写真家・小林伸一郎 オフィシャルブログ

写真集、写真展のお知らせ、日々の出来事など綴っていきます。

筋肉質な人形

2012年08月31日 | 人形

夜中に目が覚めて窓を開けると、星がキラキラ輝いていて、東京の夜空ってこんなに綺麗だったんだあーって思うことが最近多いです。

そして今夜はブルームーン…八月2回目の満月。まんまるお月さま見れると良いですね。

Blog141

先週末、日が沈んで少し涼しくなったので、出先からバスに乗らず千駄ヶ谷方面へブラブラ歩いていると…筋肉質な人形(hitogata)。美しい裸体でした!

(staff)

Blog016_2

小林伸一郎 写真集 『人形 HITOGATA』


自然の鉛筆 技法と表現 東京都写真美術館

2012年08月28日 | フィルム

Blog140

デジタルカメラやスマートフォンで写真を日常的に撮られているひとは大勢いますが、フィルムで写真を撮ったことがない…!たくさんいらっしゃるでしょうね。

もう少し踏み込んで写真の歴史にふれてみたい方は必見です。現在、東京都写真美術館で開催している「自然の鉛筆 技法と表現」…

写真発明から現代まで、写真感材の歴史、特徴を解りやすく説明、それらを時代の写真家がどのように取り込み写真表現しているのかを180点のコレクションを同時に展示しています。

(staff)

9月17日まで…東京都写真美術館


カメラのおもちゃ シャボン玉

2012年08月24日 | カメラ雑貨

Blog138

何かと思ったらシャボン玉…

Blog139

上部の溝から石鹸水を注ぎいれ、青いシャッターボタンを押すと吹き出し口が出てくる仕組み。あとはひたすら息を吹きかけると…ボコボコっと思ったよりたくさんシャボン玉が出来ました。

(staff)


伊勢神宮の竹団扇

2012年08月21日 | 愛用品

Blog136

撮影 小林伸一郎 五十鈴川 三重県 伊勢市
【New Mamiya 6】 写真集『神様 OH MY GOD !』より

お盆休みが終わり、長~い子どもたちの夏休みもそろそろ終盤。

「勉強は涼しい午前中に終わらせなさい!」と小学生の頃よく言われましたが、午前中から30度を越える日が多い東京の猛暑…ダラダラしちゃいますよね。


夏になると気分転換にパタパタ使うのが団扇。

Blog137

撮影で伊勢神宮に行った際いただいた竹団扇。柄の長さ、扇いだときのしなり具合、なんとも心地良い風が…かれこれ5年ぐらい小林も愛用しています。

(staff)


夏の風景 花火

2012年08月10日 | 写真

Blog010

撮影 小林伸一郎  大崎上島 住吉祭花火大会
【New Mamiya 6】 写真集『島波 瀬戸内景』より

東京は今晩、神宮外苑花火大会…
今週末は夏祭り、花火大会がめじろ押し。夕方から浴衣で出かける女性が多いのでしょうか。

夏になると「花火を撮る!」というフレーズが、カメラ・写真関連の記事でよく目にします。三脚をもってビューポイントの場所とりをしている方がたくさんいますよね。

上の写真は瀬戸内海、大崎上島の夏祭り。小さな漁港で打ち上げられた花火と連なる提灯。都会のイベントに比べれば混雑がなく、贅沢な花火観戦の一夜だったようです。

(staff)


立秋の風景

2012年08月07日 | 写真

Blog135

撮影 小林伸一郎
「投球練習をするエースナンバーのふたり」
写真集『海人 UMIHITO 1977~1988』より

ロンドンオリンピックはすでに折り返し地点。日本選手が活躍すればするほど、連日深夜のテレビ観戦で、そろそろ寝不足がピークに達していませんか?

今日は立秋…猛暑のなかピンときませんが。秋の気配など一ヶ月以上先のこと…
毎年、立秋の頃、甲子園でスタートするのが全国高校野球選手権大会…明日開幕。

オリンピック後半戦、そして高校野球、今年はスポーツの夏ですね。

(staff)


廃墟の島 軍艦島

2012年08月03日 | 写真

Blog134

撮影 小林伸一郎 長崎県端島(軍艦島)
【New Mamiya 6】 写真集『NO MAN'S LAND 軍艦島』より

東シナ海に浮かぶ廃墟の島、端島。軍艦「土佐」に似ていることが「軍艦島」呼称の由来とされています。

廃墟に興味がある人は一度は訪れたい聖地…最近は、上陸ツアー船が頻繁に出航されているようで行きやすくなりました。

軍艦島ファンは本当に多いですね。
小林の自宅周辺西早稲田には「軍艦島」というBarがありますよ。

(staff)