Biting Angle

アニメ・マンガ・ホビーのゆるい話題と、SFとか美術のすこしマジメな感想など。

《『フロム・ヘル』トーク》予約受付終了

2009年09月11日 | アラン・ムーア関連
公式ブログによると、10/23(金)にジュンク堂書店新宿店で行われる
トークイベント『コミックで世界を解く─魔術師アラン・ムーアの世界』は
早々に予約定員に達してしまったため、受付を終了したとのことです。
キャンセル待ちを受け付ける場合は、改めて告知するとのこと。
(なお、図書カードつきの原作予約キャンペーンはまだ継続中です。)

その代わり、というわけではないですが、ライムスター宇多丸がmyspaceで
『ウォッチメン』について熱く語った特集ページへのリンクが貼られてます。
映画版について辛口のスタンスを取りつつも、オープニング映像「だけ」は
手放しで絶賛するなど、評価すべきところもきちんと押さえているあたりに
レビュアーとしての力量の確かさが感じられます。

原爆投下への言及や、ラストに“イカ”(笑)が出ないことへの不満など、
原作ファンにとってはひとつひとつがうなずかされる名言ばかりなので、
ムーアファンなら絶対読むべし。公開期間は9/17までにつき、お早めに。

そして9月11日、日本でも映画『ウォッチメン』のDVD&ブルーレイソフトが
発売されました。
複数の仕様が発売される中で、私はロールシャッハの覆面型DVDケースがつく
Amazon.co.jp限定版を購入しました。


パッケージ内に一緒に入ってるのは、購入キャンペーン用の缶バッジ。

パッケージデザインは原作コミックの表紙に似せてあるのがわかります。
(逆に国内版DVDのパッケージは、そこがわかってないんですよね。)
どうせなら『ボラット』の水着のように、マスクも使用可能にしてくれれば
なおよかったんですけどね(まあ、別に着用するつもりはないですけど)。

映像ソフトは通常の2枚組版と同じなので、『黒の船』と『仮面の下に』は
収録されてませんが、こちらは中古で探すか、あるいは今後出るとウワサの
20分以上長いロングバージョンと一緒に収録されるのを待つことにします。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『フロム・ヘル』公式ページ... | トップ | ウォッチメン ロールシャッハ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿