写真家・小林伸一郎 オフィシャルブログ

写真集、写真展のお知らせ、日々の出来事など綴っていきます。

ライトパンSSフィルム

2013年04月18日 | フィルム

Blog192

ボルタ判フィルム。

カメラ愛好家の方は懐かしいのでは…。
「ライトパンSS」(愛光商会)の他、他社製品「みのりパンSS」もあったようです。

(staff)


この記事をはてなブックマークに追加

自然の鉛筆 技法と表現 東京都写真美術館

2012年08月28日 | フィルム

Blog140

デジタルカメラやスマートフォンで写真を日常的に撮られているひとは大勢いますが、フィルムで写真を撮ったことがない…!たくさんいらっしゃるでしょうね。

もう少し踏み込んで写真の歴史にふれてみたい方は必見です。現在、東京都写真美術館で開催している「自然の鉛筆 技法と表現」…

写真発明から現代まで、写真感材の歴史、特徴を解りやすく説明、それらを時代の写真家がどのように取り込み写真表現しているのかを180点のコレクションを同時に展示しています。

(staff)

9月17日まで…東京都写真美術館


この記事をはてなブックマークに追加

写真フィルムの需要

2012年05月11日 | フィルム

Blog106

撮影 小林伸一郎 【New Mamiya 6】
FUJICOLOR PRO160 NS

小林は作品撮りに関して、今もフィルムを使用しています。

今年に入り米コダックが経営破綻、時代はますますデジタル…

昨晩のテレビ東京放映「カンブリア宮殿」は、富士フイルムの企業紹介でした。

写真フィルムの売り上げは2000年にピークに達し、現在は会社全体の数パーセントに低迷しているとのこと。
一方、富士フイルムが世界に誇る商品として、液晶パネルに使用するTACフィルムの開発から製品化までを取材、写真フィルム開発を土台に企業の進化がわかる興味深い番組内容でした…

銀塩写真フィルム事業、存続してほしいですね。

(staff)


この記事をはてなブックマークに追加

カラーリバーサルフィルム

2011年07月15日 | フィルム

Blog036

Guam


Blog037

Los Angeles

Nikon F3


小林が20年以上前撮影した作品です。当時は広告撮影、雑誌の取材で海外へ行くことが多く,移動中、オフの日に撮りためた大量のフィルムが事務所に保管されています。小林はコダックEPPを長年愛用していましたが今や量販店のフィルム売り場は年々小さくなり、一方メモリカードの売り場が拡大…時代はすっかり変わりましたね。(staff)


この記事をはてなブックマークに追加