Biting Angle

アニメ・マンガ・ホビーのゆるい話題と、SFとか美術のすこしマジメな感想など。

【イベントレポート】マイマイ探検隊8(その1)マイマイクルージング&懇親会

2013年10月15日 | マイマイ新子と千年の魔法
アニメ映画『マイマイ新子と千年の魔法』の舞台になった防府市で、片渕須直監督の案内により
作品にゆかりのある場所や地元の史跡をめぐる名物イベント『マイマイ新子と千年の魔法』探検隊。

8回目を迎えた今年は、いよいよ本格的に製作が始まった片渕監督の次回作『この世界の片隅に』を
盛り上げるためのプレイベントである『この世界(セカ)探検隊』との連日開催になりました。
しかも『このセカ』のほうは高低差の大きい、かなりハードなコースとの事前情報が・・・。
はたしてカラダが持つのか?という不安もありつつ、2年ぶりの探検隊に行ってまいりました。

防府入りしたのは探検隊前日の10月12日。
実はこの日、「海から防府入りした諾子のルートを辿りつつ、戦艦大和の姿が最後に撮影された
三田尻沖を目指す」という、有志によるクルージング企画が行われたのです。

まずは三田尻港から船で出発し、湾内を抜けて周防灘の外海へと向かいました。

正面に見えるのはタヌキ生息地としても知られる向島。
その左側の開けた部分を抜けて、諾子たちの乗る船が防府へとやってきたのですね。
さらに左側から突き出しているのは、江泊山の先端にあたる竜ヶ崎です。

外海へ出る手前で、高速フェリーとすれちがいました。

フェリーの後ろに見えるのが、外海との境界にあたる防波堤です。
実は4月にも同じ企画が組まれていたのですが、この時は爆弾低気圧が到来したため
防波堤の手前で引き返してます。
今回は天気もよく、無事に防波堤を越えて外海へと出ることができました。

そのままずんずん行くと、目の前に周南市の大津島が見えてきます。


さらに近づくと、コンクリート製の四角い建物の姿が。

これは第二次世界大戦中に大津島に設置された、特攻兵器「回天」の訓練基地跡だそうです。
この時は満潮で見えませんでしたが、水面下には回天の射出口が開いているとのこと。

回天基地の背後には、酸素魚雷の保管されていたトンネル跡がありました。

現在は観光客や釣り人が訪れる、平和な場所になっています。

大津島を左へ回り込んでいくと、右手に防府市の野島が見えてきます。

野島の南東には、獅子頭のような奇岩があります。
このへんは磯釣りに絶好のポイントだとか。

さらに進んで、周南市粭島から約3,000m地点。

左に見えるのは上関町祝島。さらに進むと豊後水道へと至ります。
そしてこの写真を撮った場所が、最後に戦艦大和が停泊している写真が撮影された地点になります。

なお、クルージングにも参加された片渕監督によると、『この世界の片隅に』の「20年4月」の章で、
すずさんが見上げる飛行機雲は、4月6日に大和を撮影したB29が残したものだろうとのことでした。
そして三田尻沖を一望できる江泊山には、大和を含む特攻艦隊の留魂碑が設置されています。

つまり、すずさんと新子の住む場所は「戦艦大和」を介して、1本のひこうき雲で繋がっていた・・・。
ファンによる思い込みではありますが、これにはなんだか運命的なものを感じてしまいました。

大津島を回りこんで徳山湾へ。

波飛沫がつくる虹の背後には、かつて東洋一と讃えられた煉瓦の煙突が見えます。
今では風化が進んで、近くに行くと煉瓦が落ちてきて危ないとか。

白い建物は岩島灯台。手前の四角い建物は、旧日本海軍の監視所跡と思われます。


黒髪島の採石場では、良質の花崗岩が採れます。

ここで採られた石は、国会議事堂にも使われているそうです。
ちなみに議事堂の外装に使われている桜御影は、呉市倉橋島の特産品ということで、こんな所にも
『この世界の片隅に』との奇妙な縁を感じてしまったりして・・・。

徳山湾から海岸に沿って、三田尻港まで戻ってきました。

行きとは逆で、右側が江泊山、左側が向島になります。
山の形や港の位置は、諾子が防府に来た千年前とほとんど変わっていないはず。

そして三田尻港に入ると、貴伊子の父が勤めていた鐘紡の煙突が眼に入ります。

諾子の見た光景と貴伊子の住んだ場所が重なり合って、なんだか時間旅行をしている気分になりました。

三田尻港内の防波堤と灯台を見てると、つい『あまちゃん』を思い出します(笑)。


今回お世話になった船長さん。操船も解説も超一流でした!


他にもいま大ブームの「艦これ」ネタとか、参加者のKさんによる一人タイタニックなどの
おもしろい話がありましたが、キリがないので省略(笑)。
おかげさまで天候にも恵まれ、船酔いもせずに楽しい時間を過ごせました。
クルージングを企画してくれた軍曹さん(通称)、本当にありがとうございます!

ようやくホテル入りしたのは、日も暮れかけた頃でした。

明日もいい天気になると知らせてくれるような、きれいな夕焼け空。

この後は片渕監督と探検隊参加者、そして地元の方による懇親会が行われました。

手づくりのドリンクチケットと、講演の準備に余念のない片渕監督。

日本酒でつくるオリジナルカクテル「ほうふハイボール」には、参加者の列ができました。


梅干しの入った日本酒版のソルティドッグという感じですね。

ちなみに下に敷いてるのは私物の『BLACK LAGOON』ハンドタオルです(笑)。

懇親会では片渕監督より、クルージングの報告や『この世界の片隅に』の製作状況についての説明、
そして9月に比治山大学で上映したテストショット等の上映がありました。
会場限定の話も多くてこれ以上は書けませんが、次回作はかなりスゴイことになりそう!
完成はまだ先だけど、今のうちから『この世界の片隅に』の情報には注目しておいたほうがいいですよ~。

さて翌日はいよいよマイマイ探検隊8。ということで次回に続きます!
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「... | トップ |  【イベントレポート】マイマ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿