ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

いちじくジャム

2017-08-09 20:24:23 | 日記

 きょうは、今月唯一の家にいる平日のお休み。

 

 夏の朝はいちじくです。はやくいかないと売り切れます。

 

 ちょっと出遅れて、10時前にいつものガレージ販売所へ行ったら、きれいなのは売り切れていました。そして、向かいのパラソルのところに男性がいちじくを選んでいる姿が目にはいりました。あっちはまだあるかな。

 

 きれいなのが1パック4個入りで300円です。お金を入れる缶に600円を入れました。最後の2パックでした。

 

 それから、また道路を渡って、ガレージ販売所にもどったら、おばさんが試食していました。いちじくの試食!! すてきすぎる。だって、1個まるまる食べられる試食なんて。

 

 おばさん「へぇ、甘いなぁ」

 

 おばさんが試食していたのはジャム用の大盛り1パック150円。 販売所のひとが私にも試食をすすめてくれました。

 

 「台風で採りに行けなかったから。ちょっと熟れ過ぎてるけど、とっても甘いですよ」 

 

 食べてみると、よく熟していてすごく甘い。

 

 それで、ジャム用1パックと、ジャガイモの袋入りを1袋買って、義父母宅へ。 仏様にいちじくをお供えして、義母とお墓参りの相談。義父がお留守で、ちょっと心細いようだったので、ジュースを飲みながら、おしゃべりして待ちました。 30分くらいで義父帰宅。 お坊さんのことと、お墓参りの段取りの打ち合わせ。

 

 その後、ATMから塔の全国大会の費用を振込み、郵便局へ移動して、「あなたを読む会」の事務所使用料半年分を送金し、買い物、クリーニング。

 

 帰宅してから、ブラウスのまとめ洗いとタオルの洗濯ののち、ほっとひといき。

 

 午後はいちじくジャムを作りました。 いちじくジャムは、味が餡子に近いように思うのですが、去年、会社の同僚に食べてもらったら、「ほんとだ、餡子ににてる!」ということだったけれど、なんで餡子の味がするのかなぁ。できたてをヨーグルトにかけて試食。!!! おいしい。 やっぱり餡子の味。

 

 お墓参りに参加の息子の予定をきいたら、日帰りだそうで、京都駅で待ち合わせしてまた京都駅へ送ればいいのかと思っていたら、「いや、城陽で晩ご飯食べて帰る」

 

 「ふうん、そう」

 

 といいながら、やる気スイッチがonになる単純さ。 晩ご飯、なにがいいかなぁ。

 

 それから、トイレ掃除、洗面所掃除、浴室掃除。 家のまわりの植物の手入れと草ひき。野葡萄に蜂がきていて、「お互い忙しいわねぇ」と仲間モード。

 

 気が付いたら、出勤日に帰宅するような時間になっていました。 きょうはよく家事をしました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きのうの朝の電車 | トップ | お盆休み初日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。