出て、それが
「私は誰の妻(ワイフ)にもならない、自分の人生(ライフ)を生きる」と出て
それがとても心に響いて涙が出てきました。

最後はとても胸がいっぱいになり、「見に行ってよかった」と
心から思いました。

こんなふうに感じられたのはきっと、「せっかくだから楽しもう」と
ハートを開いていたから。
「見ていても内容がわからないからつまらない。。。」という気持ちで見ていたら、
きっとこんな感動は味わえなかったでしょう。

そして思ったのです。
私は他の(聞こえる)人に比べたら、楽しめるものが少ないかもしれない。
でもちょっとしたことで感動できるし、毎日の何でもないようなことに気づいて
それをありがたい、と思うことができる。

それは素晴らしいことなんじゃないかって。
まさに私に与えられた恩恵です

できないことやないものを嘆くのじゃなくて、
できることやあるものを精一杯生かしていく。

以前はそういうことは理想でしかなかったけれど、
このごろは心からそう思えるようになってきたんじゃないかと思います。

まだまだこれは始まりかもしれない、けれども素晴らしい始まりです


個人セッション・ワークショップはこちらから♪










コメント (2)

できることじゃなくてやりたいことを

2010-05-21 18:18:29 | 聴覚障害のこと
今日たまたまお昼ご飯を食べながら、TVのチャンネルを適当に変えていたら、
NHKで「きらっといきる」の再放送がやっていました。

この番組は障がいを持った方が主人公。
障がいを持っていると、何かと生きにくいけれど
そんな中で自分なりにがんばって生きている方が紹介されています。

以前にも見たことはあったけれど、最近見ていなくて
久しぶりに今日見たのが、聴覚障がいを持つ方(佐々木さん)のお話でした。

聞こえなくなったのは、8か月前(たったの。。。)
それまでは、神戸のイベント会社で子ども向けのショー(アンパンマンとか)の
司会を務める歌のおねえさんだったそう。

聞こえなくなるぎりぎりまで勤めて、子どもの声が聞こえなくなって
「もう無理。。。」と思って辞められ、今は企業で事務をしている。

中途失聴で、子どもと関わる仕事をしていて、
聞こえなくなっていく心理(だんだんと聞こえなくなっていって
そのときはとても不安だったけれど、まったく聞こえなくなったら
逆にほっとした)というところは、私に似ているなぁ。。。と共感しながら
見ていました。

けれども佐々木さんは、最近もとのイベント会社から「司会をまたやってみないか?」という
お誘いを受けたよう。

でもまったく聞こえなくて、自分の声が相手にどう伝わるかもわからない不安と、
前のようにはできないだろうという恐れで、
「本当にやっていいのか」と悩んでいるみたいでした。

そして、その司会をやるときには、「聞こえない」ということは(悪い言い方だと)
隠しておくそう。
いずれは聞こえないことをオープンにしてやりたい、(聞こえない)自分のやり方で
やっていきたい、ということを言ってみえました。

ここらへんは、本当にもどかしいところだなぁと思いました。
聞こえないことを隠して何かをするなんて、今の私には耐えられないくらい
悲しくてつらいこと。。。

どうかどうか、自分のありのままで自分のしたいことができるような
社会に、世界になることを願ってやみません。。。

障がいを持つと、本当にやりたいことができなくなってしまうことが多いのです。
そして「やりたいこと」よりも「できること」で妥協していしまいがち。

私も天職だと思っていた、保育士の仕事を辞めてから、
「割り切って、自分の好きなことを仕事にしなくても、やれることをやればいいや」って
思ったのだけれど、そういうわけにはいかなくて。。。

ものすごく葛藤があり、長い間悩み、苦しみました。
自分のしたいことができないことに。

私には保育士を辞めることになったときに、上司に言われた、
「聞こえない人には、無理です」という言葉の呪縛から逃れられませんでした。

いつも何か新しいこと、やりたいことに踏み出そうとすると、
この言葉が脳裏によぎるのです。

でもやっぱり「できること」よりも「したいこと」をしたい!
長い時間がかかって、やっとここまで来ることができました。

それでもやっぱり時に「本当にできるのか。。。」
「私には無理なんじゃないか」という思いがよぎります。
将来への不安が募ったりします。

それでもとにかく、ここまで来れたこと、
好きなことをしようと決めた自分自身を信頼していかなければ、と思うのです。

私にできるのは、あきらめないこと、
そして今できることを一つ一つしていくこと。

自分で決めてきた、この(聞こえない)人生を、
苦しみじゃなく、喜びで生きられるように。。。


個人セッション・ワークショップはこちらから♪












コメント