写真家・小林伸一郎 オフィシャルブログ

写真集、写真展のお知らせ、日々の出来事など綴っていきます。

東京湾観音 ロケ

2011年07月26日 | 神様

この写真は富津にある東京湾観音の台座部分。ぽつぽつ穴が空いているのは胎内から外界が見渡せる窓です。胎内には観音様の原型やお土産のレプリカが販売されています。

東京湾観音のHPを見ると、昭和31年から5年の歳月をかけて建造、完成まで無事故だったとのこと。3月震災時の東京スカイツリーの映像が最近公開されましたが、日本の伝統的な土木、建築技術はつくづく素晴らしいと感じます。

Blog038_2

【New Mamiya 6】

昨年、小林は日本全国摩訶不思議な神様の写真集『神様 OH MY GOD!』を出版しましたが、その後も未収録地や再撮を続けています…(staff)


カラーリバーサルフィルム

2011年07月15日 | フィルム

Blog036

Guam


Blog037

Los Angeles

Nikon F3


小林が20年以上前撮影した作品です。当時は広告撮影、雑誌の取材で海外へ行くことが多く,移動中、オフの日に撮りためた大量のフィルムが事務所に保管されています。小林はコダックEPPを長年愛用していましたが今や量販店のフィルム売り場は年々小さくなり、一方メモリカードの売り場が拡大…時代はすっかり変わりましたね。(staff)


フィルムカメラ FUJIPET

2011年07月13日 | カメラ

週明け事務所にポツンと置いてあったFUJIPET。日曜日ロケの合い間に寄った蚤の市で購入したそうです。

Blog034


フジペットは昭和32年フジフイルムが発売したブローニーフィルムカメラ。とってもチャーミングな形体で、機能的にはシャッターにバルブがついているので花火も撮れますね。

そして裏蓋をカパッと開けてみると「NEOPAN」の商品シールが貼ってあります。これってカメラの持ち主が貼ったのではなく、フィルム販売促進のためにフジフイルムが出荷するときに貼り付けたものですよね?今は新商品情報、宣伝広報はネットが主流ですがこのアナログな感じ全てに感動です。当時このカメラを購入したひとはどんな写真を撮っていたのでしょう…(staff)

Blog035


瀬戸内海の廃墟写真

2011年07月07日 | 写真

穏やかな気候と静かな波、瀬戸内海の地形は造船業が栄える条件を満たした好立地といえるでしょう。尾道市因島は近代的な造船業の発祥の地であり造船技術は現在も世界トップレベルを誇っています。

長い歴史のなかで、国際情勢の影響を大きく受け低迷した時代があり、静かな海にその衰退の跡がひっそりと残っていました。写真集『島波 瀬戸内景』未収録写真3点を掲載します。(staff)


Blog031_3

造船所跡



Blog032_2

水産物加工工場



Blog033 

雲母製造工場

【New Mamiya 6】




『島波 瀬戸内景』・グラビア掲載のお知らせ

2011年07月04日 | お知らせ

本日発売の『週刊現代』巻頭カラーグラビアで写真集『島波 瀬戸内景』から写真8点掲載されています。是非ご覧下さい。(staff)              



    Blog030

   【講談社・週刊現代】 7月16・23合併号


小笠原諸島ロケ 未発表写真

2011年07月01日 | ロケ

小笠原諸島ロケで撮影した未発表の写真を見ていると・・・

「これは…台風で倒れて壊れちゃったんでしょうかね?」

小林「駐留していたアメリカ兵が頭部だけ切断して本国へ持ち帰ったらしいよ」

Blog029_2

【New Mamiya 6】

二宮尊徳像は日本中の学校や其処此処で見かける光景でですが、これはちょっと…(staff)