写真家・小林伸一郎 オフィシャルブログ

写真集、写真展のお知らせ、日々の出来事など綴っていきます。

明けましておめでとうございます

2017年01月05日 | 写真

Photo/Shinichiro Kobayashi

今年もよろしくお願い申し上げます(伸)

額縁

2016年07月01日 | 写真

八戸のアーティスト木村勝一氏から届いた真鍮の額縁。
額装する写真をセレクト中です。

(staff)



明治日本の産業革命遺産 橋野鉄鉱山・高炉跡

2015年08月07日 | 写真

世界遺産一覧に記載が決定した「明治日本の産業革命遺産」
橋野鉄鉱山高炉跡は日本で現存する様式高炉跡最古のものです。
写真は、二年前ユネスコへ提出する資料撮影中の一枚。

(staff)

青春18きっぷ

2015年06月16日 | 写真

JRが年3回発売する「青春18きっぷ」
1990年以降のポスター74点と撮影エピソード等を収録した写真集が発売されました。
小林が撮影を担当したのは2000年夏…根室本線。
ページをめくるたび旅情を誘う一冊です。

(staff)


「青春18きっぷ」ポスター紀行
著者 込山富秀 発売 講談社




ガソリンスタンドの廃墟

2012年11月02日 | 写真

Blog157

撮影 小林伸一郎 石廊崎ガソリンスタンド 2004年
【New Mamiya 6】 写真集『亡骸劇場』より

郊外を車で走っていると、いたるところで見かけるガソリンスタンドの廃墟。

今年は過去10年で最もガソリンスタンドの倒産が多かったという記事を夏ごろ目にしました。
原因は価格競争と老朽化した施設の改修が義務付けられ、それらかかる経費の問題のようです…
事務所の近くの古いスタンドも壊している最中。
新目白通り沿いなので廃墟となることもなく、すぐに新しいビルが建つようです。

(staff)


命と性ミュージアム

2012年10月12日 | 写真

Blog152

撮影 小林伸一郎 群馬県吉岡町
【New Mamiya 6】 写真集『神様 OH  MY  GOD !』より

臨月の母子観音…

群馬県伊香保ある性欲についてドッキリ笑いながら学べるミュージアム。

見所満載!

(staff)

【ゼラチンシルバーセッション2012】開催中→詳細情報


トリックアートの森-日本一あやしい美術館

2012年10月09日 | 写真

Blog151

撮影 小林伸一郎 栃木県益子町
【New Mamiya 6】 写真集『神様 OH MY GOD !』より

グッと気温が下がり秋本番!観光シーズンですね。

観光地でよくみかるトリックアート美術館…なかでも上の写真は栃木県益子町にある自称「日本一あやしい美術館」。

看板制作業を営んでいた館長が模写した名画が館内に多数展示…見ごたえ十分のスポットです。

(staff)

【ゼラチンシルバーセッション2012】開催中→詳細情報


夏の風景 花火

2012年08月10日 | 写真

Blog010

撮影 小林伸一郎  大崎上島 住吉祭花火大会
【New Mamiya 6】 写真集『島波 瀬戸内景』より

東京は今晩、神宮外苑花火大会…
今週末は夏祭り、花火大会がめじろ押し。夕方から浴衣で出かける女性が多いのでしょうか。

夏になると「花火を撮る!」というフレーズが、カメラ・写真関連の記事でよく目にします。三脚をもってビューポイントの場所とりをしている方がたくさんいますよね。

上の写真は瀬戸内海、大崎上島の夏祭り。小さな漁港で打ち上げられた花火と連なる提灯。都会のイベントに比べれば混雑がなく、贅沢な花火観戦の一夜だったようです。

(staff)


立秋の風景

2012年08月07日 | 写真

Blog135

撮影 小林伸一郎
「投球練習をするエースナンバーのふたり」
写真集『海人 UMIHITO 1977~1988』より

ロンドンオリンピックはすでに折り返し地点。日本選手が活躍すればするほど、連日深夜のテレビ観戦で、そろそろ寝不足がピークに達していませんか?

今日は立秋…猛暑のなかピンときませんが。秋の気配など一ヶ月以上先のこと…
毎年、立秋の頃、甲子園でスタートするのが全国高校野球選手権大会…明日開幕。

オリンピック後半戦、そして高校野球、今年はスポーツの夏ですね。

(staff)


廃墟の島 軍艦島

2012年08月03日 | 写真

Blog134

撮影 小林伸一郎 長崎県端島(軍艦島)
【New Mamiya 6】 写真集『NO MAN'S LAND 軍艦島』より

東シナ海に浮かぶ廃墟の島、端島。軍艦「土佐」に似ていることが「軍艦島」呼称の由来とされています。

廃墟に興味がある人は一度は訪れたい聖地…最近は、上陸ツアー船が頻繁に出航されているようで行きやすくなりました。

軍艦島ファンは本当に多いですね。
小林の自宅周辺西早稲田には「軍艦島」というBarがありますよ。

(staff)