静寂はあなたへの恩恵

人生の途中で聴覚障害となった私。
でも代わりに心の声が聞こえるように・・・
そんな私の思いを綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本音で生きる

2011-04-16 10:40:59 | 日々思うこと
最近は、できるだけ自分の本音で生きたい、自分の感情に正直に生きたい、と思うようになり、
それを理解してくれる人たちもいてくれて、本当にありがたいと思っています。

本音で生きるとは、自分の感情に正直に生きることは、
毎日の日常生活を意識的に過ごすことでできると思います。

例えば、誰かの発した言葉に対して、何か違うと思う、なぜかいらいらする、
という感情が自分の中で起きたら、それを無視しないことです。

そんなふうに相手の言葉に対して、反感やネガティブな思いを持つなんていけないことだ、と思ったり、
なんでも受け入れようと思わないことです。
そうやって、自分の本当の感情をいつも抑えている人は、
一見誰とでも合わせられるいい人に見えるけれど、そんなのは全然いい人ではないのです。

そうやって合わせてばかりいると、自分の本当の感情がわからなくなって麻痺してしまったり、
あるほんの小さなきっかけで爆発してしまったり、自分の人生はいつも混乱していると思ってしまうことに
なりかねません。

人と違った思いを持つのは、自然なこと。
それを抑えこまずに、「ちょっと待った!」と伝えられるようになると、
ストレスもたまらないし、それが自分を大切にしていくことでもあると思います。

いい人でいたい、と思うあまりに、自分の思いを伝えられなかったりしてストレスを抱えたり
することもつらいですが、
逆に自分の思いだけをそのままぶつけて、人間関係がいつもぎくしゃくしてしまう、
というのも、つらいことですよね。

そうしないためには、自分の内面ととことん向き合うこと。
それしかないと思うのです。

どうして自分はいい人でいたいのか、どうして自分の思いをぶつけないと気が済まないのか、、、
そういったことを深く見ていくのです。

表面的なおざなりな付き合いだけをこれからもしていく、と決心されている方については、
これは必要のない作業ですが、これからは自分の本音で生きていきたい、
しかも、それでいていい人間関係を作っていきたい、と願うならば必須です。

そう生きようと決めると、離れていく人もいるでしょう。
でもそれを残念と思わないで、追わないようにしてください。
自分が変われば、人間関係が変わっていくのは自然なことです。
そのときそのときの、自分にふさわしい仲間が周りにやってきてくれます。
そういった仲間たちは、「ちょっと待った!」と自分の本音を伝えても、
きっと受け入れてくれると思います。

今はもう、自分の思いを抑えつけ、いい人で生きる、またはお互いの思いをぶつけ合うような
時代は終わったように思います。
自分や相手の思いを尊重しながら、本音で生きていく、これが必要になってくるのだと思います。

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 生命の樹 | トップ | 光と闇 陰陽統合への道 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心が強くなりました (チュチュ)
2011-09-03 12:29:00
私は最近一番気の合う友達を失いました。出会って長くはないけど何でも話せる人でした。同じ世界を目指すわかりあえる人間同士だと思ってましたが、本音でぶつかった時その仲も終りました。今思えば私の我を教えてくれた様に感じてます。そして、色んな人間を全て円満にする行為は私のお節介だとも教えられました。失った人の存在は凄く大きく暫く落ち込み、自分を戒め更に自己卑下も強くなりました。
このブログを読んだら、後を追うような気持ちを手離そうと思う事が出来ました。それぞれの道を歩み自分を探究しながら天へと導かれる事、切に願います。
気付かせてくれてありがとう。

コメントを投稿

日々思うこと」カテゴリの最新記事