fantasia*diapsida

とりとめのないメモの山

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ribo-baragon:

2010-05-07 00:00:00 | diary#

まぁ特に今年のGWはどこも行かず、だいたい研究室行ってたんだが…

発売初日に買ってしまったじゃないか~!
『特撮リボルテック series No.004 バラゴン』!

まさかのリボルテックの特撮シリーズ開始から一カ月…
お金なくなってしまうやんけ!と購入には慎重になり、
4月発売の001の大魔神と、002のエイリアン、5月の003ブースカは見送ったんだが、
そりゃバラゴンは外すわけにはいかないでしょぉ!!
リアル&シリアス路線特撮映画の大傑作、
『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965年, 日・米, 本田猪四郎:監督) がそのまんまに蘇るぜ!
詳細はここで省くが、
『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966年, 日・米, 本田猪四郎:監督) と併せて、
東宝特撮ファンが満場一致で傑作と呼ぶ作品だ。
かなりリアルに怖い上に悲哀に満ちたストーリーが、なんともヤバイので、
怪獣映画に偏見を持っている人にも見てほしいかな…どちらかといえばこれは通向きか(汗)?

なんでもいいが、バラゴンは日本初めての"地底怪獣"だし、
『フラバラ』の構図は、その後のテレビの巨大ヒーロー物の元ネタになったという。
記念すべき怪獣なのだ。


パッケージ。 みうらじゅん先生推薦だ!そんなら買うしかねェ(笑)!
  

こういう未開封な感じもいいね☆


さすがリボルテック!各部の関節がグリグリ動きます。
尻尾も針金入り(?)で滑らかに曲がる曲がる。

付属のジオラマも使えば、あんなシーンやこんなシーンを作れちゃいます☆

以下、特に画像加工もせず普通に撮っただけ。
バラゴン出現…!








ね?
なかなか楽しい☆


今後のラインナップも発表されてますが、やっぱり動きに変化がある奴か、関節っぽいキャラが多いね。
こういう四足も二足歩行もする奴らって、
なかなか普通のフィギュアだとどちらか一方のポーズしかとれないので、フラストレーションだったんだよね~。
他にギャオスみたいに飛んだり立ったり奴とかも然り。
アンギラスが超楽しみだ!

逆にゴジラ(特に初代)みたいなのは出ないんだろな。
あいつはグリグリ動くより、ドシッと落ち着いて立つのがカッコいいから。

それよか思ったんだけど、ジラ{ Zilla(Godzilla - God の謂)、アメリカ版ゴジラ}でやると面白そうだな。
奴はアクションフィギュア向きだよね。

あと、首、尻尾、翼が自由自在に動かせる初代キングギドラが欲しい!
意外とそこそこの値段でカッコいい、遊べるキングギドラってないんだよね~。
奴はなかなかダイナミックな動きが似あうし…
海洋堂さん、俺、このバラゴンぐらいのクォリティなら¥5000でも買うよ~。

でも折角だから、同縮尺のゴジラと合わせたい。
あ…やっぱりゴジラ欲しいわ(笑)。

<weblog内関連記事LINKs>
ribo-mogera: 特撮リボルテック013 モゲラ 

anomalogurumi: 
アノマロカリスのぬいぐるみ❤
1.0 zetton: 怪獣標本1.0 ゼットン。
GODZILLA 54th.! 初代ゴジラ、トレーラーとか。

ps.20100915
 ・
SERIES No.004 バラゴン « 特撮リボルテック 特撮リボルテック公式サイトよりリンクを頂きました☆


  




 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ  にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ


『フィギュア』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
« the legend of sigurd and gu... | TOP | tsubakurame: »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | diary#

Similar Entries