初心者金ちゃん・・・・Blog

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、ダメオヤジの金ちゃんです。

トッシー・スピヴァコフスキーTossy Spivakovskyの奏でるシベリウス:ヴァイオリン協奏曲を聴いてみる

2017年03月15日 | 音楽・オーディオ

明日から仕事が忙しくなる、当然次の連休は仕事になる予定、

義母がお彼岸なので墓参りに行きたいと言う、

墓の近くに住む早速義姉に連絡し連休義母は義姉のところでゆったり過ごし終われば迎えに行く。

朝から早速車で向かう、途中菜の花畑に遭遇・・・ 早速ワンショット!

でも本日は小雨模様で撮影には今一の天気ですが、菜の花畑は元気になれます。

春ですね・・・

菜の花の次は桜です、桜の花の蕾も多少膨らみ何となく桜の木がピンクっぽく見える。

此の菜の花の黄色の色って何か暖か味があり好きなんです!

途中簡単な昼食もすませ、実は筆者が歯痛のため、お・じ・や・風の物を頂く。

簡単に墓参りをすませ、お寺で『般若心経』の教本を頂く、姉の家に義母を預け帰路につく。

往復5時間の運転はやはり苦痛です(笑)

 

 

自宅に帰るとStereo Sound誌ヴィンテージアナログ2 が到着していた。

 勿論iTunesでトッシー・スピヴァコフスキーのヴァイオリンを聴く

Stereo Sound誌を覗きながら此れはやはり保存版の価値はあるそうである、

実は此の本を知ったのがAmazonのHPを何気に覗くと法外な価格設定7,200円也で掲載

MC用昇圧トランスの特集も読みたくStereo Sound誌のHPを検索すると ありました!

定価で限定販売限定しているので早速取り寄せました。

未だ詳しく読んでいませんが興味深い記事が多く、楽しみです。

 

そして今聴いているトッシー・スピヴァコフスキーが凄く・・・

早速此れは タンノイIIILZで聴きたい曲ですね、

ナタン・ミルシテインのヴァイオリンと共にと

早速セッティングします。

 

Spivakovsky_ Mouret : SARABANDE

 

タンノイIIILZから出てくる音はまるで良くないのです(笑)

頭をハンマーで殴られた感じです・・・・

まだエージングを出来て無く部屋の環境も悪い中 最悪の状態で聴いているので

まあゆっくりタンノイIIILZゆっくりは調理しよう!まるで人様には聴かせられない、

正直KEFQ300での音が断然良いのだ、 先日借りた真空管アンプは返したので、

現在はLINN KL100とオーレックスのアンプしかない

KEFQ300で聴く限り音質も悪くなく、演奏も最高の部類なんですが・・・・

やはりオールドタンノイで聴きたい衝動に駆られる・・・・・・

でも時々ハッとする音も聴ける、やはり只者じゃない製品です。

人はこのスピーカーではオケは無理と言ううが小編成の(コンチェルト)程度の音の低域はカバー出来るようです。

でもオーケストラのフォルテの音は絶対にむりです、それとヴォーガルは実に良い、先程のカルメン、

以前紹介したが、ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマンの演奏で

のジョニー・ハートマンの声が、まあ甘いこと。とろけそう。此れが実にいいのです。

タンノイ社では自分の会社でスピーカーのテストはQUADを使用しているらしいが詳しくは分かりません。

QUADII独創的な回路構成、そして音質の高さを決定付けるオリジナル出力トランスを搭載し、

QUAD 2-Classic (2台) クォード 真空管モノラルパワーアンプ1台73万するらしいがとても購入不可です。

かなり評価も高くデザインの実に良いのですが、高値の花です。

此のように調べて見ますと昔の製品の良さがわかりますネ。昔と全く変わらない事に気づく。

曲目:シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、

タピオラ 演奏:トッシ・スピヴァコフスキー(Vn)    

        タウノ・ハンニカイネン指揮ロンドン交響楽団

 

筆者もこの演奏者は知らなく、仕方なくトッシー・スピヴァコフスキーを検索します。

トッシー・スピヴァコフスキー(Tossy Spivakovsky, 1906年12月23日 - 1998年7月20日)は、

ロシア出身の、アメリカで活躍したヴァイオリニスト。

本名はナタン・スピヴァコフスキー(Nathan Spivakovsky)。

オデッサの出身。ベルリンでアリゴ・セラートとヴィリー・ヘスに師事。

10歳でデビューを果たし、13歳でヨーロッパ・ツアーを敢行して名声を高めた。

18歳でフルトヴェングラー率いるベルリン・フィルのコンサート・マスターに

選ばれたことで有名なトッシー・スピヴァコフスキー。(凄いと18歳?ですか?)

1959年シベリウスの刎頚の友であったハイニカイネン指揮で妙技を聞かせています・・・

勿論バッハの演奏も素晴らしい

 

Tossy Spivakovsky plays Bach Prest from Sonata No.1 BWV1001

 

タンノイIIILZと言うスピーカーは鳴らすのに非常に難しいスピーカーである

でも時折ヴァイオリンの音の美音が所がキラリと出る所がある、

その音を求めるのでしょう・・・・・・・・

音楽追求って実に奥が深く益々興味が湧く趣味である。

もっとも簡単に美音が出るなんてことはあり無いことなんでしょう。

この様なレコードがあれば是非聴きたい一枚になるんでしょうね!

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全く知らなかったヴァイオリ... | トップ | トッシー・スピヴァコフスキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽・オーディオ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL